2008年11月25日

ブラインドネス2

9611c04f.jpg

「全世界失明」の中で見えるのが自分だけだったとしたら・・・!?

“見えない”恐怖より“見える”恐怖の悲劇。

物語:それは一人の日本人男性が突如失明したところから始った。車を運転していた男(伊勢谷友介)が突然視力を失ったのだ。

目に映るのはただ白い世界。男は妻(木村佳乃)に付き添われて眼科の診察を受けるが、医者(マーク・ルファロー)にも原因がわからない。

しかし、その謎の病“ブラインドネス”(白の闇)は異常な感染力でまたたく間に拡大。診察した医者自身も、同じ病院にいたサングラスの娘(アリス・ブラガ)も、男の妻もやがて視力を失ってしまう。

各地での被害拡大に、政府は緊急政策を施行し、感染者を隔離所に強制収容することを決める。それは、かつて精神病院だったという収容所に入れられた感染者たち。

しかし、その中に一人だけ目の見える女性が紛れ込んでいた。夫の身を案じた医者の妻(ジュリアン・ムーア)だった。

監督は「シティ・オブ・ゴット」、「ナイロビの蜂」のブラジル人のフェルナンド・メイレレス。原作は、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白い闇」。

主演は、「めぐりあう時間たち」のジュリアン・ムーア。日本からは伊勢谷友介、木村佳乃が参加し、「ゾデアック」のマーク・ルファロー、「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナル。「僕らのミライへ逆回転」のダニー・グロヴァー、「アイ・アム・レジェンド」のアリス・ブラガら国際色豊な顔ぶれが出演しております。(作品資料より)

   注意:ネタバレです。

isetani<感想>ある日突然、視界が真っ白になってしまう伝染病に侵された人々の運命を見すえる心理サスペンス映画だ。

謎の伝染病の蔓延によって全世界の人々が突然失明。パニックが広がり、秩序が失われる中、人々の心の奥に潜む本性をむきだしにしていく。

極限状態における恐怖を描くとともに、そこから生まれる暴力、狂気といった人間の心の闇を浮き彫りにしていく物語でもある。

収容所の中での暮らしは、食料や医療品の不足、それに衛生問題が深刻化していく。

目が見えないのでトイレに行くのも天井にロープを張りそれを伝って行く。

だが間に合わず廊下で用を足す人も続出。場面から臭いは感じられませんが、廊下は汚物と食べ物の残したものや、容器が散乱して中には洋服を脱いで裸の人もいる。とても不衛生である。

ですが、映像には蝿とか、ゴキブリ、ねずみなどは映っておりません。

gaeruしかしながら、極限状態で動物的な本能をあらわにする人々。

それも銃を持っている人間が見えない人々の世界を牛耳る。

中でも、王と名乗る第3病棟の男(ガエル・ガルシア・ベルナル)が拳銃を片手に全病棟を支配し、限られた供給される食糧を独占する。

その男は、食料の代価として要求したのは金品を、次いで女を差し出せと命じる。絶望と屈辱の中、自らの身体を差し出す彼女たち。

鬼畜同然、野蛮的、原始的な衝動にかられる指導者。

食べ物の次は性欲か、・・・と情けなくなった。もっと他に考えることはないのかと観ていてがっかりした。文化や道徳観とかそんなものは何処かへいってしまい、実に野蛮で原始的である。

夫婦それでも、一人だけ施設内にまぎれ込んだ目の見える医者の妻は、患者たちの支えになって孤軍奮闘する彼女は、同時にエゴや欲望を剥き出しにしていく人間の醜い本性までも直視してしまう。

と言うのは、彼女の夫、眼科医であるが実に情けない男。

妻が甲斐甲斐しく夫の世話をやき、他の人たちの面倒も見る。

それがこの男は、妻がすることに煩わしくなり衝動的に他の女と肉体関係を持つ。

jyuriannその絡み合った二人の姿を妻は目撃するのですが、ただ唖然とするばかりで怒るどころかそのまま夫に献身的に尽すのです。

このあたりの心情は、いくら極限状態だろうと今ひとつ納得がいきませんね。


 

