2010年08月28日

瞳の奥の秘密4

瞳の奥の秘密闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。

物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意する。久しぶりに当時の職場を訪ねた彼を出迎えたのは、元上司の検事イレーネ。ベンハミンにとって忘れえぬ女性だった。

その殺人事件は1974年のブエノスアイレスで起きた。銀行員の夫リカルドと幸福な新婚生活を送っていた女性教師が、自宅で暴行され殺害された。

事件を担当することになったベンハミンは、夫の深い悲しみと愛情に突き動かされ捜査に没頭。やがて被害者の幼馴染だった犯人を割り出し、部下のパブロらの協力でついに逮捕に至る。

だが事件はそこで終わらなかった。終身刑を宣告されたはずの犯人が、なぜか政府の恩赦を得て釈放されたのだ。不穏な状況に身の危険を感じたベンハミンは、イレーネと離れて遠方に身を隠すことになる。

それから25年、ベンハミンは失われた歳月を取り戻すため、封印していた愛と事件の真実に対峙する。監督はファン・ホセ・カンパネラ。

出演は本国の国民的俳優リカルド・ダリン、イレーネにソレダ・ビジャミル、被害者の夫にパブロ・ラゴなど。
   (作品資料より)
注意:ネタバレです!

<感想>今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。といえばいかにもアメリカ人好みの、分りやすいハッピーエンドの映画となっているのが私には解せない。

ですが、ここではアルゼンチンの不幸な歴史にも触れており、一言でいえば犯罪ミステリー劇にして、苦い恋の物語ともいえるが中々どうして奥の深い物語が展開する。

瞳の奥の秘密、2冒頭の場面で、一人の男が列車に乗るところへ、それを見送る女の見つめる瞳が切なく、何か言いたいような心残りがあるような悲しい瞳が印象的でした。そのことは最後に分るのですが、映画は男が担当した事件の時代と退官した現在を追いながら進行して行きます。

つまり退官した裁判所の書記官が、自分の担当した25年前の若妻暴行殺人事件をもとに小説を書こうと思い立ち、かつての上司で今は検事となった元女性判事補を訪ねます。

そうです、冒頭で目に涙を溜め見送った女性、ハーバード大を出て今ではエリート検事の彼女。イレーネは突然の訪問者の男に懐かしさのあまり驚き、でも、嬉しさを隠せない今でも愛しているのでしょうね、そんな素振りがミエミエでした。

痛々しく無残な若妻殺害事件を画面で何度も見せており、新婚生活の初々しい若妻の場面も映されそれは見るに絶えない残虐な犯行でした。その犯人は同じアパートの上の階に来ていた職人2人の犯行と断定して取り押さえ拷問して犯人に仕立て判事は、一件落着と決めつけたのでした。

それに不審に思ったベンハミンが、友達の書記官パブロと捜査をするわけですが、一介の書記官ごときが真犯人を突き止め逮捕させたのですよ。上司の判事が余計なことをするなと、その真犯人を釈放させてしまうのです。

瞳の奥の秘密、3ベンハミンが真犯人を突き止めたのが、一枚の昔の同級生と撮った写真。被害者の若妻と幼馴染みだった男が、異様な目で若妻を見つめる目線の写真だったのです。その目線にピンときた彼は、その男を執拗に追い求め逮捕し、取り調べ室での当時判事補だったイレーネの機転の言葉(このシーンは意外でした)で犯人と断定するわけなんですね。

事件が起きた1974年の、軍事政権発足前夜の政情不安な時代の陰鬱な空気と、真犯人を釈放し彼を都合のいいように利用しようとする不気味な黒幕の存在。その黒幕の殺し屋によって、ベンハミンと間違われて彼の自宅で襲撃され殺されたパブロ。

加害者の行方を追いながら、被害者の夫を訪ねるうちに迷宮入りした事件の本質が見えてくる。事件から25年後、被害者の夫は銀行員で、地方に身を隠して暮らしており、その家を訪問するベンハミン。何かを感じて夜になるのを待ち、彼が納屋らしき離れへと食事を運ぶのを目撃。その小屋には鉄格子がある牢屋のようなものが。そこにいる男が、・・・驚愕の真実を目のあたりにする。

瞳の奥の秘密、1この国の警察は何をしているのか?・・・警察の犯人逮捕劇など一度も出てこないし、殺人犯に対しての極刑は死刑制度はなく終身刑であり、その憎き犯人を釈放する政治に怒りを覚えるとともに、夫の怒りの行き場のない心情も良く分ります。

では、監督の狙いは何処に、アルゼンチンならではの恐ろしい政治映画のあり様を描いているようではあるのですが、そういう状況下における書記官と元判事補の彼女との密やかな恋も描いていることには間違いないようですね。

地方へ事件を調査しにいくベンハミンと、それを行かないでと押しとどめる素振りを見せつつ、送り出す駅での別れのシーン。イレーネの切ないような目に何かを訴えているような目。

本当のことを口に出せない抑圧された時代の雰囲気にのまれ、二人の無言の別れには、抑えれば抑えるほど燃え上がる恋の炎を垣間見るような名場面でした。

この原題「彼らの瞳の秘密」とは、犯人の若妻への恋する目と、殺された夫の犯人への終わりなき復讐の鋭い目付き(駅で犯人の写真を握り締め帰りを待ち伏せる目)。それに、今は検事となったイレーネのベンハミンを恋する目と、その見つめる瞳は何かを語りかけるように雄弁ですものね。
よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング



papikosachimama at 23:20│ 2010年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

