チェンジリング我が至上の愛〜アストレとセラドン〜

2009年02月25日

20世紀少年<第2章>最後の希望3

5ed7807a.jpg

浦沢直樹によるベストセラーコミックを実写化する3部作の第2章。

謎の教祖が支配する2015年を舞台に、幼なじみたちの新たな戦いを描く。

「みなさん、まもなく人類は終わりを迎えます。悪魔のセールスマンが地球を滅ぼすのです。私を信じ、私とあるるものだけが救われます」と予言する“ともだち”、その正体がついに明らかになる__。

物語:“血の大みそか”から15年後の西暦2015年。歴史では2000年に起こった巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト・ケンジとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は、世界の救世主と崇められていた。

そして、“ともだち”は「まもなく人類は終わりを迎えます。私を信じ、私とある者だけが救われます」と予言を広める。

ケンジの姪・カンナは、行方不明のケンジに代わりユキジに面倒を見てもらい高校生に成長していた。“血の大みそか”の真相を知っているカンナは、学校で習う歴史に憤りを覚えている。

サダキヨある時、カンナは“ともだち”の重大な情報を知ったために命を狙われているニューハーフのブリトニーを匿うことになる。

その捜査で知り合った新米刑事の蝶野は、カンナを信じ手助けするようになった。

そして“ともだち”中心の国家に反抗するカンナは、高校では問題児扱いされ、遂には「ともだちランド」での研修を命じられる。「ともだちランド」とは、社会のルールからはみ出した人間を洗脳するための施設だ。

同級生の小泉響子とともに「ともだちランド」に入ったカンナは、成績優秀者だけが行くことができるともだちワールドのボーナスステージに進む。そこには、ケンジの子供時代・1971年の世界が広がっていた。

そして、カンナは小学校の理科室、小泉はその屋上で“ともだち”の真相に近づいていく。監督は、第1章から手がけている堤幸彦。

     (作品資料より)    注意:ネタバレです!

カンナと蝶野<感想>さあみんなつづきを始めよう、・・・2000年の大みそか以来、ケンジは行方不明って本当に生きているのかな?・・・最後の第3章の予告編で分かりますよ。

第2章の中心人物は、ユキジ(常盤貴子)に育てられたカンナと、オッチョだ。

シリーズものの場合どうしても2作目はイマイチの出来のように思えた。しかしながら、あの当時マスコミを騒がせた「○○ム真理教」が物語の軸になっているように見受けましたね。原作を読んでないのであまり過激な発言は控えたいと思うのですが、何かしらあの当時のことが頭をかすめて仕方がない。

2000年に爆破された国会議事堂の跡には、ともだち宮殿が建てられ、2015年に流行している遊びは、レーザーあやとりなるもの。2015年まで後6年あるが、そんな遊び出来るかもね。

それに、東京新宿でEXPO2015が開催されるという、あの岡本太郎の「太陽の塔」も“ともだち”マークが無残にも描かれて虚しいよ。また、「太陽の塔」の傍には、母の塔、青春の塔が並んでいたことも忘れてはいけない。

果たしてともだちの塔の内部はどうなっているのだろうか?・・・第3章で見られかもしれませんね。

ヨシツネ「ともだちランド」という設定(デズニーランドの間違いでは?)や、ボーナスステージという頭にヘッドギアを付けられ、洗脳されていく信者たち、それに毒ガスマスクを付けた背広姿の男たちが細菌(サリン)を全世界へと撒き散らす。

その神様と崇めたてられている“ともだち”は、イエスキリストの蘇りという、何とも陳腐な防弾チョッキで見事に生き返り、益々民衆の救世主と崇められる。

それでも、カンナを初めとする秘密結社みたいなメンバーは、それぞれ密かに生きており、海ほたる刑務所に幽閉されていたオッチョ(豊川悦司)は、脱獄に成功し、ヨシツネ(香川照之)は、「ともだちランド」の清掃負として地下に潜伏して集団を率いている。

驚いたのは、サリンみたいな細菌・毒ガスを作ったのは、カンナの母親キリコと秘密基地メンバーだったヤマネ(小日向文世)だった。

ヤマネって今回は、物語の中で重要な部分を担っているんですよね。製薬会社の会長にまでなるインテリで天才肌なんだけど、オタク的で社会に順応できなくて可愛そうな人。

オッチョ「しんよげんの書」をケンジに渡す。最後には神様扱いされている“ともだち”を殺す役目なんですが、オッチョに殺されてしまうんです。

オッチョの豊川悦司さんは、漫画家の角田(森山未來)と海ほたる刑務所からの脱走する場面では、こんなの、無理って思うほど(笑)脱出に成功するんですから。

白髪でロン毛で髭をたくわえて、いかにもケンジに代わってヒーロー的存在感があります。

教会でカンナを助け、ともだちパレードに独り立ち向かっていく姿など、オッチョがカンナを「最後の希望」と呼び大事にしているのは、ケンジの忘れ形見だという考えがあってのことでしょう。

それに今回は、カンナ役の平愛梨がともだちの真相を確かめようと奮闘するのですが、友達の小泉響子役の、木南晴夏の飄々とした活躍が印象に残りましたね。

それと、ともだちランドの責任者小池栄子にはびっくり。ハイテンションでキビキビした「サンキュー」の言葉もぴったり決まってました(笑)

