2008年01月06日

4分間のピアニスト3

f099e05a.jpg

類まれな才能を持ちながらも、人生は過ちばかり。自由をつかむために彼女に残された演奏時間は、たったの4分間だった__。

ピアノ教師として刑務所にやってきたクリューガー(M・ブライブトロイ)は、問題児とされている少女、殺人犯で服役中のジェニー(ハンナ・ヘルツシュプルング)が机を鍵盤がわりに無心に指を動かす姿を見つける。

愛に裏切られ続け、過ちを犯したジェニーの類まれなる才能を見抜いたクリューガーは、それを花開かせることこそが、残り少ない自分の人生の使命だと考え、所長を説得して特別レッスンを始める。

 

その日から、全く違う世界に生きていた二つの魂のぶつかり合いが始った。

全てのものに牙をむき、自らを傷つけようとするジェニーだったが、自分と同じ孤独を抱えるクリューガーの情熱にいつしか心を開いていく・・・。

しかし、新たな悲劇が二人を襲う。ある陰謀により、ジェニーは暴力事件を起こしてしまったのだ。

コンテストの決勝があと数日後に迫っているというのに、ピアノを禁止されるジェニー。

そして、彼女を助けようとしたクリューガーは、解雇されてしまう。

果たしてジェニーは、自由への扉を開くことができるのか__?(作品資料より)

二人で<感想>10歳で国際的な舞台に立ってピアノを演奏していたという天才児ジェニーが、どこかで道をまちがった。

殺人の罪を問われ、刑務所にいる。えらく反抗的なうえに、かっとなると暴れ狂う。

そんな彼女(ハンナー・ヘルツシュプルング)が、ピアノの老教師(モニカ・ブライブトロイ)に出会い、レッスンを受けることになる。

老教師のクリューガーは、第二次世界大戦末期には看護婦をしていた。映画では、彼女の半生の描写が短いフラッシュバックで挿入される。

視点は、老教師クリューガーの側に置かれている。だから、映画は、彼女が、グランドピアノを運ばせながら、刑務所にやってくるところからはじまり、彼女がジェニーを見出すところへと進む。

老教師まず最初に、刑務所でクリューガーがパイプオルガンを弾いていると、テーブルの上でしきりに指を動かしながらオルガンの曲に合わせているジェニーが観客のなかにいる。

大勢いる受刑者のなかで、相当高齢のクリューガーが、オルガンの上にある鏡のようなものに写っている、一人の受刑者ジェニーに注目するというのはかなり困難だと思うのだが。

それでも、彼女が、強く主張してジェニーに刑務所内で、ピアノの個人レッスンをするところにこぎつけるが、ジェニーにいじわるをした看守を猛烈に平手打ちする。

今度はジェニーが、その看守に重傷を負わせるのです。看守や受刑者仲間の卑劣な嫉妬・憎悪・妨害にもめげずに、レッスンは続くのです。

ジェニーとピアノ刑務所内でジェニーの手錠をはずさない看守のまえで、手錠をはめたままの後ろ手であざやかに弾いてしまうのは、「アマデウス」のモーツァルトが目隠しをしてピアノを弾いたり、後ろ手で弾いたりするシーンがある。

映画ではよくある仕掛けだが、あまり効果的ではないと思う。ちょっと“無理”と思えるシーンがたくさんあるし共感できない。

驚くことに、冒頭でジェニーは、同じ房にいた女性受刑者が首を吊って死んでいるのに、吊りさがった死体にも驚かず、死体のポケットからタバコを取り出して、吸う。

彼女がこういう風な人間になってしまった理由は、またしてもジェニーの養父との忌まわしい思い出が、・・・育ての親の陵辱によるトラウマだと示唆されるが、暗に、その冷えた感性がナチのそれと重ね合わされる。

クリューガーの意識のなかで、若いときの彼女が愛したユダヤ人のコミュニスト活動家の女性が、ナチに捕まり、拷問のすえ、残酷なやり方で殺されるシーンが甦る。

彼女にとって、刑務所とナチとがダブって走馬灯のように頭をよぎる。

ダンスをする二人繰り返し、ナチ時代に設定された映像が挿入され、クリューガーが、レズであることはすぐにわかるし、彼女がジェニーの才能だけに惹かれているわけではないこともわかる。

