2007年06月11日

プレステージ5

dcf0d3f7.jpg

天才vs奇才 世紀のイリュージョンバトル!!

130分すべてを疑え!二人のマジシャンが命を懸けたトリックバトル!!

「メメント」のC・ノーラン監督による奇想天外なミステリー。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じる2人の人気マジシャンが、難解なトリック合戦を展開する。

19世紀末のロンドン。若き奇術師アンジャーとボーデンは、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。

しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に失敗し死亡。事故の原因はボーデンの結んだロープが外れなかったことだった。

これを機にアンジャーは復讐鬼へと変貌し、2人は血を流す争いを繰り返すことになる。その後、結婚し幸せな日々を送るボーデンは、新しいマジック「瞬間移動」を披露するのだが…。

アンジャーは自分と瓜二つの役者を遣い、“新・瞬間移動”で対抗するが、どうしてもボーデンのマジックの種が分からない。やがて彼は、ボーデンと科学者テスラとの関係に秘密があると思い始めるが?(作品資料より)

<感想>冒頭で、クリストファー・ノーランのお願い__「この映画の結末は決して誰にも言わないで下さい」__と言うことなので、ネタバレは書かないことにして、映画のタイトル「プレステージ」とは?・・・

プレステージのエレキテルもとはフランス語の「幻惑、奇術、詐術、偽物、魔法、魅惑・・・」から、やがてその意が転じて「偉業」、「名声」、「威光」を表わすと言う。例えば様々な奇術道具を作って二人に協力するカッターを演じているマイケル・ケインが、一流のマジックは、3つのパートから成ると言う__。

一流のマジックは、プレッジ(確認)、ターン(展開)、そしてプレステージ(偉業)の3つの段階を踏むとされる。

歴史とSFが融合した複雑な世界、そこで起きるマジシャンたちの確執がユニークなクリストファー・プリースト原作「奇術師」を監督クリストファー・ノーランが、ミステリー・サスペンスタッチに映画そのものを“トリック”に仕立て変えた。

                 
デビット・カッパーれは、最初の「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャーのイリュージョン、まさに究極の“瞬間移動”。

スパークする電気の中「確認」でうやうやしく、そこにタネも仕掛けもないことを観客に確認させて、その仕掛けのない道具で、期待にそむかないパフォーマンスを見せる為にアンジャーが消える。

さて、そのトリックを見破ろうとしても、わかりはしないが「展開」。しかし、それだけでは観客は満足しない。最後にもう一段、予想を超えた驚きを提供する。

次の瞬間、観客席の後ろから姿を現す「偉業」と言う、まさにデビッド・カッパーフィールド真っ青なヒュー・ジャックマンの素晴らしいイリュージョン・ショータイム!!。顔もデビッドと似ているし、ヒューがラスベガスでイリュージョンをしてもなんら不思議ではないくらいに決まっていますよ( ´∀`)つ!。

アンジーが水槽で溺れるここから全ては始るわけで、この場面を見てたら誰だってタネ証を知りたくなるもの、クリスチャン・ベールが急いで地下に行きそのたねあかしを知って驚き警察に捕まってしまうんですね。

アンジャーとボーデンのように、互いに互いのマジックを覗きに行き、技を盗もうとする、そういう切磋琢磨の二人もいかに秘密を隠し通すかが苦労の種。

ヒュー、ヨハンソン、マイケルまさにこの作品におけるプレステージは、観客があっと驚く結末、オチが不可欠であり、タネと仕掛けだらけを見せてくれる。ラストの予想もつかない結末はプレステージにふさわしい。

しかし、オチだけでは不十分、「マジックは見せ方が大事」と言うように、いかに観客を魅了して見せるかが大切であり、映像の中で巧みな絵作りがされ、緻密な伏線が張られているのも観客に気づかせない“マジック”なのでもある。

