2007年10月18日

パンズ・ラビリンス5

パンズのタイトル無垢で孤独な魂は、地獄に天国を見出そうとして、闇の悪魔を光の天使へと反転する。

哀しい瞳をした少女の前に現れたのはパン(牧神)。

いたずら好きの彼は戸惑う少女にこう囁いた。

「あなたは、長い間捜し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いない。

それを確かめるためには、3つの試練を克服しなければ」。少女はパンの言葉に夢と希望を託した。なぜなら、彼女を取り巻く現実はあまりに過酷で、その魔法の国が素晴らしいように思えたから。

3つの試練でさえもたやすいだろうと思えたからだった……
1944
年のスペイン。内戦終結後もゲリラたちはフランコ将軍の圧政に反発。

この山奥でも血なまぐさい戦いが繰り広げられていた-

おとぎ話が大好きな少女オフェリアは、臨月を迎えた母親カルメンとともに、その山奥に向かっていた。

仕立屋だった父亡き後、山奥の駐屯地に就くフランコ軍のビダル将軍と母が再婚したからだ。

だが、母は妊娠して以来、身体の調子を大きく崩し、この旅でも何度も車を止めるほど。オフェリアも気が気ではない。

そんななか少女は山道で彫刻を施された石を見つける。それは朽ち果てた石塚の破片。オフェリアが元の場所に戻すと不思議なことが起きた。

その石塚の中から大きな昆虫が飛び出してきたのだ。その昆虫に微笑みかけるオフェリア。
その夜更け、気分の優れない母親と同じベッドで休んでいたオフェリアのもとに、昼間の昆虫が現れた。

「あなたは妖精さん?」そう語りかけるオフェリア。突如妖精に姿を変えたその昆虫は、家の庭の奥にある迷宮へとオフェリアを誘った。

パンとの約束そこは大昔からあったという。オフェリアを待っていたのは、ヤギの頭と身体をしたパン<牧神>で、彼女に驚くべきことを告げる。

オフェリアは地底の魔法の王国のプリンセス、モアナの生まれ変わりに違いないというのだ。

左肩にある印がその証拠で、あとは満月の夜が来るまでに3つの試練に耐えられれば、両親の待つ魔法の国に帰ることが出来るという。

果たして、オフェリアの左肩には三日月のような紅いアザがあるではないか。オフェリアは、パンの言葉を信じた。

そして、彼にもらった道を標す本を開き、3つの試練に立ち向かう決心をした。(作品資料より)

<感想>あらすじを聞くといかにもなファミリー・ファンタジーを連想しがちですが、本作は全く違います。

これぞデル・トロ・ワールドと言った感じで、とにかく暗くて、残酷で、グロテスクで、非常に哀しい物語。

迷宮の入り口それは、オフェリアの幻想世界での試練の物語と、現実のスペイン内戦の悲劇とを並行して描いている事です。

この構成の巧みなところは、ダーク・ファンタジーのダーク(暗黒、残酷)な部分を現実の戦争の場面に集中して描く事によって、少女のイニシェーションの物語をお伽噺的な純粋さの中で保つ事が出来るということです。

そして、地獄の魔王のように残虐な役割を現実世界のオフェリアの養父、ヴィダル大尉に割りふることで、その恐怖のリアリティは、単なる幻想の世界よりもいっそう強く迫ってくるドラマの構成の上手さですね。

ファンタジーの世界を彷徨っていた少女オフェリアが、いよいよ現実でも活躍をし始めるときに、大人たちの世界でもレジスタンスとファシズムの戦いが始るのです。

パンこの映画では、ヒロインの少女オフェリアがパン(牧神)と出会い、三つの試練を課されます。

この試練を乗り越えることができれば、彼女は魔法の国に行って本当の両親と会うことができるこれは、試練を乗り越える事で子供という未熟の段階を脱し、大人と言う真のステージに立つことが可能になるということを意味しています。つまり、この作品は魔術的な冒険物語の衣をまとってはいますが、人間の成長という普遍的なテーマを扱っているわけなのです。

