2006年10月09日

パビリオン山椒魚3

af1a03bb.jpg

レントゲン博士に憧れ、21世紀の天才レントゲン技師を豪語する青年が、財団の美人令嬢と出会い、奇想天外な事件が巻き起こっていくジェットコースター・ムービー。自主映画の短編作品が絶賛された冨永昌敬監督の、記念すべき劇場長編第1作だ。オオサンショウウオのキンジロー誘拐事件を機に、明らかになっていく二宮財団の真実…そして、突然、愛に目覚め変貌していくレントゲン技師の運命はいかに!とにかく次から次へと、想像もしない出来事が飛び出し、飽きる隙を与えない。主演は、日本映画界を牽引するオダギリジョーと、注目の若手・香椎由宇。その他、脇を固める俳優陣に、麻生祐未や高田純次、光石研や津田寛治という豪華な顔ぶれが集合し、ラストのラストまで、奇天烈で謎に満ちた物語が展開する。

二宮姉妹<ストーリー>美人四姉妹−アキノ、みはり、日々子、あづきがいる二宮家は、代々、「サラマンドル・ キンジロー財団」を運営。15代将軍慶喜公によって1867年のパリ万博に出品された「動物国宝」のオオサンショウウオ「キンジロー」(=二宮金次郎!?)を管理することで、国から莫大な援助金をもらっているらしい。
ある日、自称「21世紀の天才レントゲン技師」こと飛鳥芳一(オダギリジョー)は、第二農響・会長の香川守弘から「キンジローにニセモノ疑惑が浮上中だ。本物ならパリ万博で、骨折した際の治療の跡が背中に残っているはず」と、山椒魚のレントゲン撮影を依頼される。芳一は妹・甲斐の結婚費用100万円と引き換えに引き受けた。

                     

一方、みはりと日々子に家を追い出された先代の財団代表者である、父四郎(高田純次)は、あづき(香椎由宇)に「悪いやつらにねらわれないように、キンジローを安全な場所へ移して、お前がまだ見ぬママに会いに行こう」 と持ちかける。あづきは、、次女三女とは腹違いのようだ。キンジローの150歳のお誕生パーティーが、二宮家のジャポネスクな 豪邸で盛大に開かれた夜、芳一はあづきと不思議な出逢い方をしてしまう……
オダジョー<感想>  はぁーい、息を吸って〜ぇ、息を吸って〜ぇ、はい どぉーん!!
これは、オダギリジョー扮するレントゲン技師が撮影するときに言う言葉!・・・いきなり大きな声でレントゲンバスの中で、髪の毛ボサボサ、白衣を着てそれでも、自称天才レントゲン技師である。

突然舞い込んだ「大山椒魚」のレントゲン撮影の依頼!、オダギリジョーは妹の結婚資金欲しさに引き受けてしまう。そして明らかになっていく二宮財団の真実・・・突然オダジョーがあづきに愛が芽生えて変貌していきます。とにかく次から次へと想像もしない出来事が飛び出して、飽きる暇を与えません。大山椒魚「キンジロー」の150歳の誕生記念写真撮影がありますが、中でも一際目を惹くのが、はづきが抱えている巨大な山椒魚が物語の全てかと言うと、とんでもないハプニングが続出!。

あずき山椒魚抱くこのシュールな1カットが予言する通り、謎が謎を呼び、物語が進むに比例して何なのこれって?の嵐に襲われます(笑)。果たしてその正体は、一匹の山椒魚をめぐるドタバタコメディーか?、レントゲン技師と令嬢との禁断のラブロマンスに発展するのか、はたまた令嬢の姉(長女アキノ)の死から引き起こされるサスペンス映画なのか?。正体不明の映画に挑み、全編を駆け抜けてみせたのが、自称・天才レントゲン技師に扮したオダギリ ジョーなんですね

通好みの演技派?かと思えば、ひょうひょうとした、そのキャラクター設定からしてどうにも怪しいが、本作のオダジョーは型破り具合がハンパじゃないのよ。

またぎの格好と言うのはこの作品の中でさえ、そのキャラが統一されていないことに度肝を抜かれます。クールでストイックなレントゲン技師として登場したくせに、後半はなぜか口ひげにオールドバックというレット・バトラー顔負けの濃ゆいキャラへと大変身し、雄叫びを挙げながら大暴走する(爆)。

