2011年04月16日

塔の上のラプンツェル5

塔の上のラプンツェル、550作目となるディズニー・アニメ。18年もの間、外の世界を知らずに高い塔の上で暮らしてきた少女が、大泥棒との出会いをきっかけに未知なる世界へと旅立つ物語。「ボルト」のバイロン・ハワードと「ルイスと未来泥棒」の脚本を手掛けたネイサン・グレノが共同で監督。声の出演は「ライセンス・トゥ・ウェディング」のマンディ・ムーアなど。

あらすじ深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル(声:マンディ・ムーア)は、母親から「塔の外は“恐ろしい世界”だから決して出てはならない」と言われ続け、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間にも会ったことがない。しかし、好奇心旺盛なラプンツェルは、塔の外の世界を見たいといつも願っていた。黄金色に輝く驚くほど長い髪を持つ彼女は、その髪を自由自在に操り、ある時は高いものを取るロープ代わりに、またある時は母親が塔を上り下りするエレベーターとして使用していた。

そんな彼女の楽しみは、毎年自分の誕生日に遠くの空に浮かぶ神秘的な“灯り”を見ること。その不思議な光に魅了されたラプンツェルは、成長するにつれ、その正体を確かめたい気持ちが高まっていった。18歳になる誕生日の前日、ラプンツェルはその思いを母親に伝えるが、いままで以上に厳しく険しい口調で塔の外に出ることを禁じられる。

そんな時、お尋ね者の大泥棒フリン(ザカリー・レヴィ)が追手を逃れて塔に侵入、ラプンツェルは彼を“魔法の髪”を狙う悪人だと考え、長い髪を巧みに使って捕らえてしまう。そしてフリンが盗んだ王冠を取り上げ、交換条件として“灯り”の場所まで案内させることに……。

初めて塔の外に出たラプンツェル。そこは、母が言うような恐ろしい世界ではなく、美しい自然にあふれ、街にはたくさんの人々が楽しそうに暮らしていた。フリンとふたりで旅を続け、いくつもの危機を乗り越えていくうちに、ラプンツェルの心に淡い恋が芽生えていく。だがその旅の先には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた……。(作品資料より)

塔の上のラプンツェル、6<感想>こちら被災地でも座席数50席が3つのミニシアターが2館再開した。連日TVでは悲しい悲惨な震災の傷跡を見るにつけ心が重く締め付けられる。いつまで続くか分らない余震の怯え、それに復興と復旧作業の報道がいくらか明るい兆しが見えてくる。

それぞれに抱える心のケア、私には映画を見るのが一番の楽しみ、もしかしてまた強い余震が映画を鑑賞している時に起きたら、その時は自分の好きな映画を見てそのような運命だと諦めましょう(苦笑)

さて映画は前作の「プリンセスと魔法のキス」を鑑賞してないので、本当にディズニー製アニメーションのプリンセス物はすごく久しぶりのような気がした。本当は怖いグリム童話なんだけど、CGによる画像がとても奇麗で森や特にラプンツェルのなんと可愛いらしいこと。大きな瞳に長い〜長い金髪、そして表情豊かに歌う彼女には温かみが感じられる。今まではアニメというとまるで人形のような感じがしたが、これは素晴らしいプリンセス像に息が吹き込まれたような手描きの味がCGによって映像に伝わっている。

塔の上のラプンツェル、4主人公のラプンツェルを誘拐されたプリンセスに、運命の相手を王子様ではなく泥棒に脚色して、ユーモアとアクションを効かせた上質のラブファンタジーに仕上がっている。まぁ、欲を言えばエイドリアン・ブロディ似の泥棒のルックスには好みが分かれそうな気もするが、コケティッシュなラプンツェルや、カメレオンのパスカルとかやんちゃな馬のマキシマスとか動物系キャラも併せて愉快で楽しい。

ラプンツェルの金髪の長い髪の秘密が明かされる。森の中に咲いている1本の黄金に輝く魔法のゆりの花。その花はラプンツェルの母親が出産の時にもう死ぬかもしれない病気にかかり、その魔法の黄金の花があれば奇跡が起きるという。そしてお城の兵隊がその花を見つけてお妃に。その黄金の魔法の花を狙っていたのが森に住む魔法使いゴーテル。その花を先に摘まれてしまい悔しがる。
塔の上のラプンツェル、7それからお城へ忍び込みその魔法の花の力で生まれた赤ん坊、ラプンツェルを誘拐したのだ。

魔法の黄金色の髪が魔法使いゴーテルの若さを保つ秘訣なの?・・・ラプンツェルが塔の中に閉じ込められ18年、もしそれからもそのまま年をとり病気で死んでしまったら、魔法使いのゴーテルはどうするんだろうね。なんて考えるのは止そう(苦笑)

