2006年11月03日

記憶の棘5

2faabb1b.jpg

何度でも生まれ変わる、まためぐり逢うために!、・・・NYのアッパー・イースト・サイドを舞台に繰り広げられる、輪廻をめぐるミステリアスな愛の物語。

もし妻のアナが亡くなり、その翌日窓辺に小鳥が飛んできて、僕を見つめこう言ったら?・・・・・

「ショーン、アナよ。戻ってきたの」 僕はどうするか?、きっとその鳥を信じ一緒に暮らすだろう

〜亡くなった日のショーンの言葉〜

10年前に愛する夫ショーンを突然亡くした美しい未亡人アナ(ニコール・キッドマン)。彼女は悲しみから抜け出すまで何年も待ち続けてくれた男性ジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と婚約する。婚約パーティの夜、アナの豪華なアパートには、家族や友人たちが大勢集まってきた。その中には、ショーンの親友だったクリフォード(ピーター・ストーメア)と妻のクララ(アン・ヘッシュ)の姿もあった。

アナを取り巻く上流社会の雰囲気に、お墓参りなじめない様子の二人だった。そんなアナの前にある日、見知らぬ10歳の少年が現れこう告げるーー「僕はショーン、君の夫だ」と。

夫の生まれかわりだと主張する少年のことを、最初は子供のいたずらだと思っていたアナ。

だが、夫だけしか知らないはずの秘密を語る彼の言葉にアナの心は揺らぎ始める。見かけはあどけない少年でありながら、大人の男性のような愛と情熱を秘めたまなざしでアナを見つめるショーン。 ショーンは本当に夫の生まれかわりなのだろうか?、そして彼女が知る衝撃的な事実とは・・・・

              
アナ<感想>いまでかつてないほどの美しさと切なさで見せるニコール・キッドマン、美しく華奢なうなじを見せた大胆なショートヘアで、イメージをがらりと変え、この役に全力を注ぎ観客を魅了している。

また、少年らしいあどけなさと、大人の男性の情熱が同居する10歳のショーンを演じる、キャメロン・ブライト「ウルトラ・ヴァイオレット」、「X−MEN、ファイナルディシジョン」、「サンキュ―・スモーキング」など、立て続けに大作・話題作に出演している彼は、カナダ出身の天才子役である。

ショーンとアナ2監督・脚本はジャミロクワイや、レディオヘッドなどのミュージック・ビデオで知られる音楽界の天才的映像クリエイター、ジョナサン・グレイザー、

共同脚本に「存在の耐えられない軽さ」のジャン=クロード・カリエールに「チョコレート」のマイロ・アディカが加わり、耳に残る幻想的な音楽は「真珠の耳飾りの少女」のアレクサンドル・デブラ、

撮影監督は、「エレファント」「ラストディズ」のハリス・サディウス。

アナの婚約者に、巨匠ジョン・ヒューストンの息子ダニー・ヒューストン、母親にハンフリー・ジョゼフとアナボガート夫人のローレン・バコード。

死んだショーンの親友で、少年ショーンが生まれかわりではないと主張するクリフォードに「ファーゴ」のピーター・ストーメア。

その妻のクララに「サイコ」のアン・ヘッシュ、ショーンの父親役で、アナと同じアパートに住む家庭教師をしているコンテ氏を演じる、TVシリーズ「名探偵モンク」でお馴染みのテッド・レヴィンとキャスティングが、なんとも素晴らしい個性派揃いです。

ショーンとアナ輪廻転生を信じないわけではないが、果たして少年ショーンは本当に亡き夫の生まれかわりだったのか?・・・。

冒頭のシーンで気になる所があるのですが、クララがアナの婚約パーティ会場へ入る前に、セントラルパーク公園のちょうどアナの夫が亡くなったトンネルの傍に、箱を埋めます。

