ルワンダの涙ゴースト・ライダー

2007年03月04日

パフューム ある人殺しの物語5

32c44580.jpg

スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_

舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。

彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。

ある時偶然出会った女の香りに取り憑かれた彼は、その香りを手に入れようと調香師となり香水づくりに没頭してゆく。

非凡な才能から生み出される数々の香水は瞬く間に人々を魅了するが、それは彼の目指す香りではなかった。

 

やがて、パリを震撼させる連続殺人が発生する。被害者は赤毛の美しい処女、彼女たちは一様に髪を切り落とされ、全裸で発見される・・・犯罪史上最も純粋な動機が、彼を狂気へと駆り立てる。そして物語は、かつて誰も目にしたことのない驚愕の結末へと向かってゆく。(作品資料より)注意:ネタバレ

 <感想>世界中がひれ伏す香りとは?・・・さ〜ぁ、映像の中で、目に見えぬ“香り”を感じ取る事ができるのか?、・・・映画で香りは観る事ができない。

グルヌイユ小説だってそれは無理というものだ。しかし、ドイツの誇る鬼才トム・ティクバァ監督により、遂に映像化されたのです。

 

 



papikosachimama at 00:26│ 2007年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

90. パフューム ある人殺しの物語  [ mama ]   2011年04月13日 16:35
PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 2006年:ドイツ 原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウ ...
89. パフューム 〜ある人殺しの物語〜  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年10月06日 13:36
究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す
88. 映画評:パフューム ある人殺しの物語  [ 映画と写真のブログ ]   2009年03月11日 15:55
18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユが生まれたのは、そんな中でも悪臭のきつい、魚市場だった。 ...
─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─ パフュームと言っても、3人組テクノアイドルユニットではありません。嗅覚が異常に発達した男が究極の香りを求めて殺人を繰り返す映画『 パフューム 〜ある人殺しの物語〜 』(2006年/ドイツ)の紹介です。少し前の作品なの...
86. パフューム ある人殺しの物語  [ サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画 ]   2008年07月19日 22:59
     = 『パフューム ある人殺しの物語』  (2006) = 18世紀、パリ。 悪臭立ちこめる魚市場で、一人の赤ん坊が産み落とされる。 グルヌイユ(ベン・ウィショー)と名付けられ、育児所に引き取られた彼は、友だちもいない孤独な子どもであった。 何キ...
85. パフューム ある人殺しの物語  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2008年03月29日 20:53
匂いフェチにはたまらない???最高級の香水を作るのに普通ココまでするぅ?                 評価:★6点(満点10点) 2006年 147min 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー ダスティン...
84. パフューム ある人殺しの物語  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年11月21日 20:56
 『それは、昨日まで人だったもの。 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す。』  コチラの「パフューム ある人殺しの物語」は、パトリック・ジュースキントの世界的ベストセラー小説の映画化で、3/3公開になったPG-12指定のサスペンス映画なんですが、早速観...
83. パフューム ある人殺しの物語  [ Blossom Blog ]   2007年10月30日 22:47
パフューム ある人殺しの物語 PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 監督 トム・ティクヴァ 出演 ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン     アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド ドイツ フラン??_ 9
82. 真・映画日記『パフューム』  [ CHEAP THRILL ]   2007年04月21日 01:16
3月6日(火) またしても、朝、日記の更新ができなかった。 ちょっとした手違いで書いていた文を消してしまった。 精神的にダーメジをくう。 仕事はこの日もスムーズに。 寒さがやわらいできた分、いくらかやりやすい。 午後6時前に終業。 神谷町駅から日比...
81. 「パフューム ある人殺しの物語」 生理的に受けつけなかった  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年03月31日 23:51
井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに
80. パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年03月30日 12:51
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残り香...
79. 憎悪すらも愛に変える香水。  [ ひょうたんからこまッ! ]   2007年03月27日 00:28