 ラプンツェルが毎年、自分の誕生日に遠くの空に浮かぶ無数の灯りに魅了されていた。だからいつも母親だと思っていた魔法使いのゴーテルしか人間を知らない。
塔の上のラプンツェル、1そこへ泥棒のフリンがやってくる。まぁ、普通は森の中で迷ってしまった白馬に乗った王子様なんだけど、そこは置いといて、フリンにこの塔から脱出する手助けを頼む。

森の中の素敵な景色と街の賑わい、お城の壁には王様とお妃の真ん中に赤ん坊のプリンセスがモザイク画で描かれている。まだ自分がこのお城のプリンセスだとは知らない。
旅を続けて行く内に、ラプンツェルはフリンに淡い恋心を抱く。

いつものように、フリンを追いかける泥棒一味の滑稽さとドジぶりは面白く笑いが、それに頭が良くてりんごの好きな馬のマキシマスが痛快。ラプンツェルの魔法の金髪にはフリンが手の平に負った傷を治す力がある。
それに最後の方でその髪を切ってしまう。すると黄金色の長い髪は黒くなり、それで魔女が若さの魔法がダメになり塔の上から真っ逆さまに落ち灰になる。でもそこへ助けに入ったフリンが魔女に殺される。でも奇跡が、ラプンツェルには黄金の長い髪だけでなくもっと凄い力があったのですね。

塔の上のラプンツェル、2ミニシアターだったので3Dは上映していなく、2Dでもランタンが空いっぱいに舞うシーンには感動、これは娘を誘拐され、何処かできっと生きていることを願い誕生日に夜空へと、映画「プール」で見たタイの国チェンマイでも、日本ではお盆に行燈を流す風習がありますね。
きっと3Dで鑑賞したらもっと素敵だったでしょう。


東北やその他太平洋沿岸部で大震災と津波が起き、家を流され、今でも避難場所で子供たちが1カ月もの間、両親の言うことをきき、周りの大人たちの顔色を伺いながら、そして余震に怯え体育館の与えられたスペースの中で眠る毎日。
ストレスが溜まってる、でも傍にいるパパやママの顔を見て気遣いながら息を潜めて暮らしている。そんな子供たちにこの映画を見せてあげたいと願う。