アンジーが鳩プレステージのため、「テスラ」のスパークする電気マシーンに立つも、観客の喝采をあびるのは常に替え玉で、自分はステージの下で死の恐怖を味わうアンジャー。一方のボーデンは、自分のトリックを見破られないように必死に守るため、親友になれたかもしれない男の最愛の妻の死の真相を明かせず、人生と家族(奥さんのサラの自殺)を犠牲にして狂わせてしまう執着心と競争心。大きな嘘をつくために、小さな真実をちりばめるのが騙しの定石。

デビット・ボウイそのためいくつかの史実も盛り込まれている。駆け出しのアンジャーとボーデンが中国の手品を見に行くシーン、チャン・リン・スーと言う手品師が金魚鉢を出すマジック。中国の奇術師というのは、折りたためるようなものは、(鳥かごをぐしゃっと潰して新しく鳥出す)絶対に出さないという。どう小さくするかが発想で、ボーデンが指を失う「銃弾つかみ」、彼はその弾丸受け止めのマジックで亡くなったという実在の魔術師。

マイケル、ケインたてデヴィッド・ボウイ演じる科学者、ニコラ・テスラももちろん実在の人物。「地球に落ちて来た男」(76)で謎の発明家〜実は宇宙人、を演じたボウイには、うってつけの今回の役どころと言えよう。また怪しげな放電を発するテスラ・コイルは、映画「フランケン・シュタイン」の実験装置を彷彿とさせるし、アメリカのコロラドのテスラの屋敷の庭の電球の数々は本当に美しい。

そして、「ロード・オブ〜シリーズ」のゴラム役でその名を知られるようになった、アンディ・サーキス。今回は人間として博士の助手アレーを演じています。それから、最初はアンジャーの助手でありながらスパイとしてボーデンの助手に成って行くオリヴィア、ヒロイン役にふんするスカーレット・ヨハンソンの魅惑的なヴィクトリア朝の衣装にも注目。

アンジャーの奥さんが水槽脱出に失敗して、マイケル・ケイン扮するカッターがストップウォッチをみながら斧を振りかざして、水槽を割る彼の苦悩する姿にもびっくりします。

ヨハンソン、ヒューミステリアスで複雑な奇術師たちの世界、ブロードウェイのステージで批評家から絶賛されたと言うヒュー・ジャックマンの天才パフォーマー、(得意のマジックは物体消失、瞬間移動)グレート・ダントンことロバート・アンジャーと、ノーラン監督お気に入りのクリスチャン・ベールの天才トリック・メイカー、(得意マジックは、弾丸つかみ、瞬間移動)Theプロフェッサーことアルフレッド・ボーデン。

アンジーとボーデンこの二人の天才マジシャンによるそれぞれに趣向を凝らしたトリックで、相手を追い詰めていく過程に興奮しながら、衝撃的な想像を遥かに超えるラストシーン、映画に描かれるイリュージョンの世界の裏側をあなたの目で確かめてください。

 



papikosachimama at 16:59│ 2007年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