この作品の最高の見所は、オフェリアが乗り越える三つの試練の場面ですが、閉ざされた暗黒の世界、その出来栄えが本当に素晴らしいものになっています。

ペイルマン実際、2007年のアカデミー賞において撮影、美術、メイクアップの3部門で受賞を果たしているので、美術監督の洞窟のようなダークな人工世界を完璧に造り上げ、特殊メイク班がそこで活躍する妖精(ナナフシ)や、モンスター(パン牧神、ペイルマン、子供を食べるお化け)をリアルに造形し、キャメラマンが恐ろしい暗闇の質感を、手触りが感じられるほど生々しく映し出すことに成功したからでしょう。

監督・脚本・プロデューサーはギレルモ・デル・トロ。日本とハリウッドでは『ミミック』(97)で映画デビューし、『ブレイド2』(02)『ヘルボーイ』(04)と人気コミックの映画化で多くのファンを獲得
迷宮の中へまた撮影は、本年度のアカデミー最優秀撮影賞に耀いたギレルモ・ナバロ。デル・トロの劇場第1作『クロノス』(92)で一緒にデビューし『ヘルボーイ』(04)等を手掛け、クエンティン・タランティーノの『ジャッキー・ブラウン』(97)等でも知られる。
同じくアカデミーを受賞した美術は、セバスチャン・コルデロ監督の『タブロイド』(04)等のエウヘニオ・カバレロ。

そしてSFXスーパーバイザーには、『デビルズ・バックボーン』(01)『ヘルボーイ』(04)とデル・トロ作品ではお馴染のダビド・マルティ。

パンや迷宮の番人等の特殊メイクで今回、アカデミー特殊メイクアップ賞に耀いた。第59 回(2006年)カンヌ国際映画祭で20分に及ぶスタンディングオベーション。ギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』の栄光はそこから始まったのです。

巨木何と言っても、ヒロインのオフェリアを繊細に演じたのは、11歳にしてジャウマ・バラゲロ監督の『機械じかけの小児病棟』(05)等を始め、すでに4本の映画に出演しているスペインの名子役イバナ・バケロ。

彼女を影で支える大尉の小間使いメルセデスには、アルフォンソ・キュアロンの『天国の口、終りの楽園。』(01)の演技が強烈だったマリベル・ベルドゥ。

オフェリアを恐怖で縛りつける義父、ヴィダル大尉には「ニノの空」(97)「堕天使のパスポート」(02)等、フランスとスペインで活躍する演技派セルジ・ロペス。

罪なき農民を殺してしまう冷酷無比なファシストだが、髭剃りをするときにジャズを聴いたりしているロマンチストな一面もある。

ヴィダル大尉また大尉は、懐中時計を片時も離さない。その時計は英雄である父親が戦争で亡くなった時、自らの時計を打ち抜き、自分の死んだ時刻を息子に伝えたというものだ。

大尉自身もまた、生まれてくる子供を息子だと決め付け、自分の息子に対し強い執着を示し、夫人の命と引きかえにしても息子を得たいと望んでいる。

捕虜を拷問する場面では、自ら金づち、ペンチ、などを使って頭、顔、手を殴りつけ、冷酷無比な軍人というより、残虐なことをして楽しんでいる子供を想起させる。 
メルセデスしかし、メルセデスがゲリラ軍の仲間である事がばれて捕まり、エプロンの中に隠し持っていた包丁で、ヴィダル大尉の背中、胸、唇を切り裂くところは痛快そのものでしたが、しかしこの大尉自分で唇を針で縫うのですね。

そして、オフエリアを迷宮へと誘うパン(牧神)と、手のひらに目を持つ怪物ペイルマンの二役を演じたのは、「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」でシルバーサーファーに扮したダグ・ジョーンズ、趣味はパントマイムというから納得?、・・・次回作では、デル・トロ監督の「ヘルボーイ2」にも出演。

