2009年12月14日

カールじいさんの空飛ぶ家5

f802120d.jpg

君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。

ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。

物語:幼馴染だった愛妻エリーに先立たれ、今や妻との思い出がたっぷりと詰まったオンボロな一軒家にひとりで暮らしている78歳のカール。

周囲も開発が進んでビルが立ち並び、カールの家は立ち退きを迫られている状態だ。

そんな中、工事関係者とトラブルを起こし、老人ホーム行きを免れない状態に。

そこでカールは、家を大量の風船で浮かび上がらせ、エリートの夢であった南米への旅、ベネズエラにある秘境パラダイスフォール(楽園の滝)へと旅立っていく。

ところがこの旅には思わぬ参加者が、小太りな少年ラッセルがたまたま飛び立つ寸前のカールの家を訪れていたために、そのまま同行することになってしまったのだ。

けれどもやがてラッセルの生い立ちを聞いたりするうちに、カールとラッセルには不思議な絆が生まれていく。かくしてようやくベネズエラに到着したカールたちは、人間の言葉を話す犬や幻の怪鳥、そしてカールの憧れであった冒険家チャールズ・マンツと出会うなど、いろいろな出来事に遭遇。

やがて思わぬ事態に巻き込まれていく。(作品資料より)

空へ<感想>「トイ・ストーリー」、「ファインディング・ニモ」などヒット・アニメを生むディズニー/ピクサーの10作目。

「モンスターズ・インク」で不気味であるはずのモンスターたちと幼い少女の交流をハートフルに描いたピート・ドクター監督らしく、今回も可愛げない頑固なおじいさんを主役にしつつ、最高に心温まる作品に仕上げている。

他のスタジオなら確実に「ボツ。次のを考えて」と言われそうな、風船で家ごと持ち上げて南米への冒険旅行に出るという展開を、観客に「あり得ない」と思わせずに堂々とやりきってしまっているのもさすがですね。

また本作は、ピクサーにとっても初の3Dデジタルアニメでもあるし、変に仕掛けで飛び出す映像を見せるのではなく、より自然美などを浮かびあがらせるようなタッチで作り上げているのもお見事。

エリーととてもファンタスティックでありながら、ユーモアのセンスもたっぷりと、涙あふれる展開もびっしりと詰めこまれた老若男女誰もが楽しめる傑作に仕上がっている。

そもそもカールとエリーは子供の頃に出会った。

2人とも冒険が大好きだがカールは無口でシャイ、エリーはやんちゃで陽気でカールとは真逆な性格だ。

そんな2人が次第に成長して、恋に落ち、結婚する様をスケッチのように冒頭で綴っていく。南米行きの旅費を貯めつつ、トラブルでその貯金を失った様や、実はエリーに原因があって2人に子供ができなくなったいきさつなど、2人の人生がしっかり描かれていてかなり泣けること間違いないです。

南米の滝物語のベースはカールじいさんの亡き妻への愛情なのだが、湿っぽい回想シーンを長々と挟まず、スナップ写真などアイテムでさらりと“思い出”の尊さや切なさを表現したドラマは、まさに大人の味わいですね。

 

そうしたディテールが実に繊細なため、カールじいさんと妻エリーとの記憶が宿った家具を捨ててまで家を空へと浮上させるシーンでは、家が浮く瞬間からは、何度もウワ〜っと声を上げる驚きが連続する。もう、ここだけで充分に泣けるんですね。

ラッセルと色とりどりの風船にぶら下がった家が、高層ビルの谷間を抜けて飛んで行く光景の美しさ、ここで見られる風船の数はなんと20622個。

 

目的地の南米にある伝説の滝付近の神秘的な光景に、思わず息をのむ。

それに、なぜか家に乗り込んでいた8歳の少年ラッセルに、最初は辟易していたものの、一緒に旅を続けていくうちに心を通わせていく姿が胸を打ちます。

そして、彼らに次々と襲いかかる危機は、スリルたっぷりでドキドキが止まりませんね。

南米についたカールたちを迎えるのが、カートゥーン(漫画映画)らしいユニークな動物キャラたち。

怪鳥特に傑作なのは、鼻が大きく、自動犬語翻訳機のおかげで人間としゃべれるようになっている犬のダグ。

テニスボールとリスに目がない彼の言動はキュートですから。

ちなみに、ダグの声は共同監督のボブ・ピータースンが担当しているそうですよ。

また3メートル以上もあるカラフルな怪鳥(ケヴィン)も、軽快な動きとキョトンとした目と表情の面白さで笑わせてくれる。

底流に妻エリーへの尽きせぬ思いが流れつつ、冒険のワクワク感、正義や優しさなどのエピソードに心が熱くなること間違いありません。そして深いテーマに、最高にハッピーな気分にしてくれる満足な作品です。

