2008年02月27日

ヒトラーの贋札5

33bfc5f5.jpg

造らなければ死、造ればそれは家族や同胞への裏切り。彼らの命をかけた選択とは__。

アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます!

第二次世界大戦の直後、モナコのモンテカルロ。サリーことサロモン・ソロヴィッチ(カール・マルコヴィクス)が豪華なホテルに向かう。賭博場でカードに賭けるサリー。
1936年にさかのぼる。画家志望だったサリーは、その才能で贋のドル札やパスポートを偽造しつづけていた。サリーのその夜の客は美人である。アルゼンチンへの偽造パスポートと引き替えに、ベッドをともにし、裸体をスケッチするサリー。
翌朝、サリーは贋札犯罪捜査局のヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に逮捕され、マウントハウゼン収容所に送られる。もはや、ナチスのユダヤ人の大量虐殺が始まっていた。
たまたまサリーの描いたスケッチが、親衛隊幹部の目に止まり、サリーは彼らの肖像や収容所の壁画を描くことで、生き延びることになる。サリーに、別の収容所への移送が命令される。そこで出会ったのが、かつてサリーを逮捕したヘルツォークその人。いまは、贋札製造を指揮する立場に出世していたのである。

サリーが出会った職人のなかにアドルフ・ブルガー(アウグスト・ディール)がいた。ブルガーは、贋札を作ることでナチスに協力、結果としてユダヤ人全体の虐殺を進めることになる、と考えている。
看板をかくやがて、精巧なポンド紙幣が出来るが、ヘルツォークはさらにドル紙幣の偽造を命じる。これには、腕のあるブルガーの協力が必要となる。協力を拒み、進行を遅らせるブルガーをのぞいて、サリーたちは必死でドル札製造に挑むことになる。
出来上がってこないドル札に、ついにヘルツォークは最後通告を下す。「4週間以内に出来なければ、順に射殺する」。
ドイツに戦況が不利ななか、ヘルツォークはサリーに、ある依頼をする。サリーは、結核に犯された同僚への薬と引きかえに、ヘルツォークに取引を申しでる。すでにドル紙幣は完成、さらにサスペンスをはらみながら、ドラマは終焉に向かう。

犯罪とわかっていても、自分の命と引き換えにニセ札作りを強要されたらどうするか。第2次大戦中、ナチスの強制収容所で秘密裏に進められたユダヤ人による紙幣贋造の実話である。

ヘルツォーク敵国英国のポンド紙幣を大量に偽造して経済的な混乱を狙う。そんなナチスの狡猾な作戦に従い、柔らかいベッドに温かい食事。破格の待遇ではあるが、この国家的犯罪に加担することで果たして仲間を裏切ることにならないのか?・・・。

テーマはその一点に絞られる。すなわち、ナチスに協力して1秒でも長く生き延びるか、それとも反抗して死を選ぶか。その葛藤と苦悩をオーストリアのステファン・ルツォヴィッキー監督は正面から見つめる。

原作は当時ニセ札作りに携わったユダヤ人の印刷技師アドルフ・ブルガーの著作という。いかなる状況でも生き延びることからすべては始まるのだ!「命の尊厳こそ」という作り手のメッセージが静かにそして力強く伝わってくる。(作品資料より)

ソロヴィッチが贋札<感想>ナチスが強制収容所のユダヤ人に大量の贋札を作らせて、英米経済を撹乱しようとした「ベルンハルト作戦」にもとづく物語。

 

冒頭は、第二次世界大戦集結直後、地中海を望む美しい港町、モナコ、モンテカルロの海岸に立つ一人の男の影。

そして、男の孤独や虚無を象徴するようなコンティネンタル・タンゴの哀愁の調べ。波打ちぎわにドイツ敗戦を報じる新聞。

解放されたその収容所から生き残ったユダヤ人、サリー(サロモン・ソロヴィッチ)が、カバンにはドルの札束がぎっしり。

サリーが身なりを整え、モンテカルロのカジノで、かつて自分が造ったらしい贋金の一部でカードに興じるシーンだ。

サロモン・ソロヴィッチが渋くイキな遊び人風なので、最初から、この映画がフィクションであるかのような印象をあたえている。
ユダヤ人の服サリーのような「国際的」な贋札職人や印刷技師やみな贋札作りに役立つ人間をかき集めてきて、特別の待遇をあたえて組織的に贋札を作らせるナチだが、そのナチ親衛隊員の描き方はこれまでよく見せられて来た一面的なものである。