『パフューム-ある人殺しの物語』Perfume -The story of a murderer(2006年・ドイツ/147分)公式サイト以下ネタばれあり悪臭漂う醜悪な世界に生まれし天才。何故運命の神は男の誕生を許し、彼に生存の機会を与えたのか。そして、何故彼に類稀れなる才能を与えたもうたのか。男...
78. パフューム −ある人殺しの物語−  [ ルナのシネマ缶 ]   2007年03月25日 00:28
原作は、有名なベストセラーらしい のですが、残念ながら未読なので、 予告編を観て、かなり期待していた作品です。 世界がひれ伏す香りとは? 誰もみたことのない衝撃の結末! このフレーズだけでも ちょっとワクワクしてしまいますよね〜! 18世紀のパリは、臭...
77. パフューム ある人殺しの物語・・・・・評価額1350円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年03月23日 23:56
うーむ、微妙・・・・・ 「パフューム ある人殺しの物語」を簡潔に説明すれば、神の嗅覚を持つ、究極の臭いフェチの変態さんの一代記である。 世評通り、前半は圧倒的に面白いのだが、後半の展開が私にはどうにも違和感が拭え??
76. パフューム 〜ある人殺しの物語〜−(映画:2007年36本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年03月23日 23:54
監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろうか。...
75. オススメ映画☆ BYマリク=ミマチ  [ 旅慣れテーラーへの道【第??章:undecided】(仮) ]   2007年03月22日 11:44
写真が横向いちゃってごめんなさい・・・・・(*_ _)人 『パフューム』見ました!! 感想を一言で言うと・・・・・・・・・・悲しいなぁ・・って感じでした。 この男の人は主人公で、 ある日突然、自分は誰の記憶にも残ってないし 生きている証なんてな....
74. パフューム/ある人殺しの物語  [ eclipse的な独り言 ]   2007年03月20日 20:17
 多分映画とは全く関係のないこと書くと思います。
73. 映画「パフューム -ある人殺しの物語-」  [ 日々のつぶやき ]   2007年03月20日 15:30
  監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン 「18世紀のパリ、町じゅうに悪臭が立ちこめていた。上流階級の間では香水がもてはやされていた。ジャン=パティスト・グルヌイは天才的な嗅覚を持って産み落とされた。周りに敬遠されながら
72. 匂いフェチでストーカーな人殺し【パフューム】  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2007年03月19日 00:03
実は私、アラン・リックマンの大ファンです。 近年、アランの映画といえば良くも悪く
71. パフューム ある人殺しの物語  [ SSKS* ]   2007年03月18日 21:05
オフィシャルサイト 2006ドイツ 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン ストーリー:18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したあ...
70. パフューム ある人殺しの物語  [ C'est Joli ]   2007年03月18日 02:47
2 パフューム ある人殺しの物語'06:ドイツ/フランス/スペイン ◆監督:トム・ティクヴァ「ラン・ローラ・ラン」◆出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラー 、デヴ...
69. 映画鑑賞記「パフューム ??ある人殺しの物語??」  [ けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ ]   2007年03月16日 21:05
鑑賞日:07.03.15 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ  究極の香りを求めて、犯してはならない罪を犯した超人的臭覚を持つ青年。 18世紀のパリを舞台に、妖しくも衝撃的な結末は誰も観たことがないだろう。 <ストーリー> (一部公式HPより流用) 173...
68. ★「パフューム ある人殺しの物語」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年03月15日 03:44
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。
67. パフューム ある人殺しの物語  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年03月14日 15:10
 ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の...
66. 『パフューム−ある人殺しの物語−』  [ となりのケイコさん ]   2007年03月13日 14:23
 期待作! 以前、小説を読んだので詳しい内容はそちらで。 小説どおりの箇所もあれば、「あれ?こんなシーンはなかったな。」と 思ったり・・でも変えちゃいけないグルヌイユの人格、香りへの執着ぶりは 表現できていたと思います。 映画にしては時間が長かったですけど、...
65. パフューム ある人殺しの物語  [ シネクリシェ ]   2007年03月13日 04:02
 究極の香水とは、なんと媚薬のことだったとは……。  とにかく結末がお粗末。そこに至るまではなかなかダークな雰囲気の秀作かと思いきや、最後の
64. パフューム ある人殺しの記録  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2007年03月13日 00:16
かつてのパリの街というのは、相当に悪臭漂う街だったというのは聞いたことがあります。下水設備がなく、糞尿は、道路に捨てていたのだとか。だから、まるで、道路の真ん中が下水道になっていたようなものだったのだとか。そして、そんな街中を足を汚さずに歩ける履物として...