その七変化ぶりはとにかく古き良きダンディズムが香る口ひげ姿のオダギリ、本邦初公開ですね。

奇想天外ストーリーに爆笑間違いなし!。奇妙な世界観にマッチするファッションが素敵な登場人物たち。 オーバーサイズのジャケット、個性派ジュエリー、クラシカル小物、イブニング・ドレス、着物など奇抜でレトロ調が奇妙にマッチしている。そんな中、女子高生であるあづきのVネックニットに、ハーフパンツを合わせたトラッドスタイルが、一番まともで新鮮に映ります。

                      

いきなりまたぎさらに、オダギリジョーも彼らしい個性的な、英国調タータンチェックを取り入れ燕尾服姿で、スコットランドの民族衣装のようなファッションで登場!、山賊(マタギ)仲間とオダジョーたちが話す言葉は、静岡の山奥の方言(何を言っているか分からない、外国の言葉だと思った)があり、そこはちょっと滑稽でしたね。

前半は予想以上にシリアスタッチだったけれど、一転した後半の吹き出さずにはいられない、くだらなさ加減がたまらなく可笑しかったです。
山賊はじめは唖然と観てたけど、しだいに、そしてツボにハマって来て大ウケ!!お笑いを観てるような。オダギリジョーの山賊(マタギ)キャラも楽しかったし、オダジョーの壊れ方がこれまた地で言ってるんじないの??中々良い感じです。タバコ4本くわえて顔芸するところなんか、最高にね〜ぇ笑えたしね!

他の山賊達のキャラや脇役のくずれ方パビリオンの本も、最高に受けた!、・・・笑うしかない。(特に新しくなった〜亀田一志商店が。)大山椒魚の肉!、山椒魚の缶詰!、これ、ハマっちゃったかも。それからレントゲンバスの中で父四郎(高田純次)さんとオダジョーが、鍋をつつきながら、目の前のフロントガラスの曇りを気にしてタオルで二人して拭く所なんか、アドリブじゃないのこれって?、ダンボール被って、奇声をはりあげ??・・・地下足袋はいて何してんだろう?お馬鹿丸出しです!。

でも一生懸命にはづきちゃんのママを捜す所なんか、真面目なところもある?・・・はづきちゃんのママは誰なのパビリオン舞台挨拶か?って、映画の途中で母親本人が言ってしまうので、ここではいえません。山椒魚の「キンジロー」これは本物ではないのですが、よく出来ていて可愛らしいくて!、またヌルヌルとした感じがリアルです。

はづきも「本物とか、偽者とか、どっちでもいいの」なんていっているしね。みんなどこか愛すべきバカさ加減を持つ、デタラメだが深い愛の物語なのです。また、菊池成孔さんのジャズからエレクトロニカ、おまけにマーチまで映像と、あ・う・んの呼吸の音楽が良かったですね。                                                         



別タイトル人気俳優・オダギリジョー主演作!伝説の動物国宝、オオサンショウウオのキンジローをめぐって繰り広げられる、コメディタッチの狂騒的サスペンス『パビリオン山椒魚』の世界の謎に迫るプロローグDVD。オオサンショウウオの謎やロケ現場での雰囲気、キャスト・スタッフの生の声を収録したメイキングなど貴重な映像盛りだくさん! 自称天才レントゲン技師が、国宝のオオサンショウウオを巡って繰り広げる奇妙な新感覚サスペンス。短編シリーズ『亀虫』で注目を浴びた新人監督富永昌敬の長編デビュー作。主演のオダギリジョーが、脱力系の演技でレントゲン技師をコミカルに演じる。ヒロインの香椎由宇をはじめ、KIKI、きたきまゆ、津田寛治など、個性的ぞろいのキャストも魅力。若い才能が集結した、まったく新しい日本映画に仕上がっています。



papikosachimama at 01:49│ 2006年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

