2009年02月05日

チェ 39歳別れの手紙4

fb085d55.jpg

「今、世界のどこかに私のささやかな助力を求めている人々がいる。別れの時が来たのだ」

人間の価値観が新たな変化を求める現代に最も知るべき男、チェ・ゲバラ。

その最期の341日間には、未来への計り知れない希望がある。

物語:「キューバ革命」を奇跡的成功へ導いたチェ・ゲバラは、19653月、忽然とその姿を消した。

突然の失踪に様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、ゲバラの残した“別れの手紙”を公表する―。

「今、世界の他の国々が、僕のささやかな助力を求めている。君はキューバの責任者だからできないが、僕にはできる。別れの時がきたのだ_」

仲間や家族に別れを告げたチェ・ゲバラは、彼は再び、革命の旅を始めた。変装したゲバラは、196611月ボリビアに入国する。

そこは大統領の独裁政権のもと、農民やインディオたちは圧政と貧困にあえいでいた。ゲバラのもとに次々と革命に燃える戦士が集まるが、ボリビア共産党の援助が絶たれ、ゲリラ軍は孤立していく…。

スティーヴン・ソーダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロー主演の「チェ」二部作のパート2で、新たにチェの側近だった、ドイツ人諜報員タニア役にフランカ・ボテンテ、ボリニアの独裁者バリエントス大統領役には、ヨアキム・デ・アルメイダが。

ボリビアでチェを支援するはずだった共産党のモンヘには、ルー・ダイアモンド・フィリップスなどが、共演している。(作品資料より)

tye,gebara<感想>アルゼンチン出身の革命家でキューバ革命を成功に導き、ボリビアで銃殺されたチェ・ゲバラ。死後41年になるが、いまだに世界中の若者から“正義のアイコン”として愛され続ける一人の男。

人間への愛、正義への信念、そして真実への情熱を貫き通した20世紀最大のカリスマ。圧倒的な支持を集めるこの不世出の革命家は、いったいどんな人生を送ったのか?・・・。

キューバ時代とボリビア時代の前後編に分けて、監督のスティーヴン・ソーダーバーグと主演のベニチオ・デル・トローがその実像に迫る。

結論的にいうと、「28歳」より「39歳」の方が結末が分かっているだけに観ていて辛い思いがした。

川越えいずれも革命をいかに遂行したかを、実際のゲリラ活動を通じて描いているのだが、セミドキュメンタリー風な演出だから、どうしても事実によりかかった描写になっている。

 

裏を返せば、劇的な展開を期待するとしっぺ返しを食らわせられるわけで、画面では実に淡々と時間が流れていく。

その時間の流れが、前編では長い戦闘の末にキューバ革命の勝利へと向かうことが、観客に分かっているから、どうしても緊張感を欠くことになる。

逆に後編では、ボリビア山中での政府軍による銃殺という悲劇に向かうから、いやがうえにも緊張感は高まるわけだ。だから、ドラマとして引き締まり、観客を引っ張っていくのだろう。

それにしても、すべてに抑制をきかせたソーダーバーグ監督の演出が悪くないと思う。

チェ・ゲバラがいわゆる正義の味方的な、「革命英雄」ではなく、圧政からの解放と貧困からの脱出を願う真の革命家であることを示すために考え出された手法に違いないから。

村人ゲバラは、バリエントス独裁政権下のボリビアに渡ったものの、共産党の協力を得られず、次第に孤立し、食料も薬品も尽きて迷走していくゲリラ軍をとらえるカメラは、始終“泣いている”ようだった。

キューバの時と同じやり方で村々を回るチェ。食料も武器もままならない中、それでもボリビアの人々のために戦い続けるチェ。だが、その村人の密告により分隊は一つ、また一つと壊滅させられ、チェの側近だった女性諜報員のタニアも無残な死を遂げる。