お伽噺を楽しむ心があれば、どんなに遠くの国にでも一瞬で辿り着けるし、どんなに傷ついても、最後は笑って夢を見られる。

空想の世界で遊ぶ事ができるのは、想像力が豊かで好奇心が旺盛で、無垢な魂を持っていて、心のコンパスで、自分のビジョンに近づくことができるから。

きっと、ラビリンスのパンと真剣に遊ぶ少女オフェリアを、お母さんは「人生はお伽噺じゃないのよ」と叱りますが、時代も場所も戦争の真ん中にいる少女は、嘘や苦痛のない魔法の国の王女さまになるために、命をかけた試練に挑んだのでしょう。

 

パンズのCD少女は悲劇を迎えることで、永遠に彼女の希望の地、魔法の王国に留まることが出来るのだから。

いいかえれば、大人になることを拒否した子供の物語であり、恐怖に苛まれ、生きる道を閉ざされるゆえに、心の中の迷宮へと旅立った薄幸の少女が辿り着く最後に、彼女がというより、我々観客が迷宮の終わりに見つけるのは、たった一つの、純白の小さな花。

世界で一番美しい花が咲く。これはオフェリアの化身であり、・・・未来を照らす、光が見える物語です。

圧倒的な映像の美しさと、エモーショナルな残忍性に完全に魅了されました。

幻想世界の色彩とクリーチャーたちの造形が素晴らしく、スペイン現代史を凝縮したこの作品は、過酷な現実とファンタジーを融合させた近来まれに見る傑作です。



papikosachimama at 21:03│ 2007年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