ですが、そんな状況をひたすらに耐えていた彼女が、女たちの一人が王の仲間に殺されたことで、ついに衝動を抑えられなくなりハサミを手に彼女は王に襲いかかったのである。

juriann,kinurやがて施設の外に出た彼女は、なおも想像を絶する悪夢のような光景を目の当たりにするのですね。

果たして我が身の境遇を呪う主人公が、自分の家まで辿り着き調達した食料でお腹を満たし、一緒に来た彼らもやっと安息の時が訪れるのです。

その時、彼ら(伊勢谷)の一人が確かな光を感じ目の前から白いものが消えて、かすかな希望の光を見いだすところで終わるのです。

人間の視力を奪う伝染病が、普段見えなかった人の心の闇を白日のもとにさらす皮肉が描かれています。

そしてただ一人“見える”女性が、その“見たくもない”残酷な現実に苦悩する悲劇。

ダニーしかし、その中には視覚障害の人、権力を握った王に仕える盲目の太った老人(モーリー・チェーキン)に、それにラジオを持っていた黒い眼帯の老人(ダニー・グロヴァー)

も混ざっているのですね。

急に見えなくなる者と、以前から見えない視覚障害者とは、恐怖とか精神的なダメージとかの違いがいくらかあるのではないかと思います。


 

視覚障害者の置かれた状況とか、政府によって外界と遮断された施設に入れられた感染者たち。原因も治療法も不明。と言うか感染者たちを人間として扱ってないと思う。

収容先の精神病院の中は、見えない人間にとっては、安住の住処かもしれないが、そこは見える人間にとっては、武装警備隊による監視の下に(脱走者は射殺)廃墟と化した場所。

kimura意外でしたね、まさか日本人キャストがこんなにフィーチャーされるとは・・・。それに奇病にとりつかれた感染者の恐怖を描いているのですが、そうではなく失明をしていない、ただ一人の女性、ジュリアン・ムーアの目を通じて恐ろしい地獄を体験させられるのですから。

テーマの重さ、重苦しくスッキリしない展開だし、最後まで感染症の原因とか何ら説明されない荒唐無稽な設定で、唐突な終わり方でハッピーエンドなんて、どうも見終わって釈然としないものがたくさん残りました。



