抱きたいカンケイSOMEWHERE

2011年05月07日

エリックを探して4

4baec945.jpg

「麦の穂を揺らす風」でカンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いた名匠ケン・ローチとサッカー界のスーパースター、エリック・カントナが手を組んだロマンティックコメディ。エリック・カントナは本人役で出演の他、製作総指揮も担当。主演は「ロビン・フッド」のスティーヴ・エヴェッツ。2009年カンヌ映画祭コンペ部門出品作。

あらすじ:エリック・ビショップ(スティーヴ・エヴェッツ)はマンチェスターの郵便配達員。7年前に出て行った2度目の妻の連れ子、10代のライアン(ジェラード・キーンズ)、ジェス(ステファン・ガンブ)との3人暮らし。人生失敗続きで、特にこのところ元気をなくしていた。

そんなある日、彼は交通事故を起こしてしまう。翌日、病院から帰宅するが、家では子供たちが好き放題。落ち込むエリックには、郵便局の仲間たちの励ましも効果ない。その夜、彼は自室でサッカーのスーパースター、エリック・カントナのポスターに向かって話しかける。

erikku“俺の憂鬱の理由がわかるか?一生後悔するような失敗をしたことは?”……すると背後から、“君はどうだ?”と尋ねる声が。振り向くと、そこに立っていたのはカントナ(エリック・カントナ)本人だった。エリックの憂鬱の理由は最初の妻リリー(ステファニー・ビショップ)。30年前に恋に落ち、娘のサム(ルーシー・ジョー・ハドソン)が生まれたが、すぐに別れて以来、会わずにいた。今になって、子育てしながら大学に通うサムのために孫娘デイジー(コール&ディラン・ウィリアムズ)を預かることになり、リリーと再会。

ところが、以前と変わらぬ美しい姿を目にしたエリックは、彼女に会うことができず、動揺して事故を起こしたのだ。自信喪失のエリックにカントナは“髭を剃って会いに行け”とアドバイス。その忠告のお陰で、ようやくリリーに話しかけることができた。カントナの励ましと助言に従い、少しずつリリーとの距離を縮めていくエリック。

2人の間には温かい気持ちが通うようになり、遂にリリー、サム、デイジーを食事に招待する。だが、その一方で新たな厄介事が。ライアンが、ギャングから預かった拳銃を家の中に隠し持っていたのだ。エリックは家族と愛するリリーを守るために、カントナの励ましに背中を押され、仲間たちと共に一世一代の賭けに出る。(作品資料より)

kanntona<感想>なんとも恥ずかしながら、この映画に登場するサッカーの超有名なスーパースター選手“エリック・カントナ”を知らなかった。調べて見ると、フランス出身で90年代にイギリス、マンチェスター・ユナイテッドで大活躍した選手。

注:2001年にはマンU20世紀最高のサッカー選手に選ばれ、2002年にはイングランドサッカーの殿堂入りを果たし、現在はビーチサッカーのフランス代表の監督で、俳優としても活躍中。サッカー選手を引退し10年以上経った今でも、彼が試合観戦に訪れたマンチェスターのサッカースタジアムでは、彼を見つけた観客たちが大興奮。泣き出す者も。そしてスタジアムの7万人のファンが彼のテーマソングを歌い出したという。

正直私はあまりサッカーを知らない。嫌いなわけではないけれど、地元のベガルタファンでもない(苦笑)でもこの人俳優としてもやっていけそうなくらいハンサムだ。ケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」(1998)にも出ていたらしいし、最近では奥さまが指揮を取る舞台俳優としてデビューしたという。そんなカントナが自ら企画を立てて、ケン・ローチ監督に話を持って行ったという。

エリックの仲間さて物語は、主人公の郵便局員のエリック、最初の結婚に失敗し、2度目の妻にも逃げられエリックに残されたのは2度目の妻の連れっ子の男の子2人。もう言うこと聞かないし、好き放題でエリックは家での自分の存在感まるでない。そんなエリックを仕事仲間たちが励まそうと必死なわけ。一人一回エリックを笑わせようと約束したり、自己啓発の本を読む会を開いたり、それも効果なし。

エリックを探してしかしエリックが落ち込んでいるのには理由があった。1度目の妻と愛し合って一緒になり娘のサムまで産まれたのに、自分のせいで別れることになった最初の妻リリィと何十年ぶりに顔を合わせることに。久しぶりに再会したリリィはとても若々しく奇麗、自分は落ちぶれて老人に見える。なんとか寄りを戻したいのだが、それを言いだせないもどかしさ。

自分の過去を振り返り落ち込み、現実の世界にも疲れ果て、先へ進み気力を失っていた。そんな時いつも壁に貼ったカントナのポスターに愚痴をこぼす。カントナはエリックにとっては憧れの人であり、スーパースターを超えた神様的存在なのだ。そんな時奇跡が起きた。なんと夢にまで見たカントナ本人が目の前に立っているではないか。その夜いらいエリックが困っていると、そのたびに彼の目の前に現れ、愚痴を聞いてくれるばかりか、いろいろと役に立つ助言をしてくれる。カントナの言葉に勇気づけられ、引っ込み思案だったエリックは、リリィに会いに行く。