命令し、言うことを聞かなければ頭にピストルを向けて殺す。やたらと暴力をふるい、捕らわれた者たちは、怪我がたえない。

映画では偽造集団だけが他のユダヤ人と違って優遇された生活をしている。卓球台まであてがわれているぐらいで、ピンポン中でも隣の壁を越えるとユダヤ人の銃殺の音が聞こえてくる。
取調べ偽札を作らないと自分たちが殺されるし、作るとユダヤ人の殺戮を更に許すことになる。そのジレンマ、葛藤がこの映画のテーマなのだ。

 

だから、通常のナチス収容所の震えるような残酷さはこの映画では描かれることはないが、一瞬の栄華の中にも死が常に身近にある日常描写は秀逸である。
他の収容所よりもずっと清潔なベットや食事を与えられえた彼らが働く工場内には、絶えずオペラやオペレッタ、イタリア民謡などの美しい調べが流れている。

 

もちろんそれはナチス側の企みである。しかし、同時にこうした美しい音楽は贋札造りに従事する囚人たちの心の慰めともなっている。

ひときわ印象的なのは、収容所で開かれる謝肉祭のパーティで囚人の一人が歌うプッチーニのオペラ「トスカ」のアリア(星は光りぬ)である。

贋札工場のユダヤ人のなかには、ユダヤ系スロバキア人の共産党員のアドルフ・ブルガーのような人間もいる。彼は、ナチへの反抗のためか、あたえられた作業服を着ず、縞模様の「ナチ囚人服」を着つづける。

 

また、ユダヤ系ロシア人で、カンディンスキーやバウハウスに共感しているらしいインテリ美術生のコーリャ(セバスチアン・ウルツェンドフスキー)ような者もいる。まだ童顔の面影を残すコーリャは彼が描いた故郷オデッサの風景画をサリーに見せ、ロシア前衛画家の話をする。

 

あのヒトラーでさえ、青年時代は画家を目指していたというエピソードを思い出す。

しかし、映画の視点は終始サリーに当てられていて、ナチス・ドイツから強要されたサリーたちの贋札造りは、見事に完璧なポンド紙幣やドル紙幣を完成させる。絵画のような完璧な贋作がそれ自体で“芸術品”となりうるように、完璧な贋札もまた、ある意味では価値のあるものになる。

ソロヴィッチはじめはナチスの命令の下に始められた贋札造りを、サリーたちはおそらく完璧な“芸術品”を生み出すという純粋な歓びへと変えていったはず。戦争と芸術の、いわば表裏一体の危うさ!、・・・。

 

そして、第二次世界大戦が終わり、サリーは彼と仲間たちが完成させた“芸術品”大量のドル紙幣を鞄に詰めてモンテカルロに姿を現す。みすぼらしい服を流とした正装に着替えたサリーは、海岸沿いのホテルのカジノでその札束を使い果たす。なんという粋な幕切れだろう!

 

カール・マルコヴィクスが演じるサリーは小柄でどちらかといえば貧相な男だが、彼にはどこか人を魅きつける強い個性がある。ユダヤ人特有のしたたかさ、頭脳のよさ、自尊心とその裏に隠された孤独。彼には不思議な色気も漂う。

アルゼンチン行きの偽パスポートを彼に依頼した女も、モンテカルロのカジノで出逢った女も、本能的に彼とベットを伴にするのである。

映画のラストは、再びモンテカルロの海辺。サリーはカジノで出逢った女とタンゴを踊る。

 

コンティネンタル・タンゴの哀しく甘い響きが、彼の空虚な心を癒すかのように流れている。アルゼンチン・タンゴの激しい情念とは対照的に、コンティネンタル・タンゴの響きには、サロモン・ソロヴイッチという波乱の人生を生きた男の象徴そのものだと思う。

 

現実にサリーのモデルになった男は、その後ブラジルへ逃亡したということだけれど、この映画のサリーは、モンテカルロの海辺からいったいどこへ旅立ったのだろう?

