2006年11月21日

椿山課長の七日間3

d6db8e29.jpg

笑いと涙満載!、やさしい幸福感で満たされる珠玉のファンタジー。
幸せな家庭生活を送る椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。

しかし、やり残した仕事や家族・・・あまりに現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は、あの世の中陰役所に頼み込み、3日間だけ現世に戻ることを許してもらう。

あの世からこの世に舞い戻った椿山は、正体がバレないように生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女(伊東美咲)に姿を変えられていてよみがえる・・・。

 

 浅田次郎による笑いと涙満載の感動作が西田敏行、伊藤美咲、成宮寛貴ら豪華キャストによってついに映画化。あたたかな涙があふれ、観た後にはやさしい幸福感で満たされる珠玉のファンタジーが誕生しました。(シネマトゥデイ)

                 

なくなる瞬間<感想>デパートに勤務する椿山課長はバーゲンで大忙しの中、倒れて突然死してしまう。

そんな椿山課長が目を覚ました場所は、天国に行くまでの中間に位置する“中陰役所”と言うところ。

ここは「天国」、・・・・まだあの世に行く予定はないけれど、やっぱりどのような所なのか見てみたい・・天国?、地獄?。この映画では天国のようだ(笑)。

天使閻魔様が出てこないしね。。。その“中陰役所“で和久井英見さん演じる天使のような人に、「逆送」と言うのが有りますが希望する人はいますか?。

自分の死に納得がいかず、かつ戻る事情があると判断された者は、3日間だけ現世に戻ることが許されると言う。

突然死した椿山は、家だって新築したばかり、父親のことも心配、息子にも逢いたい、そして現世への“逆送”を希望します(ボタンをポチットね)。

その“中陰役所”には、亡くなってまだ4日間しか経ってない人達が大勢いました。その中で“逆送”を申し出たのはいっぱいいたそうです。

生きていた頃の家族厳正な審査の結果、その中でも三人だけ選ばれた訳は本人に重大な事実があるのでそれを知った方が良いのか、またはこのまま残って直ぐにあの世の階段上るのか、残った三日間でその重大な事を知って、相手に本人(化けているのが)だと分かると・・・、約束事を守らないとその時点で泡のように消えてしまうこと。

そして厳正な審査の結果、ヤクザの親分と少年、そして椿山課長の三人が選ばれたのです。

なんだ女かその少年の付き添いがいるので、椿山課長が一緒に連れて行くことになります。

下界に戻ってきた椿山課長は、いえ〜なっ、なんと、正体を隠すため若い美女の姿になっていたのです。そして一緒に来た少年も女の子に変身していたのですね。

伊藤美咲たて西田敏行椿山課長役には、西田敏行さんと言えば、「釣りバカ」でお馴染みのハマちゃん〜お笑いや、時代物など演技達者な俳優さんです。

やっぱり期待するのはお笑いな処があるのかな?・・・もう最初っから笑わせてくれます。

身代わりになったのは絶世の美女なんですから、びっくりしてすぐに服の胸を覗きこむ・・でもこの演技は椿山課長の化身となる(和山椿と言う名前)伊藤美咲ちゃんが演じています。中々微妙に演技していまむすこと対面すね。

そしてヤクザの親分の化身としてイケメンの青年役に成宮寛貴が扮しており、椿山課長の父親に桂小金治、死んだヤクザの親分の親友に國村隼、その奥さんに市毛良枝といった演技派・実力派のベテランが脇を固めています。

そして、子供役に、「三丁目の夕日」「花田少年史」の名子役〜須賀健太君、少年の身代わり役に志田未来ちゃんが涙を誘う役を上手に演技しています。

御爺ちゃんの桂古今次そして忘れちゃいけない、いつもウィンナーコーヒーを飲みに行く喫茶店のマスターに藤村俊二、バーゲンセールのおばちゃんに山田花子がちょい役で、出演しています。

椿山課長の重大な事実とは?・家に帰ってみたらびっくり?・奥さんが部下の島田とデキていて、息子の洋介も島田の子供だった事、父親が呆けて老人ホームへ入れたら、呆けていなくて元気だった事、結婚前に付き合っていた職場のとも子が、今でもなんと椿山とヤクザの生まれ変わりがベットイン自分を好きだと思っていることなど知って、やっぱり戻ってきてよかった。