47. プレステージ  グレーと複雑は違う  [ 映画 大好きだった ]   2010年04月12日 23:08
BSフジでの放映を観賞。僕の大好きなヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベールが主役、さらにスカーレット・ヨハンソンが出演ということで、前から観たいなと思っていた。しかも監督は僕の大好きな映画「バットマン・ビギンズ」「ダーク・ナイト」のクリストファー・ノ....
46. プレステージ  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年02月27日 16:32
2006 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、スゴイ 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン クリストファー・プリーストの小説「奇術師」を、クリストファー・ノ...
45. 『プレステージ』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年11月17日 01:43
『メメント』『バットマン・ビギンズ』のクリストファー・ノーラン監督の最新作ということで、期待して観に行ってきましたー。 出演陣も、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソンに、マイケル・ケインにデヴィッド・ボウイってなんて豪華な...
44. 『プレステージ』  [ Sweet*Days** ]   2008年03月27日 19:58
プレステージ(2008/01/01)マイケル・ケイン、クリスチャン・ベイル 他商品詳細を見る 監督:クリストファー・ノーラン  CAST:ヒュー・ジャ...
43. 【映画】プレステージ…マーベルVSDC場外対決  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年03月21日 00:11
今日{/hiyoko_cloud/}は「3年B組金八先生」の最終回でしたが、今回は2時間スペシャルとかじゃなかったんですねぇ。 視聴率が低迷していたみたいだから…そういうことなんでしょうねぇ。 自称「金八の生徒」な私もビデオ(ハードディスク)に録画しているだけで、殆ど観ていな...
42. プレステージ  [ Blossom Blog ]   2008年03月10日 11:00
プレステージ THE PRESTIGE 監督 クリストファー・ノーラン 出演 ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベイル     マイケル・ケイン??..
41. プレステージ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年07月14日 21:34
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ちゃい...
40. プレステ−ジ  [ ルナのシネマ缶 ]   2007年07月12日 17:51
プレッジ(確認)させ、 ターン(展開)して プレステ−ジ(偉業)を成す。 マジックに取り付かれたというより ライバルに取り付かれたと いう感じで、執念というか そこまでやるか!って感じです。 若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャックマン)と アルフ...
39. アブラカダブラ〜〜と呟くのは?!プレステージ  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年07月06日 21:36
ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベイル 二人のマジシャンの確執が悲劇をもたらす「X-MEN」でお馴染みのヒュー・ジャックマンがマジシャンで登場。おイメージ一新って感じで新鮮そして迎え撃つライバルマジシャンはクリスチャン・ベイル、よく見ると、結構強面な感じ。い...
38. 『プレステージ』  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2007年07月04日 08:01
感想…難しい。 ドコをどう書いてもネタバレしそう。 ワタシ、基本的に、ネタバレはしない主義なので... この2人が ↓ マジックで競うのではなく復讐しあうお話です。 予想外に何だかドロドロとしたお詀??
37. 「プレステージ」舞台の上で起こった事は他言無用  [ soramove ]   2007年07月03日 23:46
「プレステージ」★★★ ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール主演 クリストファー・ノーラン 監督、2006年アメリカ(130分) 思わせぶりな 「ラストは決して見ていない人に言わないように」という メッセージで始まる映画。 丘の上、落ち葉や草の生えた...
36. 「プレステージ」  [ Tokyo Sea Side ]   2007年07月02日 15:29
この映画は予告が良すぎます(笑)「期待ハズレ」という意見も周りでチラホラ聞いていましたが、やっぱり気になっていたので観に行きました。 最初はなかなか名前や人物関係、時間軸が把握できませんでした。きっとその間にいくつもの伏線を見逃しているコトでしょう。。ラス...
35. ★「プレステージ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年06月26日 13:25
(2007/A106/S55)←今年55本目の劇場鑑賞。 「X−MEN」のヒュー・ジャックマンと「バットマン」のクリスチャン・ベールの共演。 この作品って最初、「イリュージョンVS」って邦題じゃなかったっけ??? いつの間にやら、原題と同じタイトルにしてた・・・って事?...
34. 「プレステージ」 人生すべてをかけた奇術  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年06月24日 22:32
原作の「奇術師」は二、三年前に読んでいたのですが、内容はすっかり忘れてしまってし
33. 「プレステージ」再び&原作本  [ It's a Wonderful Life ]   2007年06月24日 17:53
