2009年07月03日

それでも恋するバルセロナ3

abf15eb9.jpg

3人の女と1人の男。惹かれあう4人の関係は、予想不可能の怒涛の展開へ!

どうなる!?・・・この恋!__青い空の下、最高にセクシーでスリル満点な“バカンスの恋”が始る。あなたもきっと、バルセロナで身を焦がす恋がしたくなる__。

年一作のペースで新作を発表するウディ・アレン監督が、スペインのバルセロナを舞台に、四角関係(それ以上?)の恋愛を描くロマンチック・コメディ。

二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、それぞれの個性や恋愛観をぶつけあいながら駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き、ウディ・アレン作品でヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソンのほか、『ノーカントリー』でオスカー受賞のハビエル・バルデムと、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホールに『ボルベール(帰郷)』のペネロペ・クルスが出演している。

ペネロペはこの作品で、本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞。そんな魅力的な俳優陣に加え、美しいバルセロナの街並、名所も見どころの一つ。

  (作品資料より)   注意:ネタバレです!

<感想>ウディ・アレン監督の新作は、陽光きらめくスペインを舞台にした3人の女性の愛の物語。同じ男を愛しながら、それぞれの愛の形はまるで違う。

愛とはすなわちその人の生き方なのかも・・・もどかしく、心許なく、悲しいくらい愚かしい、それが恋!・・・それでもやっぱり恋は素晴らしい!そう思わせてくれる至福の作品である。3人の女性、3つの愛の形。

rebekkaレベッカ・ホールが演じたヴィッキーの場合。女の子には絶対譲れない価値観と言うものがある。ヴィッキーの場合は、人生に対しても男性に対しても、求めるのは安定だ。

そんな堅実派のヴィッキーが親友のクリスティーナと2人でバカンスでバルセロナへやってくる。

故郷のニューヨークにこれまた堅実なダグというお似合いのフィアンセを残して。だが、想定外の出来事が待っていた。

きっかけは深夜のレストラン。昼間、バルセロナに住む親戚のジュディ夫婦と訪れた画廊のパーティで見かけたスペイン人画家、ファン・アントニオが、大胆にもヴィッキーとクリスティーナを同時にナンパして来たのだ。

「僕の画廊があるオビエドに2人を招待したい。そこで食事をしてワインを飲んでセックスをしよう」と囁きかける。

「私たちは生き方が違うの」と反対するヴィッキーに耳を貸そうとはしないクリスティーナ。結局クリスティーナに押し切られる形でオビエドにやってきたヴィッキーだったが、クリスティーナがアントニオとベットイン直前で気分が悪くなり、あえなくダウン。

医者から胃潰瘍と診断されたクリスティーナを残して、終日アントニオに付き合って会話を交わすうち、ヴィッキーは次第に彼の魅力にハマっていく自分に戸惑ってしまう。

そして、ワインとスパニッシュ・ギターの爪弾きに誘われ、彼女は木陰でアントニオと結ばれてしまう。胃痛と闘うクリスティーナを出し抜いて!

それは、もしかしてヴィッキーが無意識のうちに封印してきた女の本音だったのかもしれませんね。バルセロナに戻って“木陰の一夜”を忘れる為に論文執筆に励むヴィッキーだったが、もはや心も体もアントニオに傾いていた。

そんなある日、彼女はグエル公園でアントニオと再会する。そこで彼がクリスティーナと交際を始めことを知らされ、予期したこととはいえ傷つくヴィッキー。

そんなこととは露知らずに、予定を変更してアメリカから飛んできたフィアンセのダグは、ベットの上では別人のように大胆になったヴィッキーの変貌ぶりに感動している。

ダグの提案でバルセロナで結婚式を挙げ、本来の堅実な女に戻ったかに見えたヴィッキーだったが、人生そう巧くはことが運ばない。夫と仲睦まじくやっていたはずの親戚のおばさん、ジュディの不倫現場を目撃したのがいけなかったのか、彼女は再び欲望に負けてアントニオのアトリエを訪れてしまう。

そこに、狂おしいほどに彼を愛する元妻、マリアが銃を構えて忍び寄ってくるとは、・・・。

suka-rettoスカーレット・ヨハンスンが演じたクリスティーナの場合。彼女がヴィッキーと一緒にバルセロナを訪れたのは、“何故、愛の定義は難しいか?”をテーマに自主制作した短編映画が気に入らない上に、失恋してしまったからだ。

情熱的で危険な愛を求める彼女にとって、バルセロナはうってつけの場所だったのかもしれません。

彼女が何故自分がこうも恋愛体質なのか分からないが、自分が望まないもの、それはヴィッキーが追い求める安定に他ならない。だから、彼女はヴィッキーの親戚のおばさんが勧めるお見合い相手が、「夢はお金を貯めて、南の島でシュノーケルをやること」と言った途端、押し黙ってしまうクリスティーナ。