実際に、1950年代になって、オーストリアの湖からこの作戦のときに作られた贋札や道具がつまった箱9個が見つかったそうです。

 

「シンドラーのリスト」をはじめ、ナチス収容所ものは多いが、こちらは贋札技術者のユダヤ人が、塀の中のさらなる塀の中に隔離されて、なりふり構わず生き延びようとする異色作である。

芸は身を助けるって、ホントだね。当時のナチスの贋札作戦の全容に興味津々。

こんなんで敵を撹乱できるのか、とも思うが、今だって北の将軍さまがやっているし。

主演のカール・マルコヴィクスの小悪党ぶりが最高!。何年かしたら北の贋札造りも映画化されるかもしれないですね。



papikosachimama at 17:23│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

44. 「ヒトラーの贋札」ゆかりの地をたずねて  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年11月11日 02:55
ゆかりの地・・・・・と言うには抵抗のある場所、アウシュビッツ。 本当は「シンドラーのリスト」を見てから、旅に出たかったんだけど、手元にDVDがなく、今回は「ヒトラーの贋札」をチョイス。 正義と命の狭間で揺れる、極限状態の男たちの生き様を見た。
43. ヒトラーの贋札  [ ロッタの映画日和 ]   2009年04月30日 21:55
完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか― 2008年のアカデミー外国映画賞を受賞した秀作です。 ナチスが国家を挙げて...
42. 映画「ヒトラーの贋札」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年02月08日 15:59
原題:Die Falscher 原作は「THE DEVIL`S WORKSHOP(ヒトラーの贋札 悪魔の工房)」、悪魔のワークショップというのが、なんだか的を得ているようで、主人公も善人じゃない?? 実際にオーストリア・トプリッツ湖から大量のポンド紙幣が見つかったという。それが1959年...
41. 『ヒトラーの贋札(にせさつ)』・・・ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2009年02月03日 00:18
2006年:ドイツ+オーストリア合作映画、ステファン・ルツォヴィッキー監督&脚本、カール・マルコヴィクス主演、第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 ≪DVD鑑賞≫
40. ヒトラーの贋札  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年01月15日 15:00
第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作です。 アカデミー賞外国語映画賞受賞作は かなり私の好みのものが多いので今回も楽しみ。 巷での評判もよいようです。 DVDで鑑賞。 1936年のドイツ、ベルリン。 パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作師サリー...
39. ヒトラーの贋札  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年01月09日 01:09
第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作です。 アカデミー賞外国語映画賞受賞作は かなり私の好みのものが多いので今回も楽しみ。 巷での評判もよいようです。 DVDで鑑賞。 1936年のドイツ、ベルリン。 パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作師サリー...
38. No.129 ヒトラーの贋札  [ 気ままな映画生活 ]   2008年09月23日 22:36
4 今年度のアカデミー賞外国映画賞に輝いた作品です。 予告やテレビでの映画紹介でかなり気になっていた作品でした。 ユダヤ系のお話は、結構数多くあるけど本編でも 人間としての扱いを受けていない、いや、家畜同様に 扱われていて観ていて、気分悪くなりました。 これ....
37. 『ヒトラーの贋札』  [ Sweet*Days** ]   2008年09月10日 18:50
ヒトラーの贋札(2008/07/11)カール・マルコヴィクスアウグスト・ディール商品詳細を見る 監督:ステファン・ルツォヴィツキー  CAST:カーヮ..
36. ヒトラー暗殺  [ Akira's VOICE ]   2008年07月31日 10:42
「ヒトラーの贋札」 「ジェシージェームズの暗殺」 
35. ヒトラーの贋札  [ 悠雅的生活 ]   2008年07月24日 09:48
 生きるための選択。正義を賭けて。
34. 「ヒトラーの贋札」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年07月17日 10:33
ヒトラーの贋札東宝このアイテムの詳細を見る 第二次世界大戦中、ナチスはイギリスの経済を混乱に陥れるため精巧な贋ポンド札の 製造を計画する。この“ベルンハルト作戦”のため、ザクセンハウゼン強制収容所には、 世界的贋作師サリー(カール・マルコヴィクス)、印刷技師...
33. ヒトラーの贋札  [ C'est Joli ]   2008年04月08日 23:21
4 ヒトラーの贋札'06:ドイツ・オーストリア ◆原題:E FALSCHER/THE COUNTERFEITER◆監督:ステファン・ルツォヴィッキー(アナトミー)◆出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ、アウグスト・ツィルナー、マルティン・ブラムバ...
32. ヒトラーの贋札  [ とんとん亭 ]   2008年03月26日 19:59
「ヒトラーの贋札」 2008年 独/墺 ★★★★ 第二次終戦後、かつて贋札作りの達人サリー(マルコヴィックス)は、大金を持ち、モナ コの海辺のホテルへ現れる。ホテルの金庫に金を預け、華やかなカジノへと・・・。 そこで、目が合った令嬢と一夜を共にす...
31. ヒトラーの贋札  [ にき☆ろぐ ]   2008年03月21日 23:10
