タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密3Dランナウェイズ

2011年12月04日

リアル・スティール(試写会)5

リアル・スティール、タイトル製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ&ロバート・ゼメキス×ショーン・レヴィ監督(「ナイトミュージアム2」)によるSFアクション。ロボット同士の格闘技が人気を集める世界で、ボクサーとしての夢破れた男が、息子との絆と自分の再起を賭けて戦う。主演は「ウルヴァリン:X−MEN ZERO」のヒュー・ジャックマン。

あらすじ:チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)はかつて将来を嘱望された期待のボクサーだった。チャンピオンを目指してトレーニングに打ち込んできたものの、時代は高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる“ロボット格闘技”の時代に突入。

もはや人間のボクサーは生きる場所を失い、チャーリーは人生の敗残者も同然だった。辛うじてロボット格闘技のプロモーターとして生計を立てているものの、乏しい資金力で手に入れられるロボットは、リングの上であっという間にスクラップ状態。人生のどん底にも関わらず、さらなる災難がチャーリーに舞い込んでくる。

赤ん坊の時に別れたきりの息子マックス(ダコタ・ゴヨ)が最愛の母を亡くして、11歳になった今、初めて彼の前に現れたのだ。だが、マックスは、そう簡単にチャーリーに心を開くはずもなく、親子関係は最悪の状態。そんなある日、2人はゴミ捨て場でスクラップ同然の旧式ロボット“ATOM”を発見する。それが、彼らの人生に奇跡を巻き起こす“運命の出会い”であることに、チャーリーもマックスもまだ気づいていなかった……。(作品資料より) 注:ネタバレで書いてあります!

リアル・スティール、2<感想>9月過ぎくらいからハガキでたくさん応募してたが、さっぱり当たらず諦めかけてたがやっと当選、2日の試写会に行ってきました。ありがとうKHB東日本テレビさん。
スピルバーグとロバート・ゼメキスといえば、「バック・トウ・ザ・フューチャー」以来、とことん楽しませる映画にこだわってきたコンビ。彼らが挑んだ“新しい面白さ”にハズレはない。

ロボット格闘技の世界を舞台にしながら、予想外の感動をもたらしたのには驚いた。人間のボクサーの代わりに、リモコンなどで操縦されるロボットたちがガチバトルを繰り広げる設定がユニークな上、あの「アバター」のテクニックが日常空間で使われ、アクションファンも興奮の超リアル映像だ。

リアル・スティール、3そこに、父&息子のヒューマンなドラマが見事に絡み、最後まで飽きさせないのもいい。父親役のヒュー・ジャックマンが、かつての栄光を取り戻すダメ中年男を共感たっぷりに見せてくれる。とってもいい人というイメージが拭い切れないヒューなのに、今回は悪人とはいいきれないが、意思が弱く頼りがいもなく、ツキに見放された惨めな人生を送っているチャーリーを演じている。人生の落後者、息子のマックスを義理の妹にロボットを買う資金が必要なために売ってしまう。そういう部分がこの映画には大切だった。なぜなら挽回するストーリーだから。ダメ男の起死回生の物語だから、彼をとことん追い込まなければ。

リアル・スティール、5起死回生を願うのは彼だけではない。息子のマックス、彼が見つけた旧式のロボットATOM(もう手塚さんの鉄腕アトム思い出したよ)。もともとゲーム好きだったこともあり、得意のテクニックと知識をATOMの操作に応用。自分の得意技で格闘技を勝ち抜くという設定はゲームオタクの夢が実現したようなもの。二人と一体の起死回生のドラマが描かれ、とりわけチャーリーとマックスにとっては、父と子の絆を取り戻すため、どうあってもこのチャンスを逃すわけにはいかないのだ。

ロボットの設定、デザインなんかは「ウォーリー」や「アイアン・ジャイアント」的だと思うし、日本びいきなのか黒い兜を模したサムライロボット“ノイジー・ボーイ“、胸には超悪男子なんてかいてあったり、腕には極楽、苦痛、末期なんて電光掲示板のように字が浮き出る。ところがルール無用の残虐モヒカン野郎ミダス、冷血な攻撃を仕掛けてくる対戦相手の前にあっさり完敗。またしても借金が増える。

