2009年01月08日

K-20 怪人二十面相・伝4

75a42c97.jpg

正体不明の変装の名人で、20以上の顔を持つとされ、驚異的な身体能力を持ち、変装にはマスクを使う。高笑いと共に現れ、高笑いを残して去る。

汎太平洋学術会議にてテスラの模型とコントロール装置を持ち去る。大きな布で自らと共にそれらを覆い隠し、布が床に落ちると、全てのものが忽然と消えているという大胆な手口であった。

次のターゲットは、羽柴財閥の所有するプリューゲルの「バベルの塔」!

物語:舞台は、架空都市≪帝都≫。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれ、帝都の富の9割がごく一部の特権階級――華族に集中していた。

そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまう≪怪人二十面相≫、通称“K-20”の出現が世間を騒がせていた。

平吉と20面相サーカスの曲芸師・遠藤平吉は、ある日サーカスを見に来ていた紳士から、羽柴財閥の令嬢・羽柴葉子と名探偵・明智小五郎との結納の儀に潜入し、写真を撮ってきてほしいとの依頼を受ける。

報酬につられ了解した平吉だが、それは二十面相の罠だった――。息もつかせぬ激闘――果たして平吉は濡れ衣の汚名をそそぐことができるのか。

出演は、平吉役に金城武、明智小五郎には仲村トオル、羽柴財閥の令嬢に松たか子。

その他、サーカス団のカラクリ師に國村隼、その女房に高島礼子、ちょっとだけ出演の鹿賀丈史と大滝秀治、ダメ警部には益岡徹、今回はあまり活躍しなかった少年探偵団長の本郷奏多君など熱演しております。

監督は、『ヴァージニア』で世界的に評価され、近年は『アンフェア the movie』など脚本家としても活躍している佐藤嗣麻子。(作品資料より)

    注意:ネタバレです!

怪人20面相<感想>昔、TVドラマで何度か上映された「少年探偵団」の中に、必ず出てくる“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲットとし、美術品や骨董品を魔法のようなテクニックで、次々と盗み出すという、それに決して人は殺さないのが鉄則だったと思う。

それと、江戸川乱歩シリーズの「名探偵明智小五郎」など、子供の頃テレビで見たのでうる覚えですが、懐かしさでいっぱいですね。

金城今回は、その怪人20面相が主役で、あの金城武が演じるというのでさぞかしカッコイイだろうと、想像しつつワクワクしながら観にいった(笑)

 

まさか、怪人二十面相が二人もいるなんてと、期待に応えてコメディふうになっているストーリー、原作が北村想の「怪人二十面相・伝」。

20面相の正体が途中で変わっているという設定。

しかも描かれているのは、江戸川乱歩の物語をそのままに、怪人20面相を全く別の角度からとらえた物語なのだ。

羽柴邸冒頭の断り書きで、1949年、第二次世界大戦がなかった架空の都市“帝都”としていて、いわば東京のパラレルワールド。

描かれているのは、華族階級と、大多数を占める下層階級に別れ、貧困に苦しむ泥棒長屋がある一方で高層ビルなんてのもあるし、東京タワーみたいな帝都タワーなるものも存在している。

この架空の世界は、あの「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズのプロダクションROBOTが、企画制作して映画化したという、そうか、それで何となくノスタルジックな感じがしたんですね。

松たか子予告で観た、金城君がビルの屋上で20面相に間違えられるのと、松たか子の財閥のお嬢様とロープにぶら下がって悲鳴をあげているシーンが面白いです。

それと、おてんばで好奇心旺盛の良家の子女役で、武術やオートジャイロ(ヘリコプター)の操縦など、松たか子さん演じる財閥のお嬢さん。「良家の子女のたしなみです!」という台詞がリアルに言える松たか子さんは適役だと思います。育ちのいい彼女ならではの熱演ぶりですね。

平吉、葉子いや〜、金城武には白い鳩がよくお似合いで、「レッドクリフ」の孔明の金城君も良かったが、こういうコメディタッチのヒーローものも最高!

