2008年11月30日

私は貝になりたい4

5ceefaee.jpg

戦争が一市民にもたらす悲劇の名作。数々の黒澤明監督作品に参加した橋本忍氏の脚本で知られる、一兵士として戦争に巻き込まれた市民の悲劇と切なさを描いた、昭和33年制作の名作ドラマが、橋本氏自身の改訂により、完全版としてスクリーンに登場。

物語:高知の港町で細々と理髪店を営む清水豊松は昭和19年に招集されるが、終戦後、無事に家族のもとへ帰ってくる。

しかし、平和な暮らしを取り戻したかに見えた矢先、MPに戦犯として逮捕される。従軍中、上官に捕虜処刑を命ぜられたのだった。

拒めば自分の命がないことを占領軍による裁判でどれだけ訴えようと聞き入れられることはなく、重い判決が言い渡される。妻の房江は減刑の嘆願書に署名を集めるため奔走する。

これまでの脚本では描ききれなかった夫婦愛と悲劇性を盛り込んだ決定稿による完全版である。BC級戦犯として裁かれる主人公を演じる中居正広、その妻役の仲間由紀恵をはじめ豪華なキャストを揃え、中居とTBSドラマ「白い影」「砂の器」で組んだ福澤克雄が映画監督デビューを果たしている。(作品資料より)

rihatutenn<感想>「模倣犯」以来6年ぶりとなる仲居くんの主演映画は、故・フランキー堺が主演した1958年の伝説のドラマの映画化だという。

 

この作品で仲居くんは、戦中戦後を通して数々の悲劇に見舞われる豊松を体当たりで演じている。

悲劇の主人公を演じた仲居くん、本当に演技が上手くなったと感心しました。

主人公、清水豊松の出征まで、軍隊での話し、終戦後の平和な暮らしから逮捕まで、巣鴨プリズンでの日々、そして処刑と、各パートそれぞれで、豊松の気持ち、妻・房江の気持ちの揺れが見事に描かれており、それがドラマとして盛り上がっていく構成が素晴らしいと思いましたね。

房江出征する豊松の頭を房江がバリカンで刈っていくシーンには、夫婦の愛情が滲み出る素晴らしいラブシーンであり、また、豊松の助命嘆願書の署名を集めるため、厳しい自然の中を必死の思いで一軒、一軒と雪深い道を直子を背負って歩く房江の姿には感動しました。

 

そして、減刑かと思って出向いた豊松が、死刑を言い渡され処刑されるまでのシーンでは、本当に罪があるかどうかすら明らかにされていない状況で、死ななければならない。

本当に終戦後に戦犯として裁かれた人達は多かったと思います。上官の命令で、仕方なく実行して捕まった人達。

別タイトルこの映画の中での一番の見せ所では、スクリーンいっぱいに仲居くんの顔が眼光鋭く客席を見つめて、恐ろしいほどの気迫を感じましたね。

最後の名台詞を言う前に、ぶどう酒を一気に3杯も飲み干しながら呟く豊松。

こんなシーンもあったのです。

「つまらね〜一生だったな。あっと言う間に34年が過ぎた」と嘆く豊松に、「50年生きても100年生きても、死の間際はあっと言う間だったと言うのですよ。とにかく来世を信じるんですよ」と教誨師の言葉。

その時、豊松は自分の人生を振り返りながら、「どうせ生まれ変わるのなら100万長者の一人息子にでも生まれ変わりたい」と言っていたのに。

この時代では、100万でも安泰に暮らせるんですね。今では億万長者とか言うけれど、豊松はお金持ちだったら、お金で赤紙も出征も、お金で解決できると思ったのでしょう。

 最後の遺言状では、「お父さんはもう2時間ほどで死んでいきます。お前たちと別れ遠い遠いところへ行ってしまいます。もう一度みんなに逢いたい。もう一度暮らしたい。許してもらえるなら手が一本、足が一本もげても、もう一度お前たちと暮らしたい。」

そして足を引きづりながら階段を上り始める豊松。13階段の上にはロープが、首にかける輪になったロープがぶら下がっている。

面会「せめて、せめて、生まれ変わることが出来るのなら、私は、いいえお父さんは生まれ変わっても、もう人間にはなりたくありません。

人間なんて嫌だ。こんなひどい目にあわされる人間なんて、・・・牛か馬のほうがいい。

いや、牛や馬ならまた人間にひどい目にあわされる。

房江や健二や直子のことを心配することもなく、どうしても生まれ変わらなければならないのなら、いっそ深い海の底の貝にでも・・・そうだ貝がいい。

貝だったら深い海の底でへばりついていればいいからなんの心配もありません。深い海の底だったら戦争もない、兵隊に取られることも無い。房江や健一、直子のこと事を心配することもない。
どうしても生まれ変わらなければならないなら、私は貝になりたい」

