2008年07月23日

ワン・ミス・コール2

09bdcd2a.jpg

来た!__留守電に断末魔、それは私の声。おぞましい「死の着信」それは決して逃れられない。あなたは3日後、すでにに死んでいる。

物語:心理学専攻の大学生ベス・レイモンドは、友人シェリーの急死を悲しんでいた。それはレアンも同じだった。シェリーは聖ルーク病院で研修経験があるのに、なぜか自宅の池で口から赤いキャンディーを吐き出し、溺死していた。

しかも亡くなる直前に奇妙な話ばかりをしていたという。そんな話をベスとしているとレアンの携帯電話が鳴った!いつもと違う不気味な着メロに不審な表情を浮かべるふたり。その携帯電話には3日後の日付の着信が残っていた。その着信内容を聞くと、そこにはレアン自身の悲鳴のような声が録音されていた。

一方、妹の変死をきっかけにその謎を探るジャック・アンドリュース刑事は、やがてベスと出会う。

死んだ彼らに共通した事実、それは、死の数日前に携帯電話に着信を受け、留守電に残された自らの断末魔を聞いていたことだ。

そして同じ叫び声をあげて死んでいった。やっと手がかりをつかんだ彼らだが、まもなくベス自身が“死の予告=呪いの着信”を受けてしまう…。

ケータイ2004年に日本で劇場公開され大ヒットを記録し、TVシリーズや続編を生み出した『着信アリ』。その“携帯電話+呪い”の着想はハリウッドをも魅了し、全ての面でパワーアップを果たした最恐のハリウッド・バージョンとして登場した本作。

物語の展開やテーマ性はオリジナル版を尊重しつつも、恐ろしい怨念が生まれた背景とラストに大胆な脚色が加わり、よりエンタテインメント溢れる作品に仕上がっている。

全ては、オリジナル版を超える作品を創造しようと集まった優秀なスタッフの成果でもある。数々の映画賞を受賞してきたフランス人監督エリック・ヴァレットをはじめ、脚本には脚本家兼アメリカ探偵作家クラブ賞受賞のサスペンス作家で、クリント・イーストウッドも惚れ込んだアンドリュー・クレイヴンが。

撮影監督には今夏公開の超話題作『ランボー/最後の戦場』(08)のグレン・マクファーソンが務め、音楽には『ラン・ローラ・ラン』(98)や『パフューム ある人殺しの物語』(06)などで国際的に活躍するラインホルト・ハイル&ジョニー・クリメックが出色の恐怖旋律を奏でている。(作品資料より)

besu<感想>「携帯電話によって呪いが伝播する」という和製ホラー『着信アリ』シリーズにおける、秋元康のアイデアは、今度はハリウッドに持っていった。

日本版では柴咲コウが主演を演じたが、ハリウッド版の主役はシャニン・ソサモン。

ROCK YOU!/ロック・ユー!』で注目を集め、ホラー映画には時々出演している彼女、和製ホラーのリメイクの今作で第2のサラ・ミシェル・ゲラーになるかと思いきや、イマイチ作品の出来があまりにもお粗末。

 

今回の作品は、映像面でも恐怖映画という視点でもナオミ・ワッツの『ザ・リング』サラ・ミシェル・ゲラーの『THE JUON/呪怨』には残念ながら全く及ばない。

それでもアメリカ人には、バッテリーを抜いた携帯電話とか、足で踏みつけ壊れたケータイから不気味な着信音が鳴るシーンは怖い様で、『着信アリ』のアイデア自体はアメリカでも受け入れられているみたい。

 

死の着メロは、あまり恐くない普通なものに変更され、やっぱり日本版のものが脳裏に焼きついて恐怖感があるし、内容も日本版の方が恐いと思った。

冒頭の自宅の庭(日本式庭園)の池で溺死した友人シェリー、鯉が泳いでいる浅い池の中から、手がにゅっと出てシェリーを池の中へ引きずり込む。このシーンは笑えるよ。

側にいた飼い猫も一緒にその手が伸びて引きずり込まれるのですが、このシェリーは、聖ルーク病院で研修生をしていたという。

火事初めに、その聖ルーク病院が火事で全焼し、数人の犠牲者が出た。この病院が実はクセモノだったのですね。

最後にベスが、誘われるように廃墟と化した聖ルーク病院へと入り込むのです。これは恐かったです。

オリジナルと同じなのは、被害者の口から赤い飴玉がポロリ!・・・後は聞いたこともない着メロが流れ、留守電には3日後の日付で被害者自身の悲鳴のようなものが録音されている。

