2008年04月03日

犬と私の10の約束3

26c2b832.jpg

楽しい時も、淋しい時も、犬は黙ってそばにいてくれる。もし、犬たちが人間の言葉を話せたら、いったい私たちに何を望むのだろうか?__。

14歳のあかりは、病院に勤める父と優しい母の愛情に包まれて暮らしていた。ある日、12歳になったばかりのあかりが学校から帰ってみると、庭の植え込みからヨチヨチ歩きの子犬が出てきました。犬を飼いたがっていたあかりは捕まえようとしますが、電話の音にビックリした子犬はどこかへ姿を隠してしまいます。しかもその電話は、母が倒れ、入院したという父からの知らせでした……

慣れない家のことや寂しさに向き合うあかり。へこたれそうになる心を支えてくれたのは、四月に知り合ったギターの上手な男の子、星進くんでした。母のお見舞いに病院へ向かう途中で、ギターを聴いたり、寄り道をしたり、つかの間の心和む時間を過ごします。

お母さんとあかり母が入院して数週間、函館の総合病院に勤める医師である父はいつも忙しく、日曜日も仕事。そんな朝、例の子犬がまた庭に現れました。右の前足だけが白く、靴下をはいているように見えるゴールデンレトリバーは、こうして家族の一員に。

さっそく病院に見せに行くと、「犬を飼う時は10の約束をしないといけないの」と、母は言います。
「私にはあなたしかいません。仲良くして。遊んで。信じて。心があることを忘れないで。
海岸で 私が死ぬときはそばにいて。私がずっとあなたを愛していたことを覚えていて……
 あかりは子犬と10の約束を交わしました。その子犬は白い足にちなんでソックスと名づけられ、かけがえのない存在になってゆきます。母が急死した時にも、片時も離れずあかりの悲しみを癒してくれたのはソックスでした。
 しかし、恋をし、将来の目標に夢中になるにつれ、あかりはソックスの存在を邪魔に思い、イラ立ちを覚えるように……。ソックスとの10の約束を、あかりは最後まで守れるのでしょうか?

監督は、『ゲゲゲの鬼太郎』の大ヒットが記憶に新しい本木克英。そして、ソフトバンクモバイル「予想外」シリーズや東京ガス「ガス・パッ・チョ!」等のCMを手掛け、2000年と2006年、2回に渡りクリエイター・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した、注目のCMプランナー、澤本嘉光が脚本を担当。

また、韓国映画音楽界の巨匠と称えられ、『八月のクリスマス』、『四月の雪』などの心を揺さぶる美しい旋律を作曲したチョ・ソンウが音楽を手掛けている。主題歌を人気アーティストBoAが歌うのも大きな話題である。(作品資料より)

 

<感想>90年代に話題となった作者不詳の短編詩「犬の10戒」。

この詩から、少女と犬のかけがえのない10年間を描いた映画が誕生したそうです。

家にもワンコがいます。あら〜ぁ、「犬の10戒」ね。10項目の内容なんですが、考えたこともないです。

どうしてって、映画の中のあかりみたいに「犬を飼っていることで不自由を感じるようになる」ワンコのために自分が犠牲になるみたいなこと、そんな感情を持ったことがないからね。

私の子供だと思っているので、毎日一緒に寝るし、食事も一緒、散歩にも必ず雨でも、雪でも、連れて行くしね。それでも躾けはきちんと教えていますよ。

だってワンコは人間と同じように頭もいいし、感情だって敏感なの、飼い主の顔色をよく観察しているし、確かにワンコの寿命は10年〜15年くらいかな、それでもいつも一緒に側にいるかけがえのない存在なのですね。

あかりとソックスこの家族のように、転勤でワンコを飼えなくなり誰かにやってしまうなんてことはないので、この先もずうっとワンコと離れ離れになることなんかないわね。

もちろん亡くなるときは必ず側にいて見守りますよ。

 

これは、きっと母親が娘のために、飼ってやったのでしょうね。

父親が仕事でいつも遅く帰るし、自分も病気で余命わずかだということで、ひとりぼっちで留守番をする娘のために、コンビニの店長(岸部一徳”転々”に出ていた)さんに頼んで子犬を譲ってもらったのでしょう。

映画の中では、庭に迷い込んできたワンコとなってますが、海岸にソックスを連れて行くと、コンビニの店長さんが母犬のゴールデンレトリバーと子犬たちを連れて浜辺で遊ばせているシーンがあります。

