2007年12月16日

アイ・アム・レジェンド4

d213a8a0.jpg

私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。
もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者

2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がかろうじて生きていることを伝えるのは、通りを走り抜けていく1台の真っ赤なマスタングだけ。運転しているのは、ロバート・ネビル。3年前、人類に降りかかった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、そしておそらくは全世界で、ただ1人生き残った男。
今や唯一の話し相手となった愛犬サムとともに、無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って、彼は独りで生きている。

店員代わりに並べたマネキン、空軍基地の飛行機の翼から摩天楼に向かって打ち放つゴルフのショット……何をするのも独り、どこへ行っても独り。それはいつ終わるともしれない究極の孤独だ。
崩壊したニューヨーク自分以外の生存者を探しもとめて、3年間、毎日無線で流し続けているメッセージには、いまだ誰からも返事はない。果たしてこの世に生存者はいないのか? その一方で、日が沈み、太陽の光が消え去ると、いっせいに蠢きだす不気味な影。

それは、人類滅亡後に出現した闇に潜む生物“ダーク・シカーズ”だ。その凶暴な群れに襲われれば、ネビルの最後の望みも絶たれてしまう。しかし、人類再生の鍵を握っているいるのもまた、彼らかもしれないのだ。果てしない孤独と、迫りくる恐怖。夜毎ダーク・シーカーズの脅威と戦いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。やがてネビルは、ある驚くべき事実に気づく。(作品資料より)

ネビルとサムたて<感想>人類滅亡映画には人間の欲望が凝縮されている。映画の中の話とはいえ、人類は何度か滅んできたし、あるいは滅ぶ寸前まで挙げたら数え切れないほど。

人間のなかには破滅願望的な心理が少なからずあり、悲惨な状況に置かれた自分を想像しながら自虐的な快感を得る場合だってある。

もしくは悲惨な状況に耐える主人公に感情移入し、その過程を疑似体験する。これは普通のドラマでも誰もが感じられることだろう。

そして滅亡といえば、物理的に地上の何かが壊れることが多い。たとえば、建築物が次々と壊れ大地が揺れる描写は、破滅願望とは異なる破壊願望を満たしてくれる。形ある物が壊れる瞬間は心がときめく。

また破壊や滅亡のうち直接的物理的に壊す描写がなくても、街の中人っ子ひとりいない空間を見るだけで、ある種の日常空間の破壊というカタルシスを感じることがある。
ここではそんな興奮をいちどに堪能させてくれる。

人類にとって世界戦争とともに恐ろしいのが、眼に見えないウイルスや細菌系。最近では「インベーション」とか「バイオハザード掘廚魎嫋泙靴燭个りなので、またかと思っていたが、人類滅亡映画とて必ずしも人類が滅びるとは限らない。
滅亡の過程こそが醍醐味であり、生存率と面白さが比例することはない。

ウィルの娘と人類滅亡には、地球最後のヒーローが不可欠である。彼らは人類滅亡の世界を戦いながら、いかにして日々生き抜いていたのだろうか?・・・彼らこそ真の救世主かもしれない。

今回のヒーローは、あらゆるジャンルで次々にヒット作を連発し、今年の1月に「幸せのちから」ではアカデミー賞主演男優賞にもノミネートされたウィル・スミス。「幸せのちから」では息子が一緒だったが、今回は娘が一緒に出演している。


監督はコンスタンティンのフランシス・ローレンス。当初はリドリー・スコット監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演という企画だったという。

ネビルが傷つくSF作家リチャード・マシスンのあの名作が最高の映像クオリティで観られることになろうとは、・・・。
それだけでも期待大。そもそもこの原作小説は“もし自分が地球最後の一人だったら”という大胆不敵な設定に古典的ホラーである吸血鬼の要素をプラスし、圧倒的絶望感を見せ付ける、ゾンビの原点としても知られる大傑作。

これまでもホラー色の強かった64年版、SFアクションとしての71年版と2度映画化されているが、今回はデジタルVFX時代ならでは、とばかりに誰もいない崩壊したNYの風景などのヴィジュアル面がパワーアップ。
それだけで主人公の孤独感、そして作品がもつ圧倒的絶望感がヒシヒシ。

ゾンビの罠に予告編の孤立無援の主人公に襲いかかってくる怪物たち、“ダーク・シーカーズ”が登場。

かなり原作に忠実に「俺が伝説」というタイトルにふさわしいラストシーンが用意されている。

今回は、世界的大都市であるニューヨークのマンハッタン全域から完全に人影を消し去り、映画史上かつてないほどのスケール感あふれるゴーストタウンの図像を見せてくれる。

ほぼ全編にわたり、ネビルの移動に応じて動くカメラは他の人間の姿を捉えることはない。
聞くところによると本作は、こうしたビジュアルイメージを得るにあたり、同地区にて200日の長期にわたる区画封鎖撮影をおこなったという。

ネビルのたて本作で描かれる大災厄の襲われた後の世界は、理想郷ならぬ“暗黒郷”を描いたSFファンにはお馴染みの寒々とした不毛の地ではない。
むしろそれは単に機能することをやめてしまった世界、コンクリートやレンガが劣化し、自然が都会に戻ってきた世界のイメージだ。

長い間放っておかれたために、雑草がまた生え始め、自然が都会から居場所を取り戻すという、野生動物もたくさんおり、通りを鹿が走り、あちこちに鳥がいる。ライオンの親子が鹿を襲うところは凄かった。

