ウィンターズ・ボーン30デイズ・ナイト(DVD)

2012年01月22日

(500)日のサマー(DVD)4

注目の若手スター、ジョゼフ・ゴードン・レ
ヴィットが一躍スターにのし上がったこれまでになかった恋愛映画。共演のゾーイー・デシャネルとの男女の恋愛心理の機微をリアルに描いたヒット・ムービー。

500日のサマー、タイトルある日、出会った男女が一目で惹かれ合い、互いに歩み寄りながら、やがて、結ばれる。または歩み寄りきれずに別れる。それが、概ね恋愛映画のルーティンだったはず。この作品は一応、別れるパターンに属するものの、500日に及ぶ男女関係の起承転結を気まぐれに時系列を前後させつつ描くことで、その時点では気付かなかった恋の盲点を突いている。

それも、男側の回想形式を用いて。だから、これを恋愛予備軍、もしくは真っ最中の男子に対し、逆説的な攻略本としてオススメしたいですね。


500日のサマー、1、1
出会いは普通にドラマチックだ。グリーティング会社に勤務する建築家志望の青年、トムが新入社員のサマーに一目惚れする。2人の距離が一気に縮まったのは、エレベーター内でトムがヘッドホンから漏れ聞こえてくる音に反応したサマーが、「私もザ・スミスが大好き」と囁いたから。

運命的な出会いを信じるトムが、「コレだ!」と心の中で叫んだのも無理はない。しかし、それが勘違いの始まりでもあった。なにしろ、サマーはトムとは対照的に恋愛なんて端っから信じない達観論者なのだ。

それでも、信じる運命に心地よく身を任せているトムは気付かない。出会い頭にサマーが言った。「私のことが好きだったら、友達になって」という言葉の意味が。手順を踏んで行く行くは恋人になりましょ、という意味ではなかった、ということに。

500日のサマー、2、1
トムが回想するシーン、34日目、IKEAのショールームでベッドに横たわって“夫婦ごっこ”を楽しんだ直後、積極的にトムの家を訪れたサマーは、意外にもあっさりベッドイン。

109日目には、トムの部屋で過激な体位で再チャレンジのベッドイン。ってことは、自分は友達から順調に彼氏へと昇格したのかと思いきや、さにあらず。

259日目のある晩、バーでサマーに言い寄って来た男を殴ったトムに、「あなたは友達なのに、がっかりだわ」と、サマーは憤然とした怒る。

それでもトムは直視できない。サマーにとって自分はセックスもする友達なのであり、特別な存在でも、まして恋人なんかじゃなかったことを。今さらながらに、始めから別れる運命だったことを。男にとっては、これはショックだよね、でも鈍感(苦笑)

500日のサマー、3、1
これは、まるで恋愛の土壌で男女が受け持つ役割を故意に逆転させたかのようである。けれど、よくよく考えて見ると確かに男の運命論者は救い難いし、恋した相手のセックスが関係強化の証明とみなしがちなのは、男の方だよね。

また、失恋の痛手をいつまでも引きずり続けるのも男の方。そんな従来の恋愛映画を、男の一方的な思い込みを、主人公のトムに代行させ、トムを混乱させる手段として自分たちが出会った女性像の集合体として、サマーというキャラを捏造した脚本に、まずは技ありを。そして、トムの愚かな後ろ姿をカメラで振り返って、観客に自己反省を促すマーク・ウェブの演出と、もちろんジョゼフ・ゴードン・レヴィットのイノセントな役作りと、有り得ない人格をさもあるように見せかけるゾーイー・デシャネルの、女優としてのエゴを捨て去った自然体の演技も良かった。

恋の甘さだけではない、自分の恋愛観をはかる物差しになることでしょう。女子だけでなく、男子にもおススメしたい1本です。

よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング





 



papikosachimama at 22:35│ 2012年DVD作品レンタル鑑賞 | か行・が行の映画

この記事へのトラックバック

5. 「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・  [ はらやんの映画徒然草 ]   2012年01月28日 11:05
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある
4. (500)日のサマー  [ 心のままに映画の風景 ]   2012年01月26日 16:20
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、アシスタントとして入社してきたサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れしてしまう。 好きな音楽をきっかけに意気投合し、い...
3. (500)日のサマー  [ 風に吹かれて ]   2012年01月25日 10:57
きみ なんでリンゴが好きなのさ公式サイト http://blog.livedoor.jp/fox_500summerトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はひどく機嫌が悪い。運命の相手だと思ったサマー
2. (500)日のサマー  [ いやいやえん ]   2012年01月25日 10:19
ボーイ・ミーツ・ガール。恋の経験がたくさんある方のほうが、主役の男女の心の機微がわかって面白いと思います。 とにかくトムを振り回すサマー役のズーイー・デシャネルさんが可愛かった。髪型、服も凄く可愛い。最初から本気ではない事を前提にして、最後までそうなら
1. (500)日のサマー  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年01月23日 01:08
運命の恋を信じる青年と信じない女性のちょっとほろ苦い500日間を描いたラブコメディーだ。主演は『セントアンナの奇跡 』や『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のズーイー・デシャネル。監督のマーク・ウェブは
ウィンターズ・ボーン30デイズ・ナイト(DVD)