papikosachimama at 23:33│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

52. ブラインドネス  [ A Day In The Life ]   2011年11月11日 19:06
劇場にて鑑賞 映画はモノクロームな世界観。 モノクロームって、Artを感じさせて くれますよね? 解説 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル 文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック ・サスペンス。 視
51. 映画『ブラインドネス』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2011年01月12日 23:43
94.ブラインドネス■原題:Blindness(EnsarioSobreaCegueira)■製作年・国:2008年、カナダ・ブラジル・日本■上映時間:121分■鑑賞日:11月29日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キ...
50. ブラインドネス  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2010年07月01日 10:11
★★  これがあの『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督作品なのかと、全く信じられないほどの駄作であった…。 渋滞する交差点で視野が真っ白になり、突然失明した日本人(伊勢谷友介)が、第一犠牲者だった。そしてこの失明は感染するため、彼の周囲に
49. ブラインドネス  [ mama ]   2010年06月04日 01:23
BLINDNESS 2008年:カナダ・ブラジル・日本 原作:ジョゼ サラマーゴ 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、アリス・ブラガ、ダニー・グローヴァー、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー、木村佳乃 始....
48. 『ブラインドネス』'08加・伯・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2010年04月13日 23:33
あらすじ始まりは、一人の日本人男性だった。突然目の前が真っ白になり、完全に失明する謎の伝染病は彼の発症を皮切りに、爆発的な勢いで拡がっていく・・・。感想『シティ・オブ・ゴッド』、『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレス監督がアカデミー会員に、初めて見...
47. ブラインドネス  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年09月20日 21:54
ブログネタ:ご趣味は? 参加中 秋も深まって来ましたね。 芸術の秋ということで 映画を沢山観たいところです。 この映画は映画館で予告編を観ました。 面白そう。 私の好きなジュリアン・ムーアも出ているし。 ところが私の友人には評判がよろしくない。 映画...
46. 【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年07月15日 14:44
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕100...
45. 暗闇で戦争  [ Akira's VOICE ]   2009年04月28日 10:35
「トロピックサンダー」 「ブラインドネス」 
44. 「ブラインドネス」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年04月22日 17:45
この病原体(?)は一体・・・?
43. ブラインドネス  [ いやいやえん ]   2009年04月13日 21:23
ジュリアン・ムーアさん主演。さすがに上手いマーク・ラファロさんや悪役のガエル君、日本人役者さんもでていますね(伊勢谷さんと木村佳乃さん) 失明は失明でも白い光しかみえなくなるというもの。全世界の人々が「白の洪水」とよばれるこれに発症していき政府は彼らを...
42. ブラインドネス  [ ベルの映画レビューの部屋 ]   2009年04月07日 11:36
ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD] ¥3,092 Amazon.co.jp (2008) 製作国 日本、ブラジル、カナダ 出演 ジュリアン・ムーア (眼科医の妻)     マーク・ラファロ (眼科医)     アリシー・...
41. ブラインドネス  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年03月16日 13:46
全世界、失明。
40. ブラインドネス 評価:★★  [ 20XX年問題 ]   2009年01月25日 22:49
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
39. ブラインドネス  [ Movies 1-800 ]   2008年12月21日 15:25
Blindness (2008年) 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリス・ブラガ、ガエル・ガルシア・ベルナル 突然、目が見えなくなる病気に感染し、施設に隔離された者たちの醜態を描いたドラマ ノーベル文学賞獲得経験のあるポルトガル...
38. ブラインドネス  [ 映画を見に行きましょう!!  ]   2008年12月18日 19:52
         ブラインドネスとある都会の街角。日本人の男が運転する車が交差点で立ち往生していた。突然目の前が真っ白になり、完全に視力を失っていたのだ。親切な男に助けられ家まで送り届けられるが、そのまま車を持ち去られてしまう。男は妻に付き添われ病院に...
37. 『ブラインドネス』 2008-No82  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2008年12月17日 17:37
最後に光はさすものの、 気持ち良さは残らない映画でした。 原因不明。 次々に感染していく失明。 この最低な状況でも? だから...
36. ブラインドネス  [ ドラ☆カフェ ]   2008年12月10日 13:42
原作 ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」 監督 フェルナンド・メイレレス 製作国 日本、ブラジル、カナダ 全世界、失明
35. ブラインドネス  [ 今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で ]   2008年12月09日 22:57
    = 『ブラインドネス』  (2008) = ある日、車を運転していた日本人の男(伊勢谷友介)が、突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。 しかし、彼を診た医者(マーク・ラファロ)によれば、眼球に異常はなく、原因は不明だった。 その後、...
34. ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年12月08日 00:58
何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。 12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ...
33. ブラインドネス を観ました。  [ My Favorite Things ]   2008年12月07日 21:16
今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!
32. ブラインドネス  [ メルブロ ]   2008年12月07日 18:32
ブラインドネス 234本目 2008-40 上映時間 2時間2分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ アリス・ブラガ 伊勢谷友介 木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満点)  ある...
31. 「ブラインドネス」 豊かさと倫理  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年12月04日 21:32
本作を観て思い出したのが、ロバード・ゴールディングの「蝿の王」。 映画化もしてい
30. 「ブラインドネス」  [ ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ ]   2008年12月03日 23:44
諦めていなければ、終わったわけではない。突然視界が真っ白になる。それが次々に伝染していく。原作はあるようだが、根底に流れるのは、最近とみに増えた感のある極限状態における人間ウォッチングである。ゾンビや地球外生命体が眼の伝染病に置き換わっただけと言ってし...
29. 「ブラインドネス(BLINDNESS)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年12月03日 19:38
先週見ようと思ってたけど、見逃しちゃった作品。評価もあんまり芳しくないので悩んでいましたけど、ポイントが貯まったので只券
28. 『ブラインドネス』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年12月03日 11:12
年末の月末??月初っていうこともあってか、ここ最近仕事が忙しめでなかなか映画館にも足を運べずにイライラが募ってきたので、今日は仕事が終わったら新宿ピカデリーで『ブラインドネス』を観てきました。 GAGAさんでポイント交換でもらった前売り券も持ってたし、早めに観...
27. ブラインドネス  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年12月01日 17:46
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制隔離...
