2009年06月13日

ザ・スピリット2

be2bc373.jpg

「シン・シティ」よりも大胆に、「300」よりも刺激的に__アメリカン・コミックの鬼才フランク・ミラーが、ウィル・アイズナーの原作を元に作り上げたダークヒーロー・アクション。

物語:この街セントラル・シティの<夜>を守る男、スピリット(ガブリエル・マクト)。その正体は、殉死をとげた元警官のデニー・コルト。彼は一度死んだもののなぜか墓場から甦り、死なない肉体を武器に戦い続けている。

ある日連絡を受けたスピリットは闇取引の現場へと向かうと、そこには凶悪犯罪者オクトパス(サミュエル・L・ジャクソン)の姿が。

また同じ現場からは宝石泥棒サンド・サレフも脱出を図っていた。スピリットはサンドが自分の初恋の相手であることを知り、彼女を探すが……。(作品資料より)

<感想>「シン・シティ」では原作だけでなく、ロバート・ロドリゲス、クエンテイン・タランティーノと共に監督を務めたフランク・ミラーが、自らも原作者として製作に関わった「300」のクリエイターたちとタッグを組んだ監督最新作がこの「SPIRIT」である。

gaburieru自らのヴィジュアル・タッチの映像化に成功したミラーらしく、本作も完全にタッチはミラーのテイストが満載!

 いわば昔の漫画をミラーが自分流に書き直しちゃった感じなのだ。

原作はウィル・アイズナーによるコミックで、主人公は新米警官のデニー・コルトを「グッド・シェパード」のガブリエル・マクトが、スピリットのイメージそのものと製作陣を唸らせたというが、原作コミックは読んでないのでそんな感じなのかな〜ぁと思うしかないですね。

samieruさらに、本作への出演を熱望し、スピリットの宿敵・オクトパス役に抜擢されたサミュエル・L・ジャクソン。

 

とにかくぶっ飛んでいる!・・・真っ白い着物姿で日本刀をを振りかざしたり、「プラトーン」よろしく機関銃を両手でぶっ放したり、またはドイツのナチスの制服を着たり、豹柄の毛皮を来たりと様々なコスプレでオクトパスを怪演しているのだ。

エヴァそしてやはり、ミラー監督のドライでクールな世界に映える、エヴァ・メンデス扮するセクシーな宝石泥棒のサンド・サレフ。

逮捕に現れたスピリットの前で、惜しげもなくヌードを披露していますよ。この二人は元恋人同士なんです。

それに、スピリットの宿敵で、最強の犯罪者・オクトパスに付き従う冷血な小悪魔、スカーレット・ヨハンソン扮するシルケン・フロス。中でも、登場するたびにコスチュームを替える、真っ白い振袖姿が一番素敵です。

スカーレット看護婦の衣装で眼鏡がエロいスカ嬢、女王様のように煙草を片手に部下たちに命令を下す、その眼差しに思わずゾクッとさせられますよ。
続いては、スピリットを誘惑するのは、生前のスピリットの婚約者の女医のエレン。

演じるはサラ・ポールソン。後輩の女性警察官、妖艶なベリーダンサーから美しきローレライの死神まで、新ヒーローもセクシー美女軍団にタジタジですね!

映像表現は非常にオリジナリティにあふれたもので、全体にモノクロームの色彩で、白と黒をベースに1ヵ所だけ原色の赤を配する独特のパートカラー表現により、ハードボイルド感やキャラクターの感情などを表現していて、もうカッコよすぎ(笑)

物語は、月の輝く夜、スピリットに呼び出しがかかり、ウォーターフロントの沼地に沈没した古い貨物船で、怪しげな取引が行われているというのだ。現場には町一番の凶悪犯罪者のオクトパスの姿があった。

戦い映像が暗いので、最初は物珍しさで画面に見入ってましたが、ウォーターフロントの沼地からタコ入道のように這い出てくる、オクトパス役のサミュエル・L・ジャクソンが、あまり目立たない。

と言うのは、彼は黒人でモノクロ画面ではよほど白い服とか着ていないと見分けがつきません。

これまで何度も死闘を繰り広げてきたスピリットとオクトパスは、今日も死の瀬戸際まで戦うのですが、映像がね〜なんてったてモノクロなんだもの、便器を被せられたりと、そんなにグロイシーンには見えませんでした。

それに、オクトパスのクローン技術によって作られた手下たちは、どれもそっくりで、トロくてそれにおバカで、使いものにならないんですから。

別タイトルその最中に、沈没船では、世界的な宝石泥棒のサンドのエヴァが、引き揚げられた2つの箱のうちの一方を、そしてオクトパスの腹心の部下シルケン役のスカ嬢がもう一方を手に姿を消すのである。

