2009年08月24日

南極料理人4

南極のタイトル南極の観測基地で、7人の観測員と一人の料理人が繰り広げる共同生活を、コミカルに描く、いわばシチュエーション・コメディー。

物語:海上保安庁の料理担当である西村は、事故にあった先輩の代わりで突然、南極ドームふじ基地に派遣される。

世間で知られる昭和基地ではなく、さらに内陸部の、標高3800メートルに位置するふじ基地での勤務で、そこはペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。

観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。

しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。

原作は、南極隊員で料理担当であった西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を映画化。

日本から1000キロも離れた平均気温マイナス54度の土地で働く観測隊員の生活をユーモアたっぷりに描く。

出演は、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補ほか。監督は本作が商業長編作品デビューとなる沖田修一。(作品資料より)

sakai<感想>2008年度の映画賞の助演男優賞を受賞しまくり、日本映画界を席巻した堺雅人さん。その勢いはとどまらず、今年は主演作が続々と公開される予定。

その皮切りとなるのが本作品で、新聞記者、将軍様、お医者様と女子の心のツボ押しキャラを得意とする堺さん、今回も凄腕の料理人とその設定に抜かりなし!!

が、腕を生かそうにも赴任先は酷寒の南極。そこはウイルスさえも死滅する−70℃の世界。

気圧の関係上、沸点は85度にしかならず、生野菜などフレッシュな素材も手に入らない。

厳しくも狭い環境下で暮らす8人の隊員の楽しみは、一日3度の食事と夜食のラーメンなのだ。食べる相手も質より量の荒くれ男たち。まさに、ないない尽くしの中でどう奮闘するのかがお楽しみだ。

蟹を食べるかの地では食えないもんがたくさんあって、腐るほど(腐らないけどね)あるのは、缶詰・乾物・蟹の3K。

山盛りのタラバガニを前に「また蟹かよ・・・」ってなウンザリ顔の日本人、私、初めて見ました。いや、他にも冷凍品がありますけどね。

映画は、絶対逃げられない究極の場所・南極で越冬するむっさいオッサン8人の日常を、ユーモアとペーソスで描いていきます。

まず、生真面目な南極料理人を堺雅人が演じるほか、気象学者&タイチョー役にはきたろう、雪氷学者役には生瀬勝之、氷雪サポート役には高良健吾。

南極料理人車両担当は古館寛治、通信・機械担当は黒田大輔、大気学者は小浜正寛、そしてドクターに豊原功補という男臭い面々。

間の三大欲求は、寝ること、喰うこと、ヤルことだが(シモネタで失礼)、当然そのうちひとつはままならず、その欠落を補うかのように食への欲求は肥大で、娯楽皆無の日常で最高のエンタメと化してゆくのです。

 

ある日のこと、「そうだ前の冷凍食品で残っている伊勢海老があるぞ!」と言う。

そして堺料理人が、調理法方は、普通だったら「伊勢海老だったら刺身でしょ」って言っても、みんなは「エビフライ!、エビフライ!」と晩飯のオカズをおねだりし、どうしてもエビフライにして食べたいと連呼しながら、子供のようにはしゃぐ。

伊勢海老のフライ伊勢海老のフライって言うから、これは凄い。「頭はタルタルソースに入れてみました」とうんちくをたれる堺さん。

みんなは、黙して語らず、大きく口をあんぐりと開けて、かぶりつく。飾り付けられた巨大な殻を邪険に押しのける隊員とのギャップが可笑しくて笑いが止まりません。

そして、地べたにイチゴシロップをかけてカキ氷にして、スプーンで食べるところとか、実はこのシーンでは、野球をすることになり、真っ白い雪の大地に赤いシロップを白線代わりに引いて、野球の四角いベースを描いてみんなでそれは楽しそうにはしゃいでました。

namaseその他にも運動としては、卓球とか、朝起きると、テレビを見ながら体操をするのですが、ビデオの女性のレオタード姿に魅入りながら(今日のレオタードは赤だとか、黄色だとか言いながら)規則正しく体操してました。

原作の舞台は南極内陸部に位置する、正式名称「南極ドームふじ基地」。物理的にも資金面でも実際の場所での撮影は不可能と言うことで、そこで選ばれたのが北海道網走の氷原。

