海賊とよばれた男ワイルド・スピード ICE BREAK

2017年02月21日

サバイバルファミリー4

サバイバル、タイトル「ウォーターボーイズ」「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」の矢口史靖監督が、ある日突然世の中から電気がなくなった、との奇想天外な設定の下、ある一家の決死のサバイバルの行方を、リアルなシミュレーションとユーモアを織り交ぜ、スケール感いっぱいに描き出した異色のロード・ムービー・コメディ。主演は小日向文世、深津絵里、『過ぐる日のやまねこ』の泉澤祐希、『罪の余白』の葵わかな。

あらすじ:東京に暮らす鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。
仕事一筋の父親・義之はどこか頼りなく、家族の心はすっかりバラバラ。そんなある日、いきなり電気が消滅するという原因不明の異常事態に遭遇、電池も使用不能で、電化製品ばかりか電車や自動車に加え、ガスや水道といった全てのライフラインも止まってしまう。
最初はしばらくすれば復旧するとタカを括っていた一家だったが、状況はいよいよ深刻の度を増していく。水も食料も容易には入手できず、義之は東京を離れることを決断する。そして一家は自転車で、祖父のいる鹿児島を目指して旅立つのだったが…。

サバイバル、3<感想>この映画はサバイバル・ドラマと見せかけて、実は家族のリーダーとしての父親の復権劇でもある。それと、実は高次元での現代人への批判ともとれる。

この映画は、担当の編集者がトレッキングが好きで自転車好きときたもんだ。
野宿大好き人間、放浪の旅が大好き人間による作品だと言うが、それが作品では生きていない。

ある分野での主人公らの熟達を描いている「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」などが多かった監督が、電気消失と言う設定によってハウツーを超え、現代人都会人がいわば“電畜”であることをも描いていることには、非常に興味深いですが、・・・。

例えば東京では街の灯が消え、節電が促されて、不便な生活に不満もあったと思いますよ。ですが、喉元過ぎればなんとやらで、あっという間に、われわれの生活は元どうりになり、それどころか更なる浪費が進んでいる感は否めないはず。

サバイバル、、、本作は現代の寓話でもあるが、それゆえに過剰に描かれている部分も確かにあります。しかしですよ、震災から6年を迎えたのに、特に都会に住む人々が再考すべきことを、今一度思い出させてくれるこの映画の笑いは、戒めでもあるからだと思いましたね。

東日本大震災を思い出し、不便を愛でるきっかけになったはずだと思うのだが、みなさんはどうでしょうか。いや、これはチト大げさだが、監督がこれまでにない野心とスケールで、家族4人による先へ先へのドミノ倒し的な冒険を描き、その意欲が面白かった。

その反面、ツッコミどころも多かったが、ご都合主義的なエピソードもハンパじゃないのだ。それもこれもが観客へのサービス精神なのだろうが、電気が復活しての終盤に、もう一つひねりがあったらなお良かったのに。惜しいな。

 よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング

 



papikosachimama at 20:09│ 2017年劇場鑑賞作品 | さ行・ざ行の映画
海賊とよばれた男ワイルド・スピード ICE BREAK