2011年06月22日

127時間3

127時間単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞に輝いたダニー・ボイル。ジェームズ・フランコ(「スパイダーマン3」)の主演男優賞を始め、アカデミー賞で6部門にノミネートされた。

あらすじ:タフなヒーロー気取りで人と深く関わらずに生きてきたアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)。開放的な陽気さとクールな一面を合わせ持つ魅力的な青年だ。ある金曜の夜、彼はいつものように1人でロッククライミングを楽しむため、慣れ親しんだユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンに向けて出発する。

127時間、5それは、彼にとってどうということのない週末の過ごし方だったが、突然、過酷な運命が襲い掛かる。落石に右腕を挟まれ、狭い谷底から一歩も動けなくなってしまったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野に虚しく響き渡る。知識と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ガッチリと挟まった岩はピクリとも動かない。

死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。自分勝手に生き、両親にも、友達にも、恋人にも決して心を開かなかった。衰弱してゆく身体を引き裂くように襲い掛かる後悔、それと同時に湧き上がる“生きたい”という生への執着と情熱。そして生命の限界を越えた127時間後、遂に彼は決断する……。(作品資料より)

127時間、4<感想>先週観てきました、実話だそうです。この結末は観る前から予想していた通りだった。岸壁に挟まって身動きがとれず、もうこのままでは死んでしまうかもしれないと言う極限状態の中で、彼は家族のためにビデオで別れを言っておこうと自分で撮ったものは、全く自分を憐れんだり悲しい表情など見せずに毅然としている。

127時間、3何と言う平然さには驚く、両親に対して、特に母親には「いつも電話に出ないでごめん」と、妹には「結婚式に出席せず申し訳ない」など、この遺言らしきビデオをもし誰かが自分の遺体と一緒に見つけてくれたら、葬式に見せて欲しいという彼らしい希望と推測で撮ったのだろう。

127時間、2アーロンを演じているジェームズ・フランコー、上映中の殆どは岩に右腕を挟まれ、アーロンがありったけの力を振り絞って抜き取ろうとあがくシーンと、全身が麻痺して腕はどす黒く変色し、飲み水もわずかになり、夜になると半袖シャツと半ズボンでは寒く、ロープを足に巻き付けたりしながら、嵐になるも飲み水をボトルに確保するも足りるわけがなく、最後は自分の小便を飲むはめになるとは。

それにしても、延々と続く岸壁の上の空の青いこと、朝の9時半ごろ一羽の鷲(ワタリガラス)みたいなのが頭の上を飛んでいく。一日中ほとんどといってくらい太陽が当たらないクレバスの隙間に、少しづつ日光が射し始める。この陽射しで希望と絶望をさりげなく現わして一日の時間が分かり、自分の残された寿命も刻刻と迫って来る。

127時間、6いやはや、極限状態になると幻覚症状に陥り、若きころの彼女と別れた事や、親孝行しなかったこととか、やっぱりと言う現実と、しかし“生きたい”という人間の執着が彼に飛んでもない勇気を与えたのだろう。中国製の切れない小型ナイフで、岩をひたすら削る。その大事なナイフをうっかり落としてしまう。小枝を足の指に引っ掛けて器用にナイフを取り戻す。それからは、腰に縛りつけていた。水のボトルも危く落としそうになる。かなり意識が朦朧としているのだ。
腕を切らなくても挟まった側面だけをナイフで削るとか、それでも強烈な痛さにはかわらないだろう。強靭な心臓の持ち主、よく失神しなかったのが幸い。

体いっぱいで演じ切ったジェームズ・フランコの陽気さとクールさ、同じ場所で独りのみ、おまけに動けないという状況が延々と続く、精神状態を見せて行くまるで一人芝居劇のような演技力には圧倒された。