ところで、“逆送”して来た三人は繋がりがあって話は思わぬところで出会うことになります。

ヤクザの化身になった若者と天国から与えられたホテルで、椿山課長の化身の和山椿がバーで飲んでいると出会うのですから。

ヤクザの生まれ変わり酔っ払って彼の部屋へ行くとなにやらいい雰囲気?、でも腕に同じ三日間の消滅時間を示す時計がしてあって、びっくり貴方はあのヤクザの親分?、ここはお笑いですと言う場面も有れば、涙がでる親子のご対面と言う場面が有るのです。

そうあの少年、いえ女の子に変身した子がどうしても自分を生んだ母親に会いたいと、、、ここで椿山課長のお父さんがパソコンで調べてくれます。

三歳まで孤児院で育ったこと。そして両親の居場所をつきとめて、変身した椿さんと一緒に、息子の洋介も一緒に会いの行くのですが、思わぬ展開になってしまいます。

ゆういちの両親ヤクザ本当にこの場面は思わずもらい泣きしてしまいました。椿山課長が生前は知りえなかった周囲の人々の愛情と思い出(とも子との愛してるのサインは、鼻をつまむ事)、そして改めて知った、気付かされた事実!に驚かされ、会いたかった人達に出会えた喜びをかみしめながら“死”を受け入れていく姿は、感動ものでした。

三日経ってあの場所“中陰役所”に戻ると、お父さんも亡くなっていて、お〜ぉとかいってやってくるのですから思わず吹き出してしまいました。

ともこエンターティンメント作家、浅田次郎が「死」という恐いテーマをユーモラスに、そしてポジティブに描いた原作「椿山課長の七日間」。。。。朝日新聞紙上で連載されて読者から「死ぬのが怖くなった」という感想文が編集部に殺到したと言う。

この作品を見て、いつの日か「死」が訪れるであろうと思いながら、今生きている喜びをかみしめながら、本当にあの世に「中陰役所」というところが有るのなら私も“逆送”をお願いしよう。

