2006年06月22日

花よりもなほ5

f424d48d.jpg

監督:是枝裕和
出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/國村準/中村嘉葎雄/浅野忠信/原田芳雄

物語:父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。仇討ちに成功した暁には、名誉の回復だけでなく藩から

の賞金も手に入るはずだ。

ところが、この宗左、剣の腕はからっきしで、その不甲斐なさは長屋の住人たちもあきれるほど。刀を差してはいても武芸にとんと疎い宗左は、近所の子どもたちを集めて寺子屋を開く。
大義名分なんぞなくても人は十分生きてゆける。雨露さえ凌げればなんとかなるのだ。そんな庶民のしたたかさが、生活臭たっぷりの長屋ライフと共に描かれる。

売られた喧嘩を買わない術や、仕返しをしない生き方だってあることを謳うこの異色時代劇は、『誰も知らない』の是枝裕和監督のオリジナル。

天下泰平な世にあって武士なんて何も生み出さない役立たずと罵倒され、「色男金と力はなかりけり」を地で行く宗左衛門は反論できない。この軟弱な主人公を演じるよれよれの岡田准一に色気がある。美貌の未亡人から、無邪気な子ども、泥だらけの長屋の男たち、果ては雪の道を静かに進む浪士の脚まで、膝下のショットでキャラクターを描く。   

「誰も知らない」の是枝監督作品にハズレは無いだろうと観に行きましたが、予想以上に楽しめました.藤沢周平の人情時代劇に、もっと泥臭い人間の強さ弱さずるさを加味した猥雑さが、私には「たそがれ清兵衛」や「蝉しぐれ」の美化された物語よりずっと面白かった。

 

崩れかけた長屋に住む、父の敵を探す若い侍と母子家庭の親子を中心に、分けありやひとくせある長屋の隣人の生活をコメディタッチで描いているが、仇討ちして切腹したり人を憎むことよりも大切なことがある、日々生きることが大事というメッセージがストレートに伝わってきて、見た後爽やかな気分になり元気が貰えました。戦争大好き人間のブッシュさんやコイズミさんに見せたい映画です(笑)。


赤穂浪士の討ち入りを「隠居した老人の寝込みを襲うだまし討ちじゃねえか」と皮肉り笑い飛ばす一方で「討ち入りまんじゅう」を売り出してひと儲けするしたたかさ、社会の底辺でその日を暮らす人々のバイタリティさは痛快そのものです。
花よりもなほ それにしてもよくこれほどの演技派揃いの役者サン達が揃ったものだ。

アート系の常連の浅野忠信・寺田進・遠藤憲一・石橋蓮司など見ていてわくわくする、実に良い演技を披露。宮沢りえは清楚で美しいし、可愛い!!

宗左衛門(岡田准一)にたかって酒を飲み、狂言回しも努める貞四郎・古田新太が表情・セリフ回し・演技の軽さと、どれをとっても梅沢富美男にダブって見えるのは(爆)単にキャラクターが似ているからだろうか?。
 

もうひとつ気になったのは煩わしいと感じるほどのうるさい音楽。セリフと同じように今風を狙ったのでしょうが、時代劇にはそぐいません。和楽器のシンプルな音でコミカルさを出した方がよかったと思います。

 



papikosachimama at 15:41│ 2006年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