国家による史上最大の贋札事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。第2次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で、ナチスから紙幣贋造を強制されたユダヤ系技術者たちの苦悩のドラマを描くということでかなり重い内容ですアカデミ...
30. ヒトラーの贋札  [ なんちゃかんちゃ ]   2008年03月08日 07:28
ナチス・ドイツによる紙幣贋造事件。その秘密作戦に協力せざるを得なかったユダヤ人技術者たちの葛藤や苦悩をスリリングに映し出す、実話に基づく歴史ドラマ。
29. Die Fälscher「ヒトラーの偽札」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年03月03日 17:52
終戦間際のナチスによる、敵国の経済破綻を狙った偽札の偽造、「ベルンハルト作戦」にまつわる物語が描かれている作品。著者は実際偽札作りに関わったユダヤ人であるが、自身の視点とも少し違った描かれ方にやや困惑
28. 真・映画日記『ヒトラーの贋札』  [            ]   2008年03月03日 10:54
JUGEMテーマ:映画 2月29日(金)◆730日目◆ 「真・映画日記」、2周年である。 2年前、なんとなく始めた日記がこうして2年も続いた。 それでもまだまだだ。 もっと見たい! いろいろと余裕が出来たのでガンガン見ていく。 試写会も行く。 ということで、...
27. 囚人たちの心の温度差。『ヒトラーの贋札』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年03月02日 13:28
第二次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で行われていた実在の事件を題材に描かれた作品です。
26. 「ヒトラーの贋札」 生き抜くことの行為への誇り  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年03月02日 08:46
第二次世界大戦、ナチスドイツは「ベルンハルト作戦」を展開しました。 これはイギリ
25. ヒトラーの贋札  [ 映画を観たよ ]   2008年02月29日 19:52
まだまだ出てくるドイツの歴史
24. 10●ヒトラーの贋札  [ レザボアCATs ]   2008年02月29日 15:34
ベルンハルト作戦、ナチスによる贋札製造事件を描いた重厚なドラマ。だけど、想像するよりずっと爽やかな後味の良い佳作だ。
23. ヒトラーの贋札 ☆第80回アカデミー賞外国映画賞受賞作品  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年02月29日 01:24
   第80回アカデミー賞 外国映画賞受賞作品   アカデミー賞受賞ということもあるので、他の映画紹介を飛ばしてこの作品のレビューを書く事にしました。2月5日、京都シネマにて鑑賞。平日にもかかわらず、大勢のお客さんなので驚きアカデミー賞にノミネートさ...
22. ヒトラーの贋札  [ 5125年映画の旅 ]   2008年02月28日 22:44
3 第二次大戦下のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所。偽造の天才サリーは逮捕後、芸術や印刷技術に秀でた収容者と共にこの収容所に送られた。そこで彼らを待っていたのは、完璧な贋札を偽造し、世界経済を混乱に陥れるベルンハルト作戦だった。命の危機に怯えながらも彼ら...
21. 「ヒトラーの贋札 (Die Fälscher)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年02月28日 21:30
アカデミー賞の外国語部門にもノミネートされていた「ヒトラーの
20. 映画 【ヒトラーの贋札】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年02月28日 10:13
映画館にて「ヒトラーの贋札」 ナチス・ドイツによる史上最大の贋札事件「ベルンハルト作戦」を描いた作品。第80回アカデミー賞外国語映画部門ノミネート。 おはなし: ナチスは敵国イギリス国内経済に打撃を与えるため、大規模な偽ポンド札の製造に着手する。各地の収容所...
19. 【ヒトラーの贋札】  [ 日々のつぶやき ]   2008年02月28日 09:24
監督:ステファン・ルツォヴィッキー 出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ 『完璧な贋札。それは俺達の命を救うのか。それとも奪うのか-』 「第二次世界大戦の真っ最中、各地の収容所からザクセンハウゼン強制収容所
18. ヒトラーの贋札  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2008年02月28日 08:44
■ シャンテシネにて鑑賞ヒトラーの贋札/DIE FALSCHER 2007年/ドイツ、オーストリア/96分 監督: ステファン・ルツォヴィツキー 出演: カール...
17. 「ヒトラーの贋札」:収容所の中の中  [ ひねくれ者と呼んでくれ ]   2008年02月28日 01:12
監督:ステファン・ルツォヴィツキー 出演:カール・マルコヴィクス ドイツ・オーストリア2007年 ナチス・ドイツがポンドやドルの贋札作って敵国経済の撹乱を図る…
16. 今年初の試写会にて...「ヒトラーの贋札」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2008年02月28日 00:53
「Die Fälscher」...aka「The Counterfeiters 」 2007 オーストリア/ドイツ 主演のサリー(サイモン・ゾロビッチ)にオーストリア出身のカール・マルコヴィクス。 原作者でもある印刷技師のアドルフ・ブルガーに「青い棘/2004」のアウグスト・ディール。 ナチスの“...
15. 終戦まで生きていたい  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年02月28日 00:53
39「ヒトラーの贋札」(ドイツ・オーストリア)  1936年ベルリン。賑わう夜の酒場で商売に精を出すサロモン・ソロヴィッチ、通称サリー。彼は秀でた芸術的才能を利用し、パスポートや紙幣などの偽造を行う贋作師だった。しかし、彼は犯罪捜査局の捜査官ヘルツォーク...