59. パンズ・ラビリンス  [ RISING STEEL ]   2010年11月30日 20:18
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...
58. 供犠・王女  [ MESCALINE DRIVE ]   2009年07月13日 15:33
ギレルモ・デル・トロ監督作品「パンズ・ラビリンス」を観た。本作は同じ監督作品「デビルズ・バックボーン」の時代背景に連なることから、同作の姉妹篇と云われているようだ。私自身は「デビルズ・バックボーン」を観ていないので、それについて云々できないが、「ヘルボー...
57. パンズ・ラビリンス  [ mama ]   2008年11月26日 08:01
PAN'S LABYRINTH 2006年:スペイン・メキシコ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、ダグ・ジョーンズ、マリベル・ベルドゥ 再婚した身重の母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮をとる...
56. 【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年06月29日 13:48
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけど...
55. パンズ・ラビリンス  [ Blossom Blog ]   2008年06月26日 14:31
パンズ・ラビリンス EL LABERINTO DEL FAUNO 監督 ギレルモ・デル・トロ 出演 イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ メキシコ...
54. 『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年06月18日 10:56
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
53. パンズ・ラビリンス  [ 銀の森のゴブリン ]   2008年04月14日 19:06
2006年 メキシコ・スペイン・アメリカ 2007年10月公開 評価:★★★★★
52. パンズ・ラビリンス  [ C'est Joli ]   2008年02月09日 21:05
5 パンズ・ラビリンス’06:メキシコ=スペイン=アメリカ ◆原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH◆ 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「ミミック」◆出演:イバナ・バケロ&nbsp;、&nbsp;セルジ・ロペス、&nbsp;マリベル・ベルドゥ、&nbsp;ダグ・...
51. 「パンズ・ラビリンス」  EL LABERINTO DEL FAUNO  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年01月07日 16:44
実は観る前は少女が主人公で何気に毒気のありそうなファンタジーという予告編から受けた印象から、どこかギリアムの「ローズ・イン・タイドランド」みたいな作品を勝手に想像していた。 ところがどっこい、実際に観てみるとその予想とは大きく異なり、単なるファンジーにとど...
50. パンズ・ラビリンス(06・スペイン・メキシコ)  [ no movie no life ]   2008年01月06日 11:21
ブラックなリアルに対抗する、ダークファンタジー。 軍事政権とそれに対抗するレジスタンスの戦いが激化する、1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、母の再婚相手である大尉のもとにやってくる。しかし、新しい父は残酷なファシストで、オフェリアにばかり...
49. 【パンズ・ラビリンス】  [ +++ Candy Cinema +++ ]   2008年01月05日 02:22
【原題: EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 】 監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ     製作年度:2006年  日本公開:2007年10月6日  上殮.
48. パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」  [ CARAMEL*PAPA ]   2007年12月10日 16:14
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
47. パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年12月07日 00:09
ファンタジーの中に、現実を見る &nbsp; 10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会うさ...
46. 【映画】パンズ・ラビリンス  [ 新!やさぐれ日記 ]   2007年11月18日 22:59
■状況 MOVIX伊勢崎にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 各映画評で好評だった為 ■感想 すみません。無料で観ちゃってごめんなさい。 ■あらすじ 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、...
45. パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年11月17日 01:21
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚だし...
44. ★「パンズ・ラビリンス」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年11月04日 02:56
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
43. パンズ・ラビリンス、或いは、解離性障害  [ 気ままにランダムハート ]   2007年10月28日 18:57
情けないまでに、いきなりの号泣をしてしまった。
42. 映画「パンズ・ラビリンス」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年10月28日 14:22
原題:Pan's Labyrinth この映画での&quot;PG-12&quot;の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・ オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)...
41. パンズ・ラビリンス  [ 空想俳人日記 ]   2007年10月27日 14:38
尾てい骨 頭蓋骨から 心臓へ   なんだか久しぶりです、ナメクジに尾てい骨をむじむじ齧られるような感触の映画を観たのは。しかも、ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」のときのような、頭蓋骨の内側から除夜の鐘をくわんくわん鳴らされた驚愕も味わいました。ちょ...
40. スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス  [ Prism Viewpoints ]   2007年10月25日 04:04
