オリバー・ツイストトゥームレイダー2

2006年07月02日

DEATH・NOTE/デス・ノート(前編)5

c3e63ae6.jpg

死神の落としたノートから、2人の天才の頭脳戦が始まる

名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。

彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。

その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。一方ICPO(インターポール)は犯罪者の大量死を殺人事件と考え捜査を開始。

世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵・Lを捜査に送り込んできた。そして月とL2人の天才による壮絶な戦いが始まるのであった。

                     
1400万部以上を売り上げているモンスター・コミックを、前・後編の2作構成で映画化。その最大の魅力は、何といっても2人の天才による頭脳戦だ。デスノートのルールを最大限に生かし、Lの正体へと迫る夜神月。徹底した論理分析で謎の殺人犯を追うL

彼らの権謀術数に、観る者は手に汗を握らずにはいられないでしょう。物語は、基本的には原作と同様の展開。しかし、月の恋人・詩織の存在など映画オリジナルな部分もあるので、原作ファンでも楽しめるはずです。

                       
エリート大学生で、将来は親と同じく警視庁での活躍を期待されている夜神。退屈しのぎにある日、デスノートブックデスノートのライト黒いノートを拾った彼は、そこに記された使い方通りに人の名前を書くと、数分後にはその人間が死ぬ事を知る。

死神が落としたそのノートで人を裁く事に夢中になる夜神だが、不可解な死にやがてインターポールが動き出して……。面白かったです映画化されてから、だいぶ経ちますが、早く観に行こうと思いながら死神死神・リュウク??・・・。

私としては一番の不安はリュークで、実写化なんて無理に決まってる。まさか着ぐるみ!?と、いらぬ心配もしていましたがナント、フルCGでした!初めて雑誌で、リュークの影を見たときは、もしかしていいのでは?って思ってたし姿を見て、さらに安心!そして、リュークの登場シーン。

「気に入ったかぁ〜?」でスクリーンに現れたリュークは、凄くカッコ良かったです。

なんか、身に着けてる物すべてとか?あの動きも面白くて・・・「リンゴくれよ!!」は一番決め台詞!!(笑)。

中村獅童さんの声もぴったしだったしね。!キャストも心配していた役の松山ケンイチさん、インパクト有りましたね!!・・・暗く陰湿な雰囲気がとても良くなりきってましたよね〜!!。


あの目つき、しぐさ、座り方・・・原作から飛び出してきたみたいでした。夜神の父捜査本部長に串刺しにしたお菓子を差し出したシーンは、可笑しかったです!デスノートのおひょいさんデスノート・ミサミサ夜神総一郎役の鹿賀丈史さんも、カッコ良かったですし、ワタリ役のおひょいさんは、イメージにピッタリでした。

ミサミサ役の戸田恵梨香さん・・・ミサミサは、後編で沢山見れるのでしょうね。

今回は、出番が少なくて残念でした。最後の美術館でのシーンは、意見が分かれそうですが・・・。月のしたことは怖く恐ろしいです。まさか恋人の詩織までデスノートのシナリオになっているなんて、・・・本当にライトは悪魔です、哀しくなりました。

月とL、どちらが正義なのか?犯罪者だけでなく、FBIや恋人までも殺した月。ノートを手にし、犯罪者や容疑者だけを殺していただけなら、理解できなくもないのですが・・・。そりゃ、この世には殺していい人間なんている訳がないし、月のやってることは、そもそも間違っていると思います。

原作コミックは連載終了していますが、私は最後はマダ、知りません。でも、後編は別クライマックスが用意されているらしいのでお楽しみに!!とにかく、後編が早く観たいですっ!!!