それに、ただひとり不気味な着信のことを信じてくれる男性が、この米国版では被害者たちと似た形で、妹をなくした警察官にエドワード・バーンズが扮している。

チラシには、エド・バーンズと記載されていたが、印刷ミスかも?・・・。

de-pusupekuta-また、日本人向けには、デーブ・スペクターがオカルト宗教の番組で、「アメリカの奇跡」のスタッフ役で、チラっと出演している。

物語の展開はおおむね日本版オリジナルと似通っています。死んだ彼らに共通した事実、それは、死の数日前に携帯電話に着信を受け、留守電に残された自らの断末魔を聞いていたこと。そして同じ叫びをあげて死んでいった。

やっと手がかりをつかんだ彼らだが、まもなくベス自身が<死の予告=呪いの着信>を受けてしまう・・・。

そして、この着信のメロディを聞いた若者たちには、他の人達には通常見えない「死神のような恐ろしい顔をした人物」が見えるようになるという、ここら辺がちょいとオカルト・ホラー色が濃いかな。

赤い飴玉米国のホラー映画だもの、そのへんはVFXを使ってわかりやすく、両目が口となり乳母車を押しながら不気味な笑みを浮かべる母親とか、口が裂け姿を消す図書館の女、無数の亀裂の入った顔をもつバスの乗客、・・・など、私にはムカデが一番キモイ!・・・見るからに不気味です。

そして、着メロを聞いた被害者が死ぬショックシーンも同様で、列車と激突する瞬間とか、工事中のビルが爆発して下にいた被害者ブライアンに鉄の棒が背中から突き刺さったりなんて、前に観た映画と似ているような、ちょいと思い出せませんがね。

せっかく主人公のベスを守ってあげているエドワード・バーンズまで、ドアの穴から目に鋭い刃物が突き刺さる。「幸せになるための27のドレス」でヒロインの上司役をしたバーンズが死ぬなんてね。

ジャックのバーンズそこへ、オカルト教の神父がTVで悪魔祓いをしてあげるなんて調子のいい事言うしね(笑)一番恐いシーンは、最後のクライマックスの、聖ルーク病院で起きた火災事件が、その謎を解く鍵になると思われベスが駆けつけるところ。

暗い廃墟と化した病院、いかにもおどろおどろしくゾンビか、または幽霊か、亡霊か出てくる気配がする。

そうです、排気口の中をベスが這いずって行くと、焼けただれた死体が襲い掛かり、そこへあのバーンズ刑事が助けにやって来て、その焼死体の亡霊は、病院で亡くなった女の子の母親の看護師で、喘息持ちの姉・エリーって女の子は、妹をいじめ虐待して口止めに赤い飴玉をあげていたのです。

それに、ベスも子供の頃母親に虐待され、父親は首吊り自殺、この着メロの張本人の女の子・エリーと同じようにトラウマとなって、最後には超常現象が現れてベスも襲われオカルトB級作品に仕上がってしまったのが残念。

しかし、一番の恐怖感は、映画の途中で地震が起き、揺れている中で音響効果は恐怖感をあおり、館内放送の避難警告は出ず、そのまま鑑賞していたので恐い思いをしましたね(笑)



papikosachimama at 23:36│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | わ行の映画

