2019年10月27日

ビートゴウラム(フィギュアーツ用)製作編5





ビートゴウラム(フィギュアーツ用)製作編5





仕事終わりは以前より作業が出来ないので、日曜に少しずつ進めています。





IMG_8981



古代文字は実車同様に、プリント部分を参考に彫ってみました。





ゴウラムの角は本物より丸みがありシャープでは無いので延長したり削り込みもしていますが、、、、納得するまで程遠いかも。




IMG_8982







IMG_8983








IMG_8984







↓押して頂けると励みになります。

   
フィギュアランキングへ











2019年08月28日

仮面ライダーオーズ(真骨彫フィギュアーツ改修)




仮面ライダーオーズ(真骨彫フィギュアーツ改修)







IMG_8874




発売日に購入しながら開封していなかったので、今更ながら色々弄ってみました。


オースキャナーのホルダーの雑な塗装はエアーブラシ用シンナーで落としました。



IMG_8872




あと!!

脚が閉じる事が出来ないんですね!
これは気になります。
この写真で1番閉じている状態。



IMG_8865




これじゃいくらなんでも・・・


他の真骨彫を引っ張り出してきて確認。




IMG_8866






アギトだと股関節の太腿の間に横に開く可動軸があるので、開脚も閉脚も可能なんですね。



IMG_8867






オーズは股関節側がボールジョイントではあるものの、太腿が回転しすぎないようストッパーがある事と、太腿にすっぽりはまり込んでしまうので、せっかくのボールジョイントが機能していません。




そこでこんな加工を。右足が加工前。左足が加工後。



IMG_8870





ストッパーを切り取り、赤いラインの部分を削りこみます。


FullSizeRender





薄くするだけで、決してプラを貫通しないように削っていきましょう。



太腿が内側に倒せるようになった為、左足は太腿の外側と股関節パーツとの間に隙間が出来るようになりました。





IMG_8871




右足も同じ加工をすると、こんなに閉じます。




IMG_8875




本当は股関節パーツを分解すれば太腿もぴったりくっつけるかもしれませんが、経験上この部分を弄って取り返しのつかない状態(例えば股関節が希望の位置で保持できないなど)になった事がよくあったので、これでやめておきます。


IMG_8874




晴れてタトバキック完成でございます。



↓押して頂けると励みになります。

   
フィギュアランキングへ













2019年08月07日

ビートゴウラム(フィギュアーツ用)製作編4




ビートゴウラム(フィギュアーツ用)製作編4






自宅の引っ越しがあり、最後の更新からあっという間に1ヶ月以上経過してしまいました。



今回はフロントカウルの装着です。


これがなかなか難儀でして。


大全集などを活用し、実車のバランスを参考にしながら位置決めをしました。真鍮線で接続して仮止めしておりますが、強固に接着する予定です。



IMG_8784




現状だとフロントカウルがステアリングの動きに干渉するので、まだまだ改善の余地ありです。

IMG_8785




雰囲気出てきました。





IMG_8786






実は同時進行で怪人フィギュアーツの製作もしておりまして、飽きたらバイク、飽きたらアーツというように、なかなか進んでおりません。どちらも微調整の繰り返しで、またこの暑さでやる気が少し失せておりましたが、連休ですしもう少し製作のスピードを上げたいところです。




↓押して頂けると励みになります。

   
フィギュアランキングへ