63. パフューム ある人殺しの物語  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007年03月12日 23:33
5  18世紀のパリに産み落とされた赤子は悪臭立ち込める魚市場で、生み捨てられた。    奇跡的に助かった彼グルヌイユは、その産声で母を子殺しの罪で死へといざない。また、歴史に残る嗅覚の持ち主でもあった。  あらゆるものを嗅ぎ分け、遠い先のほ....
62. パフューム ある人殺しの物語  [ 週末映画! ]   2007年03月12日 23:22
期待値: 95%  ニオイフェチの男が主人公のサスペンス・ファンタジー映画。 ドイツのベストセラー小
61. トム・ティクヴァ「パフューム ある人殺しの物語」  [ Mani_Mani ]   2007年03月12日 22:20
パフューム 2006ドイツ/フランス/スペイン 監督:トム・ティクヴァ 原作:パトリック・ジュースキント 脚本:トム・ティクヴァ、アンドリュー・バーキン、ベルント・アイヒンガー ナレーション:ジョン・ハート 出演:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイ...
60. パフューム ある人殺しの物語(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年03月12日 20:09
その香りに世界はひれ伏す。
59. パフュームを観ました。  [ My Favorite Things ]   2007年03月12日 17:40
最初の数分は映像が気持ち悪くて、最後まで見られるかな?なんて思いつつ次第に、ストーリーにのめりこんでいきました…。 サブタイトルに「ある人殺しの物語」とありますが、ラブストーリーのように思えます。究極の愛情表現?というとサイコチックに思われるかもしれません...
     いい香りと官能的な匂いは根本的に違うんだろうな〜 原作は世界的なベストセラーのようだけどを読んでいないので、 これは映画からのみ受けた感想。 まず、オレはこの映画を観た人の映画の感想よりも、 「この映画を観た人が想像した【究極の香水】の香りはどんな...
57. パフューム ある人殺しの物語  [ 小部屋日記 ]   2007年03月11日 23:50
Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デヴィッ...
56. パフューム〜ある人殺しの物語〜(ネタバレあり)  [ エミの気紛れ日記 ]   2007年03月11日 22:16
久々にキタね! モロ私好みの映画!! 完全にツボにはまり、原作があれだけ話題になったのに未読な自分に激しく自己嫌悪!! そして、『匂い』も『臭い』も香りたつ映画に驚き!!
55. 【劇場映画】 パフューム ??ある人殺しの物語??  [ ナマケモノの穴 ]   2007年03月11日 20:38
≪ストーリー≫ 18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめてお...
54. パフューム ある人殺しの物語  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年03月11日 19:08
★★★☆  ある天才調香師が、究極の香水を調合するまでの、数奇な運命を描いた作品である。 彼は天才というより、超人的臭覚を持つミュータントといったほうがよいかもしれない。そして悪臭漂う吐きだめ地獄から這い上がり、恍惚の香を求める狂気の男でもあった。    
53. パフュームある人殺しの物語  [ ぷち てんてん ]   2007年03月10日 19:04
やっぱり、映画館に行ってきました^^)ちょうどよい時間にこの映画があったので、見逃せないと思って。ただ、147分もあるので、仕事帰りに見るのはちょっと心配だったのですが、全く心配なく楽しんできました。面白かったです〜♪そうそう、私が見た劇場ではラスト近く...
52. 映画「パフューム ある人殺しの物語」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年03月10日 06:49
映画館にて「パフューム ある人殺しの物語」 1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。 1783年、パリの魚市場で産み落とされた赤ん坊ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は驚異的な嗅覚を持っていた。青年にな...
51. パフューム ある人殺しの物語  [ skywave blog ]   2007年03月10日 00:02
香水の香りの変化のように進む物語です。 トップノートは、過酷な環境から這い上がる主人公を。ミドルノートは、香りの魔力に取りつかれ、永遠の香りを手に入れために若い女性を
50. パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年03月09日 00:47
世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるという驚異の嗅覚彼の出生も凄いものがある。パリの魚市場で産み落とさ...
49. *パフューム〜ある人殺しの物語*  [ Cartouche ]   2007年03月08日 21:16
{{{   ***STORY***           2006年 ドイツ=フランス=スペイン 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイ...
48. パフューム ある人殺しの物語  [ 自分を信じて生き抜くだけ ]   2007年03月08日 17:15
*ネタバレ注意(一応)  (然しながらにあの予告を創った人間のセンスを疑う)      映像美を増幅させる音楽に酔う。  予告で使われているあの曲にさえも引き込まれてしまう。  匂いと臭いの違いを本当に実感させられた。    孤独で哀れな男の、究極の純愛...
47. パフューム ある人殺しの物語  [ Alice in Wonderland ]   2007年03月08日 15:50
今年20本目の映画は『パフューム』です。2時間以上ある作品ですが飽きずに観れました。 私は自他共に認める匂いフェチです。特にいい匂いよりかは少し異臭の方が好きだったりするんです。(変態だなんて思わないで!)特に愛犬の肉球の匂いはくせになる匂いで暇さえあ...