あの、怪人20面相に間違われて軍警に捕らえられ、牢屋に囚われた平吉の元に飛んでくる鳩は、CGではなく本物だそうです。

すっかり鳩になつかれて、金城君の優しさと扱いが上手かったのでしょうね。

それと、金城君が、泥棒少年に焼き芋をだすところ一発で素晴らしい手品を披露してくれて、器用な金城君の嬉しそうな顔が素敵ですよ。

金城君が源治に変装したり、明智小五郎に変装したり、ワイヤーアクションもビルからビルへと飛び移り、泥棒修行も難なくこなして松たか子さんを抱き、空中へと連れ去って行くシーンなど、あれは本当にカッコよかった。

それに、お嬢様の松たか子が花嫁衣裳でずぶ濡れになり、泥棒長屋の源治の家でお風呂に入るシーンでは、お嬢様だからお風呂を泡だらけにしてシャワーはないのとか言って平吉を呼ぶ、そこへ源治も来て二人でお嬢様の裸を見て鼻血を出し、ちり紙を鼻に詰めているところとか、金城君と國村さんが電気工のふりをして、明智邸に忍び来むシーンとか源治と平吉の息のあったナイスバディ関係も面白かった。

舞台挨拶

 

今回は、少年探偵団の活躍はなかったのですが、怪人20面相を請け負った金城君の活躍ぶりと最新VFXを使った華々しい見せ場、映像の力と音響の素晴らしさを堪能した。

 

それに加えて、クライマックスで登場する羽柴邸の、ホールの床の寄木細工に仕組まれている地下室のテスラ装置の凄いことといったらない。

起動するテスラ装置がせりあがり、ガラスドームが開いてそびえ立ち、空高く稲妻らしきまばゆい光線が光る仕組みも素晴らしい。

やっぱりなんて言っても、金城武のスタイリッシュなイメージに、ユニークで人懐っこく、見ていてホッとさせるような持ち味が加わって、金城武ならではのヒーロー像が良かったのではないかと思いますね。

ラストが、何となくシリーズ化するんじゃないか?・・・という終り方でしたがパート2は無い方がよさそう。



papikosachimama at 00:07│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | か行・が行の映画