彼女が公園の片隅に埋めたのは、アナが夫のショーンに宛てたラブレターの束で、それを掘り起こした少年は、これを境に自分がアナを心から熱烈に愛する男ショーンである事を自覚し始めます。

アナの暮らすアパートに、通いの家庭教師をしている父親の帰りを待つ少年ショーンは、ドアクリフォードマンと親しくなってもなんら不思議ではない。

突然アナに「僕はショーン、君の夫だ」ショーンの生まれかわりだ。 「君は僕の妻だった。ジョゼフとは結婚するな」という手紙をアナの元に届ける。

最初は、驚きと困惑にかられたアナは、怒って少年を部屋の外へつまみ出しますが、・・・婚約者のジョゼフと少年の家へ行き「二度と会わない、迷惑を掛けない」と強制的に誓わせられた直後に、少年が床に崩れるように失神する姿を目にしたアナは、激しい動揺を抑えられないまま、コンサートのワグナーの楽曲も上の空で、少年ショーンに夢中になって行きます。

アナがお風呂母親に入っていると、僕も一緒に入ると、裸になり大人びた目でアナを慈しむように見る、またアナと夫の秘密も詳しく知っていた。30回結婚式をした事、ベストマンはクリフォードだった。

義兄の家のグリーンのソファでアナと愛しあったことなど、それとアナの家の黒人のメイド、りーという名前を知っていた、もう紛れもないショーンの生まれかわりであることに、間違いはなかったのですが、・・・・。

アナのとても微妙な心の揺れ、彼女の顔に表現されるその繊細な感情がニコールのアナを演じる努力が、命を吹き込んだように感じられました。そしてアナは心配する母のエレノアの忠告も聞かずに、ショーンと遠い何処かへ行って、ショーンが21歳になったら結婚しようとまで思いつめていたのです。

                  
クララところが、ショーンの親友クリフォードの妻クララが、少年ショーンに向かって言い放つ、「私のことが分かる?、・・・知らないのだったら、あなたはショーンではない!」という。

クララはショーンの愛人だったのですね。

夫のクリフォードも、うすうす感じてたようで、クララが「ショーンなら、まずこの私に逢いに来るはずよ!」この言葉で、アナを深く愛していた少年のショーンは、自分の中の夫ショーンに裏切られたショックで、アナがショーンに宛てたラブレターを読んで、アナとの愛の記憶しか蘇えっ花嫁のニコールていない少年ショーンにとって、それは受け入れられない事実なのですね。

アナを愛しているが故に、クララと浮気をしていたショーンのことを許すことが出来ず、認めてしまうくらいならば、「ショーンではなかった」と、アナを傷つけないためにショーンである事を否定するのです。

いずれにしても、アナを一途に愛してきたショーンの生まれ変わりが自分なのだという確信を抱いてきた少年にとっては、真実の愛をアナに捧げることが大事だったのですね

 

ラストシーンは、アナとジョゼフの結婚式です。アカデミー賞のニコール

 

ショーンとの初めての出会い、思い出の海岸、砂浜を白いウエディング・ドレスで波打ち際までいくアナ、時折悲しそうに、しかしショーンの事が吹っ切れたようで、そこへジョゼフが迎えにきます。

一緒に腕を組んで海辺のパーティ会場へと歩いていきます。上は本当の結婚式のニコール、とアカデミー主演女優賞のときのドレス姿ニコールです。

 