papikosachimama at 12:56│ 2006年劇場公開作品、鑑賞 | た行・だ行の映画

この記事へのトラックバック

32. 【DVD】DEATH NOTE デスノート 前編  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年05月28日 20:55
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 「L change the WorLd」の前に折角だから見ておこう ▼感想 急いで後編も見なくてはっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也)...
31. デスノート  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年12月25日 20:21
 『デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。』  コチラの「デスノート」は、今日6/17公開になったのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪「週刊少年ジャンプ」で連載されている「DEATH NOTE」の実写映画化って事なんですが、人気のあるコミックらしいし、結構話題にな....
30. DEATH NOTE デスノート 前編  [ mama ]   2008年02月12日 07:51
2006年:日本 原作:大場つぐみ・小畑健 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、細川茂樹、瀬戸朝香、中村獅童、戸田恵梨香、鹿賀丈史、香椎由宇、津川雅彦、藤村俊二 人の死を決定づける死神のノート「デスノート」。退屈な死神が人間界にノートを落とし、....
29. DEATH NOTE 前編&疾風伝&ロス:タイム:ライフ  [ 別館ヒガシ日記 ]   2008年02月03日 20:02
DEATH NOTE 前編は昨年の後編が公開する時に1度だけ鑑賞したけど L公開SPで来週は後編を初めて鑑賞だが改めて前編を鑑賞も良いね 内容としては月がDEATH NOTEを拾い名前を書き心臓発作などで殺して Lの作戦でキラが関東に住んでる大学生と言う所...
28. DEATH NOTE デスノート 前編  [ CINEMA LEGLOCK ]   2007年02月25日 02:54
 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月。彼は偶然手に入れた、ひょんなことから手に入れた“デスノート”と呼ばれる名前を書き込まれたものは死んでしまうという死神のノートを使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。
27. 「DEATH NOTE」  [ Tokyo Sea Side ]   2006年12月19日 23:16
原作の漫画は読んだコトなかったし、個人的に1作で完結しない映画はあまり好きではないので観に行く予定はなかったのですが、やはり話題作。気になってしまいました。そしてコレが見事に当たりました!「NANA」の時は受け付けなかった松山ケンイチが今回はとても良い☆...
26. 【邦画】DEATH NOTE デスノート 前編  [ ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! ]   2006年12月01日 13:28
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出4/脚本4/撮影2/音響3/音楽3/美術2/衣装3/配役3/魅力4/テンポ4/合計35) 『評論』 一応 y
25. DEATH NOTE デスノート前編  [ 新・ぴゅあの部屋 ]   2006年10月30日 01:40
「DEATH NOTE デスノート前編」 2006年(★★★★★) 映画を見る前に、原作コミックを読んで予習してきました。 夢中になって、何時間も読みふけりましたよ?? 死神から、 名前を書いた者を殺せるノートを手に入れた天才ライト。 彼は、キラと名乗り、世...
24. いきなり地上波!「デスノート・前編」!  [ 絵描人デイズ ]   2006年10月29日 16:48
なんと画期的!レンタルより早く地上波放送!「完結編」の宣伝なのはわかってますよ。でも、ありがたや!映画「デスノート・前編」観ました。 あまり期待してなかったんすが、なかなか良いのではないかと。流れもスムーズで。 ちょっと、リュークの顔(3D)がタイプじゃ...
23. 「デスノート(前編)」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2006年09月29日 00:04
ぼくは原作を読んだことがありませんでした。ただ、ネットなどで得られる情報で予習は十分でしたね。 随所に少年漫画然とした稚拙な展開があるものの、それを力で抑え込む娯楽性の高さがありました。これは一にも二にも「デスノート」という存在のなせる業でしょう。作...
22. デスノート  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年08月06日 21:21
★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に味わうこと
21. 「デスノート 前編」本当に怖いのは人間の心の中にある  [ soramove ]   2006年07月30日 20:42
「デスノート」★★★☆ 藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇 主演 金子修介監督、2006年 そのノートを持つ者が、 そこに名前を書くと、書かれた人は死んでしまう。 殺人を犯しながら罪の意識も無いまま、 司法の壁に阻まれて、刑を免れる悪人を バンバン殺...
20. 映画館「デス・ノート 前編」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年07月22日 04:39
人気コミックの実写映画化。 予告編を見たときから、面白そうだなと思っていたのですがなかなか観に行く時間がなくやっと観に行ってきました!コミックの方は、まったく見た事がありません??。 名前を書くだけで人を殺すことの出来るノート。。。そんなのあったら恐い...
19. デスノート前編  [ 勝弘ブログ ]   2006年07月18日 22:22
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう??sig
18. デスノート 前編  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年07月11日 16:25
3   そのノートに名前を書かれた者には、死が訪れる。  天才的な大学生、夜神月(藤原竜也)は、偶然、DEATHNOTEと書かれた不思議なノートを拾う。  将来、警視庁に勤める事を本望としていた彼は、法の限界を感じており、網目を潜り抜ける犯罪者た...
