青い空に白い雲

このブログ、新しい記事ばかりでなく、カテゴリ別に適当に拾って読んで下されば幸いです。日記じゃないので....

オリビア・デ・ハビランド

縁起物の銀幕スターフォト

Kirk Douglas and Olivia de Havilland, Cannes 1953

この写真をご覧下さい。
1953年カンヌで撮られたカーク・ダグラスオリビア・デ・ハビランドのツーショットです。
映画ファンの方ならば言わずと知れた大スターのお二人です。
特にこのお二人、仲良さ気な感じですが浮いた噂があったというわけではありません。共に1916年生まれの同い歳のハリウッドスター同士、第6回カンヌ映画祭の場で親しげにしていても自然なことでしょう。

ただ、なんでこの写真が縁起物なのかと言えば、2017年現在、つまりこの写真が撮られてから64年後、このお二人が生まれてから101年後の現在、銀幕の大スターのお二人が共にご健在であるからなんです。

すごいことだと思います。オリビアは7/1に101歳の誕生日をパリで迎えました。あの名作「風と共に去りぬ」では一番最初に死んでしまうメラニーの役を演じましたが、今では出演者で唯一の生存者になっております。12月生まれのカーク・ダグラスは去年の12月にビバリーヒルズ・ホテルで100歳の誕生会を開いています。「バート・ランカスターはどこだ? ローレンス・オリビエは? もうみんな死んでしまったよ。私は孤独だ」と雑誌インタビューに弱音を吐いているかと思ったら「ではまた200歳の時にインタビューに来てくれ」と笑いをとっていた・・・

ともかく、なんとも嬉しいお二人のツーショット。共に100歳を超える人生がこの先に待っているとは、この時には想像することも出来なかったでしょうね。


at the Cannes Film Festival photographed by Edward Quinn, 1953




シンクロニシティ

昨年の6月より更新なく、放置状態なので、久々に記事を書きます。


私のBlogの中でも度々、「シンクロニシティ」を体験した時に記事を書いていますが、今回もシンクロ体験を書きますね。やはり、不可思議ですし、何かの作用があるとは思います。私の場合は、映画やテレビ番組を通じてのシンクロが多く、「意味のある偶然の一致」としても、あまり意味が分かりません(笑)


過去記事は
http://blog.livedoor.jp/pape2005/tag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3で読めます。記事の中でも、シンクロ関連記事のURLをリンクさせていますので、色々とあったことが分かります。

さて、今回もシンクロニシティは、やはり映画関連です。

yjimageDN95LAGXモーツァルトの恋 Wen die Gotter lieben

2月26日(日)、何かの拍子にデンマークの画家ハンマースホイについて調べていて、画像検索し
ていると、「モーツァルトの恋」という古い映画(1942年オーストリア)の画像が目に留まりました。そこに、とても美しい女優さんが写っていたので、その女優の名前を検索しようと、ハンマースホイなんて忘れて、画面を開き直しました。


Irene von Meyendorffイレーネ・フォン・メイエンドルフ  Irene von Meyendorff

その女優さんは、イレーネ・フォン・メイエンドルフというドイツの映画女優で、もとはエストニアのドイツ系貴族でしたが、ロシア革命でドイツに亡命してきた一族のようで、イレーネ自身が男爵夫人という肩書があります。本物の気品と貴族的な美貌というわけです。
Olivia de Havilland今年101歳になるOlivia de Havilland

まぁ、そんな話は置いといて、このイレーネ・フォン・メイエンドルフが、オリビア・デ・ハビランドのように今年101歳を迎えるような長寿でご存命なんて可能性もあるから、調べて見たら、奇しくもデ・ハビランドと同年の1916年の生まれでしたが、85歳で2001年に逝去されておりました。そこから、案外と長寿な女優さんが映画界には多いことが面白くなり、また検索の矛先が、「長寿女優」になりました。

それでも、日曜日が終わってしまい、転々とネットをうろつき回って開いたページをすべて閉じて、その日を終えました。

そして、翌日朝、いつも出勤前のトイレに本を持ち込むのですが、その日はずっと本棚の隅で忘れられていた「20世紀版スター・カレンダー 365日素敵な話」という、島野功緒著の講談社+α文庫を選びました。昨日から調べていた映画ネタのこともあり、ふとそうしたんでしょう。この本は、練馬区に住んでいた頃、近所に著者の島野さんの家があり、あることのお礼にとご主人が書いた本ということで奥様から頂いたものでした。