この作品、試写で観たあとじわじわまた観たくなって そそくさと初日に2回目観てしまいました。 ミシェル・ゴンドリーの「恋愛睡眠のすすめ」についで今年2本目です。 そういえば「バットマン・ビギンズ」も気に入って二回観たんですよね。 クリストファー・ノー...
32. プレステージ  [ 週末映画! ]   2007年06月21日 23:53
期待値: 60%  「メメント」のクリストファー・ノーラン監督作品。 ヒュー・ジャックマン 、クリス
31. 映画【プレステージ】を観た  [ NEW WAY.NEW LIFE ]   2007年06月19日 12:41
クリストファー・ノーランの監督作は 【フォロウィング】 メメント インソムニア バットマン・ビギンズときて クリストファー・プリーストの小説を映画化したプレステージですね 「消え去った物の事は誰も考え無い」 【プレステージ】を観ました [偉大なるダント...
30. プレステージ  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2007年06月19日 01:16
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:クリストファー・ノーラン 原作:クリストファー・プリースト 『奇術師』(早川書房刊) 脚本:クリストファー・ノーラン ジョナサン・ノーラン 19世紀末のロンドン。奇術師アンジャーがトリックの失敗によっ...
29. 【プレステージ】  [ +++ Candy Cinema +++ ]   2007年06月17日 23:42
【THE PRESTIGE】 監督    ≪ クリストファー・ノーラン 脚本    ≪ クリストファー・ノーラン / ジョナサン・ノーラン 製作年度 ≪ 2006年 日本公開 ≪ 2007年6月9日 上映時間 ≪ 2時間10分 製作国   ≪ アメ、
28. プレステージ  [ まぁず、なにやってんだか ]   2007年06月17日 22:45
先週末公開した映画の中で一番気になっていた「プレステージ」を観て来ました。 「結末は絶対言わないでください」と釘をさされていますので、あたりさわりのない感想だけを。 アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)の対決。映画を観る前...
27. プレステージ−(映画:2007年69本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年06月16日 13:59
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) テレビや新聞の煽り文句から、目を見張るような鮮やかなト...
26. プレステージ(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年06月16日 13:11
運命さえトリック
25. プレステージ [映画]  [ mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 ]   2007年06月16日 12:11
http://prestige.gyao.jp/ (プレステージ 公式サイト)
24. プレステージ  [ 映画君の毎日 ]   2007年06月15日 13:35
冒頭で「この映画の結末は決して誰にも話さないで下さい」の表示。 せっかくほとんど知識を入れずにカラッポで鑑賞にきたのに、 この映画がミステリーやサスペンスでどんでん返しまで想像できる。
23. プレステージ (The Prestige)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年06月15日 13:26
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2006年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★★ なんであれ壁にぶち当たってしまった時は、下手に難しく考えずにシンプルな方法をとった方が上手くいくことが多かったりも。物事は見た目通りとは限らないけど...
22. 全てはラストシーンの為にある。『プレステージ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年06月15日 11:03
二人のマジシャンの物語です。
21. 騙し、騙され「プレステージ」観てきました。  [ よしなしごと ]   2007年06月15日 02:55
 最近のマジックブームにあやかれるか?プレスタージを観てきました。
20. 映画〜プレステージ  [ きららのきらきら生活 ]   2007年06月14日 22:17
  ☆公式サイト☆クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化した壮大な人間ドラマ。かつて友人同士だった男たちが、奇術によって運命を狂わせていく様をスリリングにみせる。若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャッ...
19. 映画 【プレステージ】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年06月14日 09:05
試写会にて「プレステージ」 クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化。 華麗で洗練されたパフォーマンスを得意とする“グレート・ダントン”ことアンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、無骨だけれども天才的な想像...
18. 真・映画日記『プレステージ』  [            ]   2007年06月13日 21:39
6月9日(土)◆466日目◆ 午後1時半、この日から公開の『プレステージ』を見る。 やられたね。 気持よ〜く。 「130分間、すべてを疑え!」という宣伝文句は伊達ではない! アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)とロバート・アンジャー(ヒュー・ジャ...
17. プレステージ  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年06月13日 16:31