14. ヒトラーの贋札  [ ネタバレ映画館 ]   2008年02月28日 00:18
プラテンといっても食べ物ではない。
13. ヒトラーの贋札  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2008年02月28日 00:11
第二次世界大戦中のドイツ。ユダヤ人強制収容所の一画に各地から集められたユダヤ人の職人たちが働かされている秘密工場がありました。パスポートや紙幣の偽造の罪で逮捕されたサリーも、ユダヤ人であったため強制収容所に送り込まれますが、そこから、この工場に移送されま...
12. ヒトラーの贋札  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年02月27日 23:57
4 異色のナチスものであるこの作品は、非常に興味深い。敵国の経済崩壊を目的にしたナチスの贋札(にせさつ)作りを描いた実話だ。孤高の犯罪者の秘めた正義感と、特殊な収容所、周辺の地獄絵図が鮮烈。生きるために様々な思惑が飛び交う人間模様も見事だ。同時に生と死の究極....
11. 映画 『ヒトラーの贋札』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年02月27日 23:55
  ☆公式サイト☆国家による史上最大の贋札(がんさつ)事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。監督は『アナトミー』のステファン・ルツォヴィツキー。1936年のドイツ、ベルリン。パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作(がん...
10. *ヒトラーの贋札*  [ Cartouche ]   2008年02月27日 23:36
{{{   ***STORY*** 第二次世界大戦中のドイツ。ユダヤ人強制収容所の一画に、各地から集められた職人たちが働く秘密工場があった。パスポートや紙幣の偽造で逮捕されたサリーは、そこでかつて自分を逮捕したヘルツォークが、大量の贋ポンド紙幣をばら撒き、イ...
9. ヒトラーの贋札  [ 辛口だけれど映画が好きです ]   2008年02月27日 22:51
ヒトラーの贋札Die Faelscher(2007年/オーストリア・ドイツ/ステファン・ルツォヴィツキー監督/公式サイト)「贋札王」と呼ばれたユダヤ人の男は強制収容所に送られ、他のユダヤ人技術者と共にナチスから贋札...
8. 『ヒトラーの贋札』  Die Fälscher  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2008年02月27日 22:46
葛藤し、彼は如何にして生き続けたか。確かな手ごたえの感動作。 第二次世界大戦下、ザクセンハウゼン強制収容所で、選ばれたユダヤ人に贋札づくりの指令が下された。ナチスの暴虐、強制収容所のユダヤ人の悲劇を描いた映画はあまりにもたくさんあるものだから、その歴史...
7. 『ヒトラーの贋札』  [ ラムの大通り ]   2008年02月27日 22:42
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Die Fascher) -----ヒトラー? ということは、またドイツ映画かニャ? 「うん。これを観ると 映画の題材というのは、 まだまだ転がっているんだなと思っ...
6. ヒトラーの贋札 87点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年02月27日 22:38
お前は天国で私の奴隷になるの! 公式サイト 第二次大戦時にドイツが行ったベルンハルト作戦を題材に、実際に作戦に従事したユダヤ人アドルフ・ブルガー氏の実体験を元に書かれたノンフィクション本『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』を原作とした、極限状況における人間の心...
5. ヒトラーの贋札  [ B級パラダイス ]   2008年02月27日 22:08
一番最後の回を鑑賞しましたがほぼ全席埋まり、満員御礼状態でした。やはりヒトラー関係は興味を持つ人が多いんでしょうか。
4. ヒトラーの贋札/カール・マルコヴィクス  [ カノンな日々 ]   2008年02月27日 21:52
しばらくシャンテシネに行ってなかったからこの映画の予告編もたぶん一度も観てないんだけど、チラシや紹介記事など読んでみると骨太そうな社会派ヒューマンドラマな感じだったのでとても気になっていた作品です。シャンテシネは公開直後は激しく混むので時間差アタック、で....
3. 【2008-18】ヒトラーの贋札(にせさつ)(Die Falscher)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年02月27日 21:52
4 人気ブログランキングの順位は? 国家による史上最大の紙幣贋造事件 その隠された真実 成功すれば同胞への裏切り 失敗すれば死 完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか── ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造....
2. ヒトラーの贋札  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年02月27日 21:39
 『完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか──』  コチラの「ヒトラーの贋札」は、1/19公開となった"ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造事件。この驚くべき歴史的事実に隠された、ユダヤ人技術者たちの正義をかけた闘いの物語...
1. ロシア 地図  [ 暇な時何してるの? ]   2008年02月27日 17:49
Gift【全国送料無料!】ロシアケーキ 1000Gift【全国送料無料!】ロシアケーキ 1000.(続きを読む) ヒトラーの贋札また、ユダヤ系ロシア人で、カンディンスキーやバウハウスに共感しているらしいインテリ美術生のコーリャ(セバスチアン・ウルツェンドフスキー)ような者もい...

