インデペンデンス・デイ:リサージェンス3DSCOOP!

2016年09月30日

 君の名は。5

きみの名は、タイトル「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション。入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と、2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴る。声の出演は神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子。

あらすじ:千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。戸惑いつつも、メモを残してやりとりしながら、少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。ところが、互いに打ち解けてきた矢先、2人の入れ替わりは突然起こらなくなってしまう。そこで瀧は、夢の記憶を頼りに三葉に会いに行こうと決心するのだったが…。

<感想>別々の時空間で、ずっと誰かを何かを探している高校生の男子と女子。2人は出会うことなく、相手と出会い、出会わないのに相手の存在に気が付く。何やらややこしい言い回しになってしまったが、思春期特有の「なりたい願望」をベースにした本作は、宇宙の神秘まで取り込んでリアルに着地するのだ。

とはいえ、途中でこちらの飲み込み方が悪かったのか、未消化なところもある。ですが、繊細で美しい映像と、2人のキャラクターを観ていると、それだけで心地よくなり、新海誠監督のアニメに流れる時間は格別であります。

きみの、8千年ぶりの巨大彗星の到来を1ケ月後に控えた日本で、山深い田舎町の女子高生、三葉と東京の男子高生、瀧の中身が突然入れ替わるという不思議な現象が起こる。慣れない環境に戸惑ったり、楽しんだりして、状況を受け入れ、お互いの毎日を過ごす二人。一人で二人の人生を、あるいは二人で一つの人生を生きるような時間の中で、彼らは深い結びつきを得てゆく。

「入れ替わり」という超現象によって訪れた奇妙な出会い。それは偶然にもたらせられたものだったが、彼らはその中で、互いを取り囲む景色を見つめ、周りの人々を見つめ、そこから見える三葉と瀧自身を真っ直ぐに観た。

「入れ替わり」の後、出逢いを無に帰しかねない出来事が、彼らに襲い掛かる。

しかし、その信じがたい現実を前に、二人は繋がりを諦めることをしなかった。

それは彼らがほかでもない自分の眼で、意志で、互いを「運命の人」として選びとったからなのだろう。

きみの出逢いは何時だって偶然だ。私たちにも、日々たくさんの出会いが訪れる。でも、それを必然に変えられるかどうかは、常に自分自身の選択と行動にかかっているのだ。三葉と瀧が必死につかみとった飛び切りの「運命」は、そんな勇気のある事実を、私たちに教えてくれているのだから。

映画では、ラストで東京ですれ違いざまに、三葉と結婚相手の男性と会うのですが、お互いにまだ気が付いていない。それが、瀧が大学を卒業して就職し、マンションの3つ目くらいの隣の部屋に三葉が住んでいて、公園の階段で上と下で気が付いて「君の名前は?」と尋ねるところで終わる。心の中で二人は何処か繋がっていたんですね。これからに二人の関係はどうなるのだろう、って気になるよね。

夢で見知らぬ誰かと出会うなんてファンタジックな出来事は、現実には無いような気がするけれど、常にまだ会ったことのない誰かを待っている状態にあると思うから。明日誰かと新たに知り合うかもしれないし、転校して思いがけない出逢いがあるかもしれないのだ。
よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング



papikosachimama at 14:43│ 2016年劇場公開作品 | か行・が行の映画
インデペンデンス・デイ:リサージェンス3DSCOOP!