この記事へのトラックバック

14. 『ワン・ミス・コール』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年09月01日 22:55
『ワン・ミス・コール』を観ました携帯電話に持ち主本人の断末魔の叫びが録音された不気味な着信を受けた者は死に至る、という逃れられない恐怖の連鎖を描く、日本映画『着信アリ』をハリウッド・リメイクしたホラー・サスペンスです>>『ワン・ミス・コール』関連原題: ...
13. シャッターミス  [ Akira's VOICE ]   2009年07月28日 11:46
「シャッター」 「ワン・ミス・コール」 
12. ワン・ミス・コール  [ mama ]   2009年06月15日 08:09
One Missed Call 2008年:アメリカ 原作:秋元康 監督:エリック・ヴァレット 出演:シャニン・ソサモン、エド・バーンズ、アズーラ・スカイ、アナ・クラウディア・タランコン、レイ・ワイズ、デーブ・スペクター 心理学専攻の女子大生ベス・レイモンドは、友人シェ...
11. 映画『ワン・ミス・コール』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2009年05月07日 23:34
65.ワン・ミス・コール■原題:OneMissedCall■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:88分■字幕:岡田壮平■鑑賞日:7月26日、アミューズCQN(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください]□監督:エリック・ヴァレット□原作:秋元康□脚本:アンドリュー...
10. ワン・ミス・コール  [ ベルの映画レビューの部屋 ]   2009年02月20日 01:14
ワン・ミス・コール DTSスペシャル・エディション [DVD] ¥3,162 Amazon.co.jp (2008) 出演 エドワード・バーンズ (ジャック・アンドリュース刑事)     シャニン・ソサモン (ベス・レイモンド)     アズーラ・スカイ (レアン/2...
9. ワン・ミス・コール  [ ★試写会中毒★ ]   2008年08月06日 13:35
満 足 度:★★★    (★×10=満点)  監  督:エリック・ヴァレット キャスト:エドワード・バーンズ       シャニン・ソサモン       アズーラ・スカイ       アナ・クラウディア・タランコン       レイ・ワイズ、他 ...
8. ワン・ミス・コール/エドワード・バーンズ  [ カノンな日々 ]   2008年07月29日 21:45
日本で大ヒットしたホラー映画『着信アリ』のハリウッドリメイク版です。ここ暫くこの手のジャンルを観てなかった気がするので、何だか新鮮な感じです。オリジナルを知ってるからそんなに怖くはないと思ったんだけど? 出演はその他に、シャニン・ソサモン、アズーラ・ス....
7. 「ワンミスコール」  [ ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ ]   2008年07月27日 14:13
ナチュラルボーンな怨念。元ネタの「着信アリ」シリーズを一作も見たことがないのだが、なんとなく気になって劇場まで足を運んだ。あり得ない話にそれなりに現実的な設定を持たせて話の骨格は粗方できていたと思う。主人公と事件の鍵を握る人物以外は被害者として見せるだ...
6. ワン・ミス・コール One missed call  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年07月26日 21:05
 「留守電に断末魔。ーーそれは私の声。」 おぞましい“死の着信”それは決して逃れられない あなたは3日後 すでに死んでいる 7月24日、夕方MOVX京都にて鑑賞。本作のオリジナル版は日本作品“着信あり”だそうで・・・・。監督はあの三池崇史、2004年劇場公開...
5. 『ワン・ミス・コール』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年07月26日 00:06
虎ノ門のニッショーホールでの『ワン・ミス・コール』のジャパンプレミアに行ってきました。 というか、ジャパンプレミアだったことに行くまで全く気付いていなかった自分。ただの試写会かと思ってた。。。 小倉淳アナウンサーの司会の元で、この映画に出演してるデーブ・...
4. 『ワン・ミス・コール』 (One Missed Call)  [ Mooovingな日々 ]   2008年07月25日 21:19
ワンミスコールを見ました。エリックヴァレット監督、シャニンソサモン、エドバーンズ、アズーラスカイ、デーブスペクターほか。 ジャパニーズホラーの着信アリのハリウッド版。 両目が口となり乳母車を押しながら不気味な笑みを投げかける母親、口が裂け姿を消す図書館...
3. ワン・ミス・コール  [ ネタバレ映画館 ]   2008年07月25日 20:21
嫡子アリ?
2. ワン・ミス・コール  [ ともやの映画大好きっ! ]   2008年07月25日 00:38
(原題:ONE MISSED CALL) 【2008年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 2004年に公開されたホラー映画「着信アリ」を、ハリウッドがリメイクしたホラー・サスペンス。 心理学を専攻する女子大生ベス・レイモンド(シャニン・ソサモン)の友人シェリー(ミーガン・グ...
1. 映画「ワン・ミス・コール」を試写会で鑑賞  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年07月24日 00:15
 24日「ワン・ミス・コール」@新橋ヤクルトホール 作品の知名度が低いのか客入りが悪く7割ほど。ゲストが来るみたいでマスコミが多数駆けつけている。 トークショーの話 今回の主権は日本テレビのラジかるッ!。司会は山下美穂子アナ、ゲストは精神科医の名越康文...

この記事へのコメント

2. Posted by パピのママ   2008年07月30日 23:06
5 kossyさんへ・・・今晩は、コメント感謝です。
やっぱり、オリジナルの方が数段恐かったと思いましたね。
しかし、最近のシネコンは音響設備がいいので、ホラー映画とかサスペンスものは、地震でイスがガタガタ揺れると間違いなく怖さが増します(笑)
1. Posted by kossy   2008年07月25日 20:36
こんなに携帯を持つのが怖くなるような映画なんて携帯会社からクレームが来てもよさそうなのに・・・試写会『着信アリ』のスポンサーが富士通のFOMAだったことを思い出します。

映画鑑賞中に地震って怖いでしょうね〜