でもあの長〜ぃ階段、何処までも続く階段を登れのかしら心配(苦笑)??。



papikosachimama at 10:40│ 2006年劇場公開作品、鑑賞 | た行・だ行の映画

この記事へのトラックバック

30. 椿山課長の七日間 DVD  [ 観たよ〜ん〜 ]   2009年02月17日 22:39
「椿山課長の七日間」のDVDを見ました〜♪ 劇場公開されてた時、観ようとも思わなかった作品なんですけどねぇ・・・浅田次郎の原作だしって事で、見てしまいました! 劇場予告から勝手にコメディだと思ってたんですけど、どっちかというとヒューマン・ドラマですよ...
29. 映画「椿山課長の七日間」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年02月07日 12:46
ずっと見逃していた、ケーブルTVの日本映画専門チャンネルで放送中のこの作品、ようやく観ることができた??親子の絆に泣かされるハートフルコメディ?? 死後4日間はどうしていたのか分からないが、気付くとそこは天国と地獄の中間にあるという中陰役所、死んでも...
28. 椿山課長の七日間  [ Blossom Blog ]   2008年06月02日 17:34
椿山課長の七日間 監督 河野圭太 出演 西田敏行 伊東美咲 成宮寛貴     和久井映見 須賀健太 志田未来 日本 2006
27. 椿山課長の七日間  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年04月11日 21:49
 『ひとめあなたに、 会いに生きたい。』  コチラの「椿山課長の七日間」は、浅田次郎さんの同名小説の映画化で、11/18公開なんですが、オンライン試写会で観ちゃいましたぁ〜♪  「子ぎつねヘレン」で映画デビューした河野圭太監督の映画2作目となります。  笑い....
26. 『椿山課長の七日間』'06・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年11月11日 22:58
あらすじ椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は3日間だけ現世に戻ることを許してもらう。あの世からこの世に舞い戻った椿山は、生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女(伊東...
25. 椿山課長の七日間(ネタバレあり)  [ 色即是空 ]   2007年11月10日 00:56
まず、最初にあり得ない程、滑稽な天国と地獄の境界のシーンから始まります。そして、そこにこれまた、滑稽な程子供染みた設定の境界の担当者(和久井映見)。そう物語は、主人公、椿山が死んだところから始まります。境界の担当者は厳正な審査に合格した者のみ、初七日ま...
24. 椿山課長の7日間  [ CinemA*s Cafe ]   2007年04月07日 22:51
公式サイト 海猫の映画を観たときに、私を驚愕させた演技の持ち主、伊東美咲主演ということでかなりの不安を抱えての鑑賞となったのだけど、西田敏行という名俳優がいるのでどうにかなった。 しかも、伊東美咲演じる
23. 椿山課長の七日間(11月18日公開)  [ オレメデア ]   2006年12月21日 17:24
「フラガール」を劇場へ見に行って,この映画の予告編をやっていたのを見てから, 「人は二度死ぬ 一度目は,心臓が止まったとき そして二度目は,人に忘れられたとき そんな言葉を思い出した デパートの命運がかかっているバーゲンセールの真っ最中に,脳いっ血...
22. 「 椿山課長の七日間(2006) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2006年12月10日 16:03
監督 : 河野圭太 出演 : 西田敏行  /伊東美咲  /成宮寛貴 / 
21. 椿山課長の七日間  [ 吾輩はナマケモノである。 ]   2006年12月05日 13:39
釣りバカの浜ちゃんが、椿山課長になって、椿さん(伊東美咲)になって・・・・? “中陰役所”で「お手もとのボタンを押してください。はいど〜ぞ。」と涼しげに言う天使?の和久井映見。販売員のオバちゃんと、胡散臭い宗教とクイズ番組の司会者を合わせ、容姿を清純派に...
20. 椿山課長の七日間  [ 勝弘ブログ ]   2006年12月04日 11:47
http://www.tsubakiyama.jp/ここは、殺人や事故で不慮の死をとげた魂が訪れる、『怨みの門』。わたしは、門番のイズコ。あなたは死んで、魂だけの存在になりました。あなたはここで、三つのうち一つの行き先を選んで、この門む
19. 椿山課長の七日間(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年12月03日 15:39
ひとめあなたに、会いに生きたい。
18. 椿山課長の七日間  [ エリ好み★ ]   2006年11月26日 23:34
朝日新聞での原作連載中は「死ぬのが怖くなくなりました」という感想が沢山寄せられたそうです。確かに「ナイロビの蜂」以上にスピリチュアルな内容。作家さんの想像力ってすごいな??と思わせられます。再び江原啓之さんが宣伝しなきゃ(笑)!?
17. 『椿山課長の七日間』舞台挨拶@東劇  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2006年11月26日 16:43
今回の舞台挨拶は、浅田次郎原作、「古畑任三郎」や「子ぎつねヘレン」でおなじみの河野圭太監督作品『椿山課長の七日間』舞台挨拶以外で映画を見るのは、ほとんど1000円の時だけ(爆)生・西田敏行は、「THE有頂天ホテル」のエキストラに参加した時(ココ)と初日舞台挨拶(...
16. 映画「椿山課長の七日間」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年11月26日 10:53
映画館にて「椿山課長の七日間」 浅田次郎の同名小説の映画化。 椿山課長(西田敏行)は勤務先のデパートで脳溢血のため突然死してしまう。現世に未練のある椿山は三日間だけ現世に戻ることを許してもらうのだが、生前の姿とは似ても似つかない美女(伊東美咲)に姿を変え...
15. 伊東美咲さんは夜8時に六本木ヒルズに現れる?  [ クリスマス イルミネーション情報ならココ ]   2006年11月24日 20:39
伊東美咲さんに関する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問くださいm(__)m。尚、トラックバックは大歓迎です。
14. 伊東美咲さんは夜8時に六本木ヒルズに現れる?  [ クリスマス イルミネーション 情報ならここ ]   2006年11月24日 20:35
66プラザイルミネーション「8 SPARKLING LIGHTS」の点灯式に伊東美咲さんが登場!
13. 【劇場鑑賞128】椿山課長の七日間  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月24日 20:05
5 突然死した中年男が、 絶世の美女になって 三日間だけ この世によみがえった。 ひとめあなたに、 会いに生きたい。
12. 『椿山課長の七日間』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年11月24日 15:28
感動度[:ハート:][:ハート:]            2006/11/18公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】河野圭太 【脚本】川口晴 【原作】浅田次郎 『椿山課長の七日間』(朝...
11. 椿山課長の七日間  [ シネマ de ぽん! ]   2006年11月23日 21:03
椿山課長の七日間公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆
10. 椿山課長の七日間  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年11月23日 20:40
★★★★☆  「いや??映画ってほんとにいいですね!」と思わず叫びたくなるほど面白い映画だった。ジャンルはファンタジックコメディといったところか。 デパートに勤務する椿山課長は、仕事中に突然死してしまう。だが天国に行く前に、初七日まで地上に戻ることを許される
9. 椿山課長の七日間  [ ★試写会中毒★ ]   2006年11月23日 08:25
満 足 度:★★★★★        (★×10=満点)  監  督:河野圭太 キャスト:西田敏行       伊東美咲       成宮寛貴       和久井映見       市毛良枝       小金治 、他 ■ストーリー■  デパ
8. 椿山課長の七日間  [ CINEMA DEPOT's BLOG ]   2006年11月22日 21:46
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年11月18日 配給:松竹 監督:河野圭太 出演:西田敏行,伊東美咲,成宮寛貴 鑑賞日:2006年11月11日(Yahoo!BBオンライン試写会) 自宅PC(座席数1) 【ストーリー】 脳溢血のため突然死した椿山課長。やり残した...
7. 椿山課長の七日間  [ ネタバレ映画館 ]   2006年11月22日 10:30
 がに股歩きの伊東美咲。はたして『転校生』のように体を触りまくるのか?!
6. 最後の愛情。『椿山課長の七日間』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年11月22日 09:41
突然亡くなってしまったサラリーマンが、初七日までの間、人間界に戻り、別人の姿で過ごす物語です。
5. 【椿山課長の七日間】  [ 空の「一期一会」 ]   2006年11月22日 09:18
*ネタバレ・・・しています。* ■う??ん。期待しすぎた私が、いけなかったのかな
4. 『椿山課長の七日間』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年11月22日 08:09
『椿山課長の七日間』鑑賞レビュー! 浅田次朗による 笑いと涙の感動作がついに映画化! 朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ 浅田次郎による笑いと涙満載の感動作 『椿山課長の七日間』待望の映画化! 『子ぎっねヘレン』で日本中に 感動の嵐を巻き...
3. 椿山課長の七日間 試写感想  [ D.D.のたわごと ]   2006年11月22日 05:55
今回も「かってに配役」が重要キャラでズバリ! 公開1週間前に行われたネット試写を観ましたが,よかったですよ〜。
2. 椿山課長の七日間  [ そーれりぽーと ]   2006年11月22日 01:38
西田敏行が伊藤美咲に生まれ変わる予告編が面白そうだったので、『椿山課長の七日間』を観てきました。 ★★★★ もし突然死んでしまったら、この世に残された人達はどうなってしまうんだろう。 誰にでも有り得る事だけに、のっけから感情移入して観ました。 元の姿とは全...
1. 椿山課長の七日間  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2006年11月22日 00:38
よくある生と死を扱った作品。 コミカルなのに泣かせてきて、なんかあったかい。 未練なく死ぬ人なんていないよ。。