サダキヨのユースケ驚いたのはそれだけではありませんから、サダキヨのユースケ・サンタマリアの老けメイクというか、不気味で怖いですよねあの顔は。

子供のころは、いつもいじめられっ子でお面を被っていた。

カンナの高校の教師として赴任してきたが、「ともだちランド」でカンナと響子が洗脳されて(まるでサバイバルゲームのよう)1971年代にタイムスリップして現れるサダキヨの怖いことといったら、ジジババの研ナオコもゾンビメイクで怖!・・・ホクロの巡査の佐藤二郎なんかもっと怖!・・・まるでホラー映画みたいです。

そうそう、歌舞伎町警察署に勤務する刑事役で、1作目で殺された伝説の刑事チョー(竜雷太)さんの孫の蝶野刑事を、藤木直人がドジでひ弱な役柄を熱演しています。

なにしろ、登場人物が多すぎます、ですので第1章を観ておくといいかもしれませんね。

長い〜、エンディングの後に第3章の予告編が始まり、東京の何処か廃墟と化したところに、細菌汚染に生き残った秘密基地の友達や人間たち。(音楽、おらは死んじまっただ〜ぁって懐かしいよ)

それに蘇った「ともだち」と教団の信徒たち、それと北海道だと思うのですが、カンナのところへケンジらしきギターを背にロン毛の男がバイクに乗ってやってくるという予告だ。

やっぱりなんか、心にもやもやとした感じが否めない。このもやもやを取るには第3章を待つしかないのだろう。



papikosachimama at 17:35│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | な行の映画

この記事へのトラックバック

14. 最後の希望(135作目)&クイーン&不毛地帯  [ 別館ヒガシ日記 ]   2009年11月22日 11:09
20世紀少年 第2章 最後の希望はDV
13. 20世紀少年<第2章> 最後の希望−(映画:2009年鑑賞)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年10月12日 18:41
監督:堤 幸彦 出演:豊川悦司、常盤貴子、平 愛梨、香川照之 評価:79点 いまさらながら第2作目を鑑賞。 上映中の最終章もDVDレンタル鑑賞になるでしょう。きっと。 2時間20分もある長い映画なのに、どうしても消化不良感が否めない。数多くのイベントをぶつ切り...
12. 「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年03月07日 18:12
原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。
11. 【20世紀少年 第2章】  [ 日々のつぶやき ]   2009年02月28日 18:56
監督:堤幸彦 出演:平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、藤木直人、香川照之、ユースケ・サンタマリア、唐沢寿明 「2000年の血の大晦日の実行犯とされたケンヂたちはバラバラになって姿を消し、それを食い止めたとしてともだちは世界の救世主と崇められていた。 2015年ケ
10. 『20世紀少年最後の希望』 (2009)/日本  [ NiceOne!! ]   2009年02月28日 00:50
監督:堤幸彦原作・脚本・監修:浦沢直樹出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、黒木瞳、唐沢寿明公式サイトはこちら。『20世紀少年 第1章』の記事はこちら。<Story>西...
9. 「20世紀少年 ??第2章?? 最後の希望」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2009年02月27日 23:56
ご存知、浦沢直樹氏の漫画原作の映画化、3部作の第2弾第1章の感想はこちら原作を読んで面白かったので、結構気に入ってるこの
8. 20世紀少年 -第2章- 最後の希望/平愛梨、豊川悦司  [ カノンな日々 ]   2009年02月27日 18:29
昨日、放送してた『もう一つの第1章』は予想通りのダイジェスト版。映画を再構成して加えられた未公開映像も少年時代のエピソードばかりで期待ハズレ。やっぱり復習上映観ておいてヨカッタです。この第2章ではケンヂの姪カンナとオッチョが好評らしくどんな活躍を見せてく....
7. 20世紀少年-第2章-最後の希望  [ めでぃあみっくす ]   2009年02月27日 17:50
原作は相変わらず未読、というか読まないまま最終章まで見たいと思っています。なので必然的に映画だけの感想ということになりますが、正直1本の映画としては第1章よりも面白くなかったです。ただこれは3部作の第2章。最終章を見るとまた違った感想になるかも知れません....
6. 20世紀少年 -第2章-   [ Akira's VOICE ]   2009年02月26日 11:12
同級生を思い出そう。  
5. 20世紀少年<第2章>最後の希望  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年02月26日 09:51
公開:2009/01/31製作国・年度:上映時間:139分鑑賞日:2009/01/31監督:堤幸彦出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、森山未來、古田新太、小池栄子さあ、みんな“つづき&rd...
4. 20世紀少年 -第2章- 最後の希望  [ そーれりぽーと ]   2009年02月26日 00:13
原作漫画がそのまま実写になったような上手さでファンを沸かせた『第一章』から半年。 続きは徐々に違う展開を見せるのだそうで、期待して『20世紀少年 -第2章- 最後の希望』を観てきました。 ★★★★ 昨晩テレビで放送していた第一章で描かれていなかった部分を追加した解...
3. 20世紀少年<第2章>最後の希望  [ 映画を見に行きましょう!!  ]   2009年02月25日 21:39
20世紀少年〈第2章〉最後の希望西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。 今...
2. 20世紀少年 第2章 最後の希望  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年02月25日 20:54
 『さあ、みんな ”つづき”を 始めよう─』  コチラの「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の1/31に公開となった続編なのですが、早速観て来ち...
1. 20世紀少年?第2章? 最後の希望  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年02月25日 19:47
昨年の夏に公開された『20世紀少年』の続編。今回の主人公はケンジの姪で前作では幼女だったカンナを平愛梨が演じる。もちろん豊川悦司や常盤貴子といったレギュラーメンバーも健在。前作は期待が大きかった分、あまりの出来の悪さにショックが大きかったので、今回は期待...
チェンジリング我が至上の愛〜アストレとセラドン〜