26. ★「ブラインドネス」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年12月01日 02:59
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
25. *ブラインドネス*  [ Cartouche ]   2008年12月01日 00:18
{{{   ***STORY***      日本=ブラジル=カナダ とある都会の街角。日本人の男が運転する車が交差点で立ち往生していた。突然目の前が真っ白になり、完全に視力を失っていたのだ。親切な男に助けられ家まで送り届けられるが、そのまま車を持ち去られ...
24. ブラインドネス(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年11月30日 15:04
全世界、失明。
23. ブラインドネス■見えないこととは何か?  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2008年11月30日 14:00
「復活の日」や「アウトブレイク」のようなパニックサスペンス・スペクタクルではなく、ラース・フォン・トリアーの「ドッグヴィル」に似ている内容である。「眼が見えなくなる伝染病」はマクガフィンであり、この伝染病についてリアリズムに則り考えてもあまり意味はない...
22. 映画 【ブラインドネス】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年11月30日 09:32
映画館にて「ブラインドネス」 『ナイロビの蜂』のメイレレス監督がノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白い闇」を映画化。 おはなし:街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった日本人男性(伊勢谷友介)。原因は一向に分から...
21. ブラインドネス  [ 5125年映画の旅 ]   2008年11月30日 07:38
4 ある日突然、視界が白く覆われ盲目となる奇病が世界中で蔓延した。政府は感染者を隔離するが、感染者は完全に政府から見捨てられていた。隔離施設から出ることが出来ない感染者たちは次第に平常心を失い、その中の一人が銃を持ち施設を支配しようと画策する。しかし施設の...
20. ブラインドネス  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2008年11月30日 00:53
ブラインドネス  カナダ&ブラジル&本日  サスペンス&SF&ドラマ  監督:フェルナンド・メイレレス  出演:ジュリアン・ムーア      マーク・ラファロ      ガエル・ガルシア・ベルナル      木村佳乃 【物語】  ある日、車を運転していた日本人....
19. ブラインドネス  [ 週末映画! ]   2008年11月29日 22:35
期待値: 76% 小説『白の闇』の映画化 出演: ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブ
18. 「ブラインドネス」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年11月29日 18:03
「結局何だったんだ?」の結末でもあり、観る人によって評価がぱっきりと分かれそうだけど、シュミレーション映画として考えると、説得力があるというのか、何もかもが起こり得るような、空恐ろしくなる作品だった。
17. ブラインドネス  [ You got a movie ]   2008年11月28日 23:34
監督    フェルナンド・メイレレス キャスト  ジュリアン・ムーア       マーク・ラファロ       伊勢谷友介            木村佳乃       ダニー・クローバー  ある外国の町で暮らす日本人(伊勢谷友介)が突然、目の前がま...
16. ブラインドネス  [ Lovely Cinema ]   2008年11月28日 20:36
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本、カナダ、ブラジル 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア    マーク・ラファロ    ガエル・ガルシア・ベルナル    ダニー・グローヴァー    サンドラ・オー    木村佳乃    伊...
15. 【ブラインドネス】  [ 日々のつぶやき ]   2008年11月28日 16:00
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ガエル・ガルシア・ベルナル 「ある街で車を運転していた日本人男性が突然目が真っ白になり見えなくなった。通りがかりの男性に運転してもらい妻の待つマンショ
14. 『ブラインドネス』2008・11・23に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2008年11月28日 10:25
『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかったが
13. 「ブラインドネス」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2008年11月27日 23:28
視界が真っ白になる伝染病がまん延する心理サスペンス。「ブラインドネス」公式サイト「全世界、失明。」「誰もが見えないのになぜ私だけ見えるのか」の予告でちょっと興味もって観にいったんですケド・・想像してたのと違いました。全員が失明する極限状態の人間がどうす...
12. ブラインドネス 2008-64  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年11月27日 22:39
「ブラインドネス」を観てきました〜♪ 交差点の真ん中で突然車が停まる。運転していた男(伊勢谷友介)は、突然目の前が真っ白になったと告げる。病院に行ったが、原因が全く判らなかった。この病気彼に接触した人々に次々に感染していく。政府は、この病気に感性した人...
11. ブラインドネス  [ 悠雅的生活 ]   2008年11月27日 20:42
見えない時、見えてくるもの。
10. ブラインドネス  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年11月27日 11:55
【BLINDNESS】PG-122008/11/22公開(11/22鑑賞)製作国:日本/ブラジル/カナダ監督:フェルナンド・メイレレス出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブラガ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー全世界、失明。
9. ブラインドネス(2008年)  [ 勝手に映画評 ]   2008年11月27日 08:06
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩序...
8. ブラインドネス  [ 5125年映画の旅 ]   2008年11月27日 07:09
4 ある日突然、視界が白く覆われ盲目となる奇病が世界中で蔓延した。政府は感染者を隔離するが、感染者は完全に政府から見捨てられていた。隔離施設から出ることが出来ない感染者たちは次第に平常心を失い、その中の一人が銃を持ち施設を支配しようと画策する。しかし施設の....
7. ブラインドネス  [ 生まれてから今まで観てきた映画全部 ]   2008年11月27日 01:26
本日はフェルナンド・メイレレス監督の新作「ブラインドネス」を観てきました。今日が初日で土曜のお昼に鑑賞したにも関わらず、お客さんが10...
6. Blindness (ブラインドネス) ネタばれあり  [ うだるありぞな ]   2008年11月27日 00:33
今回は、ジュリアン・ムーア主演、原因不明の病原菌で人類が次々と失明していく恐怖を描いた心理サスペンス「Blindness ブラインドネス」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLxCqfCJOsrLz0gkgmGDA2xS4P1czEhKQSAPRtEC4=] ランキングに参加してます。    街...
5. ブラインドネス/ジュリアン・ムーア  [ カノンな日々 ]   2008年11月26日 23:11
特にファンというわけでなくても伊勢谷友介さんと木村佳乃さんが出演している(それも重要な役っぽい)というのは、映画好きな日本人としては興味を惹かれるところです。しかもここ数年の伊勢谷友介さんはいい感じですしね。予告編自体もけっこう面白そうな感じだったし、ノー....
4. ブラインドネス  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年11月26日 23:01
公式サイト。原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」、フェルナンド・メイレレス監督。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー。何か頭と尾は立派だが、中身は....
3. 『ブラインドネス』  [ ラムの大通り ]   2008年11月26日 23:00
(原題:Blindness) ----あっ、この映画なら フォーンも聞いたことあるニャあ。 確か『ナイロビの蜂』の監督作品で 日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が参加してるんでしょ。 カンヌ国際映画祭で オープニングを飾った上にコンペティション作品にも 選ばれたとも聞いたけど…...
2. ブラインドネス/Blindness  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年11月26日 22:59
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ来...
1. ブラインドネス  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年11月26日 01:37
 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニッ....