犬小屋

お母さんが余命わずかなので、娘に残しておきたい思いが切々と画面から伝わります。

母親が、ソックスと娘と一緒に思い出作りみたいに、写真をたくさん撮ってアルバムに貼って、いつアルバムを開いてもそこに母親とソックスがいる。

でも、子供って大きくなるとお友達とか習い事、それに恋人なんて出来ちゃうと犬なんてどうでもよくなるものなんですよ。

事実、親戚のワンコも初めは子供たちが可愛い、可愛いと散歩に連れてったり、一緒にお風呂でシャンプーしたり本当に仲良くしてたんですけどね、大きくなると結局母親(叔母さん)が面倒を見る事になってしまって、もてあまし気味です。

この物語も、ソックスの面倒は父親が見ることになり、最後のソックスが亡くなってから犬小屋を掃除するお父さん、小屋の中からくしゃくしゃになったソックスの写真と母親からの手紙が入ってたのでした。

その手紙の内容は、「久しぶりね、ソックスが生きているうちはあかりを見守ってくれる、〜私は風になります、元気でね」さすがにこのシーンは涙が、胸が熱く感じました。

だって、本当にあかりの結婚式でベールが風で揺れ、母親があかりを祝福しているように思いましたもの。

やっぱり見どころは、幼犬時代から老犬に至るまでの五匹の可愛いソックス!、どの時代でも名演技をこなして、犬好きの観客の心を独り占めですよね。

星進加瀬君のギターに合わせて尻尾をふる仕草とか、あかりが「あっち向いてホイ!」を連発して、いつもソックスが勝ってしまうこととか。

少女時代のヒロイン、あかり役を演じる福田麻由子の演技が上手いですよね。函館を舞台に撮影されていて、あかりとソックスの定番の散歩道の大森浜や、函館山のロープウェイとか。

函館市電は、あかりが父親の転勤でソックスを進に預けるシーンや、あかりの大学卒業式後の謝恩会場が金森赤レンガ倉庫とか、五稜郭公園の桜並木道での友達のゆうこのワンコトイプードル、次郎の頭に桜の花びらがいっぱい積もって可愛いったらない。

動物園あかりが大学へ行き獣医の資格をとって、旭川市の旭山動物園で本格的なロケを敢行したのも話題ですね。

 

成人したあかりを演じるのは、近年女優としての成長が著しい、「夕凪の街 桜の国」、「魍魎の匣」の田中麗奈。

あかりの幼なじみで、再会して恋人となる進には、「硫黄島からの手紙」、「それでもボクはやってない」、「オロヲン座からの招待状」の若手個性派俳優、加瀬亮。クラシック・ギターひと筋に生きてきた純情青年を演じている。

厳しい両親の父親に、歌手の布施明が演じており、ラストの結婚式で賛美歌を、声を張り上げて歌うのが可笑しかった。

進君が両親のプレッシャーから、事故による怪我がもとで、1度はくじけそうになるが、ソックスに心の傷をいやされて、見事に立ち直るところなどワンコの力は大きいですね。

少女時代のあかりには、『日本沈没』、『Little DJ?小さな恋の物語』の福田麻由子。母親の突然の別れにショックを受けたあかりの心は、首が曲がらなくなってしまうという思わぬ形で悲しみを表現する。

福田麻由子があかりの心情を上手に表現していましたね。

お父さんとソックスあかりの母・芙美子には、華やかな存在感をスクリーンに残す高島礼子。

高島礼子が、ソックスを飼い始めたあかりに『10の約束』を初めて伝えるとき、最後の10戒である「私が死ぬとき、どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。」という言葉を、・・・。

何だか自分の死期が近いことをダブらせているようで、あかりに伝えたかったのでしょうか、母親の気持ちがこもっていて良かったですね。

そして、父・祐市にはシリアスな役どころからコメディまで、幅広い演技で高く評価されている豊川悦司。

豊川悦司のお父さん、本当は犬嫌いで、最初は敬遠していたが、自分が仕事で帰りが遅くなるので、娘がソックスと仲良く留守番してくれるのを喜んでいる。

一番の感動的なシーンは、あかり(田中麗奈)が結婚する直前に、母親の写真とソックスの写真を両手に抱え、豊川悦司が今にも泣きそうな顔をする、そのシーンが印象的でしたね。

友達のゆうこあかりの上司で、獣医を演じるピエール瀧、初めはあかりに麻酔銃を撃つ練習に厳しい上司だったが、ラストのあかりと進の結婚式で、田中麗奈を狙って吹き矢を吹く場面はお気に入りです。

 

それに田中麗奈の友人ゆうこ役で、池脇千鶴が自分もトイプードルの次郎と一緒に映画を面白くする役割を果たしていましたね。

 

犬は飼い主に、絶大なる愛情や慰めを与えてくれるだけでなく、関わった人々の傷ついた心を癒し、さらには人と人の絆さえも結んでくれる素晴らしい友達なのだと、この映画は教えてくれます。