papikosachimama at 18:18│ 2011年劇場公開作品、鑑賞 | た行・だ行の映画

この記事へのトラックバック

21. 塔の上のラプンツェル  [ 映画、言いたい放題! ]   2011年11月10日 22:42
ブログネタ:最近の1番の楽しみは? 参加中 9月はあまりにもレビューが少なかったので、 10月からは増やそうと思って頑張っていたけれど、 今月も少ない感じ。(T^T) でも映画を観る時は楽しいですね。 そう! こういう時は楽しい映画を観たいですね(^^)
20. 『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者?  [ 映画のブログ ]   2011年08月18日 15:57
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ...
19. 『塔の上のラプンツェル』(2010)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2011年08月17日 22:51
グリム童話を元にした、ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作記念作品。 ということで第1作『白雪姫』から『ピノキオ』、『ファンタジア』、『ダンボ』に『バンビ』、『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』、『ピーター・パン』、『くまのプーさん』、『リトル
18. 塔の上のラプンツェル  [ いやいやえん ]   2011年07月23日 14:07
どんな艶とこしなんだとツッコみたい長い長い髪の毛ですが、本来のラプンツェルの物語とは全然違っていて、実際のところかなり脚色されています。 それでも純粋なラプンツェルは可愛いし強いし(武器はフライパン)、なにより映像がキレイ。キャッホーのあとのネガな部分
17. 塔の上のラプンツェル  [ 銀幕大帝α ]   2011年07月21日 21:30
TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン 声の出演(日本語吹替版):...
16. 塔の上のラプンツェル  [ 映画 大好きだった^^ ]   2011年05月05日 22:00
2011年公開作品、朝の10時に2D吹き替えで観賞。時間ギリギリだったが、休日でもないし券買が混むことはないだろうと余裕こいてたら、長蛇の列!ん?今日って学校休みなのかな〜 ...
15. 塔の上のラプンツェル  [ 映画 大好きだった^^ ]   2011年05月05日 21:57
2011年公開作品、朝の10時に2D吹き替えで観賞。時間ギリギリだったが、休日でもないし券買が混むことはないだろうと余裕こいてたら、長蛇の列!ん?今日って学校休みなのかな〜 ...
14. 映画:塔の上のラプンツェル  [ よしなしごと ]   2011年05月01日 21:05
 近くの映画館はほとんどが吹き替え版だったので、まぁ吹き替え版でもいいかという気持ちになっていたのですが、吹き替えが声優じゃなくて中川翔子ということを知って、なんとしても字幕版で見なくては!と言うわけでブログにも書きましたが109シネマズを運営している
13. 塔の上のラプンツェル  [ ルナのシネマ缶 ]   2011年04月29日 00:59
最近のディズニーアニメは ピクサー作品以外は、 なんとなくイマイチだったけど 今回は映像の美しさも素晴らしくて 結構良かったです。 グリム童話のヒロイン、 ラプンツェルが主人公の オリジナルストーリーです。 深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外
12. 塔の上のラプンツェル  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2011年04月25日 12:58
★★★★☆  赤ちゃんのとき魔女にさらわれて、18年間もの長い歳月に亘って塔の上に閉じ込められ、魔女を母親と信じてきた、魔法の長髪を持つ王女さまのお話である。王女は一度でいいから塔の外へ出て、外の世界を見てみたかった。そして毎年自分の誕生日に、夜空一杯光り
11. 「塔の上のラプンツェル」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2011年04月23日 14:41
今日の夢、明日の夢。 童話の短篇が元ネタという。 つまりは、多くのキャラクターやエピソードはオリジナルということで、やっぱり巧いなと思う。 お相手となるフリンは盗賊として登場する。あっさり仲間を裏切って塔の上へ逃げてくるフリンは胡散臭さに満ちている。 ...
10. 塔の上のラプンツェル・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年04月22日 21:18
「塔の上のラプンツェル」は、ディズニー長編アニメーションの記念すべき第50作目にして、伝統のプリンセス物としては初の3DCG作品だ。 ベースとなっているのは、グリム童話の「髪長姫」だが、髪の長い少女が...
9. 『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年04月22日 18:37
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
8. 塔の上のラプンツェル  [ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) ]   2011年04月22日 12:17
「塔の上のラプンツェル」監督:ネイサン・グレノ声の出演:マンディ・ムーアザカリー・リーヴァイドナ・マーフィブラッド・ギャレット ジェフリー・タンバー 配給:ウォルト・デ ...
7. 塔の上のラプンツェル  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年04月21日 10:46
【TANGLED】 2011/03/12公開 アメリカ 101分監督:ネイサン・グレノ声の出演(日本語吹替版):中川翔子、畠中洋、剣幸、岡田誠、石原慎一、佐山陽規、多田野曜平、飯島肇 深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェル。ある日、お尋ね者...
6. 塔の上のラプンツェル  [ Akira's VOICE ]   2011年04月21日 10:24
「素敵」としか言い様がない! 
5. 塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え  [ 銅版画制作の日々 ]   2011年04月21日 00:13
 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...
4. 塔の上のラプンツェル  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年04月20日 22:15
ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版で
3. 髪長姫〜『塔の上のラプンツェル』 【3D・字幕版】  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年04月20日 18:18
 TANGLED  魔法の長い長いブロンドの髪を持つ少女ラプンツェルは、塔の上から18年間 出たことが無い。彼女を王国からさらった老女を母親と思い込まされ、幽閉され ているのだった。彼女の夢は、...
2. 塔の上のラプンツェル 3D 吹替版/中川翔子  [ カノンな日々 ]   2011年04月20日 17:44
ディズニー・アニメの記念すべき50作品目はグリム童話の「ラプンツェル」です。私の持っているグリム童話集にはこの「ラプンツェル」は載っていないんですけど、ずっと前にNHKだっ ...
1. 『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年04月20日 17:17
□作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、

この記事へのコメント

4. Posted by パピのママ   2011年08月12日 18:42
KGRさんへ・・・今晩は、たくさんTB・コメ頂きありがとうございます。
そうなんですよね、やっぱ3Dで鑑賞したかった。
震災後初めて再開してくれたミニシアター、座席が50席で3つの部屋。だから3Dなんて映写機もない古い町の映画館。
それでも開催してくれて良かった。
髪長姫の物語とはちょっと違うような、でも泥棒と結婚するとはね。
ランタンが舞うシーンは奇麗だった。
3. Posted by KGR   2011年08月10日 13:16
>3Dで鑑賞したらもっと素敵

あのシーンは圧巻でした。

この映画に限らず、2D/3D、字幕/吹き替えが自由に選択できない(館によって上映されるものが限られる)のはちょっと残念です。
2. Posted by パピのママ   2011年05月03日 13:31
ケントさんへ・・・コメント・TBありがとうございます。
TB送れるようになったのですね、良かった(^−^)
やっと映画館も再開してくれ、ミニシアターですので座席数が少ない。でも私のように映画好きには待ってましたと嬉しい再開です。
そうなんです、前から宮城県沖地震が起きる確率99%とTVで予告していたのですが、33年前に宮城県沖地震があり、その後も宮城県の北部での地震、ついついまだこないと思っていた。
それがこんなに大災害になるとは、自然の驚異に思い知らされました。
家の修理はまだ余震が続いて、建築会社もプレハブ住宅建設で手いっぱい。それまで余震が来るたび怯えて過ごすしかありません。
1. Posted by ケント   2011年04月27日 18:16
4 パピのママさんへ
そういえば仙台ご在住でしたよね。
家族怪我もなく、不幸中の幸いでしたね。
最近は映画館に行くのも決死の覚悟が必要です。それでも連日超満員とはありがたいことです。
こんなときこそ、学校の体育館などで、心温まる映画を無料上映するのも一案ですね。
原発の状況や度重なる余震にも気を使う毎日ですが、心が折れないよう祈るばかりです。