リアル・スティール、1しかし、どれも一回戦で負けてしまう。最後に残ったATOMだけは、廃品置き場で息子の命を救ってくれたおんぼろロボット。最初はアンダーグラウンドの試合が行われる動物園で、ATOMのデビュー戦。相手は獰猛なメトロ、1ラウンドを必死にしのいだATOMはその後、メトロのシステムエラーで大逆転。次なる対戦相手は双頭型ツイン・シティズ。誰もがATOMの敗北を予感、何度もダウンするもチャーリーの的確な指示でスピーディな反撃に転じて圧勝。

ATOMの戦いが世間の話題となり、ついに念願のWRB公式戦へ出場決定。無敵を誇るゼウスの前座試合とはいえ、チャーリーとマックスにとっては夢舞台だ。ATOMの戦い方はまるで「ロッキー」そのもの、どんなに倒されても必死に立ちあがる。ロボット同士の戦いなのに人間のボクサーのような汗と血を感じられるから不思議。

チャーリーがかつてボクサーだった時代の闘争心が蘇えるのは、マックスとATOMのピュアな勇気を目のあたりにしたから。男から男へ伝わる闘いへの本能に痺れます。だが、念願のタイトルマッチではゼウスを相手に闘い、ATOMの音声機能がダメになると父親が自分の動きをまねろと目で合図を送り、最後のラウンドでKOしそうになるも、時間がきて判定負け。このシーンでは、打たれ強い昔の父親のボクサー姿を見つめるマックスの姿が印象的です。それに試合の前にATOMと踊るダンスも必見ですよ。

リアル・スティール、6で、やっぱり心に響くのは父親チャーリーと息子のマックスの物語ですね。そういう部分では「ロッキー」や「チャンプ」を思い出させてくれ、ロボットもの、ボクシングもの、そして父子の絆もの。それらのジャンルのマスターピースと言われる作品を彷彿とさせる要素が詰まっている。一方、映画の中でダメパパに魔法をかけてくれるのは息子のマックス。演じる天才子役、ダコタ・ゴヨの存在もジャックマンに負けず素晴らしい。

ロボットのバトルなので、もちろんCGも駆使されるが、タイトルどおり“リアル”で重量級の迫力が充満!。ノリは明らかにスポ根ムービー。まるで自分が闘っているような臨場感で、アドレナリンが上がりまくりですから。そこに父と息子の絆が絶妙にマッチしている。数々の名作を彷彿とさせ、誰もがストレートに興奮と感動を覚える作りになっているのが、本作のスゴさかな。

久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"

 