46. 『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』★★☆・・  [ ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK ]   2007年03月08日 12:51
観賞後の一言 『なんとも微妙・・・』『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』公式サイト制作データ;2006独/GAGA ジャンル;サスペンス上映時間;147分 指定;PG-12監督;トム・ティクヴァ出演;ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/ダスティン・ホフマン/アラン...
45. 映画「パフューム ある人殺しの物語」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年03月08日 02:56
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーンがあ...
44. パフューム  [ PLANET OF THE BLUE ]   2007年03月08日 01:16
鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないかって。 上手く作られてて、面白かったですね。 「ハンニバル ライジング」...
43. パフューム ある殺人の物語  [ ★しゃべりば ★ ]   2007年03月08日 00:05
 公式サイト    天才調香師グルヌイユ。   彼が恋焦がれ人生を賭けて創ろうとした香水とは・・ 愕然とする劣悪なパリの情景。これでもかっとたたきつける衝撃の映像は香りのしない劇場内にその悪臭を漂わせることに成功している。こうしてみると私達は結構 目で...
42. 『パフューム』ある人殺しの物語  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2007年03月07日 21:05
えっ!最後はこうなるの!?冒頭は処刑が決まったシーンから始まるので、てっきり最後は主人公の処刑で終わるのかと...。 なのに、想像もしない映画のラストには、驚愕です! ローラ(レイチェル・ハード=ウッド)は、
41. 『パフューム ある人殺しの物語』・・・ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2007年03月07日 20:24
2006年:ドイツ+フランス+スペイン合作映画、トム・ティクヴァ監督最新作。
40. パフューム ある人殺しの物語  [ Diarydiary! ]   2007年03月07日 20:15
《パフューム ある人殺しの物語》 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画
39. 「パフューム ある人殺しの物語」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2007年03月07日 19:26
「パフューム ある人殺しの物語」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン、他 *監督:トム・ティクヴァ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
38. パフューム ある人殺しの物語  [ 映画を観たよ ]   2007年03月07日 15:36
実は香水が嫌い!
37. パフューム ある人殺しの物語  [ みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories ]   2007年03月07日 13:54
それは昨日まで、人だったもの。 映画「パフューム」オリジナル・サウンドトラック ストーリーは、下記公式HPを参考にしてください。一応自分の読書感想もあります (*v.v)。 http://perfume.gyao.jp/ http://ameblo.jp/miruyomu/entry-10023259414.htm...
36. パフューム ある人殺しの物語(ドイツ/フランス/スペイン)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2007年03月07日 13:35
人殺し…物騒だなぁ。とビビリながらも「観てよかった」という感想が多いので観ることにしたよ。 ということで「パヒューム ある人殺しの物語」 ( → 公式HP ) 出演:フリオ・フェルナンデス 、アンディ・グロッシュ 、サミュエル・ハディダ 、マヌエル・マ...
35. パフューム  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年03月07日 12:26
東京フィルの生演奏付き試写会。 ゲストの芸人さんのパフォーマンスでアロマが流れ、 映画のタイトルにふさわしい、香つきの鑑賞となりました。 原作は、世界45カ国で1500万部も出版された大ベストセラーで スピルバーグやスコセッシが映画化権を切望したそうだ。 監督...
34. パフューム  ある人殺しの物語  [ uni’s cinema diary ]   2007年03月07日 08:25
いきなりグルヌイユと誕生日が同じで妙な気持ち。(^_^;) 今までに体感したこと
33. パフューム 〜ある人殺しの物語〜 2007-10  [ 観たよ〜ん〜 ]   2007年03月07日 07:55
「パフューム 〜ある人殺しの物語〜」を観てきました〜♪ 18世紀のパリ、悪臭立ち込める魚市場で一人の子供が産み落とされた。その子の名は、ジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、驚異的な嗅覚を持ったグルヌイユは、ある日芳しい香りを持つ女性を誤って...
32. パフューム ある人殺しの物語  [ Good job M ]   2007年03月06日 23:45
公開日 2007/3/3監督・脚本:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン 他【あらすじ】舞台は18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子供が産み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイ...