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、 妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉
39. パンズ・ラビリンス  [ It's a Wonderful Life ]   2007年10月23日 19:01
2006年度私的ナンバー1映画だった「トゥモロー・ワールド」 の凄まじい撮影、アカデミー賞撮影賞取らなきゃウソだろーって 思ってましたが、見事に逃して賞を持っていったのがこの作品。 いったいどんな凄い映画なんだろ?って心待ちに待つこと半年・・長い!...
38. ◇『パンズ・ラビリンス』◇ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2007年10月21日 20:09
2006年:スペイン+メキシコ合作映画、ギレルモ・デル・トロ監督。
37. パンズ・ラビリンス  [ 心のままに映画の風景 ]   2007年10月21日 17:53
1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍(セルジ・ロペス)と再婚????@
36. 映画〜パンズ・ラビリンス  [ きららのきらきら生活 ]   2007年10月21日 09:28
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ・バ...
35. パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年10月20日 20:56
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして昀
34. パンズ・ラビリンス  [ future world ]   2007年10月20日 02:01
「アカデミー賞3部門受賞作品」スペイン・メキシコ・アメリカの合作〜 ちょっと異色な‘ダークファンタジー’くらいに思ってました。 ・・・とんでもない、カテゴライズは難しい・・・ とにかく、お腹イッパイ、凄い作品です。 現実はあまりにも過酷で、夢の国でも....
33. mini review 07027「初恋」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年10月20日 01:26
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 未入力 公開日 : 2006-06-10〜 監督 : 塙幸成 出演 : 宮崎あおい 小出恵介 宮崎将 小嶺麗奈 青木崇高 柄本佑 松浦祐也 藤村俊二 高校生のみすずは、小さい頃から孤独だ。みすずの母親...
32. mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年10月20日 01:06
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女を...
31. パンズ・ラビリンス  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年10月19日 22:04
【PAN'S LABYRINTH】PG-122007/10/06公開(10/16鑑賞)製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政...
30. 「パンズ・ラビリンス」感想 ダークな不思議の国のアリス  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2007年10月19日 20:33
不思議の国のアリスのダーク版というか、大人向けのファンタジーと、1944年のスペイン内戦時代とを、2つ上手い具合に並行させながら、描いているという、ひとひねりある映画。
29. 「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2007年10月19日 19:17
少女は理想郷の存在を信じた。 目を背けたくなる現実からここではない何処かへ「パンズ・ラビリンス」。
28. パンズ・ラビリンス  [ そーれりぽーと ]   2007年10月19日 16:06
今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。 何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう? 半年経っ...
27. パンズ・ラビリンス  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年10月19日 14:23
 メキシコ&スペイン&アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ホラー  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:イバナ・バケロ      セルジ・ロペス      マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ 【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政権....
26. パンズ・ラビリンス(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年10月19日 12:22
この無垢な魂が、世界を変える。
25. パンズ・ラビリンス  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2007年10月19日 12:11
いい歳をして、まだそんな本を読んでいるオトナや、トラウマになろうとも、やっぱりコドモにも観てほしいエグいファンタジー。 少女オフェリアは、めったに笑顔を見せてくれない。 それ故、彼女の笑った顔は、心に残る.
24. パンズ・ラビリンス  [ Akira's VOICE ]   2007年10月19日 11:04
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
23. パンズ・ラビリンス  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年10月19日 09:46
本年度ベスト1映画に決定か!
22. パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年10月19日 09:36
                                       {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきました...
21. 『パンズ・ラビリンス』  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2007年10月19日 09:11
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。 そんなワケですごく観たいと思っていた作品。 さてさて「ダークフギ..
20. パンズ・ラビリンス  [ 小部屋日記 ]   2007年10月19日 08:49
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永遠...
19. 『パンズ・ラビリンス』  [ Sweet* Days** ]   2007年10月19日 08:28
