2008年08月01日

インクレディブル・ハルク4

807483c1.jpg

悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ!

これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。

怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。

ひと味もふた味も違うコクを持った魔性の超人に酔いしれろ!

物語:科学者ブルース・バナーは、実験中に大量の放射能を浴び、驚異の体質の持ち主となっていた。

感情が高ぶり心拍数が200を超えると、肉体が巨大化し、驚くべきパワーを備えた「ハルク」へと変身してしまう。


 

圧倒的身体能力を手にする反面、自分を失い、大切な恋人ベティさえも傷つけてしまったブルースは、その危険な「力」の封印を試みるが、・・・。

人体実験逃亡中の生活の中で、その治療方法の探究に明け暮れるブルースに軍の追跡が迫る。軍は彼の「力」を兵器として利用しようと企んでいたのだ。

その容赦なき軍の作戦が、ブルースはもとより、恋人ベティまでを危険に陥れてしまう。

 

彼女を守る為、軍との壮絶な闘いを余儀なくされたブルースは、「力」を解き放つが、・・・。

そして、ブルースはニューヨークにたどり着く。その目的はハルクに変異してしまう原因の解明に近づくためだ。

一方、ロス将軍はハルクことブルースを捕獲するため、ブルースにある決意を迫るが・・・。(作品資料より)

edowa-do,no-tonn<感想>極右青年から天才奇術師まで、様々な役柄を演じてきたエドワード・ノートン。

変幻自在の演技力に定評のあるカメレオン俳優が、アメコミ・ヒーローのハルクに挑戦!


 

どちらかといえば、作家性の強い作品にでることが多い彼が、なにゆえ娯楽色の強いアメコミ映画の主演を飾ったのか、・・・それは、感情が高ぶると超人ハルクに変貌してしまう主人公、ブルース・バナーの境遇に惹きつけられたからだそうです。


 

ハルクとはいえ、変身後のハルクは完全なCGで、ノートンにはまったく似ていないのよね。

最新の技術を使えば、ノートンの顔を土台にハルクの顔をデザインしたり、ノートンの顔からハルクの顔へといくらでもできるはずなのにね、どんな風になっているのか楽しみにしていただけにガッカリしました。


 

実は、アン・リー監督によって、5年前にも映画化されている「ハルク」。

将軍の父親と娘これは、まだ未見ですが、しかし、悲哀あふれるハルク像を見事に体現したノートンの熱演、ダークな映像、ヒーローが逃亡者となるアメコミ映画らしからぬ展開は、旧版とは一線を画したカラーを放っていると思われます。


 

しかしながら、主人公がどっしりと構えた動きの鈍い社会派ドラマのようではない。

追われる者ブルース・バナーと追う者のロス将軍および部下のエミル・ブロンスキーたちの軍部のチェイスとして、スリリングかつスピーディな展開になっているところも嬉しいですよね。


 

ノートンしかも、チェイスでありながら、心理ドラマとしてブルースの心の中の葛藤が緻密に描かれているところも高く評価したいです。

ハルクに変身してしまうと別人格となって恐ろしい凶暴性を発揮し、暴走してしまうブルース。

ハルクとなって恋人ベティに瀕死の重傷を負わせてしまった過去を悔やむ彼は、それゆえに怒りや憎しみといった“負の感情”を抑制する修行に励む。

ほかのヒーローは、超人的なパワーより一層優れたものにするため、体と技を鍛えているのに。だが、心に不安を覚えて、“心”をメンテナンスするヒーローなどいない。

再会

本作品のブルースは、あのヒクソン・グレイシー(カメオ出演)の道場まで足を運び、ヒクソンの目の前でグレイシー柔術から“心”の平静を保つトレーニングに励むシーンがある。

ところが、ハルクへの変身を拒否するブルースが、自分の信念を変えてまでも、自分の意志でハルクへと変身するシーンでは、それは、恋人のベティに危機が迫った時である。

 

このピンチの時、ブルースはハルクへと変身する。

一般的にヒーローものにおいて、主人公が変身する大義は、正義のためですね。

 

ハルク無論、「インクレディブル・ハルク」においても、ヒロインの危機というのは正義のためでもあるのだが、正義という大義よりも、恋人ベティを危機から救うという私的な理由のほうが勝っている。