やっぱり唖然としたのは、ニューヨークで一番の繁華街のひとつ、真昼間の五番街を歩くネビル。
アスファルトからは草が生えてて、錆びた車が何台も放棄されている。ニューヨークは感染の発生源だったため、外の世界から隔離するために、ほとんどの橋とトンネルは壊されている。3年間、たった一人でいるということは、ネビルの精神に様々な形で影響を及ぼしていた。

彼は第一線で活躍していた伝染病学者であり、このウイルスの蔓延を止めることを期待されていた。
マンハッタンは彼の管轄だったのに、彼はそこを救えなかった。

白衣でネビルそしてウィルスは蔓延。彼は妻と娘を失い、根本的な意味では人類も失ったわけで、・・・彼はそれを取り戻したい。

冷蔵庫にはあの「タイム」誌の表紙がテープで貼ってあり、「救世主」の見出しの横には彼が書きなぐった“クエスチョン・マーク”がある。
彼は毎日、治療法の発見に少しでも近づこうと努力し、できれば、変異してしまったクリーチャーをも元の人間に戻したいと願っている。

窓からだが、彼らも日ごとに彼との距離を縮め、殺す機会を狙っている。治療法を見つけるのが先か、彼らに見つかるのが先か?・・・。ネビルは彼らに囲まれて生きているが、彼らが狩りをおこなう夜間は要塞と化した家に閉じこもる。“ダーク・シーカーズ”にとって、ネビルは人類最後のひとり、つまり“レジェンド”だからだ。


しかし、そんな苛酷な状況にあっても、ネビルは何とか人間性を保ち、未来への希望を持ち続ける。

この映画が象徴しているのは、生き続けようとする主人公の本能的な闘い。ネビルの日常は、貴重な美術品が数多く飾られた書斎、文学書と科学専門誌があふれる本棚、今は亡き愛する家族の写真が飾られた壁。
バスタブで寝る治療法発見のために実験をおこなう、地下室にある設備は最新式の研究室。キッチンにはあらゆる種類の缶詰やインスタント食品が戸棚に整然と並べられた貯蔵庫が、・・・。

彼の生活は規則正しい。一晩中寝ずに侵入者を防ぎ(バスタブにサムと一緒にうずくまる)、早朝に短時間睡眠をとり、日中は研究室での実験、空っぽの街で日用品や食糧の補給をして過す。
そして日がたつにつれ、絶望的になってくる生存者捜索のためにメッセージの放送を欠かさない。

無線でネビル本作の架空のウイルス“KV”は、疾病管理センター(CDC)でのリサーチから引き出された最悪の状況のシナリオ、「世界の人口の98%を殺した伝染病の大流行、というのがそもそものアイディア」なんだというローレンスは説明する。

「遺伝子異常があるために生き延びた人が1%で、彼らはなぜかウイルスに免疫がある。残りの1%は感染が慢性化して生き延びたのだが、それは代謝機能を抑制不能にし、副腎を破壊してしまった。
そのため、彼らの心拍数はとてつもなく高く、常に高熱の状態で、むさぼるように食べないと死んでしまう。狂犬病にかかった人の症状にちょっと似ている。

別タイトル敵の吸血鬼ゾンビも人間の形をかろうじて留めたクリーチャーとして描かれ、手足で軽がるとビルや窓を登り飛び移る獰猛な怪物だ。

毛のない牙のある狂犬もいるが、昼間はビルの暗闇の中に潜んでいる。そこに鹿が逃げ込んで、犬のサムが追いかけネビルもビルの中に入り込む。

このシーンは、やっぱり怖い、いつ出てくるかと思っていると暗がりで上半身裸で片間っていた。ネビルが研究のためにゾンビを捕獲するのだが、服を着たリーダーがいて仕返しのような罠を仕掛けてくる。
その罠にネビルが嵌まって片脚中刷り状態になり気を失う。

途中で何度か奥さんと娘の回想シーンが描かれる。気を失ったネビル、陽が沈む時間を知らせる腕時計の音で眼が覚めるのだが、足を怪我して薄暗くなりクリーチャーが出没して襲い掛かる。

愛犬サムが狂犬に噛まれ、ネビルも足に怪我をしているし、急いで車へ乗らないと、クリーチャーが凄い数で襲ってくる。このシーンは「バイオハザード掘廚隼ている。

愛犬サムを亡くして、孤独感にさいなまれやけになって夜の街へ車で走らせる。
死ぬ気なの?・・・やっぱり襲われる。危ない所をメリーランドから来たアナと息子のイーサンに助けられる。

アナのアリシー家に帰って、大事に取って置いたベーコンをアナに料理されてしまう。食べ物の怨みは怖いよ!(笑)

寒い所はまだ感染していないという。アナにこれからバーモントに生存者がいるところへ一緒に行こうと誘われるが、敵の吸血鬼ゾンビが襲ってきたのだ。

クライマックスの「俺が伝説」のシーンである。捕獲した女ゾンビに免疫を注射して、人間に戻らせる血清ワクチンを完成。そのワクチンをアナに持たせて、シュレーターの中へ彼女とイーサンを匿い自分は手榴弾のピンを抜いてゾンビの群れに突撃する。