25. 『瞳の奥の秘密』'09・西・亜  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   2011年11月26日 22:27
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始め
24. 『瞳の奥の秘密』'09・西・亜  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2011年11月26日 22:26
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始める・・・。感想ブラジル映画は、何本か観た事あるけどアルゼンチンの映画観るの、初めてかもな...
23. 瞳の奥の秘密  [ こんな映画見ました〜 ]   2011年07月01日 23:30
『瞳の奥の秘密』---EL SECRETO DE SUS OJOS THE SECRET IN THEIR EYES---2009年(スペイン/アルゼンチン)監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 、パブロ・ラゴ 、ハビエル・ゴディーノ 2009年に本国アルゼンチンで公...
22. 「瞳の奥の秘密」(スペイン/アルゼンチン 2009年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2011年06月12日 14:32
25年の歳月。 情熱。 『A』。
21. 瞳の奥に恋をして  [ Akira's VOICE ]   2011年02月20日 10:50
「食べて,祈って,恋をして」 「瞳の奥の秘密」 
20. 瞳の奥の秘密■個人を描きながら、国家への...  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2010年12月20日 16:06
この映画では25年という時間の流れがある。この25年の間にアルゼンチンという国も、そしてそこに生きる人々の生活も変わっている。この映画は、あくまでも個人の物語をその人の視点...
19. 「瞳の奥の秘密」 EL SECRETO DE SUS OJOS  [ 俺の明日はどっちだ ]   2010年11月29日 03:38
・ 25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく極上のラブ・サスペンス・ミステリー。
18. 瞳の奥の秘密  [ Diarydiary! ]   2010年10月18日 21:21
《瞳の奥の秘》 2009年 スペイン/アルゼンチン映画 ?? 原題 ?? EL SE
17. 瞳の奥の秘密  [ スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 ]   2010年10月17日 04:42
★★★★★ 愛はとまらない 自分の気持ちをはっきりと伝えられずに相手を泣かせてしまうクセに、その思いだけはズルズルと引きずって...
16. 瞳の奥の秘密  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2010年10月11日 13:16
本年度アカデミー賞最優秀外国語賞受賞を取ったアルゼンチン映画です。 アルゼンチンの映画を初めて見ました。 サスペンスというだけで、どういうストーリーか知らずに見たのですが・・・、 最後までグイグイ引き込まれ、見終わった後ちょっと席を立てな...
15. 『瞳の奥の秘密』  [ こねたみっくす ]   2010年10月05日 19:53
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。静かで上質な大人のサスペンスドラマが最後に辿り着く2つの秘密に、まるでビターコーヒーを....
14. 瞳の奥の秘密(2009)  [ 銅版画制作の日々 ]   2010年09月30日 01:19
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国のア...
13. 瞳の奥の秘密  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年09月15日 05:58
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼らが昔...
12. 瞳の奥の秘密  [ 風に吹かれて ]   2010年09月12日 16:19
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
11. 情熱の行方〜『瞳の奥の秘密』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年09月10日 19:54
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、2...
10. 瞳の奥の秘密  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年09月05日 21:43
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の丮..
9. 『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン  [ NiceOne!! ]   2010年09月02日 04:54
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...
8. 映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年09月01日 23:25
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない感...
7. 「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画    [ アタマにシャンプー、ココロにシネマ。 ]   2010年08月31日 22:52
☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだ
6. 『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2010年08月31日 07:33
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
5. 『瞳の奥の秘密』  [ ラムの大通り ]   2010年08月31日 00:17
(原題:El secreto de sus ojos) 「う〜ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。 そういう手合いの映画だね」 ----へぇ〜っ。そうニャンだ。 アカデミー賞外国語映画賞受賞とは聞いていたけど、 いったい、どんなお話ニャの? 「それは、比較的簡単に説...
4. 瞳の奥の秘密  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年08月30日 23:47
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホ...
3. 瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年08月30日 22:31
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...
2. 瞳の奥の秘密/リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル  [ カノンな日々 ]   2010年08月30日 18:38
本国アルゼンチンでは大ヒットを記録し第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。70年代の軍事政権下のアルゼンチン社会を背景に過去の記憶に支配され苦悩する男の姿を描くサスペンス・ドラマ。 出演はその他に、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ・....
1. 瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年08月30日 13:59
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました〜 アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネー...

この記事へのコメント

2. Posted by パピのママ   2010年09月22日 16:53
5 rose chocolatさんへ・・・こちらこそ忙しいのにありがとうございます。
記事ね〜、いつもの癖で詳しく書かないと気が済まないのよね(-_-;)
いつも、年頭に今年からは簡素に、要点だけ書こうと思いながら、書き始めると長くなってしまいます。
だからってことでもないのですが、映画を鑑賞してから放りぱなしで、記事の投稿が遅れてしまうんですね。
こちらこそ、今後ともよろしくです(^0_0^)
1. Posted by rose_chocolat   2010年09月02日 04:57
こんにちは。
周年記事にコメントありがとうございます〜。
かく言う私もなかなかコメントのお返事ができませずすみません(汗)
時間が取れるときにぼちぼち。。。というスタンスですね。

パピのママさんもお忙しいでしょ?
いつもきっちりとお書きで素晴らしいです〜。 最近は私はあんまり興味がない作品は感想が短くて(笑)
また今後ともよろしくお願いいたします。