そして、恋人のベティを救うためにブルースが、ハルクへと変身せざるを得ないという哀しみの宿命が際立って描かれていることによって、この映画はまぎれもなく重厚なラブ・ストーリーと言えるでしょう。


 

特にアクションは壮絶で、街全体が階段のようなブラジルの丘陵スラムで、軍とブルースが道や建物の屋根を猛疾走する追撃戦は、「ボーン・アルティメイタム」を思わせるド迫力。

ロス将軍重装備のヘリコプターを撃墜したり、装甲車をオモチャのようにブン投げたりと、最新デジタル技術と実写映像を合体させた驚愕のビジュアル、圧倒的なアクションが満載ですよ。

中でも、全身の血管という血管を浮き上がらせ、肉体のあちこちを波のように隆起させながら、ブルースからハルクへと変わっていくシーンの生々しい描写には圧倒してしまいました。

主人公のエドワード・ノートンの他に、ブルースの運命を決定づけるヒロイン、ベティには「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「再会の街」のリブ・タイラー。

telimu,rosuまた、ブルースの宿敵となる特殊部隊員ブロンスキーに扮するのは、「海の上のピアニスト」(99)で印象深い演技を披露した演技派の、ティム・ロス。

そして、執拗にブルースを追い詰める、ベティの父親でもある、ロス将軍には、ベテラン、アカデミー賞俳優、ウィリアム・ハートが演じている。

buronnsuki-本作品の冒頭に、“スターク・インダストリー”という社名の入った兵器のクローズアップがある。

この社名とは、マーベル・コミックス社の看板コミックスであり、映画化もされ、日本公開が待たれる「アイアンマン」の主人公、トニー・スタークが経営する軍事兵器産業の社名のことだそうです。

roba-to,dauni-それに、マーベル・コミックス物の映画化作品のお約束でもある、原作者のスタン・リーのカメオ出演シーン。

スタンが冷蔵庫の中から、有害ドリンク(ブルースが、ブラジルで働いていた清涼飲料工場のドリンクの瓶に、ハルクの血が混入)を出して飲んでしまい、倒れるというショッキングな死に方。いつものコミカルなものとは違います。


 

ラストで、ウィリアム・ハート演じるロス将軍が、酒場でやけ酒を飲んでいるところへ現れる、ロバート・ダウニーJR.演じるトニー・スターク、「アイアンマン」との関係を見せるという遊び心が憎いですね。



papikosachimama at 23:35│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | あ行の映画