31. 映画「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に...  [ masalaの辛口映画館 ]   2007年03月06日 23:03
 18日渋谷NHKホールにて「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に参加した。今回は入場時に座席指定券と引き換えての入場。マスコミ発表によると客席数3677名のところ2000名の客入りで、オーケストラピットや報道のスペースなどで、かなり...
30. パフューム ある人殺しの物語  [ とんとん亭 ]   2007年03月06日 22:43
「パフューム ある人殺しの物語」 2007年 独/仏/米 ★★★☆☆ 18世紀のフランス。 人並みはずれた、嗅覚を持った孤児の男がいた。1738年 実の母親には、産み落とされた直後殺される寸でのところを助けられた のだが孤児を(母親は絞首刑)、...
29. 「パフューム ある人殺しの物語」  [ てんびんthe LIFE ]   2007年03月06日 22:40
「パフューム ある人殺しの物語」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 これがウワサの…、衝撃、衝撃、衝撃。たしかにすごい作品でした。グロい映像と相対して柔らかな光の加減、騙され続けるようにうまく書かれた脚本とその意外なストーリー。役者たちの飄々とし...
28. パフューム ある人殺しの物語  [ めでぃあみっくす ]   2007年03月06日 22:22
香りを映像化したような映画。こんな表現しかできないくらい、とてつもなく素晴らしい芸術性を感じることのできる作品でした。動の映画である『ラン・ローラ・ラン』と静の映画である『ヘヴン』を、まるで香水を調合するかのように見事に組み合わせたトム・ティクヴァ監督の....
27. 『パフューム~ある人殺しの物語~』  [ 試写会帰りに ]   2007年03月06日 21:49
前日の夜から映画を観る直前まで原作小説『香水―ある人殺しの物語』 を読んでいたので、映画『パフューム~ある人殺しの物語~』で使われるナレーションは勿論、セリフはほとんど原作文章のままというのがよくわかりました。 ただ映画を観る前には、グルヌイユがある香りに取...
26. 「パフューム ある人殺しの物語」 Perfume: The Story of a Murder  [ 俺の明日はどっちだ ]   2007年03月06日 21:06
「香り」というよりまさに悪臭に満ちた18世紀のパリの中でもひと際汚臭漂う魚市場の屋台で産み落とされた主人公。 映画“ STONED ”でキース・リチャーズに扮していたベン・ウィショー演じるこの生まれながらに驚異的嗅覚を持ち、一切の体臭を持たない男、そんな彼とかかわ...
25. 「パフューム ある人殺しの物語」才能と欠落の物語  [ ももたろうサブライ ]   2007年03月06日 20:58
監督 トム・ティクバ 悪臭に満ちたパリの市場で魚のはらわたの上に産み落とされたグルヌイユ(ベン・ウィショー)。 グルヌイユはマダム・ガイヤールの育児所に預けられ、母親は子どもを捨てた罪で処刑される。大人になるとなめし皮職人に売られ、その金を手にしたマダ...
24. パフューム ある人殺しの物語  [ Lovely Cinema ]   2007年03月06日 20:39
2006/ドイツ、フランス・スペイン合作 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)    レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)    アラン・リックマン(リシ)    ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ) ...
23. パフューム ある人殺しの物語 (2006) 147分  [ 極私的映画論+α ]   2007年03月06日 18:46
 「変態」の定義は本当に難しい(笑) かつて「カリギュラ」という映画でみた裸を上回る裸の量でした(笑)
22. パフューム ある人殺しの物語  [ ネタバレ映画館 ]   2007年03月06日 18:42
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・
21. パフューム ある人殺しの物語/ベン・ウィショー  [ カノンな日々 ]   2007年03月06日 17:49
3 今日、公開された作品で楽しみにしていたのが「パリ、ジュテーム」とこの作品。邦画の新作もたぶん観には行くけどイマイチ気分が乗ってません。特に予告編でモンゴルの英雄が日本語を気張って喋ってるのには引き気味です(笑)。 出演はその他に、ダスティン・ホフマン、ア....
20. 『パフューム』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2007年03月06日 17:44
『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 −ある人殺しの物語− スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世界が...
19. 『パフューム ??ある人殺しの物語??』  [ Sweet* Days ]   2007年03月06日 15:29
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女性の...
18. 映画「パフューム」と三島由紀夫  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年03月06日 14:27
「パフューム ある人殺しの物語」を見て、なぜかしら三島由紀夫の「仮面の告白」を思い出してしまった。
17. パフューム ある人殺しの物語  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年03月06日 10:35
Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんですよね〜...
