厨房で逢いましょう私のちいさなピアニスト

2007年09月10日

デス・プルーフinグラインドハウス3

46242150.jpg

究極のスリルと最強のヒロイン。スッキリ爽快なガールズ・スラッシュ・ムービー誕生!

その車が走り出す瞬間、男の欲望は燃えさかり、女の本能は剥き出しになる!

1作目:夕暮れのテキサス。オースティンのラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、親友のシャナ、久しぶりに地元に戻ってきた大学時代の女友達アーリーンと一緒に街へ繰り出した。お気に入りのバー、グエロスからテキサス、チリ・パーラーをはしごする3人。彼女たちをドクロマークの付いたシボレーが付回し始める。

この不気味な車を運転しているのは、顔に傷痕のある中年男、スタントマン・マイクだ。最初は気味悪がっていた3人も、男とバーで会話をかわすうちに警戒心を解いていった。その時同じバーに居合わせたパムは、この男に車で送って欲しいと頼む。しかしパムを乗せたとたん、男は豹変する。

2作目:14ヶ月後。テネシー州で映画のスタントウーマンのキムとゾーイ、メイク係りのアパナシー、新進女優のリーは、ぽっかり空いたスケジュールを有意義に過ごそうと計画。彼女たちはゾーイの希望で「パニシング・ポイント」に出てきた70年型ダッジ・チャレンジャーに試乗することに。リーをディーラーの元に置き去りにして、アクロバティックなスタントライドを楽しむ3人。ゾーイはボンネットに乗ってご機嫌だ。そんな彼女たちに、あの不気味なシボレーの男、スタントマン・マイクが目をつけた。容赦なく車をぶっつけてくる男にタフな女の子たちの怒りが爆発!猛反撃が始った!!(作品資料より)

<感想>この映画のタイトル、「グランドハウス」とは、60年代、70年代にアメリカに点在し、低予算で内容も極端なB級作品が2本立てや3本立てで上映していた映画館の総称だ。

車が激突当初は、タランティーノのガールズ・スラッシャー映画、「デス・プルーフinグラインドハウス」と、ロドリゲスのゾンビ映画、「プラネット・テラーinグランドハウス」を2本立てにして、フェイクの予告編を挟んだ「グラインドハウス」という1本の作品として公開されるという企画で、実際アメリカではこのスタイルで公開されている。

しかし、2本立てで上映するためには時間を短縮しなければならず、涙をのんでカットしたシーンも多かった。そこで日本では編集されたシーンを含めたディレクターズ・カットの完全版を、それぞれ単独で公開することになったそうです。

ドクロのシボレー本作の、“デス・プルーフ”とは、“耐死仕様”の改造シボレー。8人のバッドガールズたちと、デスプルーフの車で彼女たちを襲う殺人鬼・変態、スタントマンに、カート・ラッセルがみせる最高にスリリングなカーチェイス。

しかし、タランティーノが放つのは、たんなる車の追いかけっこするだけではない。

どんな事故に遭おうともドライバーは死なない。“耐志仕様”の改造を施し、ボンネットにはドクロが描かれた不気味なシボレー!。それを凶器とし女性の命を狙う連続殺人鬼だ。

カート、ラッセル始めは、タランティーノが店主のバーで、ピチピチのTシャツにホットパンの姉ちゃんたちが飲んで男とイチャイチャ、会話は下ネタ満載でお下劣でなんかつまらない。

でも、そこへ登場、バーのカウンターに現れた渋いオヤジのマイクが、ブロンド女パムを送ると言いながら改造助手席に放り込み、急ブレーキや横フリを繰り返してパムをズタズタにさせて死なせる。それが最初の犠牲者だ。

次のターゲットは、DJジャングルとシャナ、それに腰フリダンスをマークの目の前で踊ってくれたアーリーンだ。

彼に狙われたら最後、殺るか殺られるかのデットヒートを繰り広げ、マイクの車が360キロで突っ走って正面衝突!、車は2転3転横転して、女たちは車から身体の首や手足がチギレテ全員死亡。なのにマイクはかすり傷だ。

ジャングル・ジュニアラジオ局の人気DJでブラック・アメリカンの美女ジャングル・ジュリア。街に出ると、彼女の等身大の体がまぶしい、番組宣伝用のビルボードがそこかしこに掲げられており、地元の男たちの間では有名人なのだ。

そのため彼女はプライドも高く、性格もキツめだが、携帯電話のメールで、彼氏からの連絡を待ち続けるいちずな面もある。

演じるのは、黒人俳優として初めてアカデミー主演男優賞を受賞した名優シドニー・ポワチエの愛娘シドニー・タミーア・ポワチエ。映画「美しいシャナ、1作目の女人」(05)の3話「ホリー」でヴァネッサ役を演じている。