カントナ現実の世界で何もかも思うように行かないとき、そこに自分の憧れの人が現れて話を聞いてくれる。これって、妄想といってもいい。正しい妄想は重い足を一歩前に進めてくれたりもするものだから。でもカントナはフランス人だから、格言をフランス語であれこれ助言して(笑)、しまいにはエリックにうるさがられ、呆れられたりもする。でも、彼にとっては善きアドバイスであり、勇気を与えられる。でも肝心なのは身近にいる職場の仲間たちの存在を忘れてはいなかった。彼らの力がなかったら息子の過ちを救うことが出来なかっただろう。それをケン・ローチ監督は、笑いをふんだんにまぶして友情物語に仕立て上げるのだから、その実力は計り知れない。

人生をやりなおす事が出来たエリック、大人のファンタジーは程よい加減に現実的で、ほろ苦い。それになによりもカントナという本物のスーパースターが、実名で登場し立派な演技まで披露するのだから凄い。それがこの作品をファンタジーにしているのも悪くないですね。ラストでカントナのゴールプレーが見られたのが良かった!



papikosachimama at 13:25│ 2011年劇場公開作品、鑑賞 | あ行の映画

この記事へのトラックバック

12. 映画評「エリックを探して」  [ プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] ]   2012年06月01日 15:03
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年イギリス=フランス=イタリア=ベルギー=スペイン映画 監督ケン・ローチ ネタバレあり
11. エリックを探して  [ A Day In The Life ]   2011年11月17日 22:58
映画館にて観賞 解説 『麦の穂をゆらす風』などで知られるケン・ローチ監督がメガホンを取り、 プロサッカーチーム、元マンチェスター・ユナイテッドで活躍した“キング” ことエリック・カントナが本人役で出演するユーモラスでほのぼのとした 味わいのある人間ドラ
10. エリックを探して  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2011年08月15日 13:12
エリックを探して’09:イギリス/フランス/イタリア/ベルギー/スペイン◆原題:LOOKING FOR ERIC◆監督:ケン・ローチ「この自由な世界で」「麦の穂をゆらす風」◆出演:スティーヴ・イヴェッ ...
9. 「エリックを探して」  Looking for Eric  [ 俺の明日はどっちだ ]   2011年07月09日 20:58
これは友情についての話であり、自分自身とどう折り合いをつけるかという話だ。反個人主義の映画なんだ。ひとりより、誰かと一緒のほうが強くなれる。ちょっと大げさかもしれないが、これは友人と団結をする話なんだ。(ケン・ローチ) うだつの上がらない、だけど愛す...
8. エリックを探して  [ こんな映画見ました〜 ]   2011年07月02日 23:39
『エリックを探して』---LOOKING FOR ERIC---2009年(イギリス/フランス/イタリア/ベルギー/スペイン )監督:ケン・ローチ出演:スティーヴ・エヴェッツ、エリック・カントナ 、ステファニー・ビショップ、ジェラルド・カーンズ 大のサッカー好きという社...
7. エリックを探して (試写会)  [ 風に吹かれて ]   2011年05月31日 09:52
ダメオヤジよ 勇気を出せ 公式サイト http://www.kingeric.jp12月25日公開製作総指揮: エリック・カントナ監督: ケン・ローチマンチェスターの郵便配達員エリック(スティーヴ・エ
6. 美しいパス  [ くまさんの再出発日記 ]   2011年05月13日 23:20
"総ては美しいパスから始まる"byエリック・カントナ 監督 ケン・ローチ 出演 スティーヴ・イヴェッツ (Eric Bishop) エリック・カントナ (Eric) ステファニー・ビショップ (Lily) ...
5. エリックを探して(2009)◆LOOKING FOR ERIC  [ 銅版画制作の日々 ]   2011年05月10日 17:12
 人生なんて 意外に小さな勇気でかわるもの 京都シネマにて鑑賞。「小さな村の小さなダンサー」の後、続きに鑑賞したのですが、途中不覚にも睡魔、、、、(汗) 面白くなかったわけではありませんが・・・。そもそもサッカーにはそんなに興味がないのもあり。正直前半...
4. 『エリックを探して』(ケン・ローチ監督作品)  [ ラムの大通り ]   2011年05月09日 23:52
(原題:Looking for Eric) ----今夜はイギリスのケン・ローチ監督の映画だね。 「うん。観たときから気になっていたことが 最近の市川海老蔵事件で またまた強くなって…」 ----えっ。どういうこと? ケン・ローチって、どっちかというと いつもワーキング・クラスを描..
3. 映画:エリックを探して Looking for Eric ああカントナ! マンチェスターUファンは必見かな?  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2011年05月09日 19:59
タイトルのエリックとは誰か = エリック・カントナ! ここで、響くかどうかで、みるべきか判断する映画(笑) エリック・カントナ(写真:右)は、マンチェスター・ユナイテッドの一時代を築いた名サッカー選手。 彼が考えた企画を、名匠ケン・ローチが映画化したもの...
2. エリックを探して/スティーヴ・エヴェッツ、エリック・カントナ  [ カノンな日々 ]   2011年05月09日 18:27
元マンチェスター・ユナイテッドのスター選手のエリック・カントナの発案に巨匠ケン・ローチ監督が応えてメガホンをとったというヒューマンコメディ映画です。『麦の穂をゆらす風 ...
1. ワーキング・クラス・ヒーロー〜『エリックを探して』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年05月09日 18:22
 LOOKING FOR ERIC  英国、マンチェスター。二度の離婚を経験し、すっかりしょぼくれた中年男 エリック(スティーヴ・エヴェッツ)。最初の妻リリー(ステファニー・ビショップ) への想いを残し...
抱きたいカンケイSOMEWHERE