刑務所もう何もいえませんね、きっと豊松は、悲しみや苦しみ、家族を心配する思いから解放されたくて、感情のない海の底の「貝になりたい」という境地にたっしたのでしょう。

 

いつも明るい仲居くんが演じたからこそ、戦争の悲惨さ、理不尽さ、虚しさを痛いほど全身で表現して、誰もがしる本作の悲劇性が、より強く胸に迫ってきます。

しかし、世の中が平和で便利になりすぎた現代では、死に対しても横着になってきているのではないでしょうか。

“死”だけはどの人間にも平等に与えられるべきなものだと思う。

だからこそ、死を無駄にしてはいけないし、戦争と言うものはその“死の平等”を奪うものだと思うんですね。

人生のピリオドは、本人も周囲も納得して打てるのが望ましいし、それがかなわない戦争は絶対あってはいけないものだと思うのです。

風景そして、壮大な日本の風景と久石譲の美しい音楽。

福澤監督が2ヶ月以上日本全国をまわり、やっと辿り着いたのが隠岐諸島・西ノ島。

この島は風が強く、天候の変化が激しい。豊松が海に対峙する場面では、数日間も天候を待ち続けたことがあったという。

その甲斐もあり、勇壮な海崖の映像は久石譲が手がけた音楽と響きあう印象的なシーンとなっております。
さらに、日本を代表するアーティストMr.Childrenが、物語の最後を締めくくるに相応しい主題歌「花の匂い」の歌詞の一つ、一つが、また物語りの全篇を思い出しながら涙を誘います。

 

追記:藤田まことが主演した小泉堯史監督の「明日への遺言」(08年)は、これはB級戦犯とされた岡田資(たすく)中将を主人公とした映画だが、裁きの場で「罪があるのは自分一人だと言い放ち、部下だった者たち全員の解放を求める」と処刑を受け入れ、静かな語り口で処刑されるシーンが見事でした。

この映画の大ヒットによって、A級戦犯は「平和に対する罪」の被告人、B級戦犯は「通例の戦争犯罪」の被告人、C級戦犯は「人道に対する罪」の被告人ということが理解できました。



papikosachimama at 22:07│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | わ行の映画