32. 花よりもなほ  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年09月03日 23:54
是枝裕和監督の作品が好きで楽しみにしていたのにも関わらず、 やっとDVDで観ました。 時は元禄15年徳川綱吉の泰平の世。 信州・松本から父の仇討ちの為に江戸にやって来た青木宗左衛門は、 おんぼろ長屋で実家からのわずかな仕送りだけで仇の行方を捜していた。 仇討...
31. DVD「花よりもなほ」  [ 日々のつぶやき ]   2007年09月03日 12:04
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、夏川結衣、香川照之、浅野忠信、木村祐一、寺島進 かなり前に購入したDVD、やっと観ることができました。 こういう柔らかな時代物大好きです??。 「青木宗左衛門が父親の仇討ちのため江戸に出てきて三年になろ
30. DVD「花よりもなほ」  [ 日々のつぶやき ]   2007年09月03日 12:02
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、夏川結衣、香川照之、浅野忠信、木村祐一、寺島進 かなり前に購入したDVD、やっと観ることができました。 こういう柔らかな時代物大好きです??。 「青木宗左衛門が父親の仇討ちのため江戸に出てきて三年になろ
29. mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年04月10日 17:31
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31〜 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井戸か...
28. 「花よりもなほ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年03月18日 22:46
劇場公開時、ぎりぎりまで考えて、結局見損ねた作品。 だって坑兇世掘ΑΑΨ歐佑安っちいし・・・。 DVDも新作価格から落ちてきたし、見てみることに。
27. 花よりもなほ [Movie]  [ miyukichin’mu*me*mo* ]   2007年02月10日 21:33
 映画(DVD)「花よりもなほ」         (是枝裕和:監督・脚本・原案)    岡田准一クン主演の時代モノって以外、  内容についての予備知識はほぼない状態でした。  だから、観る前は、タイトルの感じから、  しっとりした物語なのかとイメージしていました...
26. Samurai  [ Tokyo Bay Side ]   2006年07月29日 09:47
『花よりもなほ』 剣の腕はからきしダメだが、逃げ足の速さは天下一品。この映画はそんな“へっぴり侍”青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちをテーマにした新感覚の時代劇です。全体を通して観ると決して派手な作りではなくハラハラドキドキもしません。しかし“糞を餅に変え...
25. 「花よりもなほ」  [ Tokyo Sea Side ]   2006年07月29日 09:47
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見ている...
24. 『花よりもなほ』  [ 狐の穴にて ]   2006年07月24日 00:10
剣の腕がからっきしダメな武士の仇討ち譚。長屋の人々の生活が、活き活きと描かれていて楽しいんだけれど。
23. 『花よりもなほ』・劇場  [ しましまシネマライフ! ]   2006年07月03日 13:03
今日は『花よりもなほ』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆☆》 まったりとした時間を過ごした
22. 『花よりもなほ』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年06月29日 08:22
是枝裕和と書いて「これえだひろかず」と読みますが、桂三枝と書いて「かつらさんし」と読みますが、三枝成彰と書いて「さえぐさしげあき」と読む人が、日テレ系「11PM」の後番組「EXテレビ」の生放送で、いちいちチャ??????H
21. 『花よりもなほ』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年06月26日 21:40
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   6/3公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】是枝裕和 【脚本】是枝裕和 【出演】 岡...
20. 『花よりもなほ』  [ Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ ]   2006年06月26日 21:17
時は太平、元禄の世。 お犬様が持てはやされ…、ポツリを呟かれる、「俺たち人間も生き物なんだけど…。」 そんな時代を生きる人々の小さいな希望と、過ぎ行く日常を淡々とした描写で見せきった作品「花よりもなほ」 その時代に住む人々の小さな変化や、日常にスポットを当...
19. 【劇場鑑賞61】花よりもなほ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年06月26日 20:29
3 てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ〜!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ
18. 花よりもなほ  [ とりあえずな日々(仮) ]   2006年06月26日 12:50