とはいえ、老教師役のモニカ・ブライブトロイは、見事な演技を見せる。

ジェニー役のハンナー・ヘルツシュプルングは、1200人のオーディションから選ばれた新人だそうだが、ちょっとドリュー・バリモア似の女の子、パンク的ななげやりさと、暴力性を斬新に演じている。

脚本家クリス・クラウスが構想8年で初監督した音楽ドラマ。独アカデミー賞作品・主演女優賞にモニカ・ブライブトロイが受賞した。

原題は「4分間」という題名、最後のクライマックスの脱出劇は、もう全然無理というもの。

しかも、ドイツのオペラ劇場でジェニーが演奏をする「4分間」、警官がじっと見守り、演奏が終わり、スタンディング・オベイションと同時に警官が彼女を拘束するというのは、あまりに「劇」的すぎるシーンだった。

ラストピアノ演奏ジェニーにとって、ようやく辿り着いたラストコンサート!

彼女の魂と魂のぶつかりあいが、激しく鍵盤をたたき、弦を弾く。

こなごなに踏みにじられた少女の哀しみからあふれ出た凄まじいほどの旋律。

ラストの4分間の感動で、体ではなく心がしびれて揺さぶられました。

きっとコンクールの課題曲など弾くより、自分の心の中に眠っていた魂の叫び、自分の感性を弾きたかったのでしょう。その後に、独房が待っていることも承知で、・・・。

しかし、その即興風で前衛的な音楽は、たしかにすばらしいと思えた。(日本人ピアニストの演奏であるようだ)。 

それだけでなく、この映画は全編を通して演奏されるベートーベンやシューベルト、シューマンなどの典雅なクラシックの名曲も美しく、その点で、ミヒャエル・ハネケ監督の「ピアニスト」(2001)を思い出させるところがあった。

よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング  



papikosachimama at 22:04│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | や行の映画