この記事へのトラックバック

48. 「インクレディブル・ハルク」  [ 或る日の出来事 ]   2012年05月12日 22:22
「アベンジャーズ」の予習のために観賞。思いのほか、おもしろかった。
47. 『インクレディブル・ハルク』  [ こねたみっくす ]   2011年11月10日 21:11
アン・リー監督、エリック・バナ主演の『ハルク』を無かったことにして、出演者及びスタッフを総入替して作り上げた割には全体的に微妙なこの映画。リメイクでも続編でもなく、前 ...
46. インクレディブル・ハルク  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2010年05月26日 16:35
★★★★  2003年に上映された前作『ハルク』は、人間ドラマに焦点をあて過ぎ、ヒーローものとしてはかなり評価が低かった。それで今回は、続編ではなくストーリー・キャスト・スタッフを一新して製作されたようである。従ってハルク誕生シーンは、観客たちの周知である
45. 『インクレディブル・ハルク』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年12月24日 21:51
あらすじ研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース。彼はその体質の軍事利用を狙うロス将軍から逃れながらミスター・ブルーなる謎の科学者と連絡を取り元の身体に戻る方法を模索していたが・・・。感想日本での公開...
44. インクレディブル・ハルク  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年06月08日 15:47
その「力」、ためらうな。
43. 【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年04月10日 12:37
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こちら...
42. インクレディブル・ハルク  [ ベルの映画レビューの部屋 ]   2009年03月20日 00:28
インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD] ¥3,092 Amazon.co.jp インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD] ¥3,480 Amazon.c...
41. インクレディブル・ハルク  [ カオスダイバー漂流中 ]   2009年03月18日 23:20
心拍数が上がると緑の巨大マッチョメンになってしまう哀しきヒーロー。 おかげで恋人とのセクースもできない哀しきヒーロー。(´;ω;`)う??.
40. 「インクレディブル・ハルク」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年03月07日 10:02
思ってたよりもずっと楽しめました^^
39. インクレディブル・ハルク−(映画:2008年49本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年09月07日 21:31
監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート 評価:81点 公式サイト この前に見た「ハンコック」も、この「ハルク」も、人間ではない何かが暴れまくる....
38. 【2008-186】インクレディブル・ハルク  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年08月30日 02:14
3 人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
37. インクレディブル・ハルク  [ ルナのシネマ缶 ]   2008年08月26日 01:12
アン・リー監督で ちょっとこけた前作から、 キャストを一新して ルイ・レテリエ監督がメガホンを 撮った新作ハルクです。 全てCGのハルクの顔って かなりマンガチックです・・(笑) 科学者のブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、 研究実験の事故で...
36. 「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア試写会  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2008年08月21日 22:54
2008/7/22、東京国際フォーラムでの開催。 実は同じ日に「ダークナイト」の試写会もあったのだが、 悩んだ末「ハルク」を選択。 例によって事前に指定席券と交換する方式。 2階席中段だったが、運のいいことにほぼ中央が当たる。 スペシャルゲストとして水島ヒロが登壇...
35. 『インクレディブル・ハルク』  [ シネマのある生活??とウダウダな日々 ]   2008年08月20日 23:52
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレディブ...
34. インクレディブル・ハルク  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2008年08月19日 23:48
8月15日(金) 21:15?? チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが、明...
33. インクレディブル・ハルク  [ Movies 1-800 ]   2008年08月16日 17:07
The Incredible Hulk (2008年) 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート 怒りなどで心拍数が上がると緑色の巨人に変身してしまう男の活躍を描いたアメコミ・ムービー マーベル社はアン・リー監督の「ハルク」(...
32. インクレディブル・ハルク  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年08月16日 01:40
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その途端...
31. インクレディブル・ハルク 評価:★★★★  [ 20XX年問題 ]   2008年08月15日 14:04
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
30. インクレディブル・ハルク  [ マー坊君の映画ぶろぐ ]   2008年08月11日 18:27
「インクレディブル・ハルク」監督:ルイ・リテリエ (『ダニー・ザ・ドッグ』『トランスポーター2』)出演:エドワード・ノートン(『キングダム・オブ・ヘブン』『ミニミニ大作戦』)リヴ・タイラー(『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『ロード・オブ・ザ・リング/...
29. 「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア  [ アートの片隅で ]   2008年08月10日 17:47
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたので...
28. 「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年08月10日 16:58
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
27. インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk  [ いい加減社長の日記 ]   2008年08月09日 22:45
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/7953638976c0dabe030ff4a2a6ff8a83 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 他の...
26. インクレディブル・ハルク  [ 小部屋日記 ]   2008年08月09日 12:57
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感情が...
25. 「インクレディブルハルク」  [ ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ ]   2008年08月09日 10:29
正気と狂気の境界が適当。前作の「ハルク」は見ておらず、米国ではそこそこヒットしたけど、わが国ではさっぱりだったという印象しかない。今回それほど間をおかずに、続篇ではない新作を世に送り出してきたのは、前作を失敗と捉えているからであろう。主演にE.ノートンを...
24. 『インクレディブル・ハルク』  [ Sweet*Days** ]   2008年08月08日 23:59
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
23. 『インクレディブル ハルク』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年08月08日 05:16
  その「力」、ためらうな。   ■科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートル
22. ★「インクレディブル・ハルク」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年08月07日 04:21
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
21. 映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2008年08月06日 08:13
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう体質...
20. 映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2008年08月06日 08:12
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう体質...
19. インクレディブル ハルク☆★  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年08月05日 17:44
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロー...
18. 「インクレディブル・ハルク」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2008年08月05日 11:13
試写会で 観てきました。「インクレディブル・ハルク」公式サイトエリック・バナのハルクは未見デス。まっさらで期待せずに観にいってきました〜^^;マーベルのヒーローものながら えらい後ろ向き興奮してハルクに変身するとバーサク状態になって誰も手が付けられなく...
17. 【インクレディブル・ハルク】  [ 日々のつぶやき ]   2008年08月05日 11:02
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨
16. 『インクレディブル・ハルク』  [ ラムの大通り ]   2008年08月04日 10:22
(原題:IThe Incredible Hulk) ※映画の見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、何年か前にも映画になったよね。 確か、あのときはエリック・バナが主演で 監督が、あのアン・リー。 「うん...
15. 映画 『インクレディブル・ハルク』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年08月04日 06:33
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、す...
14. インクレディブル・ハルク  [ Memoirs_of_dai ]   2008年08月04日 01:15
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
13. 『インクレディブル・ハルク』  [ つれづれなるままに ]   2008年08月03日 23:25
HTB映画試写会 『インクレディブル・ハルク』の試写会に行ってきました。 いゃ??
12. インクレディブル・ハルク  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年08月03日 23:15
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました〜【story】ブルース・バナー博士(エドワード・ノー...
11. 「インクレディブル・ハルク」  [ クマの巣 ]   2008年08月03日 19:53
「インクレディブル・ハルク」、観ました。 うん、結構楽しめました。 丁寧な作りで……でもアン・リー版「ハルク」とほぼ同じテーマで??.
10. 映画 【インクレディブル・ハルク】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年08月03日 16:54
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身して...
9. インクレディブル・ハルク  [ Akira's VOICE ]   2008年08月03日 14:58
怒らせたらエライ事になります。  
8. インクレディブル・ハルク  [ Lovely Cinema ]   2008年08月03日 12:55
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン(ブルース・バナ−)    リヴ・タイラー(ベティ・ロス)    ティム・ロス(エミル・ブロンスキー)    ウィリアム・ハート(ロス将軍) なんでズボン...
7. インクレディブル・ハルク  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2008年08月03日 01:11
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命....
6. インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年08月02日 23:35
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰も...
5. インクレディブル・ハルク  [ 心のままに映画の風景 ]   2008年08月02日 23:33
科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、 ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた??.
4. インクレディブル・ハルク  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年08月02日 21:35
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
3. インクレディブル・ハルク  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年08月02日 19:16
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もちろん...
2. エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2008年08月02日 10:04
4 前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけど....
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート...

