キングスマン:ゴールデン・サークルハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

2018年02月13日

デトロイト4

デトロイト、タイトル1967年に起きたデトロイトの暴動を題材にした実録サスペンス。暴動の最中、あるモーテルで警察が宿泊客に行った過酷な自白強要の行方を、息詰まるタッチで映し出す。
監督は『ハート・ロッカー』などのキャスリン・ビグロー。『スター・ウォーズ』シリーズなどのジョン・ボイエガ、『レヴェナント:蘇えりし者』などのウィル・ポールター、『リチャードの秘密』などのジャック・レイナーらが熱演する。

あらすじ:1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。
デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。
数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは……。

デトロイト、3<感想>
掛け値なしのメガトン級の衝撃作であった。そりゃ監督が「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグローとくれば、ある程度の覚悟はできていたが、正直いってこれまでとは予想していなかった。
1967年の夏、テトロイトの暴動の際に起きた実際の事件を、ビグロー監督は綿密なリサーチをもとに再構築し、鮮烈なドキュメンタリー・タッチで描いている。
映画が始まってすぐに観客は、舞台であるアルジェ・モーテルの中に否応なく引きずり込まれる。まるで現場にいるかのように、すべてを目撃