メッセージを聴きつけてきた生存者、アナには「シティ・オブ・ゴット」(02)で映画デビューを飾ったアリーシー・ブラガが、気丈な母親の役を演じている。

SFやホラーのジャンルには「破滅もの」という大きなテーマがある。

人類が何らかの理由で破滅しつつある経緯、または破滅したあとの世界を描き、その状況に暮らす人間の苦闘を追及するもので、破滅後の世界をリアルに描くだけでなく、そこに残された主人公の内心を哀歓込めて克明に語っている。

とんでもない逆境にたたき込まれた人間が必死に生き抜こうとする姿を、ヒューマニティあふれる物語としているのが実にうまい。

まったく救いのない世界のなかで、人間がいかに理性と希望を失わずに生きていけばいいのか、そもそも生きていけるのか。人間ドラマとして深みのある作品として満足の出来である。

よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング 



28のタイトル人類滅亡映画でウイルス・細菌系の作品といえば、ダニー・ボイル監督の「28日後・・・」。たった一適の血液によって感染する新種ウイルス”RAGE”がロンドンに蔓延し、発生から28日後にイギリスは崩壊。11週後ににはアメリカ軍がイギリスへ上陸し、ついに18週後、”RAGE”は根絶されたと宣言される。やがて24週後、イギリス国民は都市の再構築を始める。

28週後しかし”RAGE”は誰に知られることもなく、あるひとりの体内に潜伏していたのだ。そして「28週後・・・」。無情にも”人を愛すること”が引き金となって、再び目覚めたのである。

2008年1月19日公開の、「28日後・・・」の続編にあたる「28週後・・・」では、人間の凶暴性を発揮させるウイルスが蔓延して、根絶したと思われたウイルスが、人間の弱いところから新たな感染が始っていく・・・というストーリーの展開。

主演はロバート・カーライル。もはや誰も逃げられない、「終末世界」のさらにその後を知りたい!



