2011年06月06日

プリンセストヨトミ3

プリンセストヨトミ、タイトル「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演は「SP 革命篇」の堤真一、「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の綾瀬はるか、「雷桜」の岡田将生、「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の中井貴一。

あらすじ:78日金曜日、午後4時――大阪が全停止した。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の会計検査院調査官がやって来た。税金の無駄遣いを許さず、調査対象を徹底的に追い詰め“鬼の松平”として怖れられている松平元(堤真一)。その部下で、天性の勘で大きな仕事をやってのけ“ミラクル鳥居”と呼ばれている鳥居忠子(綾瀬はるか)、日仏のハーフでクールな新人エリート調査官、旭ゲーンズブール(岡田将生)

プリンセストヨトミ、4彼らは順調に大阪での実地調査を進め、次の調査団体のある空堀商店街を訪れる。その商店街には、ちょっと変わった少年少女がいた。
お好み焼き屋「太閤」を営む真田幸一(中井貴一)と竹子(和久井映見)夫婦の一人息子・真田大輔(森永悠希)は、女の子になりたいという悩みを抱えていた。その幼馴染・橋場茶子(沢木ルカ)は、大輔とは対照的に男勝りでいつも大輔を守っていた。そんな商店街を訪れた調査員一行は、財団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」に不信な点を感じる。

だが、徹底的な調査を重ねるも、経理担当の長曽我部(笹野高史)にのらりくらりとかわされ、諦め始めた鳥居も「これでOJOが嘘をついているとしたら、大阪中が口裏を合わせていることになりますよ」と不満をもらす。そのとき、松平の脳裏にある考えが閃いた。「そうだ、大阪の全ての人間が口裏を合わせている……」意を決して再びOJOを訪れた松平の前に現れたのは、お好み焼き屋「太閤」の主人・真田幸一。そして「私は大阪国総理大臣、真田幸一です」と発せられたその言葉に松平は耳を疑った……。(作品資料より)

プリンセストヨトミ、1<感想>原作は未読です、以前の万城目学の「鴨川ホルモー」も未鑑賞です。で、何で見たのと言うと、やっぱ堤真一さんと中井貴一さんが出ているからなんですね。冒頭での綾瀬はるかちゃん、胸が揺れてるってね、男の観客にサービス満点ですよ。はるかちゃんの天然ぶりは地でいっているようでキャラ全開が愉快で、それと笹野さんの経理担当役はぴったりでそつがないし、江守徹さんの役どころもハマっていてナイスキャスティングですね。

それに、ななっん!とたこ焼き屋の兄ちゃんで玉木宏さんが出てもったいない使い方ですよ、もっとなかったのかなぁ〜台詞も少ないし残念。

プリンセストヨトミ、5物語はお伽噺のようなまるででっち上げの奇想天外なストーリー。だって大阪城の下に大阪国があって、総理大臣に中井貴一さんがなっており、普段はお好み焼きの主人という。大阪夏の陣で、徳川に大阪城を滅ぼされた豊臣の若君の最後が描かれ、それがラストに伏線となって、洞窟に隠れた若君国松を助けた徳川の大将は、堤さんが演じてましたね。あの目と声はそうだよ絶対。

どうして大阪国が出来たのか説明がありましたが、私は勝手に想像しちゃって、末裔が女なら子孫を産めるし、そうかタイトルがプリンセスというからには豊臣の子孫のお姫様がいるんだ。

プリンセストヨトミ、2それがあまり関係ないような、その姫様たる人物は自分が豊臣の末裔だなんて知らないで育って、でも大阪の住民たちは皆知っていて、それを何も知らない綾瀬はるかがプリンセスを誘拐してしまう。本当は誘拐ではないのですが、大阪市民が一丸となって一大事に集結するという。その一大事を知らせる暗号?=印が瓢箪なんですよ。これは笑ったね。それとライトアップの赤く燃えるような大阪城。

豊臣の子孫のプリンセスを自分の家の息子に言い伝えながら、それも先祖代々400年もの間、延々と守って来たというから驚いた。娘には教えないのかね、娘はあの赤い絨毯を歩けないんだ。

プリンセストヨトミ、3もう一つ驚いたのが大阪市民の全面協力で実現した、大阪の中心の商店街、道頓堀界隈、心斎橋などを“無人の大阪”にしたシーンの異様さも圧巻でした。早朝にでも撮影したのか?・・・なんて思ってましたが、お店が営業してたしね、凄いよこれって。