この記事へのコメント

4. Posted by パピのママ   2008年12月06日 22:45
ミチさんへ・・・コメントいつもありがとうございます!(^^)!
返事が遅くなりどうもすみません^^;
そうですよね、見えない人達はゴミの片づけが出来ないわけで、不衛生極まりない。
ジュリアンが足で蹴飛ばしてたわよね。
それにしても、ハエ、ゴキブリ、ネズミとか出てきませんでしたね。
衛生面で病気になる人達が大勢でるのでは、なんて先読みしてしまいました(笑)
街へでれば、野良犬が死体を食らう、動物は見えるのですよね、だったら動物園の猛獣が死体を食らっているほうが映像的には良かった気がしましたけど(笑)
3. Posted by パピのママ   2008年12月06日 22:37
5 かめさんへ・・・今晩は、TB・コメント感謝です。
返事が遅くなり申し訳ございません^^;
そうですね、人間はこのような極限状態におかれると、貪欲になり理性が働かなくなるのでしょうね。
私は、原因解明が出来なかった国のお偉いさん方に不満タラタラです。
この映画自体は、そんなことは置いといて、突然見えなくなる恐怖と人間の愚かさを描いた作品だったのですね。
2. Posted by ミチ   2008年11月30日 09:36
隔離収容施設の不衛生さにゾーっとしました。
スクリーンからも匂いが漂ってきそうでした。
あの感染はいったいなんだったのか気になりますね〜。
そして町の復興も。
1. Posted by かめ   2008年11月30日 04:35
TBありがとうございました。
観終わった後にもズシンと来る作品でした。
極限状態に置かれた人間の愚かさと優しさを考えさせられ、謎解きがなくてもあまり気になりませんでした。