4 父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門はおんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇・金沢十兵衛の所在を探っていた。 仇討ちに成功した暁には名誉の回復だけでなく藩からの賞金も手に入るはずだ。 ところがこの宗左、剣の....
17. 花よりもなほ  [ 映画をささえに生きる ]   2006年06月26日 10:03
3 ゆるゆる〜っとした人間達がゆるゆる〜っとした時間を紡ぎだすゆるゆる映画です。
16. 「花よりもなほ」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年06月25日 23:42
「花よりもなほ」ル・テアトル銀座で鑑賞 是枝監督のオリジナル脚本で描かれた時代劇。今回は限りなくネタバレ。父の仇討ちに執念を持つ若武士が江戸貧乏長屋で暮らすうちにそこで暮らす人々との交流の末、仇討ちにどういう意味があるのかを悟っていく。登場人物が多すぎ...
15. 花よりもなほ  [ ネタバレ映画館 ]   2006年06月25日 19:41
 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残をいかにとやせん
14. 花よりもなほ  [ なんちゃかんちゃ ]   2006年06月25日 18:43
『名前も知らない』の是枝裕和監督が岡田準一主演で描く人情味あふれる時代劇。 仇討ちで江戸にやって来た若い侍が、人々とのふれあいを通して、人生の意味を見つめなおす姿を描く
13. 花よりもなほ  [ 吾輩はナマケモノである。 ]   2006年06月25日 11:47
なかなか感想の難しい作品で、自分の中で咀嚼するのに時間がかかりました。 時代劇、歴史もの好きとしては「うん〜ん」と首を捻りたくなりますが、競争や争いの現代に問題提起した作品とみると、新しい試みです・・・・たぶん。 TV時代劇の小奇麗な長屋を見慣れた私に、ボロ...
12. 花よりもなほ  [ 迷宮映画館 ]   2006年06月25日 09:18
時は元禄十四(1701)年。江戸の中期は、将軍五代綱吉の時代である。信州松本藩士、青木宗左衛門は父の仇を追って、花のお江戸に来ていた。『チャーリーとチョコレート工場』を彷彿させるようなボロ長屋に住んで、貧乏を絵に描いたような長屋の連中と日々を暮らしていた...
11. あだ討ちって何だろう「花よりもなほ」  [ 再出発日記 ]   2006年06月25日 07:47
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、國村準、中村嘉葎雄、浅野忠信、原田芳雄、香川照之、田畑智子、上島竜平、千原靖史、木村祐一、加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、夏川結衣、寺島進、石橋蓮司、あだ討ちは必ずしも「恨みを晴らす」行為ではない。米を作る...
10. 【花よりもなほ】  [ 空の「一期一会」 ]   2006年06月24日 15:18
*ネタバレしてます。* ★最後の岡田准一さんの表情に、ヤラレマシタ!心、温かく
9. 映画「花よりもなほ」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年06月24日 02:40
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡田准一)、...
8. 映画vol.62『花よりもなほ』※試写会  [ Cold in Summer ]   2006年06月23日 15:52
『花よりもなほ』(2006年公開)*試写会 岡田准一 改メ 青木宗左衛門 監督:是枝  出演:岡田准一 宮沢りえ 『花よりもなほ 公式HP 』 06.05.26 博多百年蔵の試写会で観てきました。蔵なだけに、雰囲気はぴったり。 さらに監督...
7. 花よりもなほ  [ とっさの絵日記 ]   2006年06月23日 12:29
V6の岡田准一くん主演の時代劇というだけあって、映画の公開に先駆け軒並み女性雑
6. 『花よりもなほ』  [ mimiaエーガ日記 ]   2006年06月23日 00:27
★★★☆時は元禄十五年、江戸の貧乏長屋に住む住人の群像劇。『誰もしらない』の是
5. 花よりもなほ  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年06月23日 00:17
★★★☆  新感覚の時代劇かもしれない。ことに主人公青木宗左衛門が、剣術師範の長男でありながら『喧嘩に弱い』というところが変わっている。 逆に彼が弱いということの「裏の意味」を、きっちり理解しないと、バカバカしい期待外れの作品で終ってしまう可能性もあるのだ
4. 花よりもなほ  [ まったりでいこう〜 ]   2006年06月22日 19:15
ちょいお疲れモードでさすがに字幕を見たくないと思い、インサイドマンよりこっちを選んでしまいました。レディースデーだったせいかわりと人が入ってましたね。隣のダヴィンチを観るであろう列はさらに凄かったですが・・・。 さてさて是枝監督の作品ですが、時代劇が苦手な...
3. 『花よりもなほ』  [ ラムの大通り ]   2006年06月22日 19:02
----これは『誰も知らない」で 一躍時の人となった是枝裕和監督の新作。 時代劇と言うことでまたまた注目を集めているんだよね。 もうできあがっていたんだ。 でもこのタイトルどういう意味? 「『忠臣蔵』のお話は知っているよね。 これは、その中で浅野内匠頭が読んだ辞世...
2. 映画「花よりもなほ」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年06月22日 18:02
映画館にて「花よりもなほ」 是枝監督最新作は時代劇。 元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。 この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。そこに...
1. 花よりもなほ  [ Akira's VOICE ]   2006年06月22日 16:02
日本の過去から届いた「戦わない強い意志」 ちゃんと受け取りました。