実は、2月の網走は、オホーツク海から吹き寄せる強風で、体感温度としては本当のふじ基地よりも寒いかも、と実際に南極で越冬した隊員たちからお墨付きを得るほど過酷な場所だったそうです。

それに今回堺さんは調理師役に取り組むため、実際の南極越冬隊の調理担当者から話を聞くだけでなく、国立極地研究所にも出向いたという。料理の指導は三度に分けて受け、中華なべのあおり方とか、料理の盛り付け方、そして劇中で重要な手打ちラーメンの作り方なども、一とおり習ったそうです。

きたろう扮する気象学者、インスタントラーメンをこっそりと毎晩食べるのが唯一の楽しみ。しかし、沸騰温度が85度なので麺に芯が残るのが悩みのたね。

ra-mennだが、そのラーメンも底をつき品切れになってしまう。外へ出れば猛吹雪の世界、コンビになんて無いし。

 

呼べど叫べど人っ子一人、って言うか動物もなにもいなくて精神的にホームシックになるおっさんたち。

ラーメン食えずにベソをかき、だだっ子みたいに部屋に立て篭もってしまう。

倉庫にあるもので賄うしかないわけで、ラーメンの麺を作るには乾水がなければ出来ない。重曹を水で溶かせて混ぜればいいんじゃないか、という生瀬さんの意見で早速ラーメン作りに励む堺さん。出来上がったのは、それは本格的チャーシュー入りのラーメンでした。本当に美味しそうだった。

おにぎり画面を観ていて、刺身の包丁さばきはもはやプロ級の腕前に見えました。

おにぎりの握る手つきとか、雪氷学者役の生瀬さんの誕生日に、何が食べたいのか聞くと「肉、肉」と言うので、牛肉の塊(ローストビーフ)を棒に刺して火をつけ、ウホウホ言いながらドクター役の豊原さんが走り回り、女子供の目線がない中、無邪気に少年化するオッサンたちは非常に可愛く見えましたね。

生瀬さんが日本の家族、娘から「ハッピー・バースデー」の歌を歌ってもらいケーキのローソクを吹き消す。みなさんスーツを着て、正装でテーブルに着き、フレンチのフルコースを堪能する。

それに、回るテーブルを作り、本格的な中華バイキングとくれば、エビチリ、カニシュウマイ、チャーハン、春巻き、その他にもたくさんの料理が次から次へと登場します。

映画の中で一番のハイライト、要となる料理は、映画「めがね」のフードスタイリストさんたちの手によるものだそうです。どうりで男版の「かもめ食堂」とか「めがね」を思い出したわけだわ。

家族人間は美味しいものを食べると、なんて幸せな顔をするのだろう!どんなに酷寒の南極で心細くなっても、堺さんの作る料理でみんなの心が癒される。
さしずめお母さんのような存在の堺さんである。

そんな堺さんでも、奥さんが作った、油でべちゃべちゃの鳥の唐揚げを思い出すシーンには、思わずホロリ。

それと、待ちに待った帰国の日、空港に出迎える家族の顔、顔、今までの苦労が吹っ飛ぶくらい嬉しそうな隊員たちでした。

よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング  



papikosachimama at 23:55│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | な行の映画

