2011年06月16日

さや侍4

さや侍、タイトル「大日本人」「しんぼる」に続く松本人志監督の長編3作目。侍でありながら鞘しか持たない父と、その不甲斐なさに反発する娘の姿を描く。出演は、TV『働くおっさん劇場』で強烈なインパクトを残した一般男性・野見隆明、TVドラマ『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』の熊田聖亜、「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の板尾創路、柄本時生。

あらすじ:伊香藩水位微調役・野見勘十郎(野見隆明)は、ある出来事をきっかけに刀を捨て、無断で脱藩、一人娘のたえ(熊田聖亜)と共に流浪の旅を続けていた。

勘十郎の首には懸賞金がかけられ、三味線のお竜(りょう)、二丁短銃のパキュン(ROLLY)、骨殺師ゴリゴリ(腹筋善之介)といった賞金稼ぎから逃れ続ける勘十郎だったが、ある日遂に多幸藩の追っ手によって捕らえられてしまう。

さや侍、3多幸藩の殿様(國村隼)が勘十郎に処したのは「三十日の業」。母君を失った悲しみで笑顔をなくした若君を、一日一芸で三十日の間に笑わせられたら無罪放免、できなければ切腹というものだった。

翌日から、侍にとって生き恥をさらすのに似た三十日間の試練が始まる。殿様と若君、家老(伊武雅刀)らを前にお白州で芸を披露する勘十郎。だが鼻からうどんをすすり、腹踊りを見せるものの若君に笑いはない。たえは勘十郎の無様な芸に我慢がならず、牢屋敷の中で親子喧嘩を繰り返す。

さや侍、9そんな二人を見かねた見張り番の倉之助(板尾創路)と平吉(柄本時生)は、勘十郎に芸を授け始める。本来二人で行う相撲を敢えて一人でやる天涯孤独の業、赤と黒の金魚を飲み込み、自在に腹の中から吐き戻す天衣無縫の業、多幸藩特産の大ダコと戦う生死をかけた天下分け目の業。

だが十五日を過ぎてなお、若君に笑う気配は見られなかった。たえは倉之助に、三十日の業を試しに城の外で披露したいと提案する。大勢の見物客が詰めかけた浜辺で、大仕掛けの人間大筒に挑む勘十郎に湧く歓声。再びお白州に移り、勘十郎は人々の声援を背に必死に様々な芸を繰り出すが、人間花火の芸を披露した時、そのあおりを受け、若君は手に怪我を負ってしまう。

たえは、倉之助の助けを借りて若君の部屋を密かに訪問。薬草を手渡しながら、たえは、若君と同じように自分も流行病で母上を亡くし、それ以来、勘十郎は刀を手にしなくなったと告白する。やがて三十日の業も遂に最終日を迎えようとしていた……。(作品資料より)

さや侍、6<感想>ダウンタウンの2人の内どちらが好きと言えば、浜ちゃんの方が断然好きです。娘が松ちゃんの大ファンで、しょうが無く付き合いました。ですから松本監督作品は初めてです。だから主人公の野見勘十郎が松ちゃんに見えて、こんな下手な芝居をするのか、なんて思ってたらど素人さんだったのですね。

まぁ、それが良かったのでしょうか、台詞も少ないので切腹を逃れるために30日間、1日1芸を披露するシーンでは、返って淡々とする芸が観客にとってはパットしないで良かったのではないかしら。もちろん「さや侍」ですからチャンバラのシーンはありません。

さや侍、4それにしても、欽ちゃんの「仮装大賞」の中の人間花火とか、ダウンタウンで吉本の芸人がしてた「一人相撲」、「鼻からうどんすすり」、「どじょうすくい」「箒を持って口三味線」とか、「生の蛸の吸盤との闘い」「腹芸(娘に腹に顔を書いてもらい踊る)」「縄跳びのニ重跳び100回」等々、TVで見たことあるような(苦笑)大掛かりな大道具で木で作ったロデオ・マシーンとか、城の外で木で作った人間大砲など、首を切られて背中の板を肩の上まで押し出し、顔を下で出す芸など、結構苦笑いしますね。

さや侍、2家老、伊武雅刀さんの「切腹を申しつける」という大きな声が響き渡り、何回やっても若君は笑わない。
殿様の國村隼さん、金平糖を食べながらたまにクスッって笑いそうになり、若君を見るとブスっとしているので仕方ないかとあきらめムード。ベテラン2人の演技と、見張り番の板尾さんが良かった。この俳優さんは出てくる度に上手くなっている。派手な衣装の、3人の賞金稼ぎはいらなかったと思う。

毎日1回芸をしても若君に笑ってもらえず、娘は父親に叱咤する。「父上今ここで自害しましょう」とキツイ言葉を浴びせる娘。武士の娘だからなのか、父親には恥ずかしい姿をさらしてほしくないのだろう。この娘役も素人さんだというから驚いた。

さや侍、8ところがです、見ている内にお笑い作品なのに、ただひたすら真面目な顔で一生懸命に笑いを取ろうとするその姿に、バカバカしさと共に何故か哀愁までもが伝わってきて、最後はなんとか頑張れと応援したくなります。

けれど最後の日は、何度も娘に言われなくても、すでに父親は覚悟を決めていたのでしょう。
さや侍、10しっかり者の娘とダメな父親との“親子の絆“が感動を生み、最後には、娘に託した手紙に、ほおぉ〜とため息まじりで、松ちゃんやるじゃないのって、拍手したくなりました。