この記事へのコメント

6. Posted by パピのママ   2008年08月13日 22:17
5 daiさんへ・・・いつもコメントありがとう!!
返事が遅くなりすみません^^;
最初は、秀才俳優のエドワード・ノートンが、アメコミの超人ハルクを演じるなんて、と思って見ましたが中々面白く、さすがになんでもこなす俳優さんだと感心しきり(笑)
敵キャラのティム・ロスのCGも、かなり酷かったですね。
ラストの宣伝用の「アイアンマン」、こちらの方が面白そうで見に行きますよ!
5. Posted by パピのママ   2008年08月13日 22:10
ミチさんへ・・・返事が遅くなりごめんなさい^^;
ノートンの初めの作品「真実の行方」は、見ましたよ。
リチャード・ギアのファンなもので(笑)、ノートンは二重人格者の役だったような、ギア様が弁護士で無罪にする話でしたね。
エドワード・ノートンの演技の巧さには、いつも感服しておりますが、アメコミのハルクをやるとは驚きでした。
確かに、超人ハルクはCGだったので、ブルース役のノートンは魅力的ですよね。
4. Posted by パピのママ   2008年08月13日 22:02
5 migさんへ・・・いつもコメント感謝です。
返事が遅くなりました、ごめんなさい。
そう、これもアメコミのヒーローものなんですよね。
確かに面白みに欠けていましたよね
私には、あの秀才ノートンが、アメコミの役をするのに嬉しくなって、あの変身するCGはダメでしたが、後はノートンのハルクとブルースに見入りましたね(笑)
3. Posted by dai   2008年08月04日 01:17
こんばんは♪
TBありがとうございます☆

前半のテンポの良さが良かったので、前半から食い入るように観てしまいました。
ただCG前回のハルクは少し萎えましたが・・・。
2. Posted by ミチ   2008年08月03日 16:55
こんにちは♪
ハルクそのものには惹かれないのだけれど、エドワード演じるブルースが良かったです〜。
彼の眼差しが切なくてねぇ。
「アイアンマン」も見たくなりましたね〜♪
1. Posted by mig   2008年08月02日 23:40
3 パピママさん、こんばんは♪

TBコメありがとうございますー☆
これ、ちょっと真面目すぎちゃって
コミックの面白さがちょっと欲しかったかなって思っちゃいました、といってもコミックみてないくせに(笑)
ノートン、なかなか良かったです。
CGで作られたキャラはニガテなせいもあるかも。

その点、アイアンマンの方は着ぐるみ?みたいに中に入って動いてる感じがレトロで好きですー^^