この記事へのトラックバック

33. 南極料理人  [ いやいやえん ]   2012年03月01日 09:26
南極なのに豪華な食事!もっと質素な食生活をしていると思ってた。 南極という非日常の中で描き出される南極基地隊員の食事への執着は面白い。食事も美味しそうだし彼らも学生みたいにはしゃいで楽しそうでしたけど…実際の仕事にあまり時間を割いて描かれてないのはち
32. 『南極料理人』  [ こねたみっくす ]   2012年02月08日 16:30
この映画を見れば、普段のご飯もおいしく感じる。胃にもたれるギトギトの唐揚げも、麺から手造りのラーメンも、そして日本で食べるテリヤキバーガーも。 実際に南極観測隊の調理 ...
31. 「南極料理人」★★★★  [ ***JoJo気分で気ままにGO!*** ]   2011年02月05日 15:00
'09年制作 監督:沖田修一  出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔(敬称略) 見渡す限り氷・氷・氷の白銀の世界・南極。ペンギンはおろかウイルスさえも存在しないこの場所に、海上自衛隊の料理人...
30. 『南極料理人』'09・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2011年02月05日 09:35
あらすじ西村は、妻と8歳の娘と生まれたばかりの息子を日本に残し、南極観測隊の料理人となるが・・・。感想新藤兼人賞金賞新人監督たちを発掘、日本映画界を背負ってゆく人材を育...
29. 南極かたつむり  [ Akira's VOICE ]   2010年09月23日 11:14
「食堂かたつむり」 「南極料理人」 
28. 南極料理人  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年03月14日 18:29
南極料理人 [DVD] 「南極料理人」 感想 日本映画独特の空気感を持つ映画 略して、「空気映画」w この手の映画、結構好き。 強いメッセー...
27. 食べる幸せ!お腹すいたよ(笑) ─ 映画『南極料理人』 ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2010年02月24日 13:01
─ 映画『南極料理人』 ─ 先週末、前から観たかった『南極料理人』(2009年/日本)のDVDがレンタルされたのでさっそく観ました。いや〜これがなんとも良かったo(^-^)o 派手なCGも展開もありません。南極で料理を作って、それをみんなで黙々と食べる。端的にいうとそれだ....
26. 南極料理人  [ 単館系 ]   2009年11月24日 00:17
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。 なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。 堺雅人さんは料理がうまい・・・・...
25. 南極料理人  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2009年10月28日 05:28
 「南極料理人」を渋谷のヒューマントラストシネマで見てきました。  この映画は、むしろ押しつけがましいストーリー展開がほとんどないために、逆に芸達者な俳優たちが持っているそれぞれの味が十分出ることとなり、見ながら至極楽しい時間を過ごすことが出来ました。 ...
24. 南極料理人  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年10月26日 12:35
脚本ゼミのお友達と作ってる映画を観る会で観ました。 堺雅人が好きではない私には、 絶対ないチョイスです。f(^^;) 巧い役者さんなんですけれど、 いつもニヤけている顔がどうも。。。( ^ _ ^; 自分が観たい作品なら一人で行けばいいし、 予告編は面白そうだっ...
23. 「南極料理人」(日本 2009年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2009年09月28日 22:48
平均気温−54℃。 日本から離れること14,000??。 南極大陸での単身赴任。
22. 南極料理人  [ とりあえず、コメントです ]   2009年09月28日 07:10
西村淳著のエッセイ「面白南極料理人」をもとに創り上げた人間ドラマです。 家族や恋人と離れて1年以上もの間を南極で過ごす8人の男たちの暮らしぶりが可笑しかったです。 次々と出てくる美味しそうな料理にも魅せられました??
21. 南極料理人  [ とりあえず、コメントです ]   2009年09月24日 13:00
西村淳著のエッセイ「面白南極料理人」をもとに創り上げた人間ドラマです。 家族や恋人と離れて1年以上もの間を南極で過ごす8人の男たちの暮らしぶりが可笑しかったです。 次々と出てくる美味しそうな料理にも魅せられました??
20. 南極料理人  [ メルブロ ]   2009年09月13日 12:46
南極料理人 279本目 2009-39 上映時間 2時間5分 監督 沖田修一 出演 堺雅人  生瀬勝久  きたろう  高良健吾  豊原功補  西田尚美  古舘寛治  宇梶剛士  嶋田久作  黒田大輔 会場 テアトル新宿 評価 8点(10点満点)  料理人を主人公に、南極越冬隊の日々....
19. ラーメン食べたい!〜『南極料理人』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年09月09日 23:04
 南極・昭和基地からはるか1000キロ、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルス さえいない極寒のドームふじ基地。ここで集団観測生活を送る8亮..
18. 南極料理人  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年09月05日 01:39
日本から14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドームふじ基地。 西村淳(堺雅人)は、総勢8名の男たちの食事を??.
17. 『南極料理人』:南極版『かめも食堂』  [ りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど ]   2009年09月04日 23:48