16. パフューム ある人殺しの物語  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年03月06日 09:25
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名をジャ...
15. 「パフューム」日本は健闘している方?  [ 映画コンサルタント日記 ]   2007年03月05日 23:03
パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー「香水 ある人殺しの物語」を「ラ
14. パフューム ある人殺しの物語  [ 悠雅的生活 ]   2007年03月05日 22:39
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
13. パフューム ある人殺しの物語  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2007年03月05日 18:49
■ 試写会にて鑑賞 パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 2006年/ドイツ・フランス・スペイン/147分 監督: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド 公式サイ...
12. 映画:パフューム ある人殺しの物語 プレミア試写会  [ 駒吉の日記 ]   2007年03月05日 13:27
パフューム ある人殺しの物語 オーケストラ生演奏付プレミア試写会(NHKホール) 「香水と音楽は似ている」 ■東京フィルの生演奏とイベント(?) 司会は坂上ミキさん、映画の映像をバックに東京フィルの生演奏(3曲)ありました。スローで不安感を煽るような切な...
11. パフューム  [ シャーロットの涙 ]   2007年03月05日 12:15
東京国際シネシティフェスティバルにて…
10. 『 パフューム 〜ある人殺しの物語〜 』  [ My Style ]   2007年03月05日 11:23
『 パフューム 〜ある人殺しの物語〜 』をみた。 原作は、パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」。 残念ながら原作は未読だけれど、予告編でみた知識のみで映画に臨む。 ものすごくリアルに美しい映像だった。詳しく知らないけれど{/ase/}、その当時の ...
9. 750人の全裸男女が絡み合う、パフュームのテレビCM  [ ネット社会、その光と闇を追うー ]   2007年03月05日 11:04
750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて
8. パフューム ある人殺しの物語 /Perfume The Story of a Murderer  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年03月05日 10:05
わたしの嗅覚、犬並み{/kaminari/} ナンテいつも豪語?してたけど、犬の嗅覚は人間の1億倍!なんだってー。 猫は人間の10倍らしいから猫並みにしておこ☆ でも鼻が良くてもいいことなんてほとんどない{/kaminari/}(笑) 自分のつけた香水が、ほんのりいつまでも香ってた...
7. 『パフューム ある人殺しの物語』  [ ラムの大通り ]   2007年03月05日 08:03
(原題:Das Parfum : Die Geschiche eines) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、スゴい評判だよね。 確か「衝撃のラスト!」とか言われているんでしょ? 「う...
6. パフューム -ある人殺しの物語-  [ シュフのきまぐれシネマ ]   2007年03月05日 06:40
パフューム ある人殺しの物語?? 2/16 @よみうりホール(試写会) 監督/共同脚本/音楽:トム・ティクヴァ  原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」(文春文庫刊) 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン 
5. 感想/パフューム -ある人殺しの物語-(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2007年03月05日 06:12
けっこうな触れ込みに期待を膨らませ鑑賞『パフューム -ある人殺しの物語-』3月3日公開。汚臭漂う18世紀パリで産み捨てられたグルヌイユ。彼は、遠く離れた匂いも嗅ぎ分け、どんな香りも記憶し、再現できる超人的嗅覚の持ち主だった。ある日彼は、かつてない香りを放つ赤毛の...
4. 映画〜パフューム ある人殺しの物語  [ きららのきらきら生活 ]   2007年03月04日 13:23
 「パフューム」公式サイト東京フィルハーモニーの生演奏つき試写会でした♪普段クラシックコンサートに縁のない私にとってはすごい恵まれた機会☆うっとり〜。演奏にあわせてバッグに映像が流れる、、、という演出はとっても良かったです!そしてゲストはなぜか昨日結婚式...
3. パフューム/ある人殺しの物語  [ Akira's VOICE ]   2007年03月04日 10:46
血の流れない「ハンニバル」 香りの生存証明。
2. 『パフューム ある人殺しの物語』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2007年03月04日 08:36
この映画には是非館内に香りを漂わせて欲しかったのですが、行き過ぎると気分の悪くなる人が続出してしまいます。ならば、イヤフォンならぬノーズフォン?いやセント・アタッチメントみたいな自分だけが嗅げる装置なんかがあると面白いかも。
1. 「パフューム??ある人殺しの物語」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2007年03月04日 03:51
限りなく繊細で、そして怖い。宣伝のうたい文句は「劇場で嗅げ!!」だったでしょうか。確かに嗅覚が中心ですが、視覚、聴覚と、呼吸をするのもはばかられるくらい五感を研ぎ澄ませながら観る、まさに劇場で体験するべき作品です。魚市場での生誕のシーンから全篇を通して、...