やがてチェの本隊にも、政府軍の大軍に追い詰められ、激しい銃撃戦の末に負傷したチェは、ついに捕らえられてしまう。

村小屋に放り込まれた彼は、そのまま裁判を受けることも無く、照りつける日差しの下、処刑されたのである。

メキシコから銃殺する前に政府軍の兵士は、チェに言う、「今頃、カストロは家族とハバナでバカンスだろう」と・・・。

その時、カメラは、政府軍に追い詰められ銃殺されたチェ・ゲバラを、なんと「ゲバラの目」で捉えているのだ。その末期の目に、カメラのレンズに映り見えるものは・・・。

スクリーンには、あの、メキシコから82人の同志と共に海を渡ったチェの姿が映し出される。 

ベニチオ・デル・トローは、ゲバラを演じているのではない、まさにゲバラの肉体が、精神がのり移ったように、そこには「革命家」ではなく、一人の誠実な「人間」がいるようであった。

 

追記:ゲバラは、ボリビアに行く前に、ハゲ頭のカツラに、めがねをかけて髭づらに変装し、ラモンおじさんとして、子供たちに逢いにいっている。写真を撮ったり、食事をして優しい父親の姿を見せている。

<子供たちへの手紙>

この手紙を読まねばならないとき、お父さんはそばにいられないでしょう。

世界のどこかで誰かが不正な目にあっている時、いたみを感じることができるようになりなさい。

これが革命家において、最も美しい資質です。子供たちよ、いつまでもお前たちに会いたいと思っている。だが今は、大きなキスを送り抱きしめよう。

お父さんより:チェ・ゲバラ 1965年 子供たちへの最後の手紙(資料より)

 



papikosachimama at 23:03│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | た行・だ行の映画

