トップページ » 森のオアシス

森のオアシス

torigaikekuma
 現れた「月の輪熊」 26.7.26  7:57

torigaikeshika
                                   鹿の群れ  26.7.29    5:27

昨秋センサーカメラを設置した南アルプスの鳥ヶ池に、今年も7月19日から設置しました。8月の週末は雨ばかりで、久しぶりに晴れの日曜日となったため、50日振りにカメラの確認に行って来ました。林道の両脇にはヒヨドリバナが咲き終わり、綿毛ができ種が飛び立つ時期を迎えておりますが、アサギマダラがまだ何羽も花に来ておりました。いつもなら写真を撮るところですが、アサギマダラは自宅の近くでもフジバカマの花にこの先見られると思い、今日はパスしました。カメラの中のカードを確認したところ、遂に「ツキノワグマ」を撮影することができました。深夜にも写っておりましたが、「闇夜のカラス」状態です。写真は朝8時前に現れ、左側から右側に移動しており、5枚撮れておりました。夏の時期は餌がなく、痩せていて夏バテ状態であることが確認できます。先日NHKテレビで知床のヒグマの4年間を収録した番組を見ましたが、サケ・マスが遡上する前の夏は餌がなく、激痩せ状態で、飢え死にする小熊もいるようでした。鹿は5頭写っております。クリックすると拡大できます。左上の藪の中に確認できます。
実りの秋となり近所の果樹園では梨の出荷が始まっております。実家の果樹園には葡萄が実りだし、何かの獣が来ているようです。ハクビシンかも知れません。撮影装置を仕掛けてみようかと思います。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星