17. 映画 デスノート 前編  [ FINAL HEAVEN ]   2006年07月10日 20:56
 映画デスノート見てきましたーヽ(´ー`)ノ  本当に前編だったよ(笑)  後編見なかったら不完全燃焼バリバリじゃー!(笑)  …みたいな。  すっごいいいトコで終わるんだもん…。  早く続き見せろーーーー!!!(笑)  いや、でも面白かったですよ(*≧▽≦)ノ ...
16. 『DEATH NOTE デスノート 前編』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年07月07日 03:25
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大場つぐみ/小...
15. あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2006年07月05日 15:15
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ
14. 「DEATH NOTE」とてもおもしろかった!  [ よしなしごと ]   2006年07月05日 01:33
 今回はDEATH NOTE前編です。
13. デスノート 前編  [ 5125年映画の旅 ]   2006年07月04日 06:50
4 金子修介監督が『デスノート』を撮ると知って半年、『デスノート』にハマって半年、期待と不安を孕んでついに完成した実写版『デスノート』。 白状すると期待が3で不安が7だった訳で、出来がとっても心配だったんですが、意外や意外!この映画、面白! 原作ファンとし...
12. 『デスノート・前編』  [ ラムの大通り ]   2006年07月04日 00:07
----この映画、前後編に分けて公開だって? 珍しくニャい? 「うん。この方式、昔は日本映画にもけっこうあったけど、 最近では見かけなくなったね」 ----原作がコミックで11巻だっけ。 長いからかなあ…。 「そう。これは『ダ・ヴィンチ・コード』と同じだね。 謎解きや推理...
11. DEATH NOTE/デスノート 前編  [ そーれりぽーと ]   2006年07月03日 21:37
週間少年ジャンプらしからぬ深く小難しいタッチで自らを正義と確信する異能の大量殺人鬼と、それを止めようとする人々との知的攻防を描いた「DEATH NOTE」が、連載終了と同時に実写で映画化されたので早速観てきました。 ★★ 原作を毎週楽しみに読んでいた私からすると、ス...
10. 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年07月03日 21:37
映画館にて「DEATH NOTE デスノート 前編」 大人気コミックの実写映画化。コミック版は私も読んでいて大好き!前編は3巻半ばくらいまでの内容(11巻まで発売中)で、映画独自のキャラも登場している。 ストーリーは、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる“デ...
9. 『DEATH NOTE デスノート 前編』 & 舞台挨拶♪  [ *Sweet Days*  ~movie,music etc...~ ]   2006年07月03日 13:54
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ 他 同名の人気コミックの映画化。 大学生の夜神月(藤原竜也)は、ある日一冊のノートを拾う。そのノートは、そこに書かれた人が必ず死ぬという死神(リューク)が落とした物だった・・・・ まぁ??ったく前知識無しというか、予告...
8. デスノート【前編】  [ 何を書くんだろー ]   2006年07月03日 13:52
「デスノート【前編】」 評価 ★★★★☆ (4.2) 『あらすじ』  刑事を父親に持つエリート大学生の夜神月。ズバ抜けたIQで過去に父親の担当する事件に アドバイスをし、解決に導くほどの正義感を持つ。しかし、現状、この国では凶悪犯罪を起こ...
7. リュークってかわいいっ。~「デスノート・前編」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年07月03日 12:28
初日9時40分R170にて。 混んでるのかと思いきや意外にシートの半分くらいといったとこ。 ほとんどが中学生男子の友達同士で 多分原作読んで期待してやってきたカップルとか あと、ぽつんぽつんとどう見ても私よか年上のおっちゃんがひとりで 鑑賞に来てたのが印象的だ....
6. DEATH NOTE デスノート前編  [ ネタバレ映画館 ]   2006年07月03日 12:16
ノートに書いた名前を消しゴムで消したらどうなるんだろ?
5. DEATH NOTE デスノート 前編  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年07月03日 12:05
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)     小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史 名門・東....
4. DEATH NOTE -デスノート- 前編  [ Akira's VOICE ]   2006年07月03日 11:50
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。 原作を知らない人にはつまらないかも・・・
3. DEATH NOTE デスノート 前編 主演:藤原 竜也  [ 読むなび!(裏) ]   2006年07月02日 23:38
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:80点 採点内訳へ ≪梗概≫ 退屈な日常へは、もう戻れない―。 死のノート。その禁断のページが今、開かれる。 2006年デスノート・イヤー――6月前編・10月後編、異例の2作品連続公門
2. 藤原竜也 主演映画「デスノート」が・・  [ あきらのグラビア・アイドルファンブログ祭り ]   2006年07月02日 22:26
●すごいぞ!藤原竜也 11月公開の映画「デスノート the Last name」(金子修介監督)に女優の片瀬那奈(24)が出演することが1日、分かった。 同日、東京・東池袋のシネマサンシャインで行われた同作前編のヒット御礼ゲリラ舞台あいさつで、前編の公開....
1. デス・ノート  [ まりあん〜シネマ大好き! ]   2006年07月02日 14:32
退屈な死神が人間界にノートを落とす。 それを 退屈してた天才、夜神月(ライト)が拾う。 そのノートの信じられない効力を知ったライトは、それを使って理想の世界を築いていくことを決意。自らの手で犯罪者を裁いていくその一方で、一連のこの不可解な事件を解決するべく ...