23. 「パビリオン山椒魚」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年12月01日 03:57
この作品がきっかけで結婚したオダギリジョーと香椎由宇。 まだ別れてない???よね・・・ という事で、久しぶりに邦画特集でもしてみようかと。
22. 「パビリオン山椒魚」 DVD  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2009年09月26日 14:58
かつて万博にも展示されていた貴重な大山椒魚の真贋、保有する財団の関係の家族の内情、それらに絡んでくるレントゲン技師。。。正直に申すと、さほど面白くは感じませんでした。わたしてきには退屈だった感じ。この映画で共演したオダギリジョーと香椎由宇は結婚しましたね...
21. 食卓にサンショウウオ  [ Akira's VOICE ]   2008年04月03日 12:12
「紀子の食卓」 「パビリオン山椒魚」
20. 『パビリオン山椒魚』  [ Sweet* Days** ]   2007年08月21日 09:16
パビリオン山椒魚 プレミアムエディション(2007/04/25)オダギリジョー、香椎由宇 他商品詳細を見る 監督:富永昌敬 CAST:オダギリジョー、香椎由宇 他 STORY:美人四姉妹??.
19. パビリオン山椒魚  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年05月17日 12:41
【2006/09/16】製作国:日本監督:冨永昌敬出演:オダギリジョー、香椎由宇、高田純次、麻生祐未、光石研自称“21世紀の天才レントゲン技師”こと飛鳥芳一はある日、第二農響会長・香川から奇妙な依頼を受ける。それは、かつてパリ万博に出品された伝説の動物国宝であるオオ....
18. パビリオン山椒魚  [ 邦画名作映画館 ]   2007年05月07日 21:27
【出演】 オダギリジョー、香椎由宇、高田純次、麻生祐未、光石研、杉山彦々、津田寛治 【感想】 とにもかくにもわからん映画でした。 たぶん誰か(監督)の頭の中の夢の世界をそのまんま映画にしたら こんな映画になるんだろうね。 サスペンスなのかミステリーなのかコミカ...
17. 映画「パビリオン山椒魚」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年01月28日 16:12
映画館にて「パビリオン山椒魚」 (地元ミニシアター“日本映画特集”その7) 山椒魚を巡るサスペンスあり、ミステリーあり、ラブストーリーありの奇想天外なコメディ。 自称21世紀の天才レントゲン技師・飛島芳一(オダギリジョー)は、国宝のオオサンショウウオ=キンジ...
16. パビリオン山椒魚  [ ネタバレ映画館 ]   2007年01月15日 23:53
特別天然記念物であるオオサンショウウオは勝手に触ることも捕らえることも移動することも許されないし、保存に影響を及ぼす行為も禁止されています(文化財保護法)。
15. 『パビリオン山椒魚』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年11月27日 14:27
笑い度 [:ラッキー:][:ラッキー:]       2006/09/16公開  (公式サイト) (公式ブログ) 胡散臭さ[:きのこオレンジ:][:きのこオレンジ:][:きのこオレンジ:][:きのこオレンジ:] 満足度 [:星:][:星:][:星:]  【監督】冨永昌敬 【脚本】冨永昌敬 【...
14. パビリオン山椒魚  [ とりあえず、コメントです ]   2006年11月19日 11:25
観終わった瞬間に「きゃあ、面白いけど解らない!!」と慌ててパンフレットを購入したら “『パビリオン山椒魚』を鑑賞するな!体験せよ!”と書いてあって、ほっとしました(笑) 自前のレントゲン車で仕事をしているフリーのレントゲン技師、 飛鳥芳一(オダギリジョー...
13. パビリオン山椒魚  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年10月21日 16:49
3  大山椒魚にまつわるミステリー!?蓋を開けてみると何と表現したら良いのか言葉に詰まるというか、何を言ったら良いのか分からない不思議で奇天烈な物語。  ストーリーらしきものはあるが、テーマよりも奇抜なスタイルや人間の思索を全面に押し出した....
12. 『パビリオン山椒魚』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2006年10月21日 10:06
そんなにパビリオンでもなかった。が、期待していなかった分、楽しめましたっ。 レントゲン技師、飛島芳一のもとに、サラマンドル・キンジロー財団が所有する動物国宝、オオサンショウウオのキンジローを盗み出し、本物かどうかレントゲン撮影してほしいという依頼が舞い...
