もはや映画はストリーミングで見るのが当たり前になりました。DVD なんて前時代のものになってしまいました。ほんの6年位前までは、映画はDVDで見るのが当たり前だったんです。
その当時の DVD バックアップの定番ソフト、DVD Shrink が、Windows 10 の今の PC ではたして動くのか、試してみたいと思います。

実は日本語の Windows PC を買ったのです。これまで普段使いはもっぱら英語版の MacBook だったんですが、それでは Excel から SJIS の CSV ファイルが出力できないんです。日本のウェブツールには、 SJIS の CSV ファイルを読ませなければ動作しないものがあります。何か良い方法をご存知でしたら、ぜひコメント欄でお知らせください。ともあれ、私は安価な日本語版の Windows 10 の PC をこの理由だけのために購入しました。愛すべき隣人である台湾の ASUS 社製のノートパソコン(ラップトップ)です。Amazon.co.jp で2万円台でした。



さっそく、DVD Shrink を導入してみます。導入サイトはこちらを使いました。
 https://dvd-shrink.en.softonic.com/download
画面上には偽のダウンロードボタンがいくつも表示されています。リンク広告を使って誘導させて、別のソフトをダウンロードさせようとする悪い奴らです。偽のボタンをクリックしないためには、ボタンをクリックする前に、ボタン上をマウスカーソルをホバーさせて、ブラウザが表示するリンク先のURLを確認してからクリックします。

DVDShrinkDownload

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを実行すると、DVD Shrink 3.2.0.15 が導入されます。ショートカットをダブルクリックして DVD Shrink を起動します。
DVD ドライブを USB ポートに挿し、DVD ディスクを入れます。

DVDShrinkOpen

ツールバーから「Open Disk」のアイコンをクリックし、開いたポップアップで DVD ドライブを指定します。すると、DVD ドライブの情報が読み込まれて画面に表示されます。
バックアップ元の映画の DVD のデータ量が、バックアップ先の DVD ディスクの容量を超えていない場合は、ツールバーの「Analysis」は不要です。

DVDShrinkRegion

バックアップの設定画面で DVD のリージョンコードを変更したり、適用しなくしたりできます。
ツールバーの「Backup!」ボタンをクリックすると、PC のディスク上に ISO イメージのバックアップファイルが作成されます。


DVDShrinkISO

Windows XP などでは、ここで書き込みソフトとの連携が必要でしたが、Windows 10 では Windows 標準機能で完結できます。
コピー元のDVDを DVDドライブから取り出して、ブランクの DVDメディアをいれます。

DVDShrinkISO

エクスプローラから、DVD Shrink で作成した ISOファイルを表示させて、右クリックします。表示されたプルダウンで「ディスク イメージの書き込み」をクリックします。ポップアップで DVD ドライブを選択して「書き込み(B)」をクリックします。
これで大切な映画 DVD がバックアップできました。

last update 05/01/2018

注:映画 DVD のコピーが違法である場合は、バックアップしないでください。
このブログで紹介した情報は 2018/05/01 現在のものです。ブログをご覧いただいた時には情報が古くなっている場合があります。この記事を読まれて実行されたことによりいかなる損害を受けられても、補償することはできません。ご了承の上、自己責任で実行されるようにお願いいたします。対象機種は ASUS Eee Book E202 日本語版、Windows 10 です。このブログの記事は私の知る限りで正確な情報を記載しています。万一間違いなどありましたら、コメントの投稿でお知らせいただければ幸いです。