papikosachimama at 23:15│ 2007年劇場公開作品、鑑賞 | あ行の映画

この記事へのトラックバック

76. アイ・アム・レジェンド  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月22日 19:34
地球最後の男に希望はあるのか。
75. アイ・アム・レジェンド(感想111作目)&銀魂  [ 別館ヒガシ日記 ]   2009年04月02日 13:21
アイ・アム・レジェンド砂時計はWOWOWでしてから 月曜に鑑賞も結論は悪くないけど微妙な感じだったね 内容はガン治療のウィルス操作から3年後の舞台で 開発した科学者の主人公&が人類の再生させるため ニューヨークで生き残った人を探しながら研究の展開だ
74. 『アイ・アム・レジェンド』'07・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年01月09日 22:44
あらすじ2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残り、究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け人類再生の道を探ってきたが・・・。感想...
73. アイ・アム・レジェンド  [ mama ]   2008年10月23日 14:40
I Am Legend 2007年:アメリカ 原作:リチャード・マシスン 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、サリー・リチャードソン、チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソン、ダッシュ・ミホック 2012年、ニュー...
72. 『アイ・アム・レジェンド』 I Am Legend  [ *モナミ* ]   2008年09月11日 18:56
おぉここ行った!ってニューヨークの景色があちこちに。 ずいぶん荒れ果ててたけれど。 歩いて渡ったブルックリン・ブリッジも、崩れ落ちてたし。 誰もいないタイムズスクエアの看板はそのままだったり。 草ボーボーのセントラル・パークでとうもろこし作ってたり、 ...
71. アイ・アム・レジェンド  [ 真性ひできちんこショボーン↓ ]   2008年05月18日 22:51
これって「地球最後の男 オメガマン」のリメイクだよね? ゆえに最初から結末がわかってたのが少々アレなんですが… まぁ、70年代の映...
70. I AM LEGEND  WILL SMITH    [ 銅版画制作の日々 ]   2008年02月25日 00:39
 アイ アム レジェンド   66億人の絶滅と、たったひとりの生存者ーーーーー   12月18日、MOVX京都にて鑑賞、まだ現在上映続行中という長ロングランの作品です。今月末まで、上映されるようです。   登場するのは、ウィル・スミス演じるロバー...
69. アイ・アム・レジェンド  [ 傲慢映画評論家見習中 ]   2008年02月12日 22:24
{{{ [ あらすじ ] 2012年。 人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。 彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け、人類再生の...
68. 真・映画日記(3)『アイ・アム・レジェンド』  [            ]   2008年01月20日 20:35
JUGEMテーマ:映画 (2から) 午後6時半に映画館を出る。 雑誌「ぴあ」を見てみると「渋谷TOEI」がまだやっているようだ。 年内最後の映画。 ・・・『茶々』では締めたくないので、『アイ・アム・レジェンド』をチョイスする。 その前にガード下にある蕎麦屋で...
67. アイ・アム・レジェンド 評価:★★★  [ 20XX年問題 ]   2008年01月18日 20:27
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
66. アイ・アム・レジェンド  [ 夫婦でシネマ ]   2008年01月17日 18:40
ウィル・スミス主演のSFディザスター超大作。だけど出来ばえもディザスター?
65. 「マリと子犬の物語」「アイ・アム・レジェンド」  [ 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ ]   2008年01月10日 14:05
遊就館の切符を貰ったので、新年は靖国神社へ初詣。黄金のウンコのお守りとか売ってたよ。
64. アイ・アム・レジェンド  [ うだるありぞな ]   2008年01月10日 01:51
今回は、ウィル・スミス主演の地球最後の男を描いた「アイ・アム・レジェンド」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuL7MpQZ6+UgLCwIFcmGDA2xS4P1czEhKQSANSZD14=] [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsL76zSwqDQfGPHCAMmGDA2xS4P1czEhKQSANB3Dz4=] ラン...
63. 「アイアムレジェンド」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2008年01月06日 05:54
明と静が生み出す緊張感という初めての体験。公開からだいぶ遅れて観に行きました。半月情報をシャットアウトするのは楽ではなかったですが、努力した甲斐があったというものです。ニュース映像の後、いきなりひとりぽっちのNYから始まったのは予想外でした。タイムズスク...
62. アイ・アム・レジェンド  [ 小部屋日記 ]   2008年01月05日 09:19
I Am Legend(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス/アリス・ブラガ/サリー・リチャードソン=ホイットフィールド/ウィロー・スミス/チャーリー・タハン 地球最後の男に希望はあるのか。 原作はこれまで二度映画化され...
61. 『アイ・アム・レジェンド』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年01月05日 08:24
  『アイ・アム・レジェンド』   地球最後の男に    希望はあるのか。   ウィル・スミスが「俺が伝説だから!!」とかイカれたチャラ男が言うセリフでも吐くのかと思ったらそうではないらしい・・・。 でも、廃墟となったマンハッタンって現実の非現実みたいで結
60. アイ・アム・レジェンド/もし地球最後の男だっら?  [ ファブログ ]   2008年01月05日 02:04
この記事は【ネタばれあり】です。 (未見の方は、前回のレビュー記事『映画評アイ・
59. 伝説になるにはツメが甘い!  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2008年01月01日 17:55
07年後半、公私共々バタついており すっかりブログの更新を怠ってしまいました。
58. 2007年最後の劇場映画鑑賞は アイ・アム・レジェンド でした  [ よしなしごと ]   2007年12月31日 18:26
 スーパーマンVSバットマンは2009年公開なのかな?
57. アイ・アム・レジェンド  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2007年12月30日 00:31
評価★★★★ 昼間ならニューヨーク市内のものは全部自分のもの!これって憧れですよ
56. 「アイアム レジェンド」さすが!ウィルスミス  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   2007年12月29日 01:23
仕事の合間に休みを取ったパパンと、映画に行った。 二人で行けば、今年から1000円で観られちゃう! なんか、うれしいような、寂しいような・・・・・
55. アイ・アム・レジェンド  [ Memoirs_of_dai ]   2007年12月28日 11:46
アレでは困る 【Story】 2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムと??.
54. 『アイ・アム・レジェンド』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年12月27日 12:47
□作品オフィシャルサイト 「アイ・アム・レジェンド」□監督 フランシス・フローレンス □脚本 マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン □原作 リチャード・マシスン 「地球最後の男」(ハヤカワ文庫刊)」 □キャスト ウィル・スミス、アリーシー・ブラ...
閑散としたNYは、魅せる魅力十分! 『I Am Legend』 アイ・アム・レジェンド - goo 映画 2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、 有能な科学者のロバート・ネビルだけが生??.
52. アイ・アム・レジェンド I am Legend  [ いい加減社長の日記 ]   2007年12月23日 11:55
どうもゾンビものらしく、あまり趣味ではないんで迷ったんですが。 ま、興行成績は良いようなので、とりあえず観ておくかと。 ウィル・スミスの「アイ・アム・レジェンド 」を選択。 「UCとしまえん 」は普通の人出。 「アイ・アム・レジェンド 」は、大きめのス...
51. アイ アム レジェンド  [ 何書☆ねくすと ]   2007年12月23日 07:59
 評価:○ 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』 静まりかえったニューヨークを...
50. 『アイ・アム・レジェンド』2007・12・16に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2007年12月22日 17:32