この記事へのトラックバック

22. K-20 怪人二十面相・伝  [ 映画を見に行きましょう!!  ]   2009年01月30日 21:45
          K-20 怪人二十面相・伝1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲットとし、美術品や骨董品を魔法のようなテ...
21. 映画:K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝  [ よしなしごと ]   2009年01月30日 04:56
 K-20 怪人二十面相・伝を観てきましたが、記事にするのが相変わらず遅くなっちゃいました。
20. 『K-20怪人二十面相・伝』@TOHO市川(フリーパスポート)  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2009年01月19日 13:47
「K-20」。本当はあまり観る気はなかったのですが無料パスポートなのと一部で評判がよく鑑賞。(C)2008「K-20 怪人二十面相・伝」製作委員会監督・脚本:佐藤嗣麻子原作 :北村想出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子製作年:2008年製作国:日本配給:東宝...
19. K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年01月18日 22:49
格差社会の架空都市“帝都”では、富裕層を狙い、美術品や骨董品を盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。 サーカスの天才...
18. 【K-20 怪人二十面相・伝】  [ 日々のつぶやき ]   2009年01月15日 10:02
監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武、仲村トオル、松たか子、國村隼、高島礼子 「1945年第二次世界大戦を回避した日本は激しい貧富の差があった。そんな中、帝都で世間に怪人20面相と名を知られる強盗がいた。富裕層だけをターゲットにしてまるで魔法のように美術品や宝
17. ★K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝(2008)★  [ CinemaCollection ]   2009年01月14日 23:52
怪人二十面相は誰だ!?違う!オレは二十面相じゃない!メディア映画上映時間137分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/12/20ジャンルアクション/アドベンチャー/ミステリー【解説】江戸川乱歩が生み出した希代のダーク・ヒーロー怪人二十面相を巡る様々な謎...
16. K-20 怪人二十面相・伝  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2009年01月12日 22:33
無難にうまく作られた娯楽作品ですね。この作品をそれらしく見せているのが、架空の歴史の日本であるので、その面の美術の雰囲気と遊びで世界観は出ている。ただ悲惨な部分は、そうでない部分との対比がこの世界で価値観の歪みとして認識できてきて産まれ得るのかどうかとい...
15. K-20 怪人二十面相・伝  [ You got a movie ]   2009年01月11日 19:09
監督・脚本 佐藤嗣麻子 キャスト  金城 武 松 たか子 仲村トオル         國村隼  高島礼子  ロンドン・インターナショナル・フィルム・スクールで映画製作を学んだ佐藤嗣麻子の監督・脚本。佐藤監督は映画「ヴァージニア」を日本からの出資を得てイギリ...
14. [映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』を観た^^]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年01月11日 10:00
☆あんまり乗り気じゃなかったのだが、姪が「これが観たい」と言うので、いつものMOVIX昭島に向かった。  ハリウッドが、アメコミヒーローを昨今の特殊撮影の進歩によって重厚に再生させたように、邦画も「怪人二十面相」を復活させようとしたのが透けて見えた。  ...
13. K-20 怪人二十面相・伝  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年01月11日 00:50
北村想原作の同名の小説を映画化したもの。第2次世界大戦を回避した架空の日本を舞台に、怪人20面相の正体を明かしていく。出演は、金城武、仲村トオル、松たか子ほか。 <あらすじ> 1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日...
12. 「K-20 怪人二十面相・伝」 懐かしの冒険活劇  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年01月10日 07:58
江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ、ご多分に漏れず僕も小学生の頃、学校の図書館に
11. 『K??20/怪人二十面相・伝』(2008)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2009年01月09日 23:12
怪人二十面相の正体は一体誰なのか?  無実の罪を着せられた青年が、自らの潔白を証明すべく、本物の二十面相に挑む! 二十面相に嵌められ、二十面相に仕立てられたサーカス芸人・遠藤平吉に金城武、本物の二十面相に襲われたところを助けられたことから、平吉に協力す...
10. K-20 怪人二十面相・伝  [ マー坊君の映画ぶろぐ ]   2009年01月09日 08:41
「K-20 怪人二十面相・伝」監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子配給:東宝概要:1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるそ...
9. 『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』 (2008)/日本  [ NiceOne!! ]   2009年01月08日 23:01
監督・脚本:佐藤嗣麻子出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子公式サイトはこちら。<Story>1949年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその...
8. 「K−20 怪人二十面相・伝」  [ 大吉! ]   2009年01月08日 22:52
<木曜日> 舞台は、第二次世界大戦が回避された”帝都”東京。 ちょっとしたパラレルワールドです。 サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、ある記者に、名探偵・明智小五郎(仲村トオル)と華族のお姫様・羽柴葉子(松たか子)の婚約式の写真を撮ってくるように頼ま...
7. 映画『K-20怪人二十面相・伝』(お薦め度★★★)  [ erabu ]   2009年01月08日 22:26
監督・脚本、佐藤嗣麻子。脚本協力、山崎貴。VFXディレクター、渋谷紀世子。VFX
6. 「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2009年01月08日 21:55
年末見逃した作品を映画の日で鑑賞(その2)は「K-20 怪人二十面相・伝」です。指輪友の鳥エルフさんから熱烈にお薦め頂き
5. K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年01月08日 12:57
2008/12/20公開(12/21鑑賞)製作国:日本監督:佐藤嗣麻子出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡徹、鹿賀丈史怪人二十面相は誰だ!?違う!オレは二十面相じゃない!
4. K-20 怪人二十面相・伝  [ マー坊君の映画ぶろぐ ]   2009年01月08日 12:31
「K-20 怪人二十面相・伝」監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子配給:東宝概要:1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるそ...
3. 【K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝】  [ +++ Candy Cinema +++ ]   2009年01月08日 11:35
【監督・脚本】 佐藤嗣麻子   【原作】 北村想   【脚本協力・VFX協力】 山崎貴   【公開】 2008/12/20   【上映時間】 2時間1...
2. K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年01月08日 07:27
近頃とっても気になる金城さんを目当てに鑑賞(笑)いそいそ【story】1949年、格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥...
1. 映画「K-20 怪人二十面相・伝」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年01月08日 00:50
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね?? 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立つ...

この記事へのコメント

3. Posted by ひろちゃん   2009年01月16日 00:11
パピのママさん、またまたお邪魔します(^^ゞ
ティンカーベルにTBをつけた後、コメントも
入れようと思ったのですが、コメント欄が見つかりません
でした。夜中だからなあとお昼にも
来たのですが、やはり見つかりませんでした(^_^;)
何か規制とかしてあるのでしょうか?
2. Posted by hito   2009年01月15日 10:04
パピのママさん、こんにちは〜
今年も宜しくお願いします♪

白い鳩がまたまた似合っていましたよね!レッドクリフのクールさとは違い、こちらではちょっととぼけていたり熱かったりして可愛かったです〜

迫力もあったし笑えるところもあり、とても楽しく見れました〜続編ダメですか?私はあればいいな〜って思っちゃいました☆
1. Posted by ひろちゃん   2009年01月15日 00:03
パピのママさん、こんばんは^^
TBとコメントありがとうございました!
新年のご挨拶が遅くなりましたが(^^ゞこちらこそ
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

昨年は金城さん大活躍でしたね^^
そして、また白い鳩の似合うこと(笑)
孔明役の金城さんもステキですが、こういうオチャメな
金城さん、好きだわ〜〜♪

脚本、キャスト、VFXすべて良くて、楽しい
映画でした\(~o~)/
続編はできそうですが、パピのママさんは
ないほうがいいですか?(笑)