この記事へのトラックバック

23. 私は貝になりたい(2008年)  [ mama ]   2010年03月19日 15:22
2008年:日本 原作:加藤哲太郎 監督:福沢克雄 出演:中居正広、上川隆也、織本順吉、西村雅彦、柴本幸、加藤翼、マギー、片岡愛之助、梶原善、名高達男、浅野和之、泉ピン子、山崎銀之丞、金田明夫、平田満、武田鉄矢、草なぎ剛、笑福亭鶴瓶、荒川良々、伊武雅刀、六....
22. 私は貝になりたい(2008年版)  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年08月01日 10:14
今は亡きフランキー堺さん主演の有名なドラマの リメイクですね。 公開当時、主演の中居正宏さんが 宣伝行脚されてました。 どうなんだろう?と思いつつ やはり観ないと始まらないので。。。( ^ _ ^; 清水豊松は高知の漁港町で理髪店を開業していた。 妻の房江...
21. 私は貝になりたい 中居正広&仲間由紀恵版  [ ネット社会、その光と影を追うー ]   2009年01月02日 11:15
私は貝になりたいは、戦争の不条理を清水豊松/中居正
20. 【映画】私は貝になりたい  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年12月27日 10:14
▼動機 ジャニーズリメイクプロジェクト2008最終章 ▼感想 Mr.Childrenの主題歌さえなきゃいい映画だったのに ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸せ...
19. 私は貝になりたい  [ Sweetパラダイス ]   2008年12月18日 22:01
お客さんの層が幅広かったです。戦後なのに幸せな家庭が崩壊していくもう見てて辛かったですよ〜中居くん、この映画のために9キロ痩せられたとかゲッソリしてましたもんね迫真の演技が素晴らしい仲間さんは健気な妻でいい感じでした絞首刑は免れるのかと思いましたが最後...
18. 私は貝になりたい  [ 週末映画! ]   2008年12月14日 21:41
期待値: 75% フランキー堺が演じた戦争映画のリメイク 出演: 中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、西村
17. ★「私は貝になりたい」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年12月12日 03:55
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 年末あたりになると、シネマ会員の付与ポイントが倍になるって特典があったので、 ちょっとラッキーな気分。
16. 『私は貝になりたい』 @日劇  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年12月11日 17:00
高知の港町で細々と理髪店を営む清水豊松は昭和19年に招集されるが、終戦後、無事に家族のもとへ帰ってくる。しかし、平和な暮らしを取り戻したかに見えた矢先、MPに戦犯として逮捕される。従軍中、上官に捕虜処刑を命ぜられたのだった。拒めば自分の命がないことを占領軍に
15. 【私は貝になりたい】  [ +++ Candy Cinema +++ ]   2008年12月11日 09:55
【監督】  福澤克雄   【原作】  加藤哲太郎    【脚本】  橋本忍    【配給】 東宝(2008年)   【主題歌】  Mr.Children 『花??.
14. 私は貝になりたい  [ 小部屋日記 ]   2008年12月08日 12:45
(2008/日本) 監督: 福澤克雄 出演:中居正広/仲間由紀恵/柴本幸/西村雅彦/平田満/笑福亭鶴瓶/上川隆也/石坂浩二 家族へ、帰りたい。 50年前にフランキー堺主演のドラマが大評判を呼び、映画化もされた名作が再びよみがえる。 中居正広と仲間由紀恵じゃない地味...
13. 映画「私は貝になりたい」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年12月06日 02:15
私は貝になりたい、と言えば昔観たフランキー堺の最後の語りの部分を強烈な印象を持って思い出す??悲劇な物語のなかにも家族の愛に光をあてている?? 豊松(中居正広)は幼い頃から理髪店での丁稚奉公、うだつの上がらないまま恋人にできちゃった子供、親方にとがめ...
12. 私は貝になりたい  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年12月02日 14:11
2008/11/22公開(11/22鑑賞)製作国:日本監督:福澤克雄出演:中居正広、仲間由紀恵、笑福亭鶴瓶、上川隆也、石坂浩二家族へ、帰りたい。
11. 私は貝になりたい  [ ネタバレ映画館 ]   2008年12月02日 00:52
貝になりたい〜♪と歌ったのは前川清
10. 私は貝になりたい ★★★★  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年12月01日 22:59
公式サイト プラデラレビュー 中居は笑顔が明るすぎるのでシリアスなドラマだと浮いてしまうが、今回もその弊害はそれなりに出ている。とは言え全体的には頑張った方だろう。終盤はライティングやカメラアングルの助力もあり、充分に絶望感を出せていた。だが鶴瓶のイン....
9. 映画 『私は貝になりたい』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年12月01日 21:46
   ☆公式サイト☆テレビドラマの歴史に伝説を刻んだ名作「私は貝になりたい」をリメイクした感動的な人間ドラマ。戦犯となり死刑を宣告される小市民を見つめながら、戦争がもたらす不条理や哀しみを切々と描き出す。本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は...
8. 貝にもなりたくないけど…  [ 美容師は見た… ]   2008年12月01日 18:03
今日は12月1日でファーストデイ。昔はこの日が”映画の日”で500円だった記憶があります。そして今日はmy birthday♪と言う訳で、母親と観て来ました。何せ毎日が中居君デイだったので…(笑)   『私は貝になりたい』  期待したこのシーン。 子役の二人は本当に 可愛か...
7. 私は貝になりたい・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年12月01日 17:33
捕虜を殺した容疑で逮捕された元兵士が、戦犯として処刑されるまでの日々を描いた「私は貝になりたい」のリメイク。 伝説的な脚本家、橋本忍...
6. 私は貝になりたい/中居正広、仲間由紀恵  [ カノンな日々 ]   2008年12月01日 10:26
いつ頃の事だったか忘れちゃったけど、随分と昔に所ジョージさん主演のTVドラマ版を観た記憶があります。子供ながらに心に焼き付くようなお話でした。戦争の不条理さや悲しさが、とても身近に感じられそうな素朴な市民が主人公に描かれることで、とても共感しやすかったよう....
5. 私は貝になりたい  [ Akira's VOICE ]   2008年12月01日 10:08
軽くはないが,重くも無い・・・。  
4. 全く怖くない戦争映画。『私は貝になりたい』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年12月01日 09:07
戦犯となり絞首刑を宣告される一人の男性の物語です。
3. 私は貝になりたい  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年12月01日 09:05
JUGEMテーマ:ニュース 2008年11月22日 公開 石坂浩ニに歌唱指導する中居君! ひぃ〜やぁ〜、これ、予告で断片的に観てた時には、中居君の妙にチカラの入った演技に笑えてたりしてて・・・。 で、なんかちょっと斜に構えて観てみたら! いやぁ〜...
2. 劇場鑑賞「私は貝になりたい」  [ 日々“是”精進! ]   2008年12月01日 05:00
「私は貝になりたい」を鑑賞してきました1958年のテレビドラマ以来、繰り返し映像化されてきた反戦劇を中居正広&仲間由紀恵主演でリメイク。半世紀前に書いた脚本を橋本忍みずから改訂。ドラマ「砂の器」などの演出を手掛けた福澤克雄が、高知を中心とした美しい日本...
1. *私は貝になりたい*  [ Cartouche ]   2008年12月01日 00:16
{{{   ***STORY***                 2008年  日本 清水豊松は高知の漁港町で、理髪店を開業していた。家族は、女房の房江と一人息子の健一である。戦争が激しさを加え、赤紙が豊松にも来た。彼はヨサコイ節を歌って出発した。--ある日、撃...