Lillian Gishリリアン・ギッシュ Lillian Gish


著者は当然に日本映画のスターにも精通しているわけで、365日の内容は、日本の映画界・演劇界の話が多く、〇〇の初公演の日とか、有名映画シリーズの一作目の封切りの日だとかの内容も含めてのものです。あまりトイレに長々とも居座れないので、当日の2月27日のページを開きました。すると、アメリカ映画女優の草分けリリアン・ギッシュが、1993年に99歳の長寿を全うし亡くなった日、とあるんですね。前のページ(2/26)が日本の時代劇の巨匠・衣笠貞之助の命日、次のページ(2/28)は、日本の映画監督・大庭秀雄の生誕日が紹介されている中で、ハリウッド女優のリリアン・ギッシュが99歳で亡くなった日が私の開いたページであることには驚きでした。

昨日からの長寿・洋画女優というネット検索項目に、本というペーパーの物質世界の偶然までがリンクしてしまったわけです。

まだあります。その翌日、帰宅後に私はふと、「夏の日の恋」というパーシー・フェイスの美しい曲のことを思い出したんですね。幼少期に家にあったシングル盤のレコード・ジャケットには、うっとりするような金髪で青い目の女性が笑っていて、今でも鮮烈なイメージが蘇ります。そこで、あのジャケットの女性は誰なのか? という調査に取り組んだのです。(ヒマなヤツです)

Theme from A Summer Place避暑地の出来事 A Summer Place

結局は、1959年アメリカ映画の「避暑地の出来事」のテーマ曲を、パーシー・フェイスがカバーした「夏の日の恋(Theme from A Summer Place)」が、この曲で、シングル盤とかのジャケット写真は検索では出て来なかったのですが、出演女優のサンドラ・ディーが私の記憶にあるブロンド女性に似ていることから、そのジャケット写真のモデルは、サンドラ・ディーではないかとの結論になりました。
ただ、この映画に出てくるヒロインは二人おり、親子2世代で恋愛関係が同時進行しているんですね。息子と娘。息子の母親と娘の父親という具合。娘役はサンドラ・ディーです。そして、母親役は、ドロシー・マクガイアという女優です。

Dorothy McGuireドロシー・マクガイア Dorothy McGuire

どこかで、調べたなと私は思いました。画像検索したドロシー・マクガイアの写真も見覚えがある。
で、私が洋画女優を調べる時に使用する生年月日順の一覧表があるんですが、それでドロシーを調べて見ました。すると、一番始めに、「モーツァルトの恋」の出演女優として見惚れて、あれこれ調べるキッカケとなったイレーネ・フォン・メイエンドルフの真下にドロシー・マクガイアが載っているんです。イレーネが1916/06/06〜2001/09/28であるのに対して、ドロシーは1916/06/14〜2001/09/13だから、当然です。しかも没年月日もほぼ同じなわけで、この二人はほぼ同じ歳月を生きた映画女優同士というわけです。個人的に関わりがあったかは知りませんが。
日曜にあれこれ調べている中で、イレーネ・フォン・メイエンドルフの真下に名前が連なっているドロシー・マクガイアについても検索していたんでしょうね。
どうして、「夏の日の恋」が急に思い出されて、幼少期に魅了されたシングルレコードのジャケット表紙のモデルを調べようとしたのかは不明です。そして、それがテーマ曲になった映画「避暑地の出来事」から、ドロシー・マクガイアに進み、またイレーネ・フォン・メイエンドルフに戻って来たのかが、シンクロっぽくて奇妙でした。

今回のところはそんな話でした。
ジャンジャーン♪


livedoor プロフィール

pape2005

Profile
大昔、暴れん坊の悪ガキ。少し昔、おごりたかぶる勝ち組ビジネスマン。そして今、「見ろよ、青い空〜白い雲〜」の歌の境地。
皆さんの日々に、活用できる情報の発信媒体が、このBlogの主旨です。日記じゃないので、過去記事もめくって下さい!
papeは、我が家の雑種犬の名前です。(フランス語で「法王」ですが...許し給え、アーメン)
FP2級技能士だったり、メンタルケア心理士だったり、フランス歴史オタクだったりですが、スピリチュアル系記事多いです。
■■■■■■■■■■■■■■
★★★★★★★
最新コメントの管理は徹底していますので、過去記事にも、遠慮なく一言どうぞ〜!


Archives
  • ライブドアブログ