この記事へのコメント

20. Posted by パピのママ   2007年03月29日 15:15
5 hyoutan2005さんへ・・・こんにちは!、こちらこそコメント入れてくださって有難う(*^^)v
私は原作を読んでから鑑賞したのですが、トム・ティクヴァ監督が見事に小説の幻想の世界へといざなってくれましたね。
パトリック・ジュースキント原作、私には臭いの表現が余りにも詳しく過激に文字によって構成され、読んでいるうちにグルヌイユの事を同情してしまうような気持ちにかられました。
小説は読む人によって感性が違うと思いますので、是非読んでみてはいかがでしょうか。
19. Posted by hyoutan2005   2007年03月27日 00:33
パピのママさん、TBありがとうございました。
原作を読んでみたいと思う作品のひとつです。
映像と音楽と、そして、現代の映画館では体験する事の不可能な「香り」までをも、美しいものは美しく、醜悪なものは醜悪に、実に見事に表現されていました。
18. Posted by パピのママ   2007年03月14日 13:14
5 orangeさんへ・・・こんにちは!、こちらこそご丁寧に有難うございます。
原作を読み上げてから鑑賞したので、映像の臭いを感じるという、脳に潜在意識としてある魚の生臭く腐ったにおいとか、ラベンダー畑の匂いなどは、スクリーンを透して感じることが出来ました。
男の悲哀と犯罪劇を描いていますが・・・あまりにも悲しく狂おしい作品でした。>本当に作品の内容に深く感動し、またベルリン・フィルの音楽が素晴らしく、最後までどんでん返しのラストに納得して、映像の素晴らしさに脱帽です。
17. Posted by パピのママ   2007年03月14日 13:03
manimaniさんへ・・・コメント有難うございました。
主人公グルヌイユの誕生からして、「異様な/異質な」存在。
確かに最後まで誰にも愛されなく、自我に目覚めたとき、グルヌイユの孤独感が究極の香水を作らせたのでしょう。
自分の身体全身に、その香水を滴らせて陶酔ともいえる、その”天使の香り”に満足して、生まれた場所でグルヌイユの全てが消えてなくなったというストーリーに拍手!!。
16. Posted by orange   2007年03月12日 23:32
こんばんわ☆
コメント&TBありがとうございました〜!

香りを表現するのは、難しい・・・確かにスクリーンから香るという事は無いのですが、頭に思い起こされたり、スッと体の中に何となく入ってくる感じでしたね。
男の悲哀と犯罪劇を描いていますが・・・あまりにも悲しく狂おしい作品でした。
彼が作り上げた香りについて想像を巡らすのも一つの楽しみですが、愛と欲も紙一重なのだなと思った次第です♪
15. Posted by manimani   2007年03月12日 22:24
TBさせていただきました。
グルヌイユ、最後の最後まで孤独な(=異質な/異様な)存在でしたね。その感じは好感持てました。