子供の頃、マジックと言えばこの人でした! ゼンジー北京さ〜ん♪ 「はい、ちょとゴソゴソするあるよ。」不自然なカタコトが師匠の芸風でもありましたねぇ。 本編で金魚鉢出してたのゼンジー北京さんじゃなかったですか(笑) 予告を観て興味津々で鑑賞に行ったあ...
16. 『プレステージ』は、映画自体がトリック。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   2007年06月13日 06:39
映画自体が 自らを犠牲にした一つのマジックなのだ。  ※ネタバレに要ご注意!!  97年も早半年が過ぎましたが、今年も益々映画が好調です。  昨年は21年振りに邦画が洋画を興行収益において上回った年でし
15. 『プレステージ』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年06月13日 03:55
  『プレステージ』   運命さえトリック   ”130分すべてのシーンに張り巡らされた罠”とか”―この作品はトリックそのもの。騙されるな。”とか? Mr.マリックがサクラをやってみたりとか? そう云うプロモーションは逆に要らなかったんじゃないのかな
14. プレステージ・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年06月12日 22:54
ウルヴァリンVSバットマン。 若き異才、クリストファー・ノーランが二大アメコミヒーロー俳優を主役に迎え、二人の天才マジシャンの交錯する運命の皮肉を描いた「プレステージ」は、良くも悪くもノーランらしいひねりの効い??'af??
13. プレステージ  [ O塚政晴と愉快な仲間達 ]   2007年06月12日 22:26
Mr.マリックもビックリな作品(確かにもう1回観たくなる)。 プレステージ ★★★☆☆ 舞台での事故(?)により、妻が亡くなったことが原因で、敵対するようになった2人のマジシャンの争いを描いたヒューマンドラマ。 んー正直ビミョーなんだよ...
12. プレステージ / THE PRESTIGE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年06月12日 11:13
本格的なマジシャンが主演の映画ってありそうでなかったんじゃないかなー? 世の映画ファンの間では海賊映画で盛り上がってる中、、、、試写で観てきました★ 『インソムニア』はわたしはダメダメだったけど、『メメント』『バットマンビギンズ』 どちらも好きだったので楽...
11. 映画「プレステージ」  [ 日々のつぶやき ]   2007年06月12日 09:59
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソン 「19世紀のロンドン、アンジャーとボーデン二人の天才マジシャンがいた。彼らはアシスタント時代からお互いの才能を認め合うライバルであった・・その日
10. 『プレステージ』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2007年06月12日 07:57
『メメント』『インソムニア』『バットマン・ビギンズ』と心理描写の巧みな監督クリストファー・ノーランのイリュージョンもの。
9. プレステージ  [ ともやの映画大好きっ! ]   2007年06月12日 00:42
(原題:THE PRESTIGE) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 二人の若き天才マジシャンたち。 ある女性が舞台上で死亡したことにより、二人は憎悪を込めてぶつかり合うことになる。 やがて舞台上で起こるもうひとつの死。 騙しのプロフェッショナルが命をかけ...
8. 映画「プレステージ」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年06月12日 00:34
映画「プレステージ」に関するトラックバックを募集しています。
7. プレステージ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年06月12日 00:05
私は悩んでいた―自分の中で築きあげた『いい男ピラミッド』の上位に位置する二人が、ライバル同士として出演する映画があると知った瞬間から―           どっちに肩入れして観ればいいのよー【story】19世紀のロンドン。人気のマジシャン、グレート・ダントンこ...
6. 『プレステージ』  [ ラムの大通り ]   2007年06月11日 22:42
(原題:THE PRESTIGE) ----あれっ?この映画って 『イリュージョンVS』(イリュージョン・ヴァーサス)とかいう タイトルになったんじゃなかった? 「うん。そのタイトル決定の案内をもらったときに 頭の中に“?”が飛び交ったんだけど、 みんなもやはりそう思ったってこ...
5. 「プレステージ(THE PRESTIGE)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年06月11日 22:14
ずっと楽しみにしていた、本日より公開のマジシャン対決映画「プレステージ」(原題:
4. プレステージ  [ Diarydiary! ]   2007年06月11日 20:43
《プレステージ》 2006年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? THE PRESTI
3. The Prestige  「プレステージ」  [ 表参道 high&low ]   2007年06月11日 19:26
’Memento’の衝撃が強かったChristopher Nolan(クリストファー・ノーラン)の新作が’The Prestige’(プレステージ)。 ある事件がきっかけで2人のマジシャンのライバル心がエスカレートし、最後は全てを犠牲にしてどちらが一番かを競い合うというストーリー。お互いの...
2. 『プレステージ』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2007年06月11日 17:50
次から次へと見ごたえあり。 映画ならではの魅力がある複雑でトリッキーで怒濤の対決劇。 19世紀末のロンドン。グレート・ダントンことロバート・アンジャーと THE プロフェッサーことアルフレッド・ボーデンはマジシャンのライバル同士であった。Mr.なんちゃらとかって...
1. プレステージ  [ Akira's VOICE ]   2007年06月11日 17:16
派手さはなくても,先を読む興奮はぎっしり。

