夜に生きる否定と肯定

2017年09月03日

スパイダーマン:ホームカミング

スパイダーマン、タイトル、アイアンマンやキャプテン・アメリカなど“アベンジャーズ”を中心にマーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾となる痛快エンタテインメント青春アクション大作。
主演は「インポッシブル」「白鯨との闘い」のトム・ホランド。共演はアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrのほか、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ。監督は「クラウン」「
COP CAR/コップ・カー」で注目され、長編3作目の本作でいきなりブロックバスター作品に大抜擢となった新鋭ジョン・ワッツ。

あらすじ:ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。

スパイダーマン、3<感想>今回のスパイダーマンことピーター・パーカーは、15歳の高校生。ですが、あの「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(16)の戦闘シーンをスパイダーマン視点から観た映像で始まるから、絶対にそっちの方の予習はしておいた方がいいですね。

超能力を手にしてまだ間がなく、手製のコスチュームで町内の平和を守っていたところを、アイアンマンのトニー・スタークからスカウトされたという設定なんですよ。

タイトルの「ホームカミング」とは、アメリカの高校のイベントで、卒業生も集まる盛大なパーティのこと。だから、今回の映画の中でもクライマックス近くで開催されて、ピーターにとっても大きな意味を持つわけ。

それに、今作ではピーターの高校生活がかなりフィーチャーされていて、今までのものと比べても学園青春映画の要素が多くつまっているようですね。それに、ヒーロー活動と学校などの日常生活の両立に苦労したり、思春期ならではの悩みがリアルに描かれているところが原作に近いところなんです。

スパイダーマン、2ヒーローとしての活躍は、まだ駆け出しのヒーローであるスパイダーマンは、トニーから貰った高機能スパイダーマンスーツを、完全には使いこなせていないし、人間的にも未熟だし、しばしば判断ミスを起こしてしまう。

カッコよくビルの谷間を飛び回るかと思えば、何かにぶつかったり、落っこちったりと。でもその欠点だらけのところが、共感を呼ぶんですね。

普通の高校生が、アベンジャーズに憧れて、認めてもらおうとして無茶をして失敗。だけど、めげずにさらにガンバル。ここにグッとくるんですよ。

そして、今回の悪役のバルチャーは、巨大な翼で大空を自在に飛び回る怪人なんです。映画のなかで、異星人が残した兵器の残骸を改造したものを装備している設定であり、頭部はヘルメット。

スパイダーマン、、3クライマックスでは、飛行機の上での対決であり、ですが見せ場がそれだけじゃない。フェリーが真っ二つになるところを、スパイダーマンが蜘蛛の糸で引っ張ってくっつけるシーンでは、アイアンマンが助太刀に来てくれるのだ。

主人公の成長ドラマとアクションを融合させ、そこにユーモアを振り掛けている見事な手腕を発揮した、新鋭ジョン・ワッツ監督。今までのスパイダーマン映画は、暗くて苦手という人にも今回の映画は楽しめると思います。

 よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング



papikosachimama at 18:05│ 2017年劇場鑑賞作品 | さ行・ざ行の映画
夜に生きる否定と肯定