それにジュークボックスの前で、腰フリダンスを披露したアーリーンのヴァネッサ・フェルリト、「24 TWENTY FOUR」サード・シーズンにクラウディア役で出演している。

シャナを演じたジョーダン・ラッドはテレビ版「チャーリーズ・エンジェル」で1980年代に人気スターとなったシェリル・ラッドの愛娘。

デヴィッド・リンチ監督作「インランド・エンパイア」(06)に出演している。

バーでパムをさそうブロンド美女のパムに扮しているのは、ローズ・マッゴーワン。今回は「プラネット・テラー」にも出演しており、最近のでは「ブラック・ダリア」に出ている。

2作目は女性陣も、車の運転は超一級で腕っぷしも半端じゃない。キレたら怖いタフでワイルドな女たち4人組、ボンネットの上にベルトに捕まり猛スピードで“快感“なんて言っているのは、

女性スタントのゾーイ・ベル。彼女のキャリアは「キル・ビル」以外にも「キャットウーマン」や「ポセイドン」などでもスタントをこなしている。

2作目の女4人その卓越した身体能力にタランティーノがほれ込み、今回の女優デビューに至った。

走る車のボンネット上で、スタントマン・マイクの車に追突されながらも必死にしがみついての熱演は、まさに本領発揮といえるだろう。

車の運転抜群でマイクを撃つキム役のトレイシー・トムズ、ミュージカル映画「RET/レント」で圧倒的な歌唱力を披露、その他では「プラダを着た悪魔」(06)。助手席に乗っていたアナバシー役のロザリオ・ドーソン、彼女も「RET/レント」で主演に抜擢され、「シン・シティ」に出演。

 

チアガール姿のリーディラーの元に置き去りにされた、チアガール姿のリーに扮しているのは、メアリー・エリザベス・ウィンステッド。「ダイハード4.0」で、ブルース・ウィリスの娘ルーシー役を演じたあの子。

前作で殺人鬼だったマイクも彼女たちには敵わない。最後は、ピストルで撃ち抜かれ、「アメリカのヒーロー」敵存在、カートのスタントマン・マイク!、 片腕撃たれて重傷なのに、それでも最高のドリフティングを見せちゃうし、あんなに撃たれて痛がって、死ぬほど泣きつつも、!彼は泣き虫かもしれない、痛がってダサいかもしれない、でも最高のドライバーなのさ!

2作目の女が車で女をあまくみちゃいけないよ〜!、降参なんて男の弱音なんか気にしちゃいない、マイクをボコボコに殴って、回し蹴りやカカト落としと容赦しない強い女たちだ。後半は、タランティーノ流のエネルギッシュなガールズムービーに仕上がっていて最高に面白い。

スクリーンの画面が擦り切れているようなノイズが入り、60年代のさもB級映画らしい雰囲気で殺害シーンの生々しい描写が特徴のスラッシャー映画だ。

マイクが2の車へ文字通りたがが外れたみたいに生々しく、ワイルドでこういう映画の持っているセクシュアリティ、惨忍さが凄い!それになんたって主役を演じたカート・ラッセル、一見すると口の上手い遊び人ふう、それが次の瞬間、狂気に満ちた性的倒錯者のような恐ろしい存在に豹変する。彼の本作で見せたパフォーマンスは、過激だ。

タランテーノ、バーのマスター始めの場面では、女を馬鹿にしているの?・・・なんて思っていたら、後半のシーンでは、痛快そのもの。

撮影監督も務めるタランティーノは、ジューク・ボックススの曲に合わせて踊る娘たちのホットパンツから伸びる生脚を嘗め回すように撮る、タランティーノは脚フェチで有名。そして本当にCGとか使わずに、車同士をクラッシュさせたりしてそれがすべてヴィンテージ・カー。

スクリーンに映る血しぶき、裸、クラッシュする車を見つめてひさびさにぶっ飛んだ(・◇・)ゞ。

 