この記事へのトラックバック

28. チェ39歳 別れの手紙  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年03月02日 22:19
2月15日(日) 18:50?? 新宿ピカデリー9 料金:1250円(新宿の金券屋で前売りを購入) パンフレット:500円(買っていない) 『チェ39歳 別れの手紙』公式サイト ウルトラ地味で淡々としていた第一部「チェ 28歳の革命」。 さて本作は? より一層地味で淡々としてい...
27. チェ★39歳の別れの手紙レビュー  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年02月26日 01:11
 CHE PARTIE 2 いよいよ後半です。ベニチオ・デル・トロ、益々ゲバラに近づいていくような気がします。パート2は、ボリビアでのチェ・ゲバラの活動が描かれています。後半の作品の方が何かしら食い入るように観てしまいました。タイトルからも分かるように、彼の最期が...
26. 『チェ 39歳 別れの手紙』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年02月22日 17:08
昨日の夜からの急な寒の戻りで、どうやら風邪ひいたみたいです。喉が痛い。 そんな中でも、今日はちゃんと定時に仕事があがれたので、新宿ピカデリーに昨日見逃した映画を取り返しに観てきましたw。 『チェ 39歳 別れの手紙』を観てきましたよー。 ******************...
25. 映画:チェ 39歳 別れの手紙  [ よしなしごと ]   2009年02月21日 05:49
 チェ 28歳の革命を観て20分後にその続編である“チェ 39歳 別れの手紙”を観ました。そう、今回の試写会は一気見試写会なんです。(共通公式ホームページはこちら。)
24. [映画『チェ 39歳 別れの手紙』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年02月15日 23:09
☆ケレンはないし、けしてドラマチックに描いた作品でないことは、『チェ 28歳の革命』(クリック!)を既に観ていたので分かっていた。  故に、どうにも先ず観るロードショー作品は娯楽作優先になり、『チェ 39歳 別れの手紙』は公開から観るのが遅れていたのだが、昨...
23. チェ 39歳別れの手紙  [ Sweetパラダイス ]   2009年02月13日 20:10
キューバ革命を成してのち姿を消したゲバラについてごまかし切れなくなったカストロが彼の「別れの手紙」を読み上げるところから 映画は始まる。最初の方は状況がつかみにくかった「28歳」に比べ仕掛けがないぞ切なすぎてもう観てて嫌になってきたぼうっとなったりむな...
22. チェ 39歳別れの手紙  [ 欧風 ]   2009年02月12日 06:19
土曜、イオン下田での映画鑑賞、1本目は「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」、2本目は、<a href="http://minkara.carview.co.jp/
21. 『チェ 39歳別れの手紙』  [ 自由の森学園図書館の本棚 ]   2009年02月11日 21:05
映画『チェ 39歳別れの手紙』を見ました。『チェ 28歳の革命』と対をなす作品でした。 最後まで自分の信ずるところを枉げずに生きるチェ・ゲバラの姿が印象的でした。孤立して、悲惨な道をすすんでいくことになるのだけど、やっぱりかっこ良い。 権力・抑圧者(...
20. チェ 39歳の別れの手紙  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   2009年02月11日 20:23
第1部「チェ 28歳の革命」のレビューでの懸念が、筆者に取ってはそのまま反映した鑑賞になった。なぜ、今、この時期にゲバラなのか。そもそも1本の作品を2分割することによって得られる効果はあるのか。ゲバラが革命を通して生涯残したたかった事を作品で表現できたのか。...
19. 映画「チェ 39歳 別れの手紙」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年02月11日 18:19
原題:Guerilla (aka Che Part 2) キューバ革命、1959年成し遂げられたその成功は、彼にとって旅の途中の通過点に過ぎなかった??彼の心の奥底に何が渦巻いていていたのか落日の物語?? チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、カストロに宛てた別れの手紙を残し、...
18. 「チェ 39歳 別れの手紙」 Che Guerrilla  [ 俺の明日はどっちだ ]   2009年02月11日 11:13
何とも切ない映画だ。 2部作となった前作「チェ 28歳の革命」は、志しを持って異郷の地に赴き革命を成就さるというある意味「空気の入る」サクセスストーリーであったのに対し、本作では思い届かずやがて孤立無援となり、敗残兵のごとくひたすら追い詰められて最終的に死へ...
17. 「チェ 39歳別れの手紙」民衆の支持と支援を得られず散った革命家の革命に生きた戦い  [ オールマイティにコメンテート ]   2009年02月11日 07:23
5 「チェ 39歳別れの手紙」はチェ28歳の革命の続編でキューバ革命に成功したチェ・ゲバラは1965年にキューバを離れボリビアで革命ゲリラ活動を開始するが、ボリビアの内部から支援を得られず、内部から脱落者や逃亡者などが続出して苦戦の連続の中でついに捕まり処刑され....
16. チェ 39歳別れの手紙  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2009年02月08日 16:43
JUGEMテーマ:映画 2009年1月31日 公開 ★★★★☆ 前編・後編通して星4っつ 良かった! 救うために、変える。 変えるために、戦う。 1965年 忽然と姿を消したゲバラ。 盟友カストロがゲバラからの&quot;別れの手紙&quot;を公表。 ...
15. チェ 39歳 別れの手紙  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2009年02月08日 10:07
 フランス&スペイン  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・ソダーバーグ  出演:ベニチオ・デル・トロ      ベンジャミン・ブラット      フランカ・ポテンテ      ルー・ダイアモンド・フィリップス 【物語】   1965年、キューバ革命に多大な功績...