そんなクリスティーナがアントニオにときめいたのも無理ありませんね。何しろ相手は、セクシーなスペイン人画家で、オマケに元妻に刺し殺されなったという筋金入りの危険人物なのだ。

だから、彼女はアントニオの誘いに乗り、嫌がるヴィッキーを説得して期待を胸にオビエドへと飛んだ。小型飛行機で、アントニオの操縦でね。

ところが、イザと言うその時、アントニオの前で吐き気をもようして思いを遂げらずにダウン。結果として、アントニオの欲望は、ヴィッキーに向けられることになろうとは。

3人でオビエドの失態を後悔しつつ、バルセロナで写真に没頭していたクリスティーナに、一応ヴィッキーと別れたアントニオからワインの試飲会の誘いの電話が入る。

喜び勇んでオビエドに出かけたクリスティーナは、彼のアトリエの2階にある寝室で、今度こそベットイン!こうして、夢にまで見たアーティストの恋人になれたクリスティーナの、酒とアートとセックスの日々はスタートするのだが、それも束の間。突然。アントニオの元妻、マリアが自殺未遂事件で乱入して来て、3人の共同生活が始る。

しかし、ここで意外なケミストリーが生まれる。最初は反発し合っていたクリスティーナとマリアが、やがて芸術を通して各々の存在を認め合い、クリスティーナはアンニオだけでなくマリアとのセックスも自然と受け入れられるようになったのだ。

天才的なアーティストである、マリアはクリスティーナの中で眠っていた写真家としての才能を発掘してくれた、心強い先導者でもあったのだ。

そして、他人から見れば奇妙な3角関係は永遠に続くかに思われたが、しかし、彼女の理性が感情に勝ったのか?・・・それとも安定を望まない生来の価値観が目覚めたのか?・・・夏の終わりと共に、クリスティーナの心に変化の兆しが見え始めるのであった。

udei,arennそして、最後のペネロペ・クルズが演じたマリア。才能に恵まれた希代のアーティストでありながら、人間関係に関しては常にバランスを欠き、特に恋愛のフィールドでは感情が先走りすぎて情緒不安定に陥り、かつ攻撃的になるマリア。だから、元夫のアントニオとも、彼が友達の奥さんを見つめていただけで激怒し、殺傷沙汰を起こして離婚した苦い経験がある。

そんなマリアが、運悪くアントニオとクリスティーナが同棲するアトリエに舞い戻って来たのだ。バルセロナで人生を再スタートさせたものの、情緒不安定は克服できず薬づけになり、挙句は無一文になって自殺未遂を起こし、元夫に助けを求めてきたのだ。

penerope朝からウォッカを煽りながら、目の前のクリスティーナへの不満をスペイン語でベラベラとまくし立てるマリア。アントニオは、英語で話せと言うが、マリアは、クリスティーナの瞳の色がブルーなのか、グリーンなのかどっちつかずなのも気に入らず、目の色が一色じゃない女は信用できないと言ったり、スペイン語が話せないなら英語の他には何語が話せるの?・・・中国語と答えるクリスティーナに中華料理店は忙しいから嫌いだと無理難題を言うわがままなマリア。

そこで、気まずい空気を振り払うようにと3人で出かけたピクニック、マリアはアトリエに転がり込んだ夜に、クリスティーナの荷物をチェックしたと告白して彼女を怒らせる。

でも、それ以来、マリアはクリスティーナに写真の才能があることを見抜いて、彼女にアドバイスをする。

アントニオもアトリエの下に写真の現像室を作り、女たちの隔てていた壁は氷解する。

マリアは「これまで私と彼は喧嘩ばかりして、噛みあわなかったのに、あなたが加わったことでパレットの色が美しくなった」と言う。

いまや、3人の間には秘密がなくなり、各々が体を求め合うことも自然に許される関係が成立していたとは驚きです。

suka-rettoと同時に、マリアはアントニオとの関係において、愛は成就しないからロマンチックだと言う持論を感慨深げにクリスティーナに話して聞かせる。それは、アントニオが別れ際にヴィッキーに対して言った、彼にとっては都合のいい常套句だったし、クリスティーナの価値観に対しても、符合するフレーズだったのだ。

だが、果たして本当に成就しないからこそ愛はロマンチックで、達成すると退屈なのだろうか?・・・ヴィッキーとクリスティーナが、それぞれの体験からその答えを模索する中、マリアの神経は彼女との言葉とは裏腹に、再び混乱をきたしていた。