papikosachimama at 22:20│ 2007年劇場公開作品、鑑賞 | た行・だ行の映画

この記事へのトラックバック

39. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年09月23日 13:23
ドレスコードは、スリルとスピード
38. デス・プルーフ(感想108作目)&芬蘭土に快勝  [ 別館ヒガシ日記 ]   2009年02月05日 20:14
デス・プルーフ in グラインドハウスはWOWOWでし 結論はタランティー監督らしいアクション凄いよ 内容はスタントマンで達を殺す2事件の展開だ 完全なB級だけど前半の事件までは少し長くイライラしたが 後半の事件は上などアクション凄くて満足だよ 劇場
37. 『デス・プルーフinグラインドハウス』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年10月13日 18:28
『デス・プルーフinグラインドハウス』を観ましたクエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した2本立てムービー「グラインドハウス」のうちの1本。映画オタクとして知られるクエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトす...
36. 【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年05月18日 00:47
うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。もち...
35. デス・プルーフinグラインドハウス  [ TRIVIAL JUNK Blog ]   2008年05月12日 00:54
悪気はなかったんです!! <公式ページ> タランティーノが趣味丸出しで作った、昔のB級アメリカ映画のレプリカ企画。 映像の独特な荒れ方や文字フォントのバタ臭さには、その時代の映画にさほど詳しくなくても思わずニヤリとするでしょう。 タラってホントに「映画で...
34. デス・プルーフ  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2008年05月10日 16:32
3 原題 Quentin Tarantino's Death Proof 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 113分 監督 クエンティン・タランティーノ 脚本 クエンティン・タランティーノ 撮影 クエンティン・タランティーノ 出演 カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン ローズ・マッゴーワ...
33. グラインドハウス  [ Akira's VOICE ]   2008年05月08日 15:29
「デス・プルーフ」 「プラネット・テラー」 
32. 『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年04月19日 20:52
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...
31. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ 黄昏ミニヨン想録堂 ]   2008年03月02日 19:30
 タラちゃんことクエンティン・タランティーノ監督の最新作(ジャンゴにも出ていたが、あれは俳優としてだからな)である。本来は変態銃器の..
30. DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年09月26日 12:03
    クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「デ...
29. 「デスプルーフinグラインドハウス」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2007年09月26日 00:11
力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね。本作は、敢えて粗い映像や音声に編集することで、場末の...
28. グラインドハウス(デス・プルーフ)  [ CINEMA LEGLOCK ]   2007年09月24日 22:16
 前回のレビューで紹介したロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラー』に続いてはクエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ』。出演はカート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ベルら。『プラネット・テラー』で主人公を演じたローズ・マッゴーワ....
27. TAXi??/デス・プルーフ  [ まじめにふまじめ★ ]   2007年09月24日 02:40
狙ったわけぢゃないけど、B級カーアクション映画を続けて 観てしまいました。(^^
26. デス・プルーフ in グラインドハウス−(映画:2007年106本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年09月24日 00:42
監督・製作・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ 評価:80点 公式サイト The Endが画面に出たときには大笑いしてしまった。 そんな...
25. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2007年09月22日 14:09
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまいま...
24. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年09月20日 23:54
毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。 まさに「爽快」! さすがタランティーノ! グラインドハウス万歳!
23. 『グラインドハウス』(USAバージョン2本立て)  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2007年09月19日 16:40
本当は、シネコンの無料鑑賞ポイントもあるし六本木限定の映画「秘密結社鷹の爪THEMOVIE-総統は二度死ぬ-」(六本木バージョン)鑑賞しようと計画して朝上映だと思いチケット売り場で確認。えっ、 やってない・・・どうしよう。 しばらく考え、せっかくの六本木での上...
22. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ シネクリシェ ]   2007年09月19日 06:15
 「キル・ビル」以来のタランティーノの新作。  この人は著名な割に寡作なので、監督としては3年ぶりの作品です。  こと監督業ということならば、タランティーノになぜあれほどの評価が高いのかがわかりませ
21. ★「デス・プルーフ in グラインドハウス」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年09月19日 03:57
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
20. #122.グラインドハウス その2『デス・プルーフ』  [ レザボアCATs ]   2007年09月15日 22:38
『グラインドハウス その1『プラネット・テラー』』に引き続き、USAバージョンのレビューです。上の『プラネット・テラー』との合間に予告編を挟んで、いよいよ、タランティーノ監督の方が始まったのでした〜。
19. 映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆  [ てっしーblog ]   2007年09月14日 23:51
(大ネタバレ注意)  70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ!  タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよく...
18. デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。  [ My Favorite Things ]   2007年09月14日 18:20
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。
17. デス・プルーフ / DEATH PROOF  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年09月14日 13:29
                                                                              {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} タランティーノが来日して...
16. 映画〜デス・プルーフ in グラインドハウス  [ きららのきらきら生活 ]   2007年09月14日 06:47
  ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60〜70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」。そのタランティーノバージョンにあたる...
15. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ 生まれてから今まで観てきた映画全部 ]   2007年09月14日 05:52
さてぶっ続けで幕間の予告が始まります(何だかわけの分からない食べ物のCMも入ります)。うろ覚えですがナチ収容所の狼女みたいな映画、これはたぶんイルザや女体拷問人グレタのパロディでしょう。何をやってもいけないと??<??
14. 映画「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞。  [ masalaの辛口映画館 ]   2007年09月14日 00:35
 1日は映画の日と言うことでTOHO CINEMAS川崎、スクリーン5にて「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞した。 客入りは6〜7割くらいで映画の日で初日なのに、ちと寂しい状況。男女比率は圧倒的に男が多く9:1くらいに感じた。 映画の話スゴ腕...
13. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ C'est Joli ]   2007年09月14日 00:32
3 デス・プルーフ in グラインドハウス’07:米 ◆監督・脚本:クエンティン・タランティーノ「キル・ビル」シリーズ◆出演:カート・ラッセル&nbsp;、&nbsp;ゾーイ・ベル&nbsp;、&nbsp;ロザリオ・ドーソン&nbsp;、&nbsp;ヴァネッサ・フェルリト&nbsp;、&nbsp;シドニー・タ....
12. デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年09月13日 23:38
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/
11. 『デス・プルーフ in グラインドハウス』  [ 試写会帰りに ]   2007年09月13日 23:25
グラマラスで露出過多な女の子達勢揃いの、お色気B級ホラー映画かと思いきや、後半、タフ過ぎる女の子達 VS 殺人鬼のCGなしのガチンコバトルに思わずのけぞります。ラストは痛快、拍手喝采!! 「これはガールズムービーだったんだ!」と終わった瞬間に気づきました(^○^) ...
10. 「デス・プルーフ in グラインドハウス」  [ てんびんthe LIFE ]   2007年09月13日 23:20
「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑賞です。だいたいタラ作品ってストーリーを追うものじゃないから、その...
9. デス・プルーフinグラインドハウス  [ B級パラダイス ]   2007年09月13日 21:20
これまた待ってましたの作品です。一週前くらいに六本木の映画館でUSAバージョンのを上映してたんでしたっけ?とりあえず私は完全版まで我慢しました(笑)
8. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ そーれりぽーと ]   2007年09月13日 02:35
何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティーノ監督作『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観てきまし...
7. デス・プルーフ in グラインドハウス  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年09月12日 22:40
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60〜70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクスプ....
6. 「デス・プルーフ in グラインドハウス」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年09月12日 22:03
「エログロ下品、でも・・」に期待?が持てるお話を頂き、”考え中”を返上して早速鑑賞に出かけた。タランティーノ監督の来日時にゲスト出演された番組での、作品紹介によって興味は持っていたでの、この決断は素
5. デス・プルーフ in グラインドハウス/カート・ラッセル  [ カノンな日々 ]   2007年09月12日 18:04
4 予告編を目にするまでは全く観る気はなかったんですよ。カート・ラッセルが暴れまくってるのを観たら気になり出しちゃって、どんな映画なのかとチェックしてみたらタランティーノがリスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げた云々かんぬんとあったので...
4. デス・プルーフinグラインドハウス  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年09月12日 17:36
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイクは、...
3. デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア)  [ カリスマ映画論 ]   2007年09月11日 19:02
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち
2. 感想/デス・プルーフ in グラインドハウス(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2007年09月11日 00:06
キレまくりのスリル&スピード! 『デス・プルーフ in グラインドハウス』9月1日キラーチェーン公開。テキサスに集まったガールズたちはバーで夜遊び。そこに現れた顔に傷のある中年男スタントマン・マイク。なにげない会話で彼女たちに近づき、家へと送る車中でこの男が豹...
1. 「デス・プルーフinグラインドハウス」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2007年09月10日 23:57
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...