この記事へのトラックバック

29. 4分間のピアニスト  [ mama ]   2010年08月04日 16:59
VIER MINUTEN / FOUR MINUTES 2006年:ドイツ 監督:クリス・クラウス 出演:ハンナー・ヘルツシュプルング、スヴェン・ピッピッヒ、リッキー・ミューラー、ヤスミン・タバタバイ、モニカ・ブライブトロイ ピアノ教師として刑務所を訪れたトラウデ・クリューガーは...
28. 「4分間のピアニスト」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年01月06日 23:35
2010年一本目の作品はテレビ録画版の本作。
27. 「4分間のピアニスト」(ドイツ 2006年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2009年07月05日 20:55
若い女囚の荒んだ心。 老ピアノ教師の頑なな心。 心に傷を負い暗い過去を抱えてきたふたりの女性。
26. 4分間のピアニスト  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年02月01日 21:57
2006 ドイツ 洋画 ドラマ 音楽 作品のイメージ:切ない、スゴイ 出演:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング、スヴェン・ピッピッヒ、ヤスミン・タバタバイ 女性刑務所内でピアノを教える老教師クリューガーは、服役者ジェニーの音楽の才能に惚れ込む...
25. 『4分間のピアニスト』'06・独  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年11月17日 07:15
あらすじ刑務所で受刑者たちにピアノを教えるクリューガーはある日、稀に見る才能の持ち主ジェニーに出会う。反抗的で暴力的なジェニーは、幼い頃から神童と騒がれた天才少女だったが、今では刑務所内随一の問題児となっていた。嫉妬心と憎悪を露にする看守や受刑者仲間の...
24. 4分間のピアニスト  [ サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画 ]   2008年07月29日 00:09
     = 『4分間のピアニスト』  (2006) = 80歳になるトラウデ(モニカ・ブライブトロイ)は、60年以上も女子刑務所でピアノを教えている。 彼女は、何年も貯金をしたお金で新しいピアノを購入するが、運送に失敗し、その責任を追及される。 ピアノレッス...
23. 4分間のピアニスト  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年06月26日 11:22
【VIER MINUTEN/FOUR MINUTES】2007/11/10公開製作国:ドイツ監督・脚本:クリス・クラウス出演:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング、スヴェン・ピッピッヒ、リッキー・ミューラー、ヤスミン・タバタバイ “弾く時だけわかる。何のために生まれてきた...
22. 「4分間のピアニスト」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年06月13日 00:35
4分間のピアニストギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る ピアノ教師として刑務所を訪れたトラウデ・クリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、机を鍵盤代わりに 無心で指を動かしている女性に目を留める。彼女の名はジェニー(ハンナー・ヘルツシュブルン...
21. 映画 【4分間のピアニスト】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年02月15日 19:31
映画館にて「4分間のピアニスト」 2007年ドイツアカデミー賞作品賞受賞作。 おはなし:80歳になるクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は60年以上女子刑務所でピアノを教えている。刑務所内でジェニー(ハンナー・ヘルツシュプルング)という逸材と出会い、彼女の才能を...
20. 『4分間のピアニスト』-No5  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2008年01月24日 23:51
かなり混み混みで、あちらこちらで評判も良い映画。 空いた頃合に鑑賞。 残念ながら、ワタシはあまり感動も無く・・・でした。 とギ..
19. 4分間のピアニスト♪狂気的、衝撃的、感動的!!  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年01月24日 00:20
  狂気的で、刺激的だけど、天才ピアニストジェニーの魅力に翻弄された誰もこの作品を観たら、絶対感動で震えが走るに違いない。絶対に・・・・・。     「ボーン・アルティメイタム」鑑賞後、はしごした映画でした。同じシアターでの上映です。珍しくシネコ...
18. 『4分間のピアニスト』:持つ者と持たざる者との葛藤ではなくて・・・:Myムービー掲載  [ りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど ]   2008年01月19日 23:33
「持つ者」と「持たざる者」との葛藤ではなくて、「持つ者」と「持つ者」同士の葛藤の物語である。
17. 【2008-1】4分間のピアニスト(原題:VIER MINUTEN)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年01月19日 13:53
3 人気ブログランキングの順位は? 類まれな才能を持ちながらも、 人生は過ちばかり 自由をつかむために 彼女に残された演奏時間は、 たったの4分間だった──。 弾く時だけわかる。 何のために生まれてきたか。
16. 『4分間のピアニスト』・・・ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2008年01月19日 00:30
2006年:ドイツ映画、クリス・クラウス監督&脚本。 とても観応えのある作品でした。(*^-^*
15. 『4分間のピアニスト』  [ マガジンひとり ]   2008年01月18日 20:25
Four Minutes@シネスイッチ銀座、クリス・クラウス監督(2006年ドイツ) つながれたピアニストが織り成す魂の演奏! ピアノ教師として刑務所にやってきたクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、問題児とされている少女ジェニー(ハンナー・ヘルツシュプルング)が机を...
14. 「4分間のピアニスト」  [ 日々のつぶやき ]   2008年01月17日 09:32
監督:クラス・クラウス 出演:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング 「刑務所内でピアノの教師をしているクリューガーは問題児の囚人ジェニーの才能に惚れ彼女をコンクールに出させようとする。反対者を説得し、レッスンをするうちに頑なだったジェ
13. 4分間のピアニスト  [ eclipse的な独り言 ]   2008年01月16日 07:27
  いろいろな意味で痛い映画でした。(1月13日 静岡シネギャラリーにて鑑賞) 
12. 4分間のピアニスト  [ シネクリシェ ]   2008年01月14日 11:46
 刑務所でピアノを教えることになったトラウデは、ふとしたことから天才少女ジェニーと出合う。  受刑者の中でも一番どうしようもない問題児だったが、トラウデによってピアノを通じ向上心に目覚め、ついにはピア
11. 映画 『4分間のピアニスト』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年01月11日 22:39
  ☆公式サイト☆無実の罪でとらわれた天才ピアニストが自分の才能を信じてくれる女性教師との出会いを通して、再び人生の輝きを見出すまでを描く感動作。刑務所で受刑者たちにピアノを教えるクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、ある日、稀に見る才能の持ち主ジェ...
10. 4分間のピアニスト(06・独)  [ no movie no life ]   2008年01月11日 00:45
人間は罪深い。でも・・・音楽に接するとき、人は純粋になれる。 ドイツ。とある女性刑務所にグランドピアノとピアノ教師クリューガーがやってきた。服役囚ジェニーの才能と音楽への渇望をいち早く見出したクリューガーは、彼女にレッスンするとともに、コンテストに出る...
9. 新たな優しさが生まれた瞬間。『4分間のピアニスト』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年01月10日 12:34
女子刑務所を舞台に繰り広げられる受刑者とピアノ講師の物語です。
8. 4分間のピアニスト  [ ロッタのひなたぼっこ ]   2008年01月10日 11:21
『4分間のピアニスト』を観て来ました。 久々の映画に、久々のドイツ物。 でもなーんだか予告から、心惹かれるものはなかったんだよね・・・。 刑務所に勤めるピアノ教師クリューガーは、見た目からしてかなり厳格なおばあさん。 なかなかピアノを教える生徒が集ま...
7. 4分間のピアニスト  [ シャーロットの涙 ]   2008年01月09日 21:17
誰しも圧倒されるであろうたった4分間の迫力の演奏・・・
6. 4分間のピアニスト  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2008年01月09日 06:56
かつて、フルトヴェングラーから認められた優秀なピアニストだったクリューガーは、刑務所で受刑者たちにピアノを教えていました。ある日、稀に見る才能の持ち主、ジェニーに出会います。彼女は、幼い頃から神童と騒がれ、国際的な舞台で演奏活動をしていたピアニストでした...
5. #171.4分間のピアニスト  [ レザボアCATs ]   2008年01月08日 23:59
ちょっとお洒落で芸術指向な、ヒューマンドラマを想像していると、ひっくり返される。どちらかというと獣みたいな女の子よ。気骨溢れるドイツ映画?割とハードテイスト。
4. 4分間のピアニスト/モニカ・ブライブトロイ  [ カノンな日々 ]   2008年01月08日 23:16
3 「神童」「ピアノの森」「私のちいさなピアニスト」、そして私は未見だけど「僕のピアノコンチェルト」などピアノを題材に再生や成長を描く作品が今年は目立つのですが、ドイツからもまた一味違う孤高の天才ピアニストを描いた作品が日本に届きました。 出演はその他に、....
3. 『4分間のピアニスト』  [ Sweet*Days** ]   2008年01月08日 22:51
監督:クリス・クラウス CAST:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング 他 80歳になるクリューガー(モニカ・ブライヮ..
2. 4分間のピアニスト 68点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年01月08日 22:14
あゝ晴れのコンクールの日 殺人罪で! 公式サイト 女子刑務所内でのピアノを通じた師弟関係を描いたドイツ映画。 のだが、凡百の音楽映画にありがちな、ヒューマンでハートフルな感動路線では全くなく、ピアノを題材に、ドイツ近代史の負の遺産をバックボーンとした、....
1. 「4分間のピアニスト(VIER MINUTE)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年01月08日 18:04
ドイツアカデミー賞受賞作でピアニストがテーマの映画とあっては見ないわけには行かな