(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. 『アイ・アム・レジェンド』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 2012年、ニューヨーク。おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男・軍籍の科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)は3年前に起こった地球
49. アイ・アム・レジェンド  [ 夫婦でシネマ ]   2007年12月22日 11:38
ウィル・スミス主演のSFディザスター超大作。だけど出来ばえもディザスター?
48. 12/19 自衛消防技術試験と「アイ・アム・レジェンド」  [ やっかいな日に限って空は激しく晴れている。 ]   2007年12月21日 10:08
●落ちました。・・・・・・だめだったか・・・・・・・・・。やっぱり問題集の丸暗記だけじゃね。 やっている最中は気がつかなかったけど、おそらくひっかけ問題もかなり出題されてたんじゃなかろうかと? たとえば一見同じように見えても、問題集では「次の四つの中から正...
47. アイ・アム・レジェンド  [ eclipse的な独り言 ]   2007年12月20日 21:35
 思っていたのとは全く違った映画でした。
46. 「アイ・アム・レジェンド」 I am not alone.  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年12月20日 21:19
 You are not alone.  「君は独りじゃない」 N.Y.で”地球
45. アイ・アム・レジェンド  [ カリスマ映画論 ]   2007年12月20日 16:02
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  孤独と恐怖・・・死んだ大都会サバイバル  
44. アイ・アム・レジェンド 2007-66  [ 観たよ〜ん〜 ]   2007年12月20日 11:24
「アイ・アム・レジェンド」を観てきました〜♪ 2019年、3年前に起きた伝染病の流行により、人類がほぼ絶滅したと思われていた。誰も居ないNYの真ん中で、軍人で優秀な科学者であるロバート・ネビル(ウィル・スミス)が、愛犬のサムと一緒に生きていた・・・ ...
43. 映画 【アイ・アム・レジェンド】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年12月19日 23:13
映画館にて「アイ・アム・レジェンド」 リチャード・マシスンのSF小説「地球最後の男」の3度目の映画化。原作は未読。 おはなし:2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。ネビルは愛犬サムととも...
42. アイ・アム・レジェンド (I Am Legend)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年12月19日 23:07
監督 フランシス・ローレンス 主演 ウィル・スミス 2007年 アメリカ映画 100分 SF 採点★ “映画は映画、原作は原作”と割り切って楽しむ性質とはいえ、やっぱり好きな小説の映画化は色んな意味で期待と不安が入り混じるもので。それでもまぁ、映画として面白く出来ている...
41. アイ・アム・レジェンド・・・・・評価額1450円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年12月19日 22:44
もしも、この世界に一人ぼっちだったら・・・・ フランシス・ローレンス監督の「アイ・アム・レジェンド」は、そんな子供じみた空想が現実になった世界の物語。 西暦2012年、ニュヮ..
40. 「アイ アム レジェンド」 第1位!  [ 映画コンサルタント日記 ]   2007年12月19日 22:43
上映スクリーン数: 422オープニング土日興収: 5.8億円ウィル・スミス主演「
39. 「 アイ・アム・レジェンド / I AM LEGEND (2007) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2007年12月19日 21:41
【アイ・アム・レジェンド 】2007年12月14日(金)公開 監督 : フランシス・ローレンス ...
38. 【2007-181】アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年12月19日 21:00
2 人気ブログランキングの順位は? 地球最後の男に希望はあるのか。
37. アイ・アム・レジェンド(アメリカ)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2007年12月19日 14:07
ひとりぼっち・・・の映画「アイ・アム・レジェンド」を観ました。 ( → 公式HP  ) 出演:ウィル・スミス、アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド 上映時間:100分  2012年。 人類が死滅してしまった地球でたった1人、科学者...
36. 「アイ・アム・レジェンド」感想です。  [ Cinema Chips ]   2007年12月19日 01:05
「アイ・アム・レジェンド」今週末に観に行く予定です。そのあと感想を追記します。私は夏ごろから映画館で予告編を観ていて、一応期待して公開を待っていたんですけど・・・なんか...
35. 映画「アイ・アム・レジェンド」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年12月18日 23:56
■邦題:アイ・アム・レジェンド ■原題:I AM LEGEND ■上映時間:100分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:SF、アクション、ドラマ ■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■公開:2007/12/14 ■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場7/L席13席) ■パンフ...
34. 映画「アイ・アム・レジェンド」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年12月18日 23:09
映画「アイ・アム・レジェンド」に関するトラックバックを募集しています。
33. I AM LEGEND  [ 迷宮映画館 ]   2007年12月18日 21:48
全編、ウィル・スミス満載。たっぷり堪能できます。
32. 映画「アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)」  [ わかりやすさとストーリー ]   2007年12月18日 18:00
●タイトルに込められた意味をかみしめながら、無人のNYの映像とともに主人公の境遇と使命に思いを馳せる作品●タイトルをみれば結末は容易に想像がつく、まっとうな作り。ヒネリやどんでんかえしの期待は禁物。ロバートがウィルスワクチンの研究にこだわるワケとは?
31. 「アイ・アム・レジェンド」観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2007年12月18日 14:17
☆「アイ・アム・レジェンド」 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリス・ブラガ、ダッシュ・ミホク、パラドックス・ポラック 2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。 この街がかろうじて生き...
30. アイ・アム・レジェンド - I AM LEGEND - (個人的評価:★★★)  [ 尼崎OSよ永遠なれ ]   2007年12月18日 10:33
14日がTOHOシネマズの10th Aniversaryで「1000円」だったので、公開初日のアイ・アム・レジェンドを観てきました。 まず観終わった感想はいい意味でも悪い意味でもCMや映画予告編に騙さ??.
29. アイ・アム・レジェンド  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年12月18日 08:56
JUGEMテーマ:映画   地球最後の男−それは・・・      1人しかいないという絶望なのか・・・              それとも1人だけはいるという希望なのか。 怖くて悲しい。 映画の前半ほとんどをロバート・ネビル役のウィル・スミスが一...
28. 「アイ・アム・レジェンド」 I Am Legend  [ 俺の明日はどっちだ ]   2007年12月18日 01:03
〜 Don't worry about a thing,   Cause every little thing gonna be all right.♪ 未見ながら過去に2度映画化されたというリチャード・マシスンの『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション作。 まず何と言っても荒廃したパーク・アヴェニュー...
27. アイ・アム・レジェンド(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年12月18日 00:50
【監督】リチャード・マシスン 【出演】ウィル・スミス/サリー・リチャードソン/アリス・ブラガ 【公開日】2007/12.14 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2012年の??.
26. ★「アイ・アム・レジェンド」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年12月18日 00:41
2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。
25. I AM LEGEND  [ B級パラダイス ]   2007年12月18日 00:02
平日の公開ということでまわりは仕事帰りの会社員の方が多かったです。一番最後の回ながらわりといっぱいだったかも。
24. 『アイ・アム・レジェンド』 ('07初鑑賞144・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2007年12月17日 23:09