この記事へのコメント

4. Posted by パピのママ   2007年09月22日 13:29
5 たーくんへ・・・TB・コメント有難うございます(^^♪
もうB級映画と割り切って見ても、2本立てで料金を安くするとか、しないとダメですよね。
映画好きなら高いと分かっていても見に行ってしまう。
DVD出てからでも良かったかも??
3. Posted by たーくん   2007年09月19日 16:39
こんにちは。
バカバカしさがウリなのでこれでいいんですが
やっぱり2本で1本分でないと高いなぁと感じます。。^^;
攻守交替と終わりっぷりはB級ティストならではでしたね♪
2. Posted by パピのママ   2007年09月18日 20:13
5 メビウス様へ・・・コメント有難うございます!!
返事が遅くなりごめんなさい(ペコリ)
女性スタントのゾーイ、カッコ良かったですね!(^^)!
女優でもやっていけるような顔立ち、でもスタントの方が向いているかもね(ルン♪)
1. Posted by メビウス   2007年09月13日 23:53
パピのママさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ゾーイ・ベルは『キルビル』の他にも色んなアクションスタントをこなしているようですね。『キャットウーマン』でもハル・ベリーの代わりに猫衣装に身を包んでシャロン・ストーンと戦っていたんでしょうか?(笑
彼女は女優としてではなく、スタントマンとしてなら男顔負けなスタントウーマンですね。今度からエンドロールでもなるべくスタントの項目をチェックしないといけませんね(^▽^;)
厨房で逢いましょう私のちいさなピアニスト