11. 真・映画日記『パビリオン山椒魚』  [ CHEAP THRILL ]   2006年10月18日 20:00
10月12日(木) 朝晩は冷えるが、 日中は暑かった。 仕事はそこそこ。 午後6時10分に終業。 「チケットフナキ」虎ノ門店に行きテアトルの株主優待券を買う。1300円。 虎ノ門駅から銀座線に乗り、渋谷へ向かう。 7時少し過ぎにシネセゾン渋谷に。 『パビリオ...
10. パビリオン山椒魚  [ カリスマ映画論 ]   2006年10月13日 00:16
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  アバンギャルドな世界にドーーーン!!
9. パビリオン山椒魚  [ まりあん〜シネマ大好き! ]   2006年10月12日 14:09
レントゲン博士に憧れ、21世紀の天才レントゲン技師を豪語する青年が、財団の美人令嬢と出会い、奇想天外な事件が巻き起こっていくジェットコースター・ムービー。自主映画の短編作品が絶賛された冨永昌敬監督の、記念すべき劇場長編第1作だ。オオサンショウウオのキンジロー...
8. パビリオン山椒魚  [ シネマ de ぽん! ]   2006年10月12日 11:45
パビリオン山椒魚公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 素
7. パビリオン山椒魚  [ 映画通の部屋 ]   2006年10月10日 10:35
「パビリオン山椒魚」 製作:2006年、日本 98分 監督、脚本:富永昌敬 出演
6. 映画「パビリオン山椒魚」を観て  [ とみのひとりごと ]   2006年10月10日 08:32
今この瞬間(とき)を楽しむ、右脳派映画?
5. [ パビリオン山椒魚 ]キンジローもたぶん泣いている  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年10月10日 00:12
[ パビリオン山椒魚 ]@渋谷で鑑賞 噂のカップル、オダギリジョーと香椎由宇の主演作。 監督冨永昌敬が2003年に手がけた短編映画[ 亀虫 ]の独特 の演出が面白かったので、本作はかなり期待していた。 上映前からいろんな人に薦めていたが、たぶん誰一人とし てこの...
4. パビリオン山椒魚/オダギリジョー、香椎由宇  [ カノンな日々 ]   2006年10月09日 21:46
3 我らがオダジョー主演に香椎由宇ちゃんというキャスティングはもちろん予告編の面白さにかなり惹かれて絶対観ようとかなり期待の一品です。久しぶりのシネセゾン渋谷にちょい早めに行ってチケット購入。整理番号はまだ10番台だったので安心してお昼ご飯を食べに渋谷マークシ....
3. パビリオン山椒魚  [ まったりでいこう〜 ]   2006年10月09日 20:26
予告編を観ておもしろそうだと思ったのと、山椒魚を取り扱っているので(笑)いったいどうんな内容か、内容に興味を持ったのとでさっそく行ってきました。最終回のを観たのですがそこそこ混んでましたね〜。
2. パビリオン山椒魚  [ skywave blog ]   2006年10月09日 09:13
面白いのか、つまらないの判断が、分かれる作品です。 非日常的世界を、オダギリ・ジョーと香椎由宇の不思議な魅力で描きます。まったく理解不能なストーリー。 観客は、「こ
1. 劇場『パビリオン山椒魚』  [ 映画ダイエット ]   2006年10月09日 08:50
監督&脚本:冨永晶敬 出演:オダギリジョー、香椎由宇、高田純次、麻生祐未、光石研、KIKI、キタキマユ、斉藤陽一郎、杉山彦々、津田寛治、他 予告編を見たらこれはコメディーだと思ったので、ならばさぞ面白かろうってんで期待して行ったらまずガラガラ。オダギリだから当....

この記事へのコメント

4. Posted by パピのママ   2006年11月29日 20:57
5 こーいち様へ・・・TB・コメント有難うございました。
本当にストーリーなんてどうでも良いみたいでした。
でも、なんか笑えて馬鹿馬鹿しさが、なんとも言えない所がいいですね。
3. Posted by こーいち   2006年11月27日 14:35
こんにちは。
ストーリーは訳分からないですけど(笑)、
なんか楽しめちゃう作品でしたね。
バカ騒ぎを観ていると元気になれましたw
それにしてもオダジョーはどんな役でもできますね。
2. Posted by パピのママ   2006年10月23日 23:36
かえるさんへ・・・TB・コメントお返し有難うございます。
本当にオダジョーの独り舞台ですよね!。
何か、つまらないって言う人もいますが、あまり深く考えないで、バカバカしい映画でも楽しく観る、そんな私には最高の作品でした。
1. Posted by かえる   2006年10月21日 10:12
こんにちは。
これ、おもしろかったですよねー。
音楽の入り方もカッコよくって気持ちよかったし。
オダジョーもノビノビと楽しそうだったし。
昨日、健康診断でレントゲン撮影をしたんですが、密かに 「止めてー、はい、ドーン!」を期待してしまいましたー