papikosachimama at 09:50│ 2011年劇場公開作品、鑑賞 | ら行の映画

この記事へのトラックバック

37. リアル・スティール  [ いやいやえん ]   2012年05月31日 09:25
ボクシング映画に間違いはないという言葉がありますが、これもそれにあたるかな。話そのものには目新しい事は特にありません。 ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像とディズニー仕様という事で安心してみられる作品になっていたと
36. ■映画『リアル・スティール』  [ Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> ]   2012年02月21日 00:09
最初、この映画の情報を見た時は「ロボット・ボクシング? 何それ面白いの?」と、あんまり期待していなかった私。 でも、映画を観ている最中から「おお、超悪男子、カッコいい! 子ども、生意気で可愛い!! ヒュー・ジャックマン、やっぱりカッコいい!!!」と、かなり興
35. 映画:リアル・スティール  [ よしなしごと ]   2012年02月12日 05:51
 原作はアイ・アム・レジェンドのリチャード・マシスン、監督はナイトミュージアムシリーズのショーン・レヴィ。さらに製作総指揮にロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグらが参加。こんなメンバーがタッグを組んだらどうなるか?  予告編を見るとそんな
34. 「リアル・スティール」  [ 或る日の出来事 ]   2012年01月15日 20:05
今年一発目の映画。 今年は映画感想は簡単にする。見た映画をすべてメモするとなると、簡単にしないと時間がかかって、しょうがないからだ。
33. リアル・スティール  [ 近未来二番館 ]   2012年01月05日 22:06
リアル・スティール - goo 映画 2012年、映画館鑑賞1作目はこの映画です。息子に昨年から薦められていたのですがようやく見ることが出来ました。 今日、映画に行くと知った息子、 「じゃあ、帰ってき...
32. 「リアルスティール」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2011年12月31日 01:20
スポ根、親子、近未来。 H.ジャックマンがどれだけわが国で国民的ネームバリューがあるかは未知数だと思う。 福山雅治とのダブル起用で始まったスーパードライのCMもいつの間にか乗っ取られてしまったし、何よりこれと言った代表作がない。「X-MEN」はおもしろいが、万...
31. 『リアル・スティール』 ('11初鑑賞177・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2011年12月28日 21:54
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 12月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター1にて 14:45の回を鑑賞。
30. 「リアル・スティール」感想  [ 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 ]   2011年12月28日 18:48
 リチャード・マシソン原作の短編小説「四角い墓場」を、「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィ監督、「ウルヴァリン」のヒュー・ジャックマン主演で映画化。  近未来、ロボットボクシングの隆盛により戦う場所を奪われた男と、10年ぶりの再会を果たしたその息子が
29. リアル・スティール  [ ルナのシネマ缶 ]   2011年12月24日 00:52
いろんなロボットが出てくる 面白さと、ほとんど一緒に 暮らしたことのない親子が どんどんホントの父と息子に なっていく様が良かったです。 冷静でかしこそうに見える マックスくんが、結構な 暴走に走るシーンは、さすがに 親子の血を感じてしまいます(笑)
28. リアル・スティール  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2011年12月22日 13:13
★★★★☆  リチャード・マシスンの原作を読んだのは、もうだいぶ前なので細かい内容は忘れてしまった。だがちょっと暗いイメージが残っている。映画のほうは、いかにも米国といった感じの「息子と父の話」と「アメリカンドリーム」を上手にブレンドして、華やかにそしてし
27. リアル・スティール(2011)■◆REAL STEEL  [ 銅版画制作の日々 ]   2011年12月21日 01:36
 「リアル・スティール」――。それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。 評価:→70点 MOVX京都にて鑑賞。 いやあ何も考えず、楽しむ映画って感じで、これはこれでなかなか面白かったと思います。ボクシングやプロレス等の格闘技...
26. 『リアル・スティール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年12月17日 09:23
□作品オフィシャルサイト 「リアル・スティール」 □監督 ショーン・レビ □脚本 ジョン・ゲイティンズ□原作 リチャード・マシスン □キャスト ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、      ケビン・デュラン
25. 真の絆〜『リアル・スティール』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年12月16日 20:38
 REAL STEEL  2020年のアメリカ。ロボット同士が闘う格闘技「ロボット・ボクシング」が隆盛 を極める近未来。元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、10年以上 会っていなかっ...
24. リアル・スティール いきなりどっかーんっと感情移入っ!o(T◇T)oオオオン  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年12月16日 11:36
【=64 -11-】 ゴルフはそうとう向いていないようだ、俺・・・つるやカントリークラブ西宮北コース、ワースト更新┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜・・・147(6回目・平均141.3・Best131・Worst149)  2020年、ボクシングは、生身の人間ではなく高性能のロボットたちが闘う競技になっていた。..
23. ダメおやじからの脱却。『リアル・スティール』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2011年12月15日 13:01
ロボットの格闘技を通して結ばれた親子の絆の物語です。
22. リアル・スティール (Real Steel)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2011年12月14日 13:57
監督 ショーン・レヴィ 主演 ヒュー・ジャックマン 2011年 アメリカ/インド映画 127分 ドラマ 採点★★★★ 捨てられてる子猫や子犬って、なんであんなにも愛くるしく見えるんでしょうねぇ。同じのがペットショップのケージに入ってても、多分あそこまでの愛らし…
21. リアル・スティール/ヒュー・ジャックマン  [ カノンな日々 ]   2011年12月13日 09:23
ひょっとしてこれは近未来SF版『チャンプ』?というのが予告編の第一印象でしたけど、とにかく絶対観たいなとその瞬間に一目惚れしちゃいました。近未来SFロボットものでスポーツも ...