この記事へのコメント

14. Posted by miyukichi   2007年02月11日 00:19
5  こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 よろしくお願いします◎

 長屋の皆さん、生活臭たっぷりでしたね(笑)
 おっしゃるとおり、したたかな庶民ぶりが、
 なかなか痛快でした。

 音楽、私はなかなかおもしろい掛け合わせだなー、って
 思ってました。
 私的には悪くなかったんですけど、
 人それぞれですね(笑)
13. Posted by いわい   2006年07月25日 23:29
こんばんは。
上記のワタクシのコメントは、映画に関するものだったんですよー。
パピのママさんの記事に対する批判ではありません。
別に気になるほどのネタバレなんてないと思いますので、これからもドシドシお書きになってくださいませー。

誤解させるような書き方をしてしまったみたいで、申し訳ありませんでした。
12. Posted by パピのママ   2006年07月25日 02:03
5 こんばんは!いわいさまこちらこそ、お返しのTB・コメント有難うございます。
そうですね、ついネタバレが多く記事にしてしまう傾向がありますね。反省しなくては(汗)。
映画の内容の中から、少しでも多くのネタを書きたい症候群になりつつあります(笑)。
記事を読まれる方の気持ちになって、なるべく短い文章で、投稿したいと想っております。
11. Posted by いわい   2006年07月23日 22:39
初めまして。トラックバックありがとうございました。
明るいトーンでメッセージを語って、後味の良い映画でしたね。
たくさんの登場人物をきっちり描いているから仕方ないのですが、もう少しコンパクトにまとめてくれたら更に良かったなー、と思っております。
10. Posted by KUMA0504さんへ   2006年06月26日 01:21
5 こんばんは!!TB・コメントお返しご丁寧に有難うございました。
是枝監督の異色時代劇は、見る人達に様々な捉え方を感じさせる作品でした。
復讐の連鎖をとめる方法など、メッセージを込めながら、エンタメ性も損なわず楽しむ事ができました。
9. Posted by KUMA0504   2006年06月25日 07:42
ホント自衛隊派遣は正しかったといっている小泉さんに見せてやりたいと思いました。

ただ、この映画の「願い」は憎しみが血の中にまで染み付いているパレスチナ・イスラエルには届かない内容でした。
反日に対して反中、嫌韓を言っている輩には届けばいいのですが。少し弱いかもしれない。どこが弱いのか、いまだに良く分かりません。それは、日本人自身の弱さなのかもしれません。
8. Posted by あさこ様へ   2006年06月24日 00:30
5 こんばんは!!TB・コメントお返し有難うございます。
「映画バトン」ですね〜、まだですよ!!
急いで記事にしなくても良いのでしたら、やってみたいと思います。
あさこさんのブログへお邪魔したら、バトンの記事が載っていたので、ちょっと(笑)、興味がありますね
7. Posted by あさこ   2006年06月23日 12:41
はじめまして。TBありがとうございました。
私もブッシュさんやコイズミさんに見せてやりたい、と思いましたよ(笑)。
ところでパピのママさんは「映画バトン」ってされたことありますか?もしまだでしたらバトン受け取っていたきたいのですが・・・。お忙しいようでしたらスルーしてください。突然にすみません。たくさん映画をご覧になってるパピのママさんのご趣味に興味を持ってしまいました。
6. Posted by mimiaさまへ   2006年06月23日 00:48
5 こんばんは!!TB・コメントお返しどうもありがとうございます。
ホントですよね!、時代劇なのに今の事にもふれている、作品の内容がとても良い印象を残してくれました。
5. Posted by ケントさんへ   2006年06月23日 00:43
5 こんばんは!!早速TB・コメントお返し有難うございました。日本古来の伝統とも云うべき仇討ち、この映画は主人公が平和を尊び、命の大切さを重んじる、良い映画でした。
4. Posted by ミチ様へ   2006年06月23日 00:36
5 今晩は!!早速TBお返し有難うございます。
とても印象に残る良い映画でした。私は邦画は、あまり見るほうでは有りませんでしたが、宮沢りえちゃんが大好きで、「たそがれ清兵衛」を観てから、りえちゃん演技上手くなりましたよね。
時代劇だったのと、芸達者な役者さんたちが脇を固め、人の命の尊さを感じさせる作品でした。
3. Posted by mimia   2006年06月23日 00:26
はじめまして
TB&コメントありがとうございました。

そうそう「討ち入り饅頭」やってくれましたよね!まさに市井の人々のしたたかさは生きる強さでした。

ゆるそうに見えて、実は深い映画なのですよね。


2. Posted by ケント   2006年06月23日 00:15
パピのママさんへ
コメント&TBありがとう。
たまにはゆったりした邦画もいいでしょう。この映画が好評なのは、きっと平和を望む方々が多いということなんですね。
もちろん平和は大好きですが、時代劇としては、やや物足りなかったかな。
これからも宜しくお願いします。!(^^)!
1. Posted by ミチ   2006年06月22日 18:05
こんにちは♪
TBありがとうございました!
やっぱり是枝監督にははずれなしでしたね〜。
たくさんの登場人物の誰もがとても印象に残ります!
復讐の連鎖をとめる方法など、メッセージ性も含めながらエンタメ性も損なわず楽しめました。