papikosachimama at 03:33│ 2006年劇場公開作品、鑑賞 | か行・が行の映画

この記事へのトラックバック

37. 記憶の棘  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年02月02日 13:19
2004 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ 作品のイメージ:感動、切ない 出演:ニコール・キッドマン、キャメロン・ブライト、ローレン・バコール、ダニー・ヒューストン 過去に夫を亡くしたアナ(ニコール・キッドマン)と、アナの夫の生まれ変わりだと言っ...
36. 記憶の棘  [ C'est Joli ]   2008年09月24日 23:52
3 記憶の棘’04:米 ◆原題:BIRTH◆監督・脚本:ジョナサン・グレイザー◆出演:ニコール・キッドマン 、 キャメロン・ブライト 、 ダニー・ヒューストン 、 ローレン・バコール ◆STORY◆ニューヨークで家族と暮らすアナは、30代の未亡人。...
35. 記憶の棘  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年09月12日 19:06
Movie Plusで鑑賞―【story】10年前に夫のショーンを亡くした未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を想い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現れ、「...
34. 「記憶の棘」★★★☆  [ JoJo気分で映画三昧!+α ]   2008年04月30日 23:28
'04年製作 主演ニコール・キッドマン 共演キャメロン・ブライト、ダニー・ヒューストン、ローレン・バコールほか 10年前に最愛の夫を亡くしたアナ(ニコール)。そのショックを乗り越え、ようやく再婚を決意した彼女のもとに、ある日突然10歳の少年が現れ、...
33. 『記憶の棘』を観たぞ??!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年04月29日 22:54
愛してる──何度生まれ変わっても。少年が本当に愛するショーンの生まれ変わりなのかどうなのか現在の恋人ジョセフと婚約し結婚を控えたアナの揺れる気持
32. 記憶の棘:映画  [ ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 ]   2007年12月30日 20:20
今回紹介する映画は、ニコール・キッドマン主演作品の「記憶の棘」です。 記憶の棘のストーリーニューヨークで家族と暮らすアナは、30代の未亡人。10年前に夫のショーンを心臓発作で亡くして以来、悲しみにくれていたが、最近になりようやく新しい恋人、ジョゼフのプロポ...
31. 映画『記憶の棘』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年10月11日 02:15
原題:Birth 輪廻転生、前世の記憶が残っているなんて、それは有り得ないことだけど、登場人物もまた不可思議な行動にみえる、だけど、なんとも言えない間がいい・・ アナ(ニコール・キッドマン)の夫は10年前にジョギング中の心臓発作で他界、ジョゼフ(ダニー・...
30. 『記憶の棘』はかなり凄い!!  [ TATSUYAのレンタル映画レビュー ]   2007年06月04日 00:02
タイトルは、『再・愛−Rebirth』とする。 記憶の棘 オリジナル・バージョンニコール・キッドマン (2007/03/23)ハピネット・ピクチャーズ この商品の詳細を見る  ニコール・キッドマン命の達也です。前回の a
29. 記憶の棘  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年04月02日 21:32
★★★  原題は『Birth』で、「生まれ変わり」をテーマにしているようだ。しかし邦題のほうもなかなか味わい深い。、ニコール・キッドマン扮する主人公アナは、10年前に亡くなった夫をいつまでも忘れられない。それが棘のように、心の奥に突き刺さったまま離れないか
28. mini review 07022「記憶の棘」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年02月07日 16:58
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 未入力 公開日 : 2006-09-23〜2006-11-10 監督 : ジョナサン・グレイザー 出演 : ニコール・キッドマン ダニー・ヒューストン ローレン・バコール アリソン・エリオット キャメロ...
27. 記憶の棘 Birth  [ こころね* ]   2006年11月24日 11:49
ストーリー:10年前に夫のショーンを心臓発作で失った未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を思い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。 しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現れ、 「...