エンディングの終わりに現代のシーンが出て、松ちゃんが自転車に乗って出てますので帰らないで見て下さい。松ちゃんも娘が産まれ、その内大きくなって「今日の芸は面白くなかったよ」と娘に言われる日が来るに違いありません。



papikosachimama at 21:08│ 2011年劇場公開作品、鑑賞 | さ行・ざ行の映画

この記事へのトラックバック

18. さや侍  [ 我が頭に巣くう映画達 ]   2012年03月18日 16:26
68点 2011年の日本映画で、 監督はダウンタウンの松本人志さん、主演は野見隆明さんです。 刀を捨てた主人公の侍は、脱藩した罪により切腹を命じられるが、 30日の間に笑顔を失った若君を笑わせること...
17. さや侍  [ 映画、言いたい放題! ]   2011年11月08日 16:54
ブログネタ:今、お腹すいてる? 参加中 始終何か口にしてしまう私です。 映画を観る前には何かを食べ、 観終わったら、また食べに行ってしまう。 家で観る時は、 観ている間も何か食べているかも。 年中空腹。(爆) さて、松本人志監督の三つ目の作品。 一
16. さや侍  [ 銀幕大帝α ]   2011年11月07日 01:16
11年/日本/103分/時代劇コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 脚本協力:板尾創路 出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、伊武雅刀、國村隼 <ストーリー> ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野...
15. 『さや侍』 2011年49本目 MOVIX仙台  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2011年08月14日 14:34
脱藩の罪でお尋ね者となった、鞘しか持たないさや侍。 一ヶ月で若様を笑わせないと切腹を申し付けられる。 『さや侍』 ダウンタウンの松本人志監督作品、第3弾。 初監督作品の ...
14. 別館の予備(感想203作目 さや侍)  [ スポーツ瓦版 ]   2011年08月07日 11:49
8月7日 さや侍 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10973483574/84d1c777
13. 『さや侍』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年07月29日 01:43
『 さや侍 』 (2011)  監  督 :松本人志キャスト :野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之助、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀 独特の感性で作品を送り出してきた...
12. さや待  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2011年07月06日 21:55
★★★  松本人志監督の三作目の映画は、なんとちょいと変った時代劇であった。子連れ狼ならぬ子連れ指命手配者の野見勘十郎は、刃を捨ててさやだけを腰に差し、娘を連れて脱藩しての逃亡生活を送っていた。旅の途中でおかしな賞金稼ぎ三人に襲われるが、傷を負いながらも戦
11. 「さや侍」 松本人志に泣かされた  [ はらやんの映画徒然草 ]   2011年06月29日 20:59
「大日本人」「しんぼる」と奇作を発表している松本人志監督。 新作は時代劇、それも
10. 『さや侍』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年06月23日 08:20
□作品オフィシャルサイト 「さや侍」□監督・脚本 松本人志 □脚本協力 高須光聖、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留□キャスト 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村 隼、りょう■鑑賞日 6月18日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★
9. 切腹を申し付ける  [ 笑う学生の生活 ]   2011年06月22日 22:53
13日のことですが、映画「さや侍」を見ました。 松本人志監督作品 どうしても 期待してしまうのですが・・・ 今までの作品と比べても 1番 映画らしい作りで ある意味 見やすい作品でした 若君を笑わせるための 三十日の業 これがベースとなるわけで まぁ、1日 1ネ...
8. さや侍  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年06月22日 21:27
 『さや侍』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)これまで松本人志の監督作品は肌が合わないのではと思って敬遠してきたものの、今回の作品は、従来のものとはだいぶ趣が違っているとのことなので、それならと映画館に出かけてきました。  実際見てみると、わけのわか...
7. さや侍  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年06月17日 15:14
2011/06/11公開 日本 103分監督:松本人志出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父に対し、娘は反発していた。2人は、あてもなく旅を...
6. さや侍  [ Akira's VOICE ]   2011年06月17日 10:26
ラストが良い! それだけで満足。  
5. 劇場鑑賞「さや侍」  [ 日々“是”精進! ]   2011年06月17日 06:03
「さや侍」を鑑賞してきました人気お笑い芸人・松本人志が、「大日本人」「しんぼる」に続いて手掛けた映画監督第3弾。自身初の時代劇に挑戦し、ある理由からさやしか持たない侍が...
4. [映画『さや侍』を観るもつまらなかったので<TSUTAYA>へ]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2011年06月16日 22:27
☆仕事を定時で終えて、「映画を見るので帰宅が遅くなる」と母親に連絡したら、「(小5の)姪っ子が友人4人を連れて家で遊んでいる」とのこと・・・、  私はよっぽど、映画なんてやめて、コンビニでシュークリームでも買って帰って、少女たちの人気者になろうと思ったのだ..
3. さや侍  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2011年06月16日 22:14
まるで松本人志版ゴッホの自画像 公式サイト。松本人志監督、 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼。監督のお笑い芸人松本人志 ...
2. さや侍  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年06月16日 22:14
『大日本人』、『しんぼる』に続くダウンタウン・松本人志監督の第3弾。前2作とはがらっと変わり今回は時代劇に挑戦だ。脱藩の罪で捕まった主人公が、母を亡くした事で笑顔を失った藩主の息子を笑わせるための“三十日の業”を通じて娘との絆を取り戻していく様子を笑いと
1. さや侍/野見隆明、熊田聖亜、板尾創路  [ カノンな日々 ]   2011年06月16日 21:57
ダウンタウンの松本人志監督の長編第3作目です。クレジットを見ると今回本人は出演されなくて監督業専念してるようですね。今作に関するインタビューでは有名人監督ゆえの悩みを告 ...

この記事へのコメント

1. Posted by 健太郎   2011年08月14日 14:27
4 こんにちは。

ギャグで落とすのかと思ったら、おやこの物語だったのでびっくりしました。
松本監督自身、娘さんが産まれたからでしょうか?

さや侍の最期も、娘に託したメッセージも感動的でした。

>自転車
松本監督なんですか?
全く気づきませんでした。