もう、本当にマリアに翻弄される展開は、彼女がクレイジーだって言われるのも理解できるけど、普通だったら精神病院に入れられてしまっていることでしょうね。

アントニオには、ただただ、男の欲望をむき出しにしてあわよくば女性を口説いてベットインをし、都合よく別れにもっていく体のいいドンファンである。スペイン生まれのハビエルが演じると、よけいに女を口説くやり方が実に様になっているから不思議である。

baruserona今回は、偏屈者ウディ・アレン監督が、ミューズスカーレット・ヨハンソンを主演に映画を撮ったというが、そこで共演するペドロ・アルモドバルのミューズ、ペネロペ・クルスが、スカ嬢を上まった圧倒的な魅力ある演技でアカデミー賞を受賞。

歯切れのいいナレーションが、登場人物たちの丁々発止とやりあう会話に、アレン流の皮肉の効いたユーモアがあふれていて、むしろ老いてなお女への興味が尽きないウディ・アレン自身の願望が垣間見え、久しぶりに会話劇で笑いました。

しかしながら、バルセロナというロケーションは最高ですよね。

旅の恥はかき捨てと言うが、私には3人の女たちの恋愛には就いていけないし、共感もできないかも(笑)



papikosachimama at 23:18│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | さ行・ざ行の映画