26. 記憶の棘  なんとなく棘が抜けない気分です。  [ もっきぃの映画館でみよう ]   2006年11月24日 10:22
タイトル:記憶の棘(原題:Birth) ジャンル:ミステリー風純愛もの/2004年/100分 映画館:三宮シネフェニックス(238席) 鑑賞日時:2006年11月3日(日)5人 私の満足度:65%  オススメ度:60% 久々のニコール・キッドマン主演作ということで、以前から見たいと思って いたの...
25. 記憶の棘  [ ネタバレ映画館 ]   2006年11月08日 23:37
 サンタはいない! 
24. 「記憶の棘」  [ 雑板屋 ]   2006年11月07日 04:48
3 記憶にはやはり棘があったのか・・と漠然と考えてみる。 事実は甘い記憶だけではなかったと・・・。 個人の解釈によって評価は極端に二分化されるだろうと思う。 少年は夫の生まれ変わりだったのか?今作のテーマというか題材は非常に面白く興味津々であった。 イチ....
23. 記憶の棘  [ カリスマ映画論 ]   2006年11月06日 21:38
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  深く刺さって抜けることのない・・・愛の棘  
22. 『記憶の棘』 主演:ニコール・キッドマン  [ La.La.La ]   2006年11月05日 19:51
ニコール・キッドマン主演の何とも言えない嫌な映画・・・後味悪い ですよ 物語りはニコール・キッドマン演じるアナが夫に先立たれます。 それをきに何とか彼女に取り入りあわよくば自分の物にしようと下心 丸出しの男からの3年目のプロポーズをようやく決心したアナのもとに...
21. 映画〜記憶の棘  [ きららのきらきら生活 ]   2006年11月05日 17:22
 「記憶の棘」公式サイト10年前に夫のショーンを心臓発作で失った未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を思い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現...
20. 記憶の棘(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年11月05日 14:21
愛してる――― 何度生まれかわっても。 製作年:2004年 製作国:アメリカ 監 督:ジョナサン・グレイザー 出演者:ニコール・キッドマン/キャメロン・ブライト/ダニー・ヒューストン 時 間:100分 [感想] 久々のニコール・キッドマン出演映画ね〜。 いつの間にショ...
19. 記憶の棘  [ 5125年映画の旅 ]   2006年11月05日 08:34
2 10年前に愛する夫ショーンを失ったアナ。心に傷を残しながらも、彼女はこれまで自分を支えてくれたジョセフと結婚する事を決意する。そんな時、アナの前に見知らぬ少年が現れ、「僕は夫のショーンだ」と告げる。この少年は一体何者なのか?本当に死んだ夫の生まれ変わり...
18. 記憶の棘  [ ビター☆チョコ ]   2006年11月05日 07:32
10年前に夫のショーンを亡くしたアナ(ニコール・キッドマン)は、何年もプロポーズし続けてくれたジョセフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決める。そんなアナの前に亡くなった夫の生まれ変わりだと名乗る10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現れる。名前も...
17. 記憶の棘  [ 映画とはずがたり ]   2006年11月05日 01:01
4 愛してる ― 何度生まれかわっても。 STORY:10年前に愛する夫ショーンを突然の心臓発作で失った、 美しい未亡人アナ(ニコール・キッドマン)。 最愛の夫を突然失い、その悲しみから抜け出せずに苦しんでいた彼女は、 悲しみを乗り越え、ようやく新しい人生を歩もう....
16. 『記憶の棘』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年11月04日 23:37
15. 「記憶の棘」  [ Puff's Cinema Cafe Diary ]   2006年11月04日 23:30
公式サイト シネマイクスピアリ、公開2週目初回です。 シアター11(204席)、25分前に到着、オープンきっかり1番乗りでござります。 思ったよりは少ない入場者数でした。 後方でオバさま二人連れがペチャクチャ喋むI
14. 『記憶の棘』 Birth  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2006年11月04日 22:02
格調高い美しさにどっぷり。オトナな味わいに満足。 10年前に夫のショーンを亡くしたニューヨークのアッパー・イースト・サイドで暮らす未亡人のアナはジョゼフと婚約をする。音楽界の映像クリエイター、ジョナサン・グレイザーの監督作品。 いいじゃない!!このタッチ...
13. 「 Birth記憶の棘(とげ) 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年11月04日 21:33