この記事へのコメント

10. Posted by パピのママ   2008年01月15日 22:06
5 ケントさんへ・・・今晩は!、コメント感謝です(^^♪
昔も今もマジックのトリックがバレルとつまりませんね。
現在でも、引田テンコウによるイリュージョン「箱中に入って剣を刺す」で、彼女が大怪我をしたという。
一歩間違えば死に至る〜観客も笑って見ているわけにはいきませんね。



9. Posted by ケント   2008年01月14日 21:22
こんばんは
やはりTBは出来ませんでした。
この映画は映画館で見損なってしまい、先日DVDで鑑賞しました。
なかなか楽しめましたが、「瞬間移動」については、すぐネタバレしてしまいました。もう少し複雑なアイデアにできなかったのでしょうかね。
8. Posted by パピのママ   2007年06月16日 10:44
ミチさんへ・・・いつもコメントありがとう(^'^)
私もアンジャーの方が、華麗な舞台を見せてくれよかったです。
でも、マジックの裏側って見るものではないですね
脇役でも、二人にマジックを伝授するマイケル・ケインって存在感があり、テスラ役のデヴィッド・ボウイだって、良かったです(^_^)
7. Posted by パピのママ   2007年06月16日 10:35
ノラネコさんへ・・・こんにちは!、TB・コメント有難うございます。
華やかなイリュージョンの舞台は、騙されつつも良かったです!(^^)!
SF的、サスペンス映画、ラストの殺人などハラハラしながらも、楽しく面白かったです。
6. Posted by パピのママ   2007年06月16日 10:31
migさんへ・・・こちらこそいつも本当に有難う(*^^)v
二人のバトルは、醜い争いでしたね
あんな風に相手の舞台へ行って、タネを調べて意地悪をして怪我をさせる。
最後は、まさかの展開〜テスラの瞬間移動のボックスでマジックをするたびに、アンジャーの分身が殺される、最悪でした。
5. Posted by パピのママ   2007年06月15日 23:44
5 かえるさんへ・・・コメントありがとうございます。嬉しいです!(^^)!
テスラ役がデヴィッド・ボウイ、かなり老けましたよね。最初分からなかったもの
映画の中でのイリュージョン、見せ場はあったけれど、どちらかと言うと二人の騙しあいみたいな、ドロドロとしたサスペンス映画になってました。
4. Posted by ミチ   2007年06月14日 09:07
こんにちは♪
マイケル・ケインは見るたびに少しずつお年を召しているのですが、やっぱりいつ見てもステキです。
二人のマジシャン対決は、私は断然アンジャー贔屓でした(笑)
あのマジックは壮絶ですもの。
3. Posted by ノラネコ   2007年06月12日 22:56
こんばんは。
なかなか楽しめました。
途中でSF化するのはびっくりでしたが、それも含めて作劇の面白さを堪能しました。
2. Posted by mig   2007年06月12日 11:12
4 こんにちは♪パピのママさん

コメント、TBありがとうございますー。
満点ですね♪

わたしも二人のバトルを楽しみました☆
マジシャンもモデルがいたとは知らずにみてたので、あのオチは読めなかったしびっくりでしたよ〜、
二度観ても伏線いろいろあって楽しめるみたいなのでまた観たいなー。
1. Posted by かえる   2007年06月11日 17:53
こんにちは。
「地球に落ちて来た男」は結構最近、去年くらいに観たのですが、あの印象が強すぎて、本作のテスラ役がデヴィッド・ボウイなんて気づかなかった私です・・・。
手品師も実在の人をモデルにしていたんですね。