オクトパスが狙っていたものは、永遠の命と無敵のパワーが手に入る“ヘラクレスの血”。

そして、サンドのエヴァが欲しがっているのは“黄金の毛皮”だったのだが、しかし、それぞれ別の品物を引き揚げてしまった両者は、品物を交換する取引を計画するのだった。

オクトパスを倒すため、そして自らの初恋の相手ではあるが、大泥棒のサンドを捕まえるため、取引現場を突き止めたスピリットは、三つ巴の決戦の場へと向かうのです。

しかしですよ、以前に観た「シン・シティ」と、この「ザ・スピリット」を観て、どうしても比べてしまいます。

CGとか技術の面では格段の差がありますが、やはり二番煎じというのでしょうか、それに日本を意識してのわざとらしいオクトパスのアジトも、私にはあまり目新しさは感じませんでしたね。

そして主人公のスピリット役のガブリエル・マクト。「グッド・シェパード」や「恋とスフレと娘とわたし」に出演していたそうですが、何の役だったのか忘れてしまうほどあまり有名ではないです。



papikosachimama at 23:22│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | さ行・ざ行の映画

この記事へのトラックバック

14. 『ザ・スピリット』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年03月08日 01:37
『 ザ・スピリット 』 (2008)  監  督 :フランク・ミラーキャスト :ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、 エヴァ・メンデス、ジェイミー・キング、サラ・...
13. 『ザ・スピリット』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年07月18日 20:30
あらすじ愛する街セントラル・シティを守るために犯罪者たちと戦う仮面のヒーロー、スピリット。ある夜、怪しげな取引の通報を受けて現場に向かった彼は宿敵オクトパスと死闘を繰り...
12. 「ザ・スピリット」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年11月19日 09:49
この映像の色合いと、雰囲気は良かったんですが・・
11. ザ・スピリット [DVD]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年10月31日 23:32
原題:THE SPIRIT公開:2009/06/06製作国:アメリカ上映時間:103分監督:フランク・ミラー出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン最大の敵こそ、真実。+あらすじ+殺害さ...
10. 『ザ・スピリット』2.64点で面白いか?  [ 映画のブログ ]   2009年08月22日 19:33
 「みんなの意見」は案外正しいという考え方がある。  だからというわけではないが、観る映画を選ぶのにネット上のレビューを参考にする??.
9. 「ザ・スピリット」試写会観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2009年06月26日 16:13
☆「ザ・スピリット」 (原題:THE SPIRIT) 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン、ダン・ローリア、パス・ベガ、ルイス・ロンバルディ、ス...
8. 「ザ・スピリット」  [ クマの巣 ]   2009年06月21日 16:07
「ザ・スピリット」、観ました。 元死んだ刑事の謎のヒーロー、スピリット。スピリットは犯罪渦巻くセントラル・シティで犯罪者オクトパ...
7. ザ・スピリット/ THE SPIRIT  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年06月18日 23:19
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『シンシティ』『300』のフランク・ミラーが今作で単独監督デビュー{/ee_3/} 巨匠ウィル・アイズナーによるアメコミの映画化{/m_0158/} 『シンシティ』大好き...
6. ★「ザ・スピリット」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年06月18日 02:00
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 キムタクの出てる「アイ・カム〜」でも良かったんだけど、 やっぱりスカちゃんモノが優先なひらりん。
5. ザ・スピリット/ガブリエル・マクト  [ カノンな日々 ]   2009年06月17日 23:50
『シン・シティ』はイマイチ合わなかったけど『300 <スリーハンドレッド>』は楽しめたフランク・ミラー監督の最新作。アメコミ原作で作品の雰囲気からしても『シン・シティ』系っぽいんですけど、『シン・シティ』同様にこの豪華キャスティングが気になっちゃうんですよね....
4. ザ・スピリット  [ そーれりぽーと ]   2009年06月17日 20:19
フランク・ミラー自身による映画化は『シン・シティ』から2作目の『ザ・スピリット』を観てきました。 ★★★★ どのカットを取ってもコミックの一コマになりそうな、アメコミがリアルな実写と融合して動いている感覚。 フランク・ミラー自身による実写化は2作目とは言え、...
3. ザ・スピリット  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年06月14日 07:19
 『最大の敵こそ、真実。』  コチラの「ザ・スピリット」は、ウィル・アイズナーの傑作コミックを「シン・シティ」や「300 スリーハンドレッド」の原作者フランク・ミラーが「シン・シティ」に続いて、脚本と監督を手掛けた6/6公開のアメコミ・ヒーローものなのですが、...
2. ザ・スピリット  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年06月14日 03:47
(原題:THE SPIRIT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ウィル・アイズナーによる連載コミックに基づく本作を、「シン・シティ」や「300」のグラフィック・ノベルのクリエイターであるフランク・ミラーが初監督で映像化。 大都会セントラルシティで孤独に戦う...
1. ザ・スピリット  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年06月14日 01:36
またしてもアメコミ原作の実写化作品。更に『シン・シティ』、『300』の原作者であるフランク・ミラーが自ら監督。主演は『ママの遺したラヴソング』のガブリエル・マクト。共演は『ジャンパー』、『アイアンマン』のサミュエル・L・ジャクソン。しかし私の目当ては、大...