監督・脚本 : ジョナサン・グレイザー出演 : ニコール・キッドマン/ キャメロン・ブライト/ ダニー・ヒューストン      公式HP:http://www.kiokunotoge.jp/原題は、「 Birth 」ニコール・キッドマンに7度目のゴールデン・グローブ賞ノミネートをもたらし...
12. 記憶の棘/ニコール・キッドマン、キャメロン・ブライト  [ カノンな日々 ]   2006年11月04日 21:24
4 輪廻転生モノってアジア映画の得意とするとこのように思ってたけど、劇場予告編を観てハリウッドでこの題材を作るとどーなるんだろうと興味津々。映像や音楽の印象もとてもヨカッタので楽しみにしてた作品です。ニコールキッドマンを観るのは「奥さまは魔女」以来ですね、た....
11. オチがよく分からない。『記憶の棘』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年11月04日 14:52
10年前に愛する夫を亡くした美しい未亡人と、 夫の生まれ変わりを自称する10歳の少年の物語です。
10. 映画 『記憶の棘』  [ Death & Live ]   2006年11月04日 12:35
ショート・カットでも、ニコール・キッドマンは美しかった。 『記憶の棘』  2004年 原題 : Birth 監督 : Jonathan Glazer 配役が絶妙です。 怪しい雰囲気バリバリの少年といい、 裏のありそうな婚約者といい、 全てを見通してそうな母親といい、 とにかく...
9. 記憶の棘  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年11月04日 11:11
観終わったあと、いくつかの疑問点が生じるかもしれない。 本当に少年がショーンの生まれ変わりなら浮気の事を知らないのはなぜか? 輪廻転生という、いわゆるアンビリーバボーな題材を肯定することなくぼかしたままで終わるのか?
8. 【記憶の棘】  [ NAO−C☆シネマ日記 ]   2006年11月04日 09:45
“転生”ってホントにあるのでしょうか?? 10年前に夫を亡くしたアン(ニコール・キッドマン)の目の前に 突然現れた10歳の少年。 彼が言います・・『僕はショーン、君の夫だよ』 前半は、彼は本当に夫ショーンの生まれ変わりなのか?? それとも少年の嘘なのか??...
7. 『記憶の棘』  [ *Sweet*Days ]   2006年11月04日 07:10
CAST:ニコール・キッドマン、ローレン・バコール 他 最愛の夫を突然亡くしてから10年、哀しみを乗り越えアナ(ニコール・キッドマン)はジョセフと婚約した。そんなある日突然、自分はアナの元夫ショーンだと言い張る10歳の少年が訪れる・・・・ う??ん・・・・...
6. 「記憶の棘」  [ It's a wonderful cinema ]   2006年11月04日 01:02
 2004年/アメリカ  監督/ジョナサン・グレイザー  出演/ニコール・キッドマン      キャメロン・ブライト  (ネタバレを含みます)    私は普段、映画の感想を書くときには極力ネタバレはしないようにしているんですけれど・・・これはネタバレなしに...
5. 感想/記憶の棘(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2006年11月04日 00:39
生まれ変わりを巡るナイーブな恋愛ミステリ。意外性あるエンディングにほほぅ。ショートになったニコール・キッドマン主演『記憶の棘』9月23日公開。   ::::記憶の棘::::   アナは、自身の婚約パーティ(再婚)で10歳の小僧と出会う。こやつ、自分はアナの亡夫ショー...
4. 記憶の棘/Birth  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年11月03日 23:52
愛してた夫が、見知らぬ少年となって、目の前に現れ 「僕はショーン、君の夫だ、、、」 なんていきなり言われたら。。。。 そりゃ、信じるか信じないかの前に気味が悪い{/kaminari/}  と思うことでしょう、、、、普通なら。 もちろん、そんな10歳の少年の言う事をすぐに...
3. ★「記憶の棘」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年11月03日 23:01
2006年、9/26オープンの109シネマズ川崎に行ってきました。 オープン記念で1000円だったので・・・。 それに、ひらりんお気に入り女優、ニコール・キッドマン主演作品だしー。 上映館が少ないので、ひらりんにとっては、超助かりました。
2. もやもや感が残る 「記憶の棘」  [ 平気の平左 ]   2006年11月03日 20:35
評価:65点 記憶の棘 ちょっと中途半端な印象。 ラストは詰めが甘くて、もやもや感が残る上に、伏線にも問題あり。 さらに感情移入がしにくい部分があったりして全体的に期待はずれ。 期待しすぎたかもしれませんね。 ただ、「生まれ変わり」だという、キャメロン・...
1. 真・映画日記『記憶の棘』  [ CHEAP THRILL ]   2006年11月03日 19:30
9月26日(火) 午前9時頃から雨がぽつぽつ降り始める。 午後→夕方になるにつれ雨足が強まり、 家に戻る午後11時半頃には本降りに。 うすら寒くもあった。 おかげで普段なら余裕でこなせる仕事に時間がかかる。 夕方、虎ノ門の金券ショップ「チケットフナキ」で ...