papikosachimama at 18:22│ 2011年劇場公開作品、鑑賞 | はとぱ行の映画

この記事へのトラックバック

39. 127時間  [ Akira's VOICE ]   2012年04月25日 12:01
気合いだー!!!!!
38. 127時間  [ いやいやえん ]   2012年01月26日 09:03
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作。
37. ダニー・ボイル監督 「127時間」  [ 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 ]   2012年01月25日 19:28
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、主演ジェームズ・フランコで映画化し、昨年2011年度アカデミー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされた作品 ブルーレイで鑑賞 オフィシャルサイト⇒http://movies2.foxjapan.com/127hours/ 【あらす..
36. 『127時間』  [ La.La.La ]   2012年01月22日 12:01
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:94分  原題:127 Hours  配給:20世紀フォックス  監督:ダニー・ボイル  主演:ジェームズ・フランコ      ケイト・マーラ      アンバー・
35. 127時間  [ 銀幕大帝α ]   2012年01月07日 01:02
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン・..
34. 127時間  [ 映画、言いたい放題! ]   2011年10月03日 21:21
ブログネタ:○○の秋、あなたは何の秋? 参加中 先月はレビューが本当に少なかった。 レビューを書くために映画を見てる気になって 映画を観る気になれなかったのです。 でもそれではダメだ!と思い直しましたので、 今月は沢山レビューを書けるようにします。 と
33. 127時間  [ 映画、言いたい放題! ]   2011年10月03日 21:20
ブログネタ:○○の秋、あなたは何の秋? 参加中 先月はレビューが本当に少なかった。 レビューを書くために映画を見てる気になって 映画を観る気になれなかったのです。 でもそれではダメだ!と思い直しましたので、 今月は沢山レビューを書けるようにします。 と
32. 映画『127時間』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2011年09月15日 22:47
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソニー
31. 映画:127時間  [ よしなしごと ]   2011年09月15日 00:01
 そのタイトルからどうしても96時間のようなアクション映画を想像しちゃいますよね。でも全く違います。そんな訳で渋谷のシネクイントで127時間を見てきました。  このシネクイント、前回の半券を持っていくと1,000円になるので、前回見たムカデ人間の半券でお得に
30. 試写会「127時間」   [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2011年08月10日 13:53
2011/6/9、よみうりホール。 8割がたの入り。 上映中に地震があったのには驚いた。 震度は2ぐらいで気が付かない人もいたようですが、 長く揺れたので天井が落ちてこないか思わず見上げちゃいました。 ** ジェームズ・フランコのほぼ一人芝居。 ** アーロン・ラ...
29. 『127時間』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年07月17日 13:03
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
28. 「127時間」 自分と向きあった127時間  [ はらやんの映画徒然草 ]   2011年07月16日 06:45
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
27. 生きることをあきらめない〜『127時間』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年07月12日 21:04
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
26. ■映画『127時間』  [ Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> ]   2011年07月12日 01:02
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし、
25. シネトーク67『127時間』●どのホラーよりも怖い映画。でもそれだけに感動も深い!  [ ブルーレイ&シネマ一直線 ]   2011年07月11日 03:28
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「『シネコンウォーカー』に金払って読んでる人いるの?」 シネトーク67『127時間』 監督・製作・脚本:ダニー・ボ
24. 127時間 127HOURS  [ まてぃの徒然映画+雑記 ]   2011年07月10日 01:03
冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化! いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTBをSUVの屋根に乗せて、ブルー・ジョン・キャニオンを目指す。車...
23. 『127時間』 2011年44本目 フォーラム仙台  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2011年07月09日 19:12
『127時間』 登山で大変な目に遭った男の実話を映画化。 監督は『スラムドック・ミリオネラ』の監督。 登山の実話をベースにした映画は、『運命を分けたザイル』、『アイガー北 ...
22. 127時間  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2011年07月07日 14:26
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
21. 127時間  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年07月06日 05:42
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
20. 「127時間」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2011年06月29日 00:28
今までの君は間違いじゃない。 究極の決断により奇跡の生還と聞けば、だいたい展開は分かろうもの。見どころは、主人公の感情の移り変わりとその演出だった。 落石に腕を挟まれるまでの元気が過ぎるほどのアーロンと、一転して表情や口調といった細かい部分に注目が集...
19. 身動き取れぬ 127時間  [ 笑う学生の生活 ]   2011年06月27日 22:10
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ...
18. 「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2011年06月27日 07:24
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
17. 127時間・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年06月26日 23:16
一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が...
16. 127時間  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2011年06月26日 03:34
2011年6月20日(月) 18:45〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『127時間』公式サイト 崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。 まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、あち
15. 映画「127時間」  [ FREE TIME ]   2011年06月25日 19:24
映画「127時間」を鑑賞しました。
14. 127時間  [ 心のままに映画の風景 ]   2011年06月25日 15:24
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
13. 127時間  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2011年06月24日 22:06
評価:★★★★【4点】(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
12. 127時間/ジェームズ・フランコ  [ カノンな日々 ]   2011年06月24日 21:26
これも一応は山岳映画ですよね?単独での登山の最中にアクシデントに見舞われ谷間で身動きがとれなくなってしまった若き登山家アーロン・ラルストンの実体験を綴った原作を『スラ ...
11. 127時間 えっ?これって実話っ?  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年06月24日 09:56
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる〜~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げず、休日..
10. 127時間  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   2011年06月23日 18:24
   『127時間』  (2010) アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。 ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう。 ア
9. 127時間  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年06月23日 12:51
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
8. ダニー・ボイル監督『127時間』  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2011年06月23日 12:10
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
7. 127時間(2010)◆◇127 Hours  [ 銅版画制作の日々 ]   2011年06月22日 23:52
            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。 パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。 公開を心待ちにしていた作品です。主演のジェームズ・フランコ君、私的には好きな俳優さんで、しかもアウトドア...
6. 『127時間』  [ ラムの大通り ]   2011年06月22日 21:58
※少しネタバレもあります。 でも、すでに知ってられる方もいるかも (原題:127 Hours) ----この映画、 今年のアカデミー賞に 何部門もノミネートされていたよね。 監督が『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。 「うん。 最初、そのタイトルからして 『28日..
5. 127時間  [ ともやの映画大好きっ! ]   2011年06月22日 21:55
(原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。 第64回英国アカ
4. 127時間 / 127HOURS  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年06月22日 21:05
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
3. 127時間  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年06月22日 20:05
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気を
2. 劇場鑑賞「127時間」  [ 日々“是”精進! ]   2011年06月22日 19:21
「127時間」を鑑賞してきましたアカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイ...
1. 『127時間』  [ こねたみっくす ]   2011年06月22日 19:03
右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ...

この記事へのコメント

2. Posted by パピのママ   2011年08月18日 13:17
KGRさんへ・・・TB・コメント感謝です。
映像表現といえば、太陽光線の陽射しの扱いの巧さには驚くばかりです。
しかし、こんな怖い目に遭いながら、まだロック・クライミングを続けているアーロンというのも実に凄い人ですよね。
1. Posted by KGR   2011年08月10日 13:55
粗筋は知ってましたから、それほどビックリしませんでしたが、映像表現(特にあのビイーンとか言う効果音)は心に刺さりました。

最後は助かると分かっていても、別の人たちに会えたのが幻覚でないことを祈るばかりでした。