☆☆☆???? (5段階評価で 3) 12月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
23. アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年12月17日 23:02
『ナショナルトレジャー〜』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。 14日から日米同時公開{/ee_1/} あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきました〜。  {/kaminari/}ちょっとだけネタバレありでいきます!{/kaminar...
22. アイ・アム・レジェンド  [ メルブロ ]   2007年12月17日 22:56
アイ・アム・レジェンド 191本目  上映時間 1時間40分 監督 フランシス・ローレンス 出演 ウィル・スミス 犬 評価 7点(10点満点) 会場 新宿ミラノ(試写会 156回目)    久し振りの試写会。開映時間19:45と遅い時間なので見にいけました。入場時に荷....
21. アイ・アム・レジェンド〜忠犬ハチ公物語  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年12月17日 22:29
副題の邦題「地球最後の男に希望はあるか。」だけれども、英語の副題は←でかなり違う。「not alone」だから「最後の男」じゃないのだ。しかも、本当は「ニューヨーク最後の男」だろう。看板に偽りあり。茫漠たる寂寥を極める映画と思いきや、それは序盤だけで、騒々しくて白...
20. アイ・アム・レジェンド/ウィル・スミス  [ カノンな日々 ]   2007年12月17日 22:21
3 勝手にSFスリラー三部作と呼んでる第二弾です。原作小説「「I Am Legend」」の映画化はこれで三度目という作品。旧作は「地球最後の男」という作品らしいですけど、私は全く知らなかったのでなにげに楽しみな作品でした。ウィル・スミスも好きなんですけど、予告編にも登場し...
19. アイ・アム・レジェンド - I AM LEGEND - (個人的評価:★★★)  [ 尼崎OSよ永遠なれ ]   2007年12月17日 22:09
14日がTOHOシネマズの10th Aniversaryで「1000円」だったので、公開初日のアイ・アム・レジェンドを観てきました。 まず観終わった感想はいい意味でも悪い意味でもCMや映画予告編に騙さ??.
18. アイ・アム・レジェンド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年12月17日 21:47
 『地球最後の男に希望はあるのか。』  コチラの「アイ・アム・レジェンド」は、リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した3本目となるSFアクションで、12/14に公開されたのですが、初日に早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  久し振りにレイトショーでの鑑賞だ....
17. 映画〜アイ・アム・レジェンド  [ きららのきらきら生活 ]   2007年12月17日 21:10
  ☆公式サイト☆人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『幸せのちから』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。2012年。人類が死...
16. アイ・アム・レジェンド。  [ この世界の憂鬱と気紛れ ]   2007年12月17日 21:07
 ウィル・スミス主演、『アイ・アム・レジェンド』、12/15、Tジョイ久留米にて鑑賞。いよいよ大台の50本目。  本作についてはまず作品の内容や出来よりも宣伝の仕方について言及したい。  公開二日目ということもあり、館内は七割ほど座席が埋まっていた。まぁま...
15. アイ・アム・レジェンド  [ Lovely Cinema ]   2007年12月17日 21:00
JUGEMテーマ:映画 2007年/アメリカ 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス(ロバート・ネビル)    アリーシー・ブラガ(アナ)    ダッシュ・ミホック(アルファ・メイル)    チャーリー・ターハン(イーサン) 面白いのか、つまらないの...
14. 『アイ・アム・レジェンド』  [ めでぃあみっくす ]   2007年12月17日 20:50
古典的傑作『地球最後の男』の2度目のリメイクということであまり期待はせずに見ましたが、正直な感想を述べると映像以外に新鮮味はないものの、古き良き映画を見たという感じでした。 でこの映画を未見の方に忠告です。ほとんど情報がないあの予告編以外できるだけ事前に....
13. アイ・アム・レジェンド  [ 映画のメモ帳+α ]   2007年12月17日 19:54
アイ・アム・レジェンド(2007 アメリカ) 原題    I AM LEGEND   監督   フランシス・ローレンス    原作   リチャード・マシスン 脚色   マーク・プロトセヴィッチ アキヴァ・ゴールズマン       撮影   アンドリュー・レスニー    ...
12. アイ・アム・レジェンド(2007年)  [ 勝手に映画評 ]   2007年12月17日 19:47
リチャード・マシスンの『I Am Legend(地球最後の男)』が原作。これまでに二度映画化されており、今回が三回目の映画化。 物語の性質上、ほとんどの時間、スクリーンにはロバート・ネヴィル(ウィル・スミス)しか出ていません。ほとんど、彼の一人芝居です。それだけに演...
11. 『アイ・アム・レジェンド』  [ ラムの大通り ]   2007年12月17日 19:27
(原題:I am Legend) 「いやあ、これほど予想を覆された映画は最近なかったね」 ----えっ、どういうこと? これってチャールトン・ヘストン主演の 『地球最後の男オメガマン』のリメイクと聞いていたけど…。 「う〜ん。というよりも リチャード・マシスンの原作『吸血鬼』...
10. 「アイ・アム・レジェンド」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2007年12月17日 18:54
不朽のSF小説 「地球最後の男」 3度目のリメイク。「アイ・アム・レジェンド」公式サイトコワがりの私には 少々キツかった・・ちょっとのことで ビクビクしっぱなし。暗がりに入っていった愛犬サムを追っかけてったシーンはコワすぎて 視線スクリーンからはずして...
9. アイ・アム・レジェンド  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年12月17日 17:45
SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ〜ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と闘いながら、愛犬サムとともに3年もの間他の生存者の存在を信じて無線で...
8. アイ・アム・レジェンド  [ ネタバレ映画館 ]   2007年12月17日 17:21
ボブ・マーリーを知らない世代がいるのか・・・
7. 「アイ・アム・レジェンド」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年12月17日 17:12
「サム!サム!」って言うから、てっきり男の子かと思ったら、なんと「サマンサ」ちゃんだった(^^)。一人と一頭でほぼ時間の半分を費やすんだがら、ウィルってすごい。サムの演技もとってもお見事????!!SFホ
6. アイ・アム・レジェンド/I AM LEGEND  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2007年12月17日 15:47
身体能力が凄いゾンビなんて、反則だ〜! ウィル・スミスは好きなのに、描くのは苦手な管理人です。坊主頭とブラックメンは、描き難い...。 最初からネタバレします。 私の近く...
5. アイ・アム・レジェンド  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年12月17日 15:26
【I AM LEGEND】2007/12/14公開(12/14鑑賞)製作国:アメリカ監督:フランシス・ローレンス原作:リチャード・マシスン    『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー....
4. アイ・アム・レジェンド  [ Akira's VOICE ]   2007年12月17日 15:19
面白くない,ことは無い。 が,しかし・・・。
3. 映画レビュー「アイ・アム・レジェンド」  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2007年12月17日 12:41
3 ◆プチレビュー◆古典SFの3度目のリメーク。無人の大都市NYのビジュアルが素晴らしいが、終盤の展開は物足りない。 【60点】 西暦2012年。ウィルス感染で人類が滅び、唯一人生き残った科学者ネビルは、廃墟と化したNYから生存者に向けて無線でメッセージを送り続け...
2. アイ・アム・レジェンド  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2007年12月17日 12:03
 今日から封切り。 なんで金曜日?って思っていたら、日米同時ってことなんで、普通の映画のように土曜でなくて金曜になったらしい。(でも、なぜ金曜?まだわからんが...)  で、観てきました。  だから本日、2回目の記事エントリーです。  まったく予備知識なし、...
1. 劇場鑑賞「アイ・アム・レジェンド」  [ 日々“是”精進! ]   2007年12月17日 11:40
「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞してきましたリチャード・マシスンの小説「地球最後の男」の3度目の映画化となるSFアクション。「コンスタンティン」のフランシス・ローレンスが監督。人類を救う役どころを多く演じてきたウィル・スミスが、絶望的な状況を生き抜く主...

