ワールド・オブ・ライズブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢

2008年12月29日

ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日3

169eb91d.jpg

ただ楽しくて、可笑しくて、輝いてた日々、懐かしさに涙ぐんでしまう宝石のような作品

空回りと悩み多きあの頃のワタシに励まされる!?イギリスから届いた究極のビタミン剤

物語:イギリス、ブライトン。この町に住むジョージアは、「まるで木星みたいに」デカい鼻、石器時代なみに頭の固い両親とヘンな妹、荒くれ猫のアンガスに悩まされるけれど、学校の仲良し4人組"エース・ギャング"と大騒ぎの楽しい毎日を送る女の子。

彼女の前に現れたのは、まるで理想を絵にしたような転校生ロビー。でもロビーは、学校で一番の"ビッチ"リンジーとデートしている様子。

打倒リンジー!の作戦を練るジョージア。作戦実行の度にドジを繰り返しては一喜一憂するジョージアの可笑しくも素直な姿が意外にもロビーのハートを捕らえはじめる!?

そんな矢先、パパのニュージーランド転勤とママの浮気疑惑が原因で、両親が離婚の危機にあることが発覚。友達も家族もバラバラになっていく中、ジョージアはある決心をする……。

banndo舞台となるのは、イギリスの南部のビーチリゾート、ブライントン。

アーティストやゲイが集うことで有名なこの街は、ロンドンとは違う開放感や、ヨーロッパ的な街並み、センスのいいインテリアなど、“女の子心”をくすぐる舞台も必見ですよ!!

またこの街は、ヒップなクラブカルチャーで知られており、多くのパーティーシーンでの音楽も話題のひとつ。

UKチャート一位を獲得したザ・ティン・ティンズの「GREAT DJ」をはじめ、映画を盛り上げるサントラもクール。メガホンを取ったのは、イギリス人監督で「ベッカムに恋して」のグリンダ・チャーダ。

出演は、イギリスの新星ジョージア・グルーム、「幻影師アイゼンハイム」のアーロン・ジョンソンとエレノア・トムリンソンなど。(作品資料より)

友達<感想>10代の女の子の恋とときめきをユーモアと共感を込めて描いています。

お年頃というものは、自分の顔に悩みつつ、それでも理想の恋愛と人生を目指しつつ、ひたすら前向きに、・・・イザという時のためにキスの練習も、おシャレも欠かせないけれど友達や家族とも仲良しでいたい。

容姿のコンプレックス(鼻がデカい)もカレシのいない悩みも、前向きな姿勢でどんどん突き進んでいつの間にか解決してしまう。

でも、彼女の悩みは、大人っぽくてクールなクラブに、素敵な恋人を連れて誕生パーティを開くことなのだが、頭の固い両親は許してくれない。

ロビーとジョージアそんなある日、彼女の前に転校生、二卵性双生児のロビーとトムが現れて・・・。

もう彼女はロビーにひと目惚れ!・・・しかし、彼は学校一セクシーな女の子と付き合っているよう。

打倒リンジー!の作戦を練るジョージア。リンジーが、Tバックのパンツを穿いているのに、ジョージアはおばさんパンツである。このパンツのネタはいただけないですね(笑)作戦実行の度に、ドジを繰り返しては一喜一憂するジョージアの可笑しくも素直な姿が、意外にもロビーのハートを捕らえはじめるんです!?

jyo-jia“ダサカワ”少女の恋の悩みは深い。学校の男の子とキスの練習なんてね、ファーストキスは、好きな男の子とするもんでしょって・・・普通はそう思うよね、変な女の子だよ。

もう、最初っからして変な被り物(オリーブの実の着ぐるみ)で登場して来るし、パパはニュージーランドに転勤してしまうし、ママは小さな妹をジョージアに子守させて遊びに行ってしまうトンデモ母親なんです。

妹がまた可愛いったらないし、猫のアンガスを自分の友達のように洋服を着せたり、食べ物を与えたりして、猫がお気に入りで手がかからない妹なの。

このお年頃の女の子って、やっぱり好きな男の子に気に入られたいのよね。

ロビーの家は八百屋さん、ジョージアは野菜が嫌いなのに買い物をする。でも、現実はそう甘くないのだ。

誕生会なんとかロビーに存在をアピールしようとするのだが、そのたびにヘマをやらかし、ロビーからはかわいい娘というよりドジでオモロイ娘という印象をもたれる。が、しかしちゃっかりと顔と名前は覚えられたようである。

パパの方は、家族でニュージーランドへ引越して来るように思っている。ところが、ジョージアも彼氏をゲットしたいし、ママも家の壁をリホームに来ているイケメン建築家と、仲良くなっているのが気になるし、これでは家族はバラバラでいつ崩壊してもおかしくない。

ジョージアは、パパの会社へ行って社長さんにお願いをするのだが、・・・ジョージアの努力が報われる時がきっと来るはず!思わず応援したくなりますよ!

決して美人とは言えなくても、ユーモアと個性があれば恋も人生も手に入れることができるということ。

明るくてユニークでちょっとマヌケなジョージアの日常は、まさにそんな“ブスカワ、ダサカワ”の恋愛奮闘記。その様子はブリジット以来の可笑しくもリアルな物語として、どんな年齢になっても、誰もが恋をしている時の自分と重ね合わせることが出来るに違いないですね。

anngasuそして、毎日がただ楽しくてキラキラと輝いていたあの頃の自分が戻ってきたような錯覚、その感覚に誰もが勇気づけられるはず。

なんか、イギリスから飛び出した「もう一人のブリジット・ジョーンズ」とも言うべき物語ですね。

それに、舞台となっているロンドン郊外の、海岸の街ブライントンの美しいことといったら、本当にリゾート地ですね。ママが惚れてしまった建築家のイケメンは、ゲイだったとはね(笑)猫のアンガスも大活躍ですよん。



papikosachimama at 21:59│ 2008年劇場公開作品、鑑賞 | さ行・ざ行の映画

この記事へのトラックバック

4. 「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年08月08日 10:01
サブタイトルにあるように、この年頃ってゆーうつだけどキラキラしてるんですよねぇ。良いわ〜^^ イケメンさんもぞろぞろ(^ー^* )フフ♪
3. ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日  [ カノンな日々 ]   2009年01月03日 22:13
久々に恵比寿ガーデンシネマでの鑑賞。なので単館上映のこの作品、予告編は一度も観る機会がなかったんだけど、映画紹介記事を読んだ感じでは楽しそうなティーンエイジャーの青春ラブコメだったので、観に行ってきちゃいました。 出演は、ジョージア・グルーム、アラン・....
原題:ANGUS,THONGSANDPERFECTSNOGGING監督:グリンダ・チャーダ出演:ジョージア・グルーム、アラン・デイビス、カレン・テイラー、アーロン・ジョンソン、エレノア・トムリンソン鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>イギリス南部の小...
1. ジョージアの日記 ゆ〜うつでキラキラな毎日  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年12月29日 22:12
 『主役はあの頃の私たち。 UK発 悩める私を励ますビタミン日記。 ダサカワだけど、きっと幸せ。』  コチラの「ジョージアの日記 ゆ〜うつでキラキラな毎日」は、11/15に公開となったもう1つの「ブリジット・ジョーンズの日記」?ちょっと残念な顔に悩みながらも、....
ワールド・オブ・ライズブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