まぁ、「OJO」という大阪城跡整備機構の存在。国から年に5億円の交付金という事実が本当だったら、大阪府の財政難もいくらか解決するだろうに、なんて思いながら、「OJO」とは王女のことつまりプリンセスを守る財団なの。その地下にある赤い絨毯を敷いた長いトンネル。その先には国会議事堂と同じような構造だというが、狭いってこれは。

ラストの徳川サイドの堤さん扮する松平と、豊臣サイドの中井さん扮する真田との対決は見物ですぞ。でもそこに拳銃を持ってくるのはいささかゲンナリ。だって、子供達が蜂須賀の息子に虐められ、蜂須賀の家へお宝を取りにいく大介は、女装趣味で女々しくいつも男勝りの茶子に助けてもらっているのに、いざという時には俄然男儀を発揮して健闘する。

プリンセストヨトミ、8オチがね、鬼の松平も昔は大阪の人だったと言うことで、父親が亡くなる時息子に「伝えることがある」と言う言葉を聞かずに無視してしまったことを悔やんで、最後は父と子の絆というか、一人で地下の赤い絨毯を歩く姿に父親を許す心に納得しました。

 はるかちゃんが、大阪行きの新幹線の中で富士山の下に十字架が見えたと言ってたことが、ラストの東京へ帰る新幹線の窓に見える富士山の下に十字架が確かにはっきり見えたのだ奇跡の印ってことなの。
確かに関西に行く時新幹線で富士山見えないとがっかりだもんね、晴れた日にはくっきりと見える日本の象徴ともいえる富士山、そんな奇跡を信じるのもいいですよね。



papikosachimama at 18:20│ 2011年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