この記事へのコメント

17. Posted by パピのママ   2008年08月04日 09:00
5 swallowtailさんへ・・・申し訳ない^^;、コメント入れてくれていたのに、返事が大変遅くなりました
毎日の猛暑続きで、体がついていけませんね。
映画好きには、クーラーの効いたシネコンが、最高にいこごちいいですものね。
みなさん、この映画には、ゾンビが出てくるのであまり良い評価が出てないようですね。
細菌・ウイルス汚染による、人間のゾンビ化はあり得なくはないのですが、やはり地球の温暖化による大気汚染が一番でしょうね。
ついこの間観た、「ハプニング」では、その予兆というような前ぶれみたいな、そんな映画が公開されています。
良かったので、是非ご覧下さい。
16. Posted by swallow tail   2008年07月23日 10:19
パピのママさん、こんにちは。
毎日暑いですね!

パピママさんの感想、またも興味深く拝読させていただきました。
本当、鋭いというか適切な洞察力ですよね。
驚嘆するのみです。

本当、最近はこういった人類滅亡系の作品が多いように感じます。
これも、われわれが人類滅亡というものが
現実味を帯びてきたと感じるようになってきたからでしょうかね・・・
15. Posted by パピのママ   2008年01月10日 23:17
5 たかひょさんへ・・・遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします。
最初は、面白く観ていたのですがね〜ゾンビが出てきてからはつまらなくなって、B級路線まっしぐらでしたね^^;
14. Posted by たかひょ   2008年01月06日 14:35
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 
人類の9割が死んだ割には、死体が転がっていなかったり、まぁ色々ありますが、暗闇には入りたくないですねぇ。
 