わたしもゲテモノ系好きですし・・
14. Posted by パピのママ   2007年03月11日 21:35
ケントさんへ〜いつも有難うございます。
ダメでしたか?・・・私は好きなんですね。ゲテモノ食い?と言うのか(笑)、サスペンスたっちっで尚且つ映像が素敵なんですね。
女性にとっては、香水は必ず幾つかもっているので、香水の製造過程が事細やかに描かれ、良かったです。
ただし、人間の体臭を香水にしてはいけませんよ。グルヌイユも最初のプラム売りの女の体臭に見せられたんでしょうね。
人間の匂いフェチのおぞましさが感じられる作品でした。
13. Posted by ケント   2007年03月11日 19:09
こんばんはTBお邪魔します
なんだか異様な感じのする映画でしたね。スクリーンからも、悪臭や快楽の臭いが漂っているかのようです。凄い映画ですが、カタルシスは得られないでしょうね。グルヌイユの末期は、生まれた地で土に還ったと解釈しています。もともと彼は生まれ得ぬ人だったわけですから・・神の世界?に戻ったのでしょうか。
12. Posted by パピのママ   2007年03月09日 00:45
ALISEさんへ〜いつも有難う!
ダメでしたか?・・・そうですね、私は原作を先に読んでしまっていたので、結末が分かってしまい、映像ではどんなふうになるんだろう、誰がこの役をと、気になって、・・・でもキャステイングには満足です(笑)。
ラストも広場であんな風に”楽園”にした監督とベルリン・フィルの音楽に感動しましたね。
11. Posted by パピのママ   2007年03月09日 00:38
5 BCさんへ〜コメント有難うございました。
調香師として認めてもらうより、自分の匂いを作り、尚且つ最初に出会った初恋?の赤毛の少女の体臭が忘れられなかったのですね。
本当に、この映画は原作者と監督、そして音楽が見事にアンサンブルとなって観る者を魅了し酔いしれさせたと思います。
10. Posted by パピのママ   2007年03月09日 00:31
masalaさんへ〜早速のご訪問ありがとう!!
東京フィルの生演奏付きの試写会、なんて素晴らしいんでしょう
映画の中では、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が映像とマッチしてとても良かったですね。
犬は臭覚が鋭いので、グルヌイユは利口なのですね。試しに作った体臭の抽出を嗅がせる事で成功したのですもの。
ラストは衝撃な結末で締めくくりましたね。
9. Posted by パピのママ   2007年03月09日 00:11
chikatさんへ〜TBお返しとコメント入れてくれてありがとう(*^^)v
さすがにこの作品評判良いですね。
私も今年に入っていろいろ鑑賞しましたが、一番お気に入りの作品になっています。
何ていっても摩訶不思議な香りがするのでしょう。
一度嗅いだらやみ付きになってしまいそうで恐ろしい気がします(笑)。
8. Posted by パピのママ   2007年03月09日 00:03
kossyさんへ〜コメントありがとうございます。
”感動”という香水は、人間の心の中にある感性と目で魅了する映像、耳で聴くコンサートの音楽、赤ちゃんの産声などたくさんありますね。
毎日一つは、感動の遭遇したいものです(^_-)-☆
7. Posted by ALICE   2007年03月08日 15:52
こんにちは。
満点ですね。そんなに感動したんですね!
私はどうも主人公の気持ちが最後まで
理解できなくって感情移入出来ませんでした。
映画としては素晴らしいって思ったんだけどね。
自分の娘の香ってどんなのかな?
考えただけでも恐ろしいですね。
6. Posted by BC   2007年03月07日 20:27
パピのママさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

グルヌイユは自分自身の匂いがない事に気付いて、
人に愛されない自分自身の存在が否定されたような絶望的な気持ちになったのでしょうね。

>監督でもあるティクヴァという映像作家は、脚本、監督、音楽の三つの香料から、映画と言う香水を巧みに作り出す“調香師”でもあったのである。

トム・ティクヴァ監督のセンス(感性)は素晴らしいですね。(*^-^*
5. Posted by masala   2007年03月06日 23:12
4 こんにちは、コメント&TBありがとうございます。こちらこそお世話になっております。
「パフューム』のワンちゃん大活躍でしたね。
監督は犬の使い方が旨いです。
私は原作を読まずに見たせいか、処刑場のシーンがあまりにも唐突で唖然としてしまいました。私の見た試写会では東京フィルの生演奏がありましたが、映画の中のサウンドトラックの方が音に厚みがあったように感じました。
では、またお邪魔します。
4. Posted by chikat   2007年03月06日 22:45
ハンカチ1枚にしみこませると数百人もの人を陶酔させてしまう香り、魅力的な香りなんでしょうね。
これだけは想像もつかないものだったので1度かいでみたいと思いました。
いいとか悪いとかよりも記憶に残る作品でした。
3. Posted by kossy   2007年03月06日 18:44
嫌悪感と切なさ、あと11種類くらいの感情を混合すれば“感動”という香水が生まれるかもしれません。
2. Posted by パピのママ   2007年03月06日 15:05
migさんへ・・・コメント感謝です(*^^)v
そうですよね!、原作は想像を描き立て自分流に解釈してしまいますもの。
18世紀のパリ、グラースのラベンダー畑など映像と音楽(ベルリン・フィル)とのハーモニーが見事に描かれていました。
ローラの父親、アラン・リックマンよりダスティン・ホフマン演じる、落ち目の香水調香師、バルディーニの演技に惚れ惚れしました。
「パリ・ジュテーム」こちらでは4月後半公開予定です。migさんお奨めとあれば観に行きますね(^_-)-☆
1. Posted by mig   2007年03月05日 10:04
4 パピのママさん☆おはようございます。

良かったですね〜。
わたしも原作もうすぐ読み終えるんですが
映像ならではの良さがやっぱりあります。
この監督は『パリ、ジュテーム』でも
ナタリーポートマンで5分の作品撮ってます。そちらも良かったですよー、
ぜひ見てほしいです★
ルワンダの涙ゴースト・ライダー