14. 「チェ 39歳別れの手紙」 ドキュメンタリー以上に乾いた視線  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年02月07日 20:01
やっぱりソダーバーグ監督とは相性が良くないというのを再確認したという感じがします
13. チェ 39歳別れの手紙  [ 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記… ]   2009年02月07日 13:44
「チェ 39歳別れの手紙」を観に行きました。
「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」 チェ 28歳の革命 CHE: PART ONE THE ARGENTINE 2008アメリカ/フランス/スペイン 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 脚本:ピーター・バックマン 撮影:ピーター・アンドリュース 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミア...
11. ★★★★★ 『チェ 39歳 別れの手紙』  [ 映画の感想文日記 ]   2009年02月06日 20:50
2008年。フランス/スペイン。&quot;CHE : PART TWO&quot;.   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  エルネスト・チェ・ゲバラがキューバを去り、ボリビアで死を遂げる...
10. 『チェ 39歳別れの手紙』  [ めでぃあみっくす ]   2009年02月06日 18:10
エルネスト・チェ・ゲバラ。キューバ革命を成功させた伝説的英雄。しかし決して英雄視してばかりではいけない真の革命家。スティーブン・ソダバーグ監督が『28歳の革命』よりも伝えたい要素を詰め込んだというこの作品は、チェ・ゲバラの内面に客観的に迫る一方で、彼が残し....
9. *チェ 39歳 別れの手紙*  [ Cartouche ]   2009年02月06日 18:06
{{{   ***STORY*** 1965年3月、チェ・ゲバラは忽然と姿を消した。様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、ゲバラの手紙を公表する―。彼は再び、革命の旅を始めた。変装したゲバラは、1966年11月ボリビアに入国する。そこは大統...
8. チェ 39歳別れの手紙  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年02月06日 11:04
原題:CHE: PART TWO/GUERRILLA公開:2009/01/31製作国・年度:フランス/スペイン、2008年上映時間:133分鑑賞日:2009/02/01監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、カルロス・バルデム、デミアン・ビチル、ヨアキム・デ・アルメイダ、エルビラ・ミ....
7. チェ 39歳 別れの手紙  [ Akira's VOICE ]   2009年02月06日 10:54
目を閉じないで,見届けよう。  
6. チェ 39歳 別れの手紙  [ Akira's VOICE ]   2009年02月06日 10:33
目を閉じないで,見届けよう。  
5. ある革命家の死〜『チェ 39歳 別れの手紙』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年02月06日 09:28
 CHE: PART TWO  GUERRILLA  スティーブン・ソダーバーグ監督が、20世紀最高のカリスマことエルネスト・ チェ・ゲバラを描いた4時間を超えギ..
4. 映画 【チェ 39歳別れの手紙】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年02月06日 09:21
映画館にて「チェ 39歳別れの手紙」 チェ・ゲバラを描いた歴史ドラマ二部作の後編。 おはなし:1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、彼は変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消し...
3. チェ 39歳別れの手紙  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年02月06日 02:08
前作『チェ 28歳の革命』でキューバ革命成功までを描き、本作ではその後、チェ・ゲバラがボリビアに渡り反政府ゲリラの指導者として処刑されるまでを描いている。主演と監督ははもちろん前作同様ベネチオ・デル・トロとスティーブン・ソダーバーグ。注目の後編です。
2. チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年02月06日 00:31
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバーグ監...
1. チェ 39歳別れの手紙  [ そーれりぽーと ]   2009年02月06日 00:30
『チェ 28歳の革命』の公開から3週間、後編の『チェ 39歳別れの手紙』が公開されたので観てきました。 ★★★ 前作はキューバ革命のチェ・ゲバラを、今回はその後キューバから姿を消してボリビアで革命を起こそうとしていたチェ・ゲバラを描いています。 ボリビアが今も混...

この記事へのコメント

2. Posted by パピのママ   2009年02月11日 03:10
4 ミチさんへ・・・いつもコメント入れてくれてありがとう!
確かにそうかもしれません、映画が凄いじゃない、ゲバラが凄いんですよね。
理想を求めるがゆえに迷走し、失速、敗走していくゲバラの姿は、ヒーローそのものです
お父さんの友人に変装して子供たちに逢いにいくゲバラ、そして村の子供たちと一緒に写真におさまる笑顔のゲバラ。
知っているようで知らない一面のゲバラを、観る事ができました。
1. Posted by ミチ   2009年02月06日 09:26
パピのママさん、先日は拙ブログにお祝いコメントをありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたしますね〜。

変装して子供たちに会うシーンが良かったです。
「28歳」と「39歳」の間にあんなに子供が生まれていたんですね〜(笑)
良いパパの顔と、兵士や病人に向けるやさしい顔は同じでした。
彼にはやはり魅せられます。
こうして歴史に名を残すのもわかりますね。