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...
18. 映画「パンズ・ラビリンス」  [ happy♪ happy♪♪ ]   2007年10月19日 08:05
予告を観て想像していたのとちょっと違い ダークファンタジーでハラハラドキドキ{/hiyo_shock2/} 映像は好きだけど、あまりにも悲しく 残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/} でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/sta...
17. Pan's Labyrinth 「パンズ・ラビリンス」  [ 表参道 high&low ]   2007年10月19日 08:00
大人向けのフェアリーテールなんでしょうかPan's Labyrinth(パンズ・ラビリンス)は40年代のスペインを舞台にした女の子と「パンの迷宮」の物語。 現実の世界では主人公の母親がファシストの将軍と再婚しレジスタンスと戦う拠点に移動、妖精と知り合いになった彼女(名前が...
16. 「パンズ・ラビリンス」  [ みんなシネマいいのに! ]   2007年10月19日 06:52
 1944年のスペイン、再婚した母に連れられて、レジスタンス掃討の指揮を取る冷
15. 「パンズ・ラビリンス」   [ ハピネス道 ]   2007年10月19日 06:31
今年のアカデミー賞を見ていたとき、 美術賞、メークアップ賞、そして撮影賞の3部門を受賞したこの作品のことは何も知りませんでした。 メキシコ、スペイン合作の異色のファンタジーがこんなにも高い評価を得たのは何故だろうかと、興味津々でした。 日本公開は10月と...
14. パンズ・ラビリンス 観てきました。  [ よしなしごと ]   2007年10月19日 06:31
 風邪を引いてしまい、風邪薬を飲みながらパンズ・ラビリンスを観てきました。風邪と薬の影響もあってだいぶ眠かったんですが。
13. パンズ・ラビリンス  [ シネクリシェ ]   2007年10月19日 06:01
 きわめて前評判の高い作品で、日本で紹介されることが未だにめずらしいスペイン映画ということもあって、かなりの期待をしていました。  しかし、自分の好みかといわれれば首をかしげざるを得ませんでした。  
12. 『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの  [ よろ川長TOMのオススメ座CINEMA ]   2007年10月19日 01:28
いろんな世代、体験次第で見方が変わる傑作。誰かにとっては道を左右するほどの傑作、誰かにとってはお金のムダになるすごい作品。
11. パンズ・ラビリンス/イバナ・バケロ  [ カノンな日々 ]   2007年10月19日 00:33
4 10/5に公開された作品の中では文句なしの本命映画です。内容よくわかんなくてもあの予告編の印象、その映像美だけでドキドキさせられちゃうものがありましたね。各映画賞受賞うんぬんの肩書きなんてのはともかくとして、期待のダークファンタジーです。 出演はその他に、....
10. 『パンズ・ラビリンス』  [ ラムの大通り ]   2007年10月19日 00:28
(原題:El laberito del Frauno) ----これってずいぶん前に観たんじゃなかった? 「映画のポイントをどこにおいて、 フォーンに喋るか、 ちょっとそこを決めかねていたんだ」 ----イメージとしてはダークファンタジーだよね…。 「うん。 舞台は1944年のスペイン。 内戦で...
9. 映画「パンズ・ラビリンス」を観ました。  [ Aspiring Bobby-dazzler Starlet ]   2007年10月19日 00:07
内戦後のスペイン。 ゲリラと独裁者達がいまだに戦っている。 少女オフェリアはおとぎ話の大好きな女の子。母が独裁者の男と再婚する為に 山奥に引っ越してきた。 父親は冷酷非情な男で、オフェリアは好きになれなかったが、メイドの女性とすぐにうちとけた。 ある日、妖精が...
8. 映画レビュー「パンズ・ラビリンス」  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2007年10月18日 23:51
5 ◆プチレビュー◆現実と妄想が美しくも残酷に交錯する。どぎつくて甘美なビジュアルで描くダーク・ファンタジーの傑作。【85点】1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、冷酷な義父のビダル大尉から逃れるため、屋敷の近くの謎の迷宮に足を踏み入れる。そこで....
7. 『パンズ・ラビリンス』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2007年10月18日 23:46
哀しみの色を帯びて輝くファンタジーの素晴らしさ。 1944年のスペイン。少女オフェリアは母カルメンと共に、再婚相手のヴィダル大尉の駐屯地に向かう。不思議の国のアリス系は大好き。少女が冒険をするというお話が好きなのかなぁ。赤ずきんちゃんとかオズの魔法使いとか...
6. 感想/パンズ・ラビリンス(試写)  [ EDITOREAL ]   2007年10月18日 23:30
ダークファンタジー。いや、ダークリアル?? 『パンズ・ラビリンス』10月6日公開。1944年スペイン。オフェリアは、臨月を迎えた母の再婚相手である大尉の元に越してくる。内戦と独裁的な大尉、そして日に日に体調が悪化する母。辛い日々の中オフェリアは妖精の姿を見つけ、不...
5. 「パンズ・ラビリンス」  [ 或る日の出来事 ]   2007年10月18日 23:25
これから観ようと思っている方へ忠告。 少女が主役の可愛いファンタジーと思ってはいけません。圧倒的に残酷な戦争の現実を直視した、重い作品。 今年のアカデミー賞で、撮影・美術・メイクアップの各賞を受賞したことで、秀
4. 夢はもうひとつの人生である…―「パンズ・ラビリンス」  [ 豆酢館 ]   2007年10月18日 23:13
少しだけ追記しました。ちょっと誤解を招く表現がありましたので。 これだけは劇場で観ておきたいと思い、念願の鑑賞と相成りました。 だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 「パンズ・ラビリンス」(2006年製作) 公式サイトはこちら。 監督:ギレルモ・デ...
3. 度肝を抜かれた!『パンズ・ラビリンス』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年10月18日 22:25
第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞し、脚本賞・外国語映画賞など6部門でノミネートされた作品です。
2. パンズ・ラビリンス  [ 映画のメモ帳+α ]   2007年10月18日 22:20
パンズ・ラビリンス(2006 メキシコ・スペイン・アメリカ) 原題   EL LABERINTO DEL FAUNO    監督   ギレルモ・デル・トロ   脚本   ギレルモ・デル・トロ       撮影   ギレルモ・ナヴァロ                   音楽   ハ...
1. パンズ・ラビリンス  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年10月18日 21:55
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  既にご覧になられた方の間では、かな...