この記事へのコメント

6. Posted by パピのママ   2007年02月12日 23:18
5 Kimion20002000さんへ〜こちらこそTB・コメント有難うございます。
ショーン少年は、今10歳ですよね、これから後10年まって20歳になると、アナは40歳過ぎてるのかしらね?・・・ん〜ん、どうかしらね?(^^♪
生まれ変わりとしても、後の10年の歳月は、ショーンもアナもどちらも一途に愛しているかは、分かりませんね。
でも、私もショーンがず〜ぅっとアナを愛していて欲しいと思っています(^_-)-☆
5. Posted by kimion20002000   2007年02月11日 04:20
TBありがとう。
僕はやはりこのふたりの再婚はうまくいかないんじゃないかと、思いますね。少年はもうストーカーをしないだろうけど、アナの揺らぎがそんなに簡単にふりきれるとは思いません。
4. Posted by パピのママ   2006年12月08日 15:59
チョコ様へ・・・本当に、本当に、返事が遅くなりごめんなさい。忘れてました(ペコリ)。
そうですね、あんなおちびちゃんに「ショーンの生まれ変わりだよ」なんて言われてもね?。
映画の中で、アナも結構きつい事言ってたわよね!。「私のベットの相手できるの」なんて言って、困っちゃうよね!。まだ10歳だもん。
でも、ニコールのショートヘア似合ってたわ
3. Posted by パピのママ   2006年12月08日 15:52
伽羅さんへ・・・お返事大変遅くなり申し訳ございません。
忘れていました(ペコリ)。伽羅さんピーター・ストーメアファンだったわね!。
ちょっとのっぺりとした顔立ち(失礼)、でも演技は最高ですよね。結構たくさんの映画に出ているので、アカデミー賞取れるのにね。
2. Posted by チョコ   2006年11月05日 07:31
はじめまして。
TBありがとうございました。

いろんな方のレビューを読ませていただくと、この映画の結末が人によって色々な捕らえ方をされているのに驚かされます。
余韻を楽しむ映画だったのでしょうね。

ショートカットのニコールの美しさにはため息。でした。
1. Posted by 伽羅   2006年11月05日 02:32
TB&コメント、いつもどうもありがとうございます!
ニコール、すっごく美しかったですねぇ!!

母親役の、ローレン・バコール、
あー、もうこんなお年だったんだよなーと思いました。
昔はイイ女の代名詞的な女優さんでしたからね。

そうそう、ピーター・ストーメア!
ここ最近は、TVドラマ『プリズン・ブレイク』でしか
見かけていなかったので、ストーメア好きの私としては嬉しかったです。
『アルマゲドン』でのブチ切れロシアの宇宙飛行士役や、
『ビッグリボウスキ』のニヒリストさん、『ショコラ』の暴力亭主役など、
彼って名バイプレイヤーですよね。