この記事へのコメント

4. Posted by パピのママ   2006年11月26日 19:39
ミチさんへ・・・本当にいつもご丁寧にコメント有難うございます。
うわ〜ぁ、おんなじですね!。私はこの世に未練がたくさん!、3日間でもいいから、「逆送」で現世にまい戻りたいです。
3. Posted by パピのママ   2006年11月26日 19:34
ケント様へ・・・いつも有難うございます。そちらへもTBのお返しに上がりました。
日本の映画も捨てたもんじゃないですね!。
私は西田敏行さんファンなんですよ(笑)。演技上手いですよね。それに歌も上手いんですよ!。
身代わりの伊藤美咲ちゃん、男の言葉使うのだいぶ苦戦していましたね。でも綺麗だからいいのよね。
映画鑑賞ですか?・・・うふふ〜専業主婦の特権です。土曜・日曜とまとめて、一日に三本位観ます。
ですので、記事にするときには、内容をウル覚えで違う事書いてしまったりして、コメントで違いますよ!、なんていわれています
2. Posted by ミチ   2006年11月26日 10:56
こんにちは♪
中陰役所っていうところは本当にありそうな気がします(笑)
あの場で「消滅」は選びたくない私です。
でも、「逆送」は・・・・現世に思い残すことがありすぎたらやっぱりお願いしちゃうかも。
1. Posted by ケント   2006年11月23日 20:44
ケントです。TBお邪魔します。
久し振りに面白い邦画を観ました。伊藤美咲は、「海猫」のときのよりもずっと良かったですね。彼女は以外とコメディアン向けなのかもしれませんよ。
とにかく僕は良く泣きました。
それにしても、最近のパピママさんの映画鑑賞時間は、神がかりですね。ほとんど毎日劇場にいらしてる。いったいどうなってしまったのですか?
驚きと、尊敬の念とともに、余りのかぶりに余計な心配しています。(笑)
元気の素注入完了!