2012年01月17日

ロボジー5

ロボジー、タイトル二足歩行ロボットの開発を命じられた電器メーカー社員が、開発に行き詰まり、老人にロボットの外装を装着したことから起きる騒動を描くコメディ。出演は五十嵐信次郎こと「日輪の遺産」のミッキー・カーチス、「ゴールデンスランバー」の濱田岳、「カイジ2 人生奪回ゲーム」の吉高由里子。監督は「ハッピーフライト」の矢口史靖。

あらすじ:家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつもワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行ロボット開発を命じられる。近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。しかし、ロボット博まであと1週間という時期になって、制作途中のロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破してしまう。

窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れてごまかす計画を立案。ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、架空のオーディションによって、仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人、73歳の鈴木重光(五十嵐信次郎)が選ばれる。しかし、この鈴木さん、実はとんでもない爺さんだった…。さらに、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子(吉高由里子)も巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり出す。(作品資料より)

ロボジー、7<感想>夢の人型ロボットが完成!でも中身はわがままジジイだった。
ミッキー・カーチス改め五十嵐信次郎と吉高由里子の息のあったコメディ演技がドラマを盛り上げている。おとぼけ顔のレトロな主役ロボットが愛嬌たっぷり。
それに、チビ、デブ、ノッポのずっこけ3人組のダメっぷりが最高に笑える。3人は、エアコン技師、元営業マン、梱包係という設定で、そんな3人がロボットを開発するなんて無謀というもの。リストラ寸前の落ちこぼれ3人組の逆襲にご期待。

ロボジー、5本作は、ジャンル的にはコメディの枠に入るのですが、そこかしこに鈴木さんのおトボケぶりに観客も笑いの渦に巻き込まれ、監督としては笑わなくてもありな話しの展開にもっていきたかったようです。実際ダメな3人の社員にとっては、ロボットは完成せず、世間を欺いている状況はとてつもない悲劇で、ニュー潮風が事故で大破し、急きょオーディションを開催。
決まった若者が金属アレルギーでダメになり、そのロボットの中に入る身長とか体重とかにピッタリの鈴木おじいさんが選ばれる。

ロボジー、3だが、ロボットの中に入っている鈴木さん、小林の無線の指示を無視して勝手に動き始め、“おてもやん“を踊るなど妙に人間くさいロボットに恋をする女子大生。
ロボットのじいさんが、人の波に押されて、倒れて来た柱の下敷きになりそうな女子学生・葉子を救出する。それがメディアの注目を集めてしまう。おじいさんの鈴木さんにとっても正体を明かすことが出来ず、ロボットの中に入りながら自らのアイデンティティを見つめる展開となっていく。

ロボジー、4有名になったニュー潮風は、社長命令により宣伝巡業に駆りだされ、イベントやTV番組に出演。TV番組では匂いで選別しながら、器用に洗濯機の中へ汚れた服を選んで入れて行くという。
舞台裏では、鈴木さんは秘密の契約であることを利用して行く先々で豪遊しまくり、3人をぐったりさせる。その経費が会社の経理では認められず、小林がロボットオタクの女子学生・葉子を利用する。彼女たち学生の知識を盗み、本物のロボットを作ろうと研究に入れ込む3人。

ロボジー、1そんな時、3人の中の太田が不用意な発言で仲互いした葉子が、ニュー潮風がニセモノであることに勘づき、3人と鈴木さんを監視し始める。
ニュー潮風に期待を寄せる大勢の人達の熱意を受け止め、3人は本気でロボット開発を始めるのだが、・・・デビューから一貫してコメディ映画を撮り続けている矢口監督。ネタ切れになったり、笑いがどんどん先鋭的になることなく、興行的な結果を残している希有な存在だ。

ロボジー、6監督が人間型自律ニ足歩行ロボットに興味を抱いた発端は、1996年、HONDAが発表したP2であった。
紹介しているニュース映像を見て慌ててVHSに録画。その形状と動きに衝撃を受けたそうです。その後、AS−MOが登場し、あそこまで進化すると、ほとんど人間と同じ動きに見える。だったら中に人が入ってもバレないところまできたわけで、そんな発想からロボット造りに失敗し、人を入れてなんとかごまかそうとする連中の話はどうかと考えたそうです。さらにゆっくりした動きがロボットに近い老人を入れてみたら、・・・どんどん構想が広がっていったそうです。

ロボジー、2ロボジーとは、英語にすればROBO・G。末尾のGはグランパの頭文字からとったもの。おじいさんってドラマや映画に出てくると、仙人っぽい人生の達人キャラが多いですが、本作の鈴木さんはその真逆で、偏屈でエッチで口汚くて、本当に底意地が悪い。
でも“クソジジイ“と誰もが思うようにな主人公が入っているロボットだからこそ物語は転がり、雇い主である家電メーカーのダメ社員3人も、翻弄されつつ奮起していくという。そういうギャップが生まれることで、作品にぐんと弾みがついていくわけですね。

ロボジー、8老人とロボットという意表をついた組み合わせでつくり上げたユーモラスな物語。現代のロボット工学の進化を逆手にとり、アナクロ感たっぷりのドラマに仕上がっている。
レトロフューチャーなデザインが愛おしいニュー潮風。人間臭い動きがキュート。
他にも「通天閣ロボ」など実在する人気ロボットが続々登場。ロボット好きにはたまらんですよね。

主人公の名前はいつも「鈴木さん」、どこにでもいそうな目立たないキャラクターが、いろんな人たちと触れ合いながら、人間的にほんのちょっぴり成長する姿を描いている。ハリウッドの大予算ロボットバトルムービーとは、一味違ったロボットコメディをお楽しみあれ。企業による偽装問題となりかねない題材なのだが、ブラックな笑いを散りばめながらもホロリとさせる最後には、満点をつけたいですね。

よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング

 



papikosachimama at 09:29│ 2012年劇場公開作品鑑賞 | ら行の映画

この記事へのトラックバック

28. 映画『ロボジー』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2012年03月18日 22:59
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー吉野
27. 映画:ロボジー  [ よしなしごと ]   2012年03月16日 03:02
 映画ブログのクセして映画の記事は約1ヶ月ぶり。久々の映画記事はロボジーです。
26. 『ロボジー』| 屁こきジイさん、大あばれ。  [ 23:30の雑記帳 ]   2012年02月04日 00:49
3分で分かるあらすじ紹介いきます。 (完全ネタバレ!) 弱小家電メーカー社長から、いきなりロボット開発を申しつけられた三人の社員。 簡単にできるはずもなく、急場をしのぐ ...
25. ロボジー  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2012年02月01日 06:49
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
24. 「ロボジー」感想  [ 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 ]   2012年01月26日 18:59
 「ハッピーフライト」の矢口史靖監督最新作は、とある事情からロボットを演じる事になった老人と、彼に振り回される家電メーカー技術者の姿を描くドタバタコメディ。  正直、昨今のフジテレビ製作、特にコメディ映画には「オタクら、いつまでバブルの頃みたいな絵が通
23. ロボジー  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2012年01月26日 10:33
★★★☆  弱少家電メーカーの開発担当者3人は、社長の思い付きでロボットを創らされたが、どうも上手く動かない。ロボット博まであと一週間に迫った日に、ひょんなことから窓からロボットが落ちて壊れてしまう。 もう修理している時間がない。追い詰められた三人は、ロボ
22. ロボジー  [ だらだら無気力ブログ! ]   2012年01月26日 00:41
吉高由里子が素晴らしい。
21. ロボジー  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2012年01月23日 18:48
2012年1月14日(土) 19:30〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『ロボジー』公式サイト エンドロールの「Mr. Robotto」で、唄の上手い爺だなぁと思ったら、あの爺役ミッキー・カーチスだったのかよ。 ケチつけようと思えば
20. 「ロボジー」 感想♪  [ ★ Shaberiba  ]   2012年01月22日 23:05
もう間に合わないぃ〜!!ってわかるけど。でもやっぱコレ、やばいよ。ねっ?(わはは!!)
19. 「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ  [ はらやんの映画徒然草 ]   2012年01月22日 12:31
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
18. 『ロボジー』 成長の鍵はコレだ!  [ 映画のブログ ]   2012年01月22日 10:21
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
17. 「ロボジー」ドモアリガットMr.ロボット  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2012年01月20日 22:45
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと!
16. ■『ロボジー』■ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2012年01月19日 23:31
2012年:日本映画、矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
15. ロボジー  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2012年01月19日 23:08
ロボジー'10:日本 ◆監督:矢口史靖「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」◆出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉 ◆STORY◆家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの...
14. 映画「ロボジー」  [ FREE TIME ]   2012年01月18日 21:46
映画「ロボジー」を鑑賞しました。
13. 「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰?  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2012年01月18日 12:34
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした
12. 『ロボジー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年01月18日 08:53
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★
11. ロボジー(2012-005)  [ 単館系 ]   2012年01月17日 23:02
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
10. [映画『ロボジー』を観た(短信)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2012年01月17日 23:01
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。  後から書き足しをすると思う、あしからず。    ◇  私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良性.
9. ロボジー  [ そーれりぽーと ]   2012年01月17日 22:23
矢口史靖監督最新作、今度はロボットがテーマ。 『ロボジー』を観てきました。 ★★★★ ロボットにおじいちゃんの魂が乗り移る系のファンタジーを撮ったのかと勘違いして観に行ったら、ロボットにおじいちゃんを入れて八百長発表をする事で後に引けなくなる話。 しかも中に
8. ロボジー  [ 勝手に映画評 ]   2012年01月17日 22:08
『ウォーターボーイズ』で男子シンクロを、『スウィングガールズ』でビッグバンドジャズを、そして『ハッピーフライト』で航空業界を描いた矢口史靖監督の最新作品。今回は、ロボット業界にメスを入れています(笑)。 何と言っても、主演の『新人』五十嵐信次郎が話題です...
7. 『ロボジー』  [ こねたみっくす ]   2012年01月17日 16:54
物足りない!制服女優・田畑智子さんが制服を着ていないのが物足りない!ミッキー・カーティスさんのロボットコスプレよりも田畑智子さんの制服コスプレを見せてくれ! ジイさん ...
6. 劇場鑑賞「ロボジー」  [ 日々“是”精進! ]   2012年01月17日 15:55
「ロボジー」を鑑賞してきました「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛快ドタバタ・コメディ。ロボット開発を任された冴えない技術者3人組が、お披露...
5. 『ロボジー』 成長の鍵はコレだ!  [ 映画のブログ ]   2012年01月17日 13:55
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
4. ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2012年01月17日 13:38
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた...
3. 映画「ロボジー」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2012年01月17日 11:55
2012/1/14、109シネマズ木場。 五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、浜田岳、川合正悟(チャンカワイ) * 木村電器の小林(浜田岳)、太田(チャンカワイ)、長井(川島潤哉)は 木村社長(小野武彦)から二足歩行ロボット「ニュー潮風」の製...
2. ロボジー  [ ロボジー: LOVE Cinemas 調布 ]   2012年01月17日 11:49
次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作
1. ロボジー  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年01月17日 10:28
2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした−−。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太..