この記事へのコメント

8. Posted by ミチ様へ   2006年07月04日 10:59
5 いつもTB・コメントお返し有難うございます。
そうですね!!原作の後編は魔界の消しゴムなるものが登場して、デスノートに書かれて死んだ人達が、その消しゴムとやらで消すと〜あ〜ぁら不思議生き返ると言う??・・・ツマラナイ筋書き、映画では脚色してドンデン返しも、有りかなと・・・こう御期待!!。
7. Posted by たましょく様へ   2006年07月04日 10:51
5 TB・コメント早速お返し有難うございました。
原作を読んでいる方々は、映画化されてキャスティングとかに不満が有るようですが、私はコミック雑誌の立ち読み派なので(笑)、漫画の中の世界とホボ、同じ設定でしたので、特に死神リュークとLは、イメージ通りで満足!100点満点(爆)です。それに後編も、原作読んでいる友達が教えてくれて、ガッカリです。知らない方が良かったです。
6. Posted by ミチ   2006年07月03日 21:41
こんにちは♪
TBありがとうございました!
先日のバトンの件では失礼いたしました。
私は原作を読んでいるのですが、ほぼ満足な前編でした。
原作ファンも納得の、映画ならではのラストを期待しているのですが、どうなるのかドキドキです。
待ち遠しいですね〜。
5. Posted by たましょく   2006年07月03日 13:52
 TBありがとうございますm(_ _)m

 原作ファンをガッカリさせないだけの
最大限の努力がキャスティングに感じら
れました。

 夜神月は、原作とはイメージが少し違
いますが、残りのキャストは見事なほど
に合っていたかと(総一郎は…)

 後編の展開が、どーなるのか、原作を
知っていても、やはり「オリジナル」な
流れを期待してしまいます。
4. Posted by Ageha様へ   2006年07月03日 13:33
5 こんにちは!!TB・コメント有難うございます。
実は、お友達のブログの○さんが、原作本後編の内容を教えてくれたんですよ
いや〜ぁ、知らなかった方が良かったです。まさか、魔界の消しゴムなるものが存在して、後編ではデスノート・消しゴムは、警察に押収されて?・・・ノートに書かれていた人達は皆消しゴムで消して、今まで通りの生活に戻ると言う話で終了すると言う??・・・そんなつまらない!!、少しアレンジしてくれなくちゃ〜ぁね!!映画観に行く気が失せますよ。
3. Posted by Ageha   2006年07月03日 12:26
どうしても熱狂的な原作ファンは
素直にヨシとはいえないようで、
やっぱり評価が厳しくなってますね。
あんまし詳しく知らないほうが楽しめるのかもしれません。

個人的にはLとワタリはかなりハマり役だったと思うのですが。
ライトのお父さんはホントはもちっと
あぶらギッシュ(わわわ)な方がやるのかと思ったんですが
鹿賀さんは惚れ惚れするくらいかっこよかったです。
2. Posted by KOROさんへ   2006年07月03日 11:08
5 いつもTB・コメント有難うございます。
邦画は、余り好きではなかったのですが、今話題の「デスノート」観ないと終わってしまうのでは(笑)、と想い観に行った次第です。
観た感想は、上の記事で、コンビニで立ち読みした、コミックに興味が湧いたのと、前から藤原竜也のファンだったもので、観に行って最高でした。なかでもリュークの存在、コミックでは劇画チックに描かれてましたが、映画となると??・・・あ〜ぁ、やっぱりCGだ。思ってた通りでした。
後編、私も気になりますが?、またコンビニで立ち読みと言う訳にも行かないでしょうね??。
1. Posted by KORO   2006年07月02日 23:47
こんばんは。
私も、「気に入ったかぁ〜?」で登場したリュークに感動しました!原作に忠実!面白いところも忠実!反面、ちょっと藤原竜也さんが原作のライトより優しすぎかなって気がしましたけど。もちろん、後編も観に行こうと思っています。その前に、原作のラストも未読なので、コミックでたらすぐ読もうと思っています。
オリバー・ツイストトゥームレイダー2