最近では、セラピードッグや猫、うさぎ、小鳥などが老人ホームや施設、小学校、幼稚園、保育園などで、人の心のケアや身体のリハビリに貢献しているという例があります。

動物たちが、出会った人たちに生きる力、癒しの力を与えてくれる存在なのだということを気付かせてくれます。

それに、小さな生き物にも、限りある命の尊さを教えてくれる作品でもありました。



papikosachimama at 11:53│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | あ行の映画

この記事へのトラックバック

30. 犬と私の10の約束  [ Blossom ]   2009年12月24日 20:50
犬と私の10の約束 監督 本木克英 出演 田中麗奈 加瀬亮     福田麻由子 佐藤祥太 池脇千鶴     布施明 大沢あかね 高峮..
29. 『犬と私の10の約束』  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年03月28日 22:16
あらすじ北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーの子犬が迷い込んでくる。その子犬に“ソックス”と名前をつけたあかりに母(高島礼子)は犬を飼うときは犬と「10の約束」を...
28. ワンコとニャンコ  [ Akira's VOICE ]   2009年03月26日 15:43
「犬と私の10の約束」 「グーグーだって猫である」 
27. 犬と私の10の約束 観てきました  [ よしなしごと ]   2008年04月24日 01:06
 前売り特典の携帯クリーナーがかわいくって前売り券を買ってしまいました。そんなわけで犬と私の10の約束を観てきました。
26. 『犬と私の10の約束』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年04月15日 21:53
『犬と私の10の約束』を観ました犬と人との約束事を記した作者不詳の短編詩「犬の10戒」をモチーフにし、北海道の函館を舞台に、一匹のゴールデン・レトリバーと少女のかけがえのない10年間を描く切なくも温かなドラマです>>『犬と私の10の約束』関連製作年度: 2008...
25. 犬と私の10の約束  [ pure's movie review ]   2008年04月12日 02:47
2008年度 日本作品 117分 松竹配給 STAFF 監督:本木克英 原作・脚本:川口晴 澤本嘉光 CAST 田中麗奈 福田麻由子 加瀬亮 佐藤祥太 豊川悦司 高島礼子 原作はあらかじめ読んでました。この作品の最大の魅力は勿論ソックスの可愛さなんだけど、お父さんのキャラクタ...
24. 犬と私の10の約束  [ りらの感想日記♪ ]   2008年04月11日 20:50
【犬と私の10の約束】 ★★★★ 試写会(6) 2008/03/03 ストーリー 北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかり。ある日、彼女の家
23. 犬と私の10の約束  [ 夫婦でシネマ ]   2008年04月07日 15:06
犬の気持ちになってつくられた短編詩『犬の十戒』を基に映画化した作品です。
22. 犬と私の10の約束  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年04月06日 13:08
JUGEMテーマ:映画 2008年3月15日 公開 CMではこの二人、上司と部下で、 ダイズですから! どっひょ〜ん こっれは泣かされたぁ!!! もぉもぉ〜、想像以上に泣かされたぁ〜。 まず犬がお好きな方なら泣かずに劇場を出れないです。 動物モノ...
21. 犬と私の10の約束  [ 空想俳人日記 ]   2008年04月05日 16:44
戒めは 人のためならず  かつて、「新潟県中越地震」で大きな被害に見舞われた山古志村のお話ということで、「マリと子犬の物語」を鑑賞した際の感想にも、「父親役の船越英一郎演じる石川優一と私は同じだ。何が同じって、そう、犬が好きじゃない。犬を飼うなら猫を...
20. 『犬と私の10の約束』  [ SMASH ASH ]   2008年04月05日 12:56
私はこの手の映画は苦手で絶対に観ないと思っていました。理由は・・・泣いてしまうか
19. 各卓撮影  [ ☆ Happy Wedding ☆ 結婚式日記 ]   2008年04月05日 11:15
結婚披露宴での各卓撮影についてかいてみます☆・・・
18. ★ 『犬と私の10の約束』  [ 映画の感想文日記 ]   2008年04月05日 07:29
2008年。「犬と私の10の約束」フィルム・パートナーズ。   本木克英監督。  見るつもりはなかった映画だったが、何やらぜんぜんヒットしていない、という話を聞いて、おそらく観客が期待するものとは、...
17. 『 犬と私の10の約束 』  [ やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ] ]   2008年04月05日 03:29
映画 『 犬と私の10の約束 』 [試写会鑑賞] 日本【2008年3月15日公開】[ 上映劇場 ] 監督:本木克英 原作:川口晴/サイトウアカリ「犬と私の10の約束」 【キャスト】 田中麗奈 加瀬亮 福田麻由子 池脇千鶴 布施明 高島礼子 豊川悦司 (C)...
16. 犬と私の10の約束 65点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年04月04日 23:23
きさま、額の文字どおり犬になりさがる気かっ!? 公式サイト インターネット上にいつしか広まった、作者不明の怪文書『犬の十戒』を題材に書かれた、同名の子供向け書籍をベースに映画化。 かなり前に話題となった『世界が100人の村だったら』と同様、神の視点のごとき...