追記:同時上映の『晴れ、ときどきくもり』
コウノトリの秘密を明らかにした短編映画で、曇りの雲とオチコボレのコウノトリの間のハートウォームなやりとりが面白かったです。



papikosachimama at 23:19│ 2009年劇場公開作品、鑑賞 | か行・が行の映画

この記事へのトラックバック

31. カールじいさんの空飛ぶ家/UP  [ A Day In The Life ]   2011年11月29日 20:07
やっぱり今のうちにレッツゴーで観に行ってきましたよ。 劇場にて鑑賞 解説 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』 の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。 冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老
30. カールじいさんの空飛ぶ家  [ 銀幕大帝α ]   2011年07月20日 03:20
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ...
29. カールじいさんの空飛ぶ家  [ RISING STEEL ]   2011年01月27日 19:50
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
28. カールじいさんの空飛ぶ家  [ mama ]   2010年10月24日 15:26
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった....
27. 『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2010年04月26日 23:18
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして大...
26. 『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年03月01日 08:34
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト...
25. 【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動!  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年02月28日 10:03
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけど...
24. カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2010年02月16日 19:42
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想
23. 『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語  [ 映画のブログ ]   2010年01月20日 19:28
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
22. 映画:カールじいさんの空飛ぶ家 3D  [ よしなしごと ]   2010年01月12日 00:31
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。
21. 映画<カールじいさんの空飛ぶ家>  [ 美味−BIMI− ]   2010年01月03日 09:24
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視...
20. カールじいさんの空飛ぶ家 3D  [ そーれりぽーと ]   2009年12月30日 20:23
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本気モ...
19. カールじいさんの空飛ぶ家−(映画:2009年鑑賞)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年12月29日 01:10
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さすがに...
18. 冒険しようよ〜『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年12月28日 11:53
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自宮.
17. 『カールじいさんの空飛ぶ家』  [ めでぃあみっくす ]   2009年12月27日 21:36
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者よりも....
16. カールじいさんの空飛ぶ家 3D [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年12月27日 17:59
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くな....
15. カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年12月27日 17:49
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カーヮ..
14. 『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年12月27日 13:35
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、...
13. ★「カールじいさんの空飛ぶ家」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年12月27日 00:26
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
12. カールじいさんの空飛ぶ家  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年12月26日 22:34
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかなか...
11. カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー  [ カノンな日々 ]   2009年12月26日 21:42
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピ....
10. 字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年12月26日 21:04
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
9. 「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年12月26日 19:16
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
8. カールじいさんの空飛ぶ家  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年12月26日 16:07
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク...
7. カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年12月26日 15:09
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよいよ来...
6. 『カールじいさんの空飛ぶ家』  [ ラムの大通り ]   2009年12月26日 15:06
「いやあ、やはり映画は観てみないと分からないね」 ----えっ。どういうこと? この映画、気に入らなかったの? 「いや、そうじゃなくて、思っていたのと、少し、いやかなりかな、 自分の受けた印象が違ったってこと」 ----そうニャの? これって、おばあさんを先に亡くして...
5. カールじいさんの空飛ぶ家  [ Akira's VOICE ]   2009年12月26日 14:55
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
4. カールじいさんの空飛ぶ家  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年12月25日 12:38
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに??.
監督、ピート=ドクター、ボブ=ピーターソン。脚本、ボブ=ピーターソン、ロニー=デ
2. カールじいさんの空飛ぶ家  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年12月23日 01:21
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミング....
1. カールじいさんの空飛ぶ家  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年12月23日 00:56
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』のピ...

この記事へのコメント

1. Posted by ミュー   2010年04月19日 12:49
5 のこめーんと