南極版『かもめ食堂』というに相応しい映画です。 でも、かれらが居る観測所にはペンギンは居ないので「ペンギン食堂」とはいえません。 過酷な状況下でありながら、どこかしら手持ち無沙汰で、時間を持て余してしまうさまは、『刑務所の中』を思い出します。
16. 『南極料理人』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2009年08月28日 06:38
実際に観測隊員として二度南極を訪れた西村淳が、自身の体験を記したエッセイ集を映画化したもの。 先日その本を読み、大変面白かったので映画版にも興味を持っていたが、はたしてエッセイをドラマ化してどうなるのか、という点が不安だったが、それを帳消しにするような作...
15. 南極料理人  [ 悠雅的生活 ]   2009年08月27日 19:17
イクラのおにぎり。伊勢海老のフライ。特製ラーメン。
14. 「南極料理人」 究極の単身赴任  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年08月27日 15:09
今回のサブタイトルは、本作「南極料理人」の予告の中で使っていたコピーです。 もう
13. 南極料理人  [ とりあえず、コメントです ]   2009年08月27日 12:49
西村淳著のエッセイ「面白南極料理人」をもとに創り上げた人間ドラマです。 家族や恋人と離れて1年以上もの間を南極で過ごす8人の男たちの暮らしぶりが可笑しかったです。 次々と出てくる美味しそうな料理にも魅せられました??
12. 南極料理人・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年08月27日 12:23
もしもあなたが、一年間の単身赴任を命じられたとしたら・・・? しかもその行き先が、雪と氷以外何も存在しない南極大陸だったとしたら・・...
11. 南極料理人  [ ★試写会中毒★ ]   2009年08月27日 11:31
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年8月22日公開  監  督:沖田修一 キャスト:堺雅人       生瀬勝久       きたろう       高良健吾       豊原功補、他 ■...
10. 【南極料理人】  [ 日々のつぶやき ]   2009年08月27日 10:10
監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補    おいしいごはん、準備中。 「海上保安庁で調理担当だった西村は南極のドーム基地に単身赴任することになった。 生物は全くいない、ウイルスさえ生きられない極寒の地でたった8人だけ
9. 『南極料理人』  [ ラムの大通り ]   2009年08月27日 09:27
-----これって、昨年度の映画賞を総ナメにした堺雅人が 南極ドームふじ基地で、8人の男たちのために料理を作るって話だよね。 オモシロそうな、そうでもなさそうな…。 「うん。確かにイメージがつきにくいよね。 この映画では、その舞台がほとんど難局に限られている。 周り...
8. 『南極料理人』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年08月27日 08:06
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8月...
7. 南極料理人  [ 勝手に映画評 ]   2009年08月27日 07:56
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。 原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしなが...
6. 南極料理人/堺雅人、生瀬勝久  [ カノンな日々 ]   2009年08月27日 07:43
大好きな堺雅人さんの主演映画というだけでも楽しみにしてましたけど、南極料理人というテーマもなかなか面白そうな感じで公開を楽しみにしてました。 出演はその他に、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、小出早織、宇梶....
5. 南極料理人  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年08月27日 06:27
海上保安庁の料理人で、南極に派遣された西村淳氏のエッセイ「面白南極料理人」シリーズ。その西村氏の体験を映画化した作品です。「面白南極料理人」シリーズのうち、「笑う食卓」は以前、読んだことがあり、当ブログでも感想 をアップしています。 海上保安庁の料理担...
4. 『南極料理人』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年08月27日 02:05
昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪
3. 【南極料理人】極寒の地のゆる〜い日常  [ 映画@見取り八段 ]   2009年08月26日 18:35
南極料理人 監督:  沖田修一 出演:  堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補       公開: 2009年8月 南極って言った...
2. 南極料理人  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年08月25日 19:53
実際に南極観測隊の調理担当でドームふじ基地で越冬した西村淳のエッセイを映画化。主演は『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人。他にも現在『山形スクリーム』が公開中の生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功輔ら個性的な俳優が出演。監督はこの作品が商業長編デビュー...
1. 南極料理人  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年08月25日 06:52
 『おいしいごはん、 できました。』  コチラの「南極料理人」は、実際に南極で料理を作っていた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、本作が商業映画デビューとなる沖田修一監督が、主演にあたしも好き♪な堺雅人を迎え、映画化した8/22公開のハートウォーミングな....