この記事へのコメント

3. Posted by シムウナ   2008年09月24日 11:03
4 TBありがとうございました。
アカデミー賞外国映画賞受賞ということで鑑賞しましたが、作品賞をとった「ノーカントリー」は理解できず苦しんだのですが、こちらは、極限状態のいける人間の苦しみを感じました。実話を基にしていますが、もし、彼らがドル紙幣を完成させていたら戦局はどうなったのでしょうか?ぞっとしますね。
2. Posted by パピのママ   2008年03月03日 17:43
ミチさんへ・・・コメント感謝です(^^♪
そうですね、フランス映画「潜水服〜」か、ドイツ映画「ヒトラー〜」かどちらも甲乙つけがいた作品でしたね。
私の好みでは、こちらに軍配をあげたので嬉しかったです!(^^)!
ミチさんは原作読まれたのですね。
私もトライしてみようと思っています(^_^)
しかしながら、戦時中のナチのユダヤ人に対しての迫害は人道的ではありませんね。
日本も中国や韓国に対して同じことをしたようですけれど、・・・。
終戦後に、彼らが生き延びて本を書いたりまたは成功してる人も大勢いることでしょう。
1. Posted by ミチ   2008年02月28日 10:17
こんにちは♪
アカデミー賞の外国語映画賞を取りましたね!
主演のカール・マルコヴィクスが席でガッツポーズをしていたのが印象的でした。
ブルガーの著した原案本を読んだのですが、解放直後の写真では彼らは本当に健康で清潔そのものでした。
他の囚人たちとの差があまりにはっきりと表れていて驚きました。