35. 別館の予備(プリンセス・トヨトミ 感想230作品目)  [ スポーツ瓦版 ]   2012年06月28日 14:18
6月28日 プリンセス・トヨトミ(感想230作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当 ...
34. 『プリンセス トヨトミ』'11・日  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   2012年05月18日 22:53
あらすじ会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子旭ゲーンズブールの3人は、府庁な
33. 映画評「プリンセス トヨトミ」  [ プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] ]   2012年04月21日 09:20
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・鈴木雅之 ネタバレあり
32. 『プリンセストヨトミ』(2011)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2012年01月11日 23:51
この作品を”和製『ダ・ヴィンチ・コード』”などと紹介していたのはどこの誰だ? ちょっと期待しちゃったじゃないか・・・。 東京から大阪へ3人の会計検査院調査官がやってきた。彼らは実地調査を進めるうちに、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に不審な点を発
31. プリンセス トヨトミ  [ いやいやえん ]   2011年11月23日 10:47
プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。 歴史人
30. 映画「プリンセストヨトミ」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2011年08月10日 13:40
2011/6/1、 ファーストデーで、誰でも千円の109シネマズ木場。 水曜日はレディスデーでいつも女性が多いのだが、 心なしか年齢層は高目で男性が多い。 *     万城目学(まきめまなぶ)の同名小説の映画化。 堤真一、中井貴一、綾瀬はるか、岡田将生、和久...
29. 映画:プリンセス トヨトミ  [ よしなしごと ]   2011年07月23日 14:07
 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。
28. 『プリンセス・トヨトミ』 2011年39本目 チネ・ラヴィータ  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2011年07月09日 18:33
会計検査院の検査官3名が、国庫補助の監査で大阪に出張。 日本の中の謎の国、大阪には本当に謎があって… 『プリンセス・トヨトミ』 びっくりしました。 色々な意味で大阪は「 ...
27. プリンセス トヨトミ(2011-035)  [ 単館系 ]   2011年07月05日 01:42
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...
26. 「プリンセストヨトミ」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2011年07月02日 23:55
実際の大阪は、府と市が闘ってるけど。 大阪国。 どだい無理な話である。それでも「大阪ならあるかも・・・」という際どいバランスで観る側を惹き付けているのが本作だと思う。 だから多少のことには目をつぶる。キャストの華やかさにも免じて許してしまう。 それでも、...
25. ★「プリンセス トヨトミ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2011年06月28日 03:58
今週の平日休みは、震災以来点検整備中だった「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。
24. プリンセス・トヨトミ  [ 充実した毎日を送るための独り言 ]   2011年06月26日 18:03
・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助金をめぐる攻防・ 親子とのつながりを描いたヒューマニ...
23. 「プリンセス トヨトミ」 父親と息子  [ はらやんの映画徒然草 ]   2011年06月23日 19:51
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作
22. プリンセス トヨトミ  [ そーれりぽーと ]   2011年06月17日 23:43
大阪市内大フィーチャー! 大阪市内のあちこちで撮影しまくった映画って意外と無いんよね。 という訳で特に期待せず、いつもぶらついてる街がいつの間にか撮影されてた映画を観ようという感覚で『プリンセス トヨトミ』を観てきました。 ★★ なんじゃこりゃ。 出てるだけ.
21. プリンセス トヨトミ  [ ルナのシネマ缶 ]   2011年06月17日 00:39
まあ、原作が万城目学だから 荒唐無稽なストーリーは わかるけど、ネットでは 綾瀬はるかの乳揺れ?が (この表現もどうかと思うけど・・) 話題になっていた作品です。 俳優人は豪華です! 会計検査の調査官である松平元(堤真一)、鳥居忠子(綾瀬はるか)、
20. プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年06月15日 11:36
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本...
19. プリンセス トヨトミ  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2011年06月15日 06:55
★★★  大阪夏の陣で滅亡したと伝えられている豊臣家の末裔が、今も大阪市内で生き永らえているらしい。そして明治維新の政府が、大阪国の存在を認め、その組織に対して国家予算の配分を約束したという。 会計検査院とは、政府とは独立した組織であり、行政組織や公益法人
18. プリンセス トヨトミ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年06月13日 06:39
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるも...
17. 映画「プリンセストヨトミ」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2011年06月10日 00:13
映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品...
16. 「プリンセス トヨトミ」  [ 大吉! ]   2011年06月09日 23:20
<水曜日> 「各団体の実地調査のため、大阪の地を3人の会計検査院調査官が訪れた。彼らは順調に実地調査を進めていたが、あるとき不審な財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に出会う。徹底的に調査するも変わった様子はなく、諦めようとしたその時、大阪国総理大臣...
15. プリンセス・トヨトミ  [ ★ Shaberiba  ]   2011年06月09日 20:09
大阪が全停止した。そこにある真実とは・・?
14. プリンセス トヨトミ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2011年06月08日 02:24
2011年5月29日(日) 18:50〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。いあや
13. プリンセス トヨトミ  [ 風に吹かれて ]   2011年06月07日 14:36
大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元
12. ひょうたんだよ!全員集合(んなアホな)〜「プリンセス・トヨトミ」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2011年06月07日 13:31
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)万城目 学 文藝春秋 2011-04-08売り上げランキング : 42Amazonで詳しく見るby G-Tools 物語の顛末を映画館でというのなら見てから読むべし。 若干説明不足の分、ひとによっては物足りなさを感じるかもしんない。 いつもなら原作読...
11. 『プリンセス トヨトミ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年06月07日 12:36
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆
10. プリンセストヨトミ  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年06月07日 09:56
2011/05/28公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、府...
9. 「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命  [ オールマイティにコメンテート ]   2011年06月07日 00:02
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
8. プリンセス トヨトミ/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生  [ カノンな日々 ]   2011年06月06日 21:31
人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ...
7. 『プリンセス トヨトミ』  [ こねたみっくす ]   2011年06月06日 20:57
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
6. 『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は?  [ 映画のブログ ]   2011年06月06日 20:56
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...
5. プリンセス トヨトミ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年06月06日 20:42
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務める
4. 劇場鑑賞「プリンセストヨトミ」  [ 日々“是”精進! ]   2011年06月06日 20:17
「プリンセストヨトミ」を鑑賞してきました「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベストセラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ム...
3. 大阪国国民、蜂起せよ〜『プリンセス・トヨトミ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年06月06日 20:14
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...
2. プリンセス トヨトミ  [ 花ごよみ ]   2011年06月06日 19:37
大阪には豊臣秀吉の子孫がいた!! 原作は万城目学の同名小説。 かなり前に読んでいて 記憶はうすれています。 監督は 鈴木雅之。 国の会計検査院に所属する3人の調査員。 松平(堤真一)鳥居(綾瀬はるか) 旭ゲンズブール(岡田将生)。 大阪に訪れた彼らは 財団...
1. プリンセス・トヨトミ  [ Akira's VOICE ]   2011年06月06日 18:51
面白味が伝わらん・・・。

この記事へのコメント

2. Posted by パピのママ   2011年08月17日 18:36
KGRさんへ・・・今晩は、TB・コメありがとう!
「鴨川モルモー」面白かったですか、レンタルして観ようっと(^−^)
大阪国の設定がね、豊臣の末裔が生きているからって、地下組織みたいに結成されて。
作り話だから、やっぱり矛盾しているところ多いですよね。
1. Posted by KGR   2011年08月10日 13:41
「鴨川ホルモー」が面白かったので、相当期待していたんですがちょっと思惑外れ。

男子伝承のはずの大阪国。
どうして女性や子供までいなくなってしまうのかよく判りませんでした。