20. 【映画】リアル・スティール  [ 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 ]   2011年12月12日 12:52
JUGEMテーマ:洋画 期待値はそんなに高くない状態で見に行きました。 最近は子供向けや邦画でもおっとりした作品が多くて見たいのは地元近くの映画館ではやっていない。 そんな時期だったから、かもしれないですね さて本作品ですが、 優秀なボクサーであったチャーリーは戦
19. ★リアル・スティール(2011)★  [ Cinema Collection 2 ]   2011年12月11日 21:59
クリックよろしくお願いします REAL STEEL  「リアル・スティール」――。 それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。 メディア 映画 上映時間 128分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2011/12/09 ジャンル ドラマ/アクション/ファ
18. 映画『リアル・スティール』 観てきたよ〜(^_^)b  [ よくばりアンテナ ]   2011年12月11日 14:35
予告編でもう泣きそうになってたんで、ハンカチ持ってスタンバイ♪ もう、ね、最高でしたよ〜!! 諦めないことで、希望が見えてくる。 胸が熱くなる、親子の感動のストーリーです!! 映画『リアル・スティール』 - シネマトゥデイ にほんブログ村
17. 「リアル・スティール」 全部入り  [ はらやんの映画徒然草 ]   2011年12月11日 07:05
夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から
16. 「リアル・スティール」 全部入り  [ はらやんの映画徒然草 ]   2011年12月11日 07:00
夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から
15. 『リアル・スティール』 共感を集める悲しい理由  [ 映画のブログ ]   2011年12月11日 04:32
 【ネタバレ注意】  面白い映画を作りたい。多くの映画制作者がそう思っているだろう。  面白くするにはこうすべき、という鉄則はあるものの、それを踏襲したから必ず面白くなるとは限らない。  しか...
14. 映画「リアル・スティール」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2011年12月10日 22:02
映画「リアル・スティール」観に行ってきました。 人間に変わり、ロボットがボクシングの試合を担うようになった近未来を舞台に、1体のロボットとの出会いから変わっていく父と子の絆を描く作品。 物語の舞台は2020年。 かつてはボクシングのプロボクサーとしてそれ
13. リアル・スティール  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2011年12月10日 21:32
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 超悪男子って、これどうみてもチャイナ系フレーズでしょ(苦笑)
12. No.287 リアル・スティール  [ 気ままな映画生活 ]   2011年12月10日 21:32
【ストーリー】 ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操 ...
11. リアル・スティール  [ A Day In The Life ]   2011年12月10日 21:20
劇場にて鑑賞 解説 スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマン主演で手掛けた、ロボットとの出会 いを通じて親子のきずなを描く感動のストーリー。 ボクシングの主役が生身の人間からロボットに移
10. リアル・スティール  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年12月10日 20:43
【REAL STEEL】 2011/12/09公開 アメリカ 128分監督:ショーン・レヴィ出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、カール・ユーン、オルガ・フォンダ、ホープ・デイヴィス 「リアル・スティー...
9. リアル・スティール  [ 心のままに映画の風景 ]   2011年12月10日 00:12
2020年。 リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。 かつて優秀なボクサーだったチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)は、ロボット格闘技の世界に身を転じていた...
8. 『リアル・スティール』  [ こねたみっくす ]   2011年12月09日 18:04
『ロッキー』シリーズを近未来のロボットボクシングで再加工したかのような映画でした。安易に名作にオマージュを捧げるのではなく、ロッキー、ミッキー、エイドリアン、アポロ、 ...
7. リアル・スティール  [ Akira's VOICE ]   2011年12月09日 17:04
ハートウォーミングアクション!  
6. 劇場鑑賞「リアル・スティール」  [ 日々“是”精進! ]   2011年12月09日 15:05
「リアル・スティール」を鑑賞してきました人間に代わってロボット同士が死闘を繰り広げるロボット格闘技の世界を舞台に、全てを失ったひとりの男が最愛の息子との絆を取り戻してい...
5. 映画「リアル・スティール(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2011年12月09日 14:34
映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。不覚にも?ロボット格...
4. リアル・スティール  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年12月06日 00:24
2020年、ロボット・ボクシングが全盛の時代。元プロボクサーの父親と幼い頃に捨てられた息子が、廃棄されていた旧型ロボットATOMを通じて親子の絆を取り戻してゆく感動の物語だ。主演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマンと子役のエヴァンジェリン・
3. 「リアル・スティール」安定した感動  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2011年12月05日 00:55
このところ低迷しているスピルバーグだけに、予告から見ても親子愛を描いた感動作に仕上げようとしたかんじが、正直ちょっと気になっていた。 ところが!そんな心配は全くなし。 やっぱり大御所。 飽きずに展開するストーリー、見せ場も感動もわざとらしくなく・・・・
2. リアル・スティール・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年12月04日 21:45
鋼鉄のリングに挑む親子鷹! 「ナイト・ミュージアム」シリーズで知られるショーン・レビ監督の最新作は、近未来のロボット格闘技の世界を舞台に、戦う場所を奪われた元ボクサーと、長年離れて暮らしていた...
1. リアル・スティール (試写会)  [ 風に吹かれて ]   2011年12月04日 13:24
子役が可愛すぎる〜〜〜 [E:heart04]ダコタくんを見るべし [E:punch] 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/realsteel12月9日公開原作:
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密3Dランナウェイズ