この記事へのコメント

4. Posted by パピのママ   2008年02月17日 14:28
ミチさんへ・・・コメントいつもありがとう(^^♪
ラストのコンサートしーんは、圧巻でしたね。
ジェニーが微笑みながらお辞儀をしたのは、もしかしてクリューガー先生に感謝の意を表わしてたのかもしれませんね。
3. Posted by ミチ   2008年02月15日 19:32
こんばんは♪
TBありがとうございます!
あの4分間は本当にスクリーンに目が釘付けでした。
もしかしたら口もあんぐり開いていたかも(笑)
シューマンの演奏も聞いてみたかったです。
2. Posted by パピのママ   2008年01月22日 19:38
5 BCさんへ・・・こちらこそ、コメ感謝です。
今年も宜しくお願いいたしますね(^^♪
この映画のクライマックと言うべき「4分間」って、劇的な瞬間ですよね!
始めはあまり刑務所が設定だったのでつまらないと思いました。
しかし、ピアノを教える老婆の教師の昔話やら、ジェニーの生い立ちなど分かり始め、話も面白く展開して、ラストの即興、前衛てきなピアノ演奏シーン。
評価は、みなさんいいみたいですね!(^^)!

1. Posted by BC   2008年01月19日 00:37
パピのママさん、お久しぶりです。
トラックバックありがとうございます。(*^-^*
今年もヨロシクです♪

>自分の心の中に眠っていた魂の叫び、自分の感性を弾きたかったのでしょう。

少女は4分間の演奏でありのままの自分を解放出来たという意味では
少女の心は初めて満たされたのでしょうね。