免疫ができて助かりそうだった女ゾンビ、一緒に爆破されて可哀相だったなぁ。
 
今年もTB中心になるかもしれませんがよろしくお願いします。
いい年でありますように (〃・ω・)o∠※パーン!!"。・:*:・゚☆
13. Posted by パピのママ   2008年01月03日 23:55
ケントさんへ・・・今晩は!、TBが反映されなくてすみません。
いつも喧騒のニューヨークに、細菌感染で人間がたった一人だなんて〜考えられない!
本当はB級作品でもおかしくないのにね。
さすがに「幸せのちから」で演技が認められたウィルが良かったのかしら(笑)
ゾンビはいけませんよ、エイリアンみたいなものにすればよかったのかも。
それに、寒い所は細菌が感染していないというのだから、生き残りは〜北極の白熊とかペンギンに観測隊の人間とか、・・・脚本がしょぼかったですね。
12. Posted by ケント   2007年12月31日 11:04
パピのママへ
こんにちは、お邪魔します。
 それにしてもB級映画を超大作に創ったこの映画、凄いですねぇ。多分セットと実写とCGの組み合わせだと思いますが、動物とダークシェーカー以外は実写としか見えませんでした。
 『28日後』と同じ内容でしたが、スケールの大きさとウィル・スミスの存在感により、余り暗い感じに篭らず、中盤までは文句のつけようがありませんでした。
 ただあの生存者の登場から一変におかしくなりました。せっかくの大作を台無しにした感があります。さすがアメリカは太っ腹だ・・・
11. Posted by パピのママ   2007年12月22日 21:37
ミチさんへ・・・TB・コメントいつも有難うございます(^^♪
地球最後の男なんてタイトル、予告で見たエイリアンのような影?
どうってことない、細菌ウイルスに犯されたゾンビだ(笑)
ウィルだけ独りではやっぱり限界がある、しかし、犬のサム(サマンサ)がいたからこそ孤独を紛らわす事ができたのですね。
でもね〜生きているアナと息子のイーサンが現れてびっくり、最後までウィルが闘って死ぬと言うストーリーの方がよかったのでは(笑)
10. Posted by パピのママ   2007年12月22日 21:29
sakuraiさんへ・・・いつもTB・コメント有難うございます。
そうですね〜あの恐ろしい都市破壊と混乱の描写で尽くされたシチュエーションは、ほんの6年前に報道映像などで目に焼きつくほど見た「9.11同時多発テロ」をいやでも思わせます。
そこには、姿なきテロリズムという、極めて現代的な敵の姿が見え隠れしているようにも受け取れますね。
9. Posted by パピのママ   2007年12月22日 21:16
メビウスさんへ・・・ご来店感謝です(^^♪
そうですね〜シュワルツェネッガーがネビルだったら、ゾンビなんかどうってことなく退治してしまうでしょうね(笑)
映画の内容としては、最近はやりの細菌ウイルス感染もの。
予告で分かっていたものの、ゾンビが出てきたときは、ガッカリしました。
8. Posted by パピのママ   2007年12月22日 21:08
5 chikatさんへ・・・今晩は!、コメント、ご来店感謝です(*^^)v
livedoorのTBの反映が悪いらしく、どうもすみません。
ダーク・シーカーズなんて言っていますが、ゾンビですね(笑)
「バイオハザード掘廚埜たゾンビのワンコと同じ凶暴なゾンビ犬!
どちらも、夜行性で吸血鬼状態で怖かったです。
いつも騒然としているニューヨーク、誰もいない大都会、いるのは動物園から逃げ出したライオンや鹿、それにゾンビだなんてやはり恐怖を感じます。

7. Posted by パピのママ   2007年12月19日 23:23
migさんへ・・・いつも忙しいのにコメント有難う(*^^)v
ホント、B級オカルト映画になってしまうところ、ウィルとサムの演技で何とかいい線いってたみたいですよね
騙されたわけじゃないけれど、絶対に誇大広告ですよ!(プンプン)
最後に出てくる、モンタナに生存者がたくさんいるじゃないですか!
どうせなら、最後までゾンビと闘って一人で、爺さんになるまで生き抜いてほしかったです。
6. Posted by ミチ   2007年12月19日 23:16
こんばんは♪
TBありがとうございました!
人っ子ひとりいないNYの街並みの描写は凄かったですね〜。
人がすまなくなると、すぐにあのように荒れ果ててしまうんですね。
ウィルのひとり芝居もさすがでした。
そしてサムも名演技〜!
5. Posted by 日本インターネット映画大賞   2007年12月19日 21:21
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
4. Posted by sakurai   2007年12月18日 21:52
TBありがとうございました。
林立するビル群の中での孤独・・・というシチェーションが、いっそう孤独感をつよめてましたねえ。
セリフの中で、何度か「グランド0」といってましたが、ここから!という強い思いも感じました。
ま、いろいろと突っ込みどころも満載でしたが、この際、ウィル・スミス100%で満足でした。
3. Posted by メビウス   2007年12月18日 00:58
パピのママさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

本作のウィル・スミス版のネビルも良かったですが、やっぱり一度映画化の企画が上がったというシュワちゃん版のネビルも観たかったですねw
研究に専念し、治療薬を開発して世界を救うウィルネビルに対して、シュワネビルは己の肉体を武器にしてダークシーカーズにも果敢に立ち向かい、自力で世界を救う方向に向かいそう・・(笑)でもそっちの方が面白そうだったりw
2. Posted by chikat   2007年12月18日 00:32
こんばんは
TBが入りません。
コメントで失礼します。

あのゾンビは”ダーク・シーカーズ”っていうんですか?
字幕にも何だか書いてあったのによくわかりませんでした。
単にゾンビと思っていました。

廃墟となったNYは実際のものでCGやセットではないそうですね。
すばらしいと思った反面怖さも感じました。
誰もいない大都会は恐怖だと思います。
1. Posted by mig   2007年12月17日 23:01
パピママさん☆
こんばんは〜♪コメントTBありがとうございますー

楽しめたみたいですね^^
ウィルが良かったので★6になりましたぁ。
他のひとだったら演技に魅入るよりもっとつっこみどころが気になっちゃったかも?
だって残されたのはウィル一人じゃないしー!
あ これは宣伝が悪いのかー。
しかしベーコン焼かれてあんなに怒るとは驚き