この記事へのトラックバック

38. mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年06月22日 13:19
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続きウ...
37. 『それでも恋するバルセロナ』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年04月15日 23:17
あらすじヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏をバルセロナで...
36. クマに恋する  [ Akira's VOICE ]   2010年02月25日 11:05
「それでも恋するバルセロナ」 「私がクマにキレた理由」 
35. 「それでも恋するバルセロナ」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2010年02月18日 19:25
バルセロナを堪能いたしました♡
34. それでも恋するバルセロナ  [ Blossom ]   2010年02月10日 23:42
それでも恋するバルセロナ VICKY CRISTINA BARCELONA 監督 ウッディ・アレン 出演 ハビエル・バルデム ペネロペ・クルス     スカーレッヮ..
33. それでも恋するバルセロナ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年09月29日 20:32
それでも恋するバルセロナ’08:米、スペイン ◆原題:VICKY CRISTINA BARCELONA◆監督: ウディ・アレン「タロットカード殺人事件」「マッチポイント」◆出演: スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、 レベッカ・....
32. それでも恋するバルセロナ  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年09月28日 01:44
ブログネタ:美人やイケメンは得? 参加中 脚本仲間で作っている映画を観る会で 私が選んだ作品です。 徳島に転勤になった友人が上京することになっていたので 大人向けの作品を。(*^^*) 予告編を見て大爆笑した私です。 シネコンの良い席を陣取りました。(...
31. それでも恋するバルセロナ−(映画:2009年)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年09月22日 00:36
監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、レベッカ・ホール、クリス・メッシーナ 評価:82点 ペネロペが見たい。 そう思って観にいった映画だったのだが、なか....
30. それでも恋するバルセロナ を観ました。  [ My Favorite Things ]   2009年08月27日 12:33
チョッと軽めの作品が観たくて…チョイス。
29. それでも恋するバルセロナ  [ ロッタの映画日和 ]   2009年08月02日 18:04
ウディ・アレンの最新作。監督自信が出ていない映画なので、ちょっとほっとしました(笑) 映画館へ行ったの久しぶりだ〜! 夏のバカンスの..
28. 『それでも恋するバルセロナ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年07月27日 12:32
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日...
27. それでも恋するバルセロナ  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2009年07月26日 23:46
毎度おはこび、ありがとうございます。 「旅の恥はかき捨て」なんてぇことを申しますが、旅に出ると理性のたがが外れ、 思いもよらない行動に出るというのは洋の東西と問わず起こることのようでございます。 八っあん、熊さんではございませんが、ヴィッキー嬢とクリスティー...
26. それでも恋するバルセロナ  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月25日 20:53
この恋、想定外
25. それでも恋するバルセロナ  [ ★試写会中毒★ ]   2009年07月19日 18:23
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     丸の内ピカデリー にて鑑賞  監  督:ウディ・アレン キヤスト:スカーレット・ヨハンソン       ペネロペ・クルス       ハビエル・バルデム       レベッカ・ホール...
24. 『それでも恋するバルセロナ』:ニューヨーカー in バルセローナ  [ りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど ]   2009年07月18日 09:54
前作『タロットカード殺人事件』のズンダラ振りに、「あ??、ウディ・アレンもホント歳を喰ったなぁ」と思っていたところ、この新作にはハマリました。
23. 『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年07月14日 13:18
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリスティ
22. 「それでも恋するバルセロナ」  [ クマの巣 ]   2009年07月12日 09:09
「それでも恋するバルセロナ」、観ました。 旅行でスペインのバルセロナにやってきたヴィッキーとクリスティーナの前に、芸術家のアント...
21. 「それでも恋するバルセロナ」  [ ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ ]   2009年07月12日 06:21
わかったつもりは永遠に。自分を確実に成長させるものを慎重に選択するヴィッキーと、奔放だけど自分に必要じゃないものは確実に拒否するクリスティーナ。正反対の価値観を持つと描かれている二人だが、根底に流れるものは実は似ている。二人とも「自分はもう少しのところ...
20. 『それでも恋するバルセロナ』  [ ラムの大通り ]   2009年07月11日 09:36
(原題:Vicky Cristina Barcelona) ----これってぺネロぺ・クルスがアカデミー賞助演女優賞を受賞した映画だよね。 バルセロナが舞台なんて、最初聞いた時は ウディ・アレンの監督作品とは思えなかったニャ。 「そうだね。映像もオレンジ色を帯びてあったかみがある。 ニ...
19. 情熱の国〜『それでも恋するバルセロナ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年07月09日 10:08
VICKY CRISTINA BARCELONA  正反対の恋愛観を持つヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカー レット・ヨハンソン)は親友同宮.
18. それでも恋するバルセロナ  [ Memoirs_of_dai ]   2009年07月08日 20:11
それでも観ちゃうアレン映画 【Story】 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ??.
17. それでも恋するバルセロナ  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年07月08日 14:45
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。...
16. 「それでも恋するバルセロナ」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2009年07月07日 23:44
「Vicky Cristina Barcelona」 2008 スペイン/USA フアン・アントニオに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「ノーカントリー /2007」「コレラの時代の愛/2007」のハビエル・バルデム。 クリスティーナに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「理想の女/2004」「マッチポイ...
15. それでも恋するバルセロナ  [ 空想俳人日記 ]   2009年07月07日 22:28
バルセロナ スカーレットな スパニッシモ  スカーレット、お久しぶりですね。確か最後にお会いしたのは、結婚披露宴でしたよね。アナタがスカーレットという固有の存在であることは、たまたま「真珠の耳飾りの少女」でドキッとして、さらに「ロスト・イン・トランス...
14. それでも恋するバルセロナ  [ めでぃあみっくす ]   2009年07月07日 17:31
「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナに....
13. 【それでも恋するバルセロナ】  [ 日々のつぶやき ]   2009年07月07日 09:41
監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クスル、パトリシア・クラークソン      この恋、想定外 「バルセロナに休暇で来ているヴィッキーとクリスティーナは親友同士、ヴィッキーの親戚の家に滞在している。
12. ★「それでも恋するバルセロナ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年07月07日 04:01
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。
11. それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年07月06日 23:55
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる〜〜!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ〜ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。い...
10. 映画 【それでも恋するバルセロナ】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年07月06日 23:24
映画館にて「それでも恋するバルセロナ」 ウディ・アレン監督によるロマンチック・コメディー。 おはなし:バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)...
9. 「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA)  [ シネマ・ワンダーランド ]   2009年07月06日 23:09
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞台...
8. それでも恋するバルセロナ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年07月06日 22:49
休暇でバルセロナを訪れたヴィッキーとクリスティーナは似たもの同士の親友ですが、恋愛感だけは正反対。2人は、ヴィッキーの知人宅に滞在し、バルセロナ観光を楽しみます。ある晩、パーティーで出会った画家のファン・アントニオに誘われ、彼が住むオビエドを訪ねることにな...
7. それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム  [ カノンな日々 ]   2009年07月06日 22:19
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既にそ....
6. それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年07月06日 12:49
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVD...
5. それでも恋するバルセロナ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年07月06日 07:00
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィ...
4. 映画:「それでも恋するバルセロナ」Vicky cristina Barcelona Wアレンの新作  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2009年07月05日 07:42
ヒマがあれば現地で観ておきたかった作品がNY帰りの機内映画だったので、さっそく拝見。
 なかなか評判の良い、ウッディ・アレンの新作である。 ほとんど予備知識なしで鑑賞。 主演はいつものお気に入り、スカーレット・ヨハンソンを中心に。 今回の舞台はタイトル...
3. 映画:「それでも恋するバルセロナ」Vicky cristina Barcelona Wアレンの新作  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2009年07月05日 07:41
ヒマがあれば現地で観ておきたかった作品がNY帰りの機内映画だったので、さっそく拝見。
 なかなか評判の良い、ウッディ・アレンの新作である。 ほとんど予備知識なしで鑑賞。 主演はいつものお気に入り、スカーレット・ヨハンソンを中心に。 今回の舞台はタイトル...
2. それでも恋するバルセロナ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年07月04日 01:20
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観て....
1. それでも恋するバルセロナ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年07月04日 00:27
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女優賞...