Macの「Mail」で全てのメールアカウントを取り扱うと、公私全てのアドレス帳がごちゃ混ぜになってしまいます。そこで公私を使い分けるために、“公”のメールはMac標準の「Mail」ではなく、「Thunderbird」というメールソフトで管理していました。「Thunderbird」の高度なアドレス帳機能で、立派な顧客名簿が出来上がっていました。「Export」機能を使うとExcelに書き出すことができるので、メルマガ発信やMicrosoft Wordの差し込み機能を使った案内状やお手紙の作成にも威力を発揮します。

ブラウザの作成元の企業の意図で、インターネットの発展が操作されることを嫌って、MicrosoftでもAppleでもGoogleでもない中立的なブラウザとして人気なのが「Firefox」です。「Firefox」の提供元、「Moz://a(Mozilla)」というオープンソフト団体が提供しているメールソフトが「Thunderbird」です。

そうこうする間に、世の中はクラウドの時代へと移行しました。
Macの「Mail」の電話帳はiCloudで共有されて、複数台のMac、iPad、iPhoneでも共有されています。
では、複数台のMacで、せっかくThunderbirdのアドレス帳に構築された顧客名簿を共有する方法はないのでしょうか?

Macでは、Thunderbirdのプログラムは、ApplicationsフォルダにThunderbird.appとして置かれています。
Thunderbirdのプロファイルは、別のところに格納されていて、アカウント情報やアドレスブックはプロファイルに入れられています。

Thunderbirdの供給元であるmoz://aのサポートサイトを調べて、サポートサイトの指示に従います。
まず、Macの既存機(以降Mac-1)で、Thunderbirdを立ち上げ、「Help > Trouble Shooting Information 」とクリックします。

Screen Shot 2018-06-23 at 9.19.45 PM

画面中の「Profile Folder」欄に表示されている「Show in Finder」ボタンをクリックします。
「/Macintosh HD/Users/<username>/Library/Thunderbird/Profiles/xxxxxxxx.default/」がFinderで表示されます。このフォルダは普段は隠しフォルダになっていて、Thunderbirdのボタンから開くと表示されますが、通常の Finderには表示されません。

Screen Shot 2018-06-23 at 9.09.49 PM


Thunderbirdを終了させて、Mac-1の「xxxxxxxx.default/」をDropboxにコピーしました。
Mac-1とMac-2のそれぞれで、「System Preferences > Security & Privacy 」の「Privacy」タブから「Contacts」を選択して、Thunderbirdにチェックマークを入れておきます。

Screen Shot 2018-06-23 at 10.21.32 PM

Mac-1の「Finder > Applications > Utilities」から「Terminal.app」を起動させます。
Thunderbirdの供給元のMoz://aのサポートサイトの解説に従います。
/Applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/thunderbird-bin -ProfileManager」と入力して returnキーを押します。

Screen Shot 2018-06-23 at 10.29.54 PM

開いたThunderbirdウィンドウで「Use the selected profile without asking at startup」のチェックを外します。「Create Profile」ボタンを押します。「Introduction」画面で「Continue」を、「Conclusion」画面で「Choose Folder...」を押します。Dropboxのフォルダーを指定しました。「Start Thunderbird」ボタンを押します。
Dropboxフォルダ上に新しいProfileが作られました。立ち上がったThunderbirdから、「Help > Troubleshooting Information」とクリックして、画面上に表示された「Profile Folder」の「Show in Finder」ボタンを押します。表示されたProfileが作成されたDropbox上のフォルダーに、先にバックアップしておいた、Mac-1の「xxxxxxxx.default/」の中身を新しい Profileに上書きします。

Mac-2でも同様の作業を繰り返します。Mac-2で「Create Profile」を行い、Dropbox上のフォルダを指定します。Profile作成時に上書きされたファイルを修正するために、もういちどバックアップしていた Mac-1の「xxxxxxxx.default/」の中身を新しい Profileに上書きします。
これで同じProfileを Mac-1と Mac-2が共有することができました。
今後、Dropbox上の Profileフォルダを定期的にバックアップするようにします。

last update 06/29/2018


このブログで紹介した情報は 2018/06/29 現在のものです。ブログをご覧いただいた時には情報が古くなっている場合があります。この記事を読まれて実行されたことによりいかなる損害を受けられても、補償することはできません。ご了承の上、自己責任で実行されるようにお願いいたします。
使用環境は、MacOS 対象機種は macOS High Sierra Version 10.13.5、Thunderbird 45.8.0、Dropbox 52.4.60です。
このブログの記事は私の知る限りで正確な情報を記載しています。万一間違いなどありましたら、コメントの投稿でお知らせいただければ幸いです。