15. 犬と私の10の約束  [ Diarydiary! ]   2008年04月04日 20:38
《犬と私の10の約束》 2008年 日本映画 函館に住むあかりは片足だけ靴下はい
14. 『犬と私の10の約束』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年04月04日 17:22
□作品オフィシャルサイト 「犬と私の10の約束」□監督 本木克英 □原作・脚本 澤本嘉光、川口 晴 □キャスト 田中麗奈、豊川悦司、福田麻由子、池脇千鶴、高島礼子、加瀬 亮、ピエール瀧、笹野高史■鑑賞日 3月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
13. 犬と私の10の約束(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年04月04日 10:23
犬はあなたを愛してる。だって犬には、あなたしかいないのだから。
12. 『犬と私の10の約束』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年04月04日 04:14
  ソックス、私のそばにいてくれて、ありがとう。   ■北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやって来た。前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーに、あかりは”ソックス”と名前をつける。母はあかりに、犬を飼う
11. 『犬と私の10の約束』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年04月04日 00:22
14歳のあかりは、病院に勤める父と優しい母の愛情に包まれて暮らしていた。ある日、元気だった母親が病気で入院してしまう。父親は仕事で忙しく、寂しいあかりの元に、一匹の子犬が迷い込む。犬嫌いの父親を説得し、あかりは子犬を飼うことに。犬はソックスと名づけられた。
10. 【映画】犬と私の10の約束  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年04月03日 23:03
■動機 福田麻由子と田中麗奈のキャストリレー ■感想 期待していたんだけどなぁ・・・ ■満足度 ★★★☆☆☆☆ まあまあ ■あらすじ 北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・...
5 「犬と私の10の約束」は犬と飼い主の少女との10年の月日に渡って起きた出来事を綴ったストーリーである。母親との約束から母親の死、父の退職、恋人との再会など色々な出来事の中には常に愛犬がそばにいた。
8. 【2008-67】犬と私の10の約束  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年04月03日 22:53
3 人気ブログランキングの順位は? 大好きだった母からの遺言 それは──「犬の10戒」 ソックス、 私のそばにいてくれて、 ありがとう。
7. 映画「犬と私と10の約束」  [ FREE TIME ]   2008年04月03日 22:20
映画「犬と私と10の約束」を鑑賞して来ました。
6. 犬と私の10の約束  [ to Heart ]   2008年04月03日 21:47
製作年度 2008年 映時間 117分 脚本 川口晴 、澤本嘉光 監督 本木克英 音楽 チョ・ソンウ 出演 田中麗奈/加瀬亮/福田麻由子/佐藤祥太/ 池脇千鶴/ピエール瀧/高島礼子/豊川悦司 {/book_mov/}北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の片...
5. 映画「犬と私の10の約束」を鑑賞  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年04月03日 19:22
 29日「犬と私の10の約束」@川崎チネチッタ チネ5映画の話 北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーの子犬が迷い込んでくる。その子犬に“ソックス”と名前をつけた...
4. 『犬と私の10の約束』  [ Sweet*Days** ]   2008年04月03日 15:49
監督:本木克英  CAST:田中麗奈、豊川悦司、加瀬亮 他 14歳のあかりは、医者の父親(豊川悦司)と母親と3人で平和に暮らしてい...
3. 説明不足?『犬と私の10の約束』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年04月03日 15:41
北海道を舞台に描かれた、ゴールデン・レトリバーと飼い主の物語です。
2. 【犬と私の10の約束】  [ 日々のつぶやき ]   2008年04月03日 15:00
監督:本木克英 出演:田中麗奈、豊川悦司、加瀬亮、高島礼子、福田麻由子、池脇千鶴 「函館に住む14歳のあかりは、父親が外科医で不在がちで寂しく思っていた。そんなある日母親の入院をきっかけに犬を飼うことになった。靴下を履いているようなゴールデン・レトリ
1. 犬と私の10の約束/田中麗奈、加瀬亮  [ カノンな日々 ]   2008年04月03日 14:58
犬好きとしては絶対ハズせない映画。だけど、予告編でだいたいの中身がみえてしまってるような不安を感じなくもないのは映画好きだからでしょうか? 出演はその他に、福田麻由子、佐藤祥太、池脇千鶴、相築あきこ、布施明、ピエール瀧、大沢あかね、海老瀬なな、藤井美菜....