この記事へのコメント

8. Posted by パピのママ   2008年04月18日 01:02
ケントさんへ・・・こんばんは、いつもコメント入れてくれてありがとう!(^^)!
ケントさんも気にいりましたか、ダークなファンタジーものでしたが、女の子が大人になる不安定な心理状態。
それは、願望でもあり幻想でもあるわけで、頼りにしていた母親が、男の子を産んで亡くなり、再婚相手の父親が異常ときている。
それで、オフェリアは絵本の世界に閉じこもり、現実と向きあうのが怖くなったのでしょう。
7. Posted by ケント   2008年04月16日 13:38
5 パピママさんこんにちは、ケントです。
ファンタジーというには、重く悲しいお話でしたよね。大人のファンタジーかもしれません。
観る人によってかなり意見が異なるような作品だと思いますが、僕には素晴らしい映画に映りました。
ラストの締めかたは実に見事ですが、「ステイ」と似ていましたね。
ファンタジー部分はオフェリアの願望と妄想だと思いましたが、パピママさんはどう感じましたか?
6. Posted by パピのママ   2007年10月23日 14:27
kimion20002000さんへ・・・いつもコメント有難うございます!!
スペインの史実と少女が大人になる過程を、ダークファンタジーで、昔のお伽噺「オズの魔法使い」や「不思議な国のアリス」を模倣しているような脚本。
幻想的な色彩とクリーチャーたちの造形が素晴らしく魅力的でした。
5. Posted by パピのママ   2007年10月23日 14:19
migさんへ・・・こちらこそ、お忙しい所いつも有難うございます(^^♪
私も、予告で見て試写会当たらないかなぁ〜なんて思ってましたが、ダメでした。
「ヘルボーイ」のDVDは見ていますよ♪
額にコブを二つ付けた猿みたいな赤い顔のモンスターみたいな人間?・・・が主役。
アメリカン・コミックの映画化で、SFアクションです。
「ブレイド2」も監督しているんだよね。
現在「ヘルボーイ2」を撮影中だそうです。
4. Posted by パピのママ   2007年10月23日 13:51
5 アイマックさんへ・・・コメント有難うございます!!
こういった作品は、好き嫌いがありますよね。
私は好きですね
少女でなくても、日常で嫌な事があると現実逃避して自分の世界に逃避行します(^^♪
でも、怪物なんかは出てきませんがね(笑)

3. Posted by kimion20002000   2007年10月20日 01:12
TBありがとう。
とても明瞭なレヴューですね。
監督も、スペイン語圏のスタッフ&キャストを得て、深く作品世界の造形に入り込めたようでした。
2. Posted by mig   2007年10月19日 09:39
パピのママさんー☆
コメントありがとうございます

ウワサを聞いてたので、公開前から楽しみだった作品だけど、なかなか「ファンタジー」とはひとことでいえない現実の怖さもあわせて描いた映画になっていましたね〜
この監督の過去の『デビルズバックボーン』観てないと思ってたら当時DVDで観てましたxxx
でもぜんぜん印象になかったなー。
『ヘルボーイ』は今度観てみたいです☆
1. Posted by アイマック   2007年10月19日 08:55
おはようございます!

ラテンファンタジーは、斬新な物語でしたね。
ダークさは半端じゃなかったです。
空想でも現実世界でも過酷な試練に健気に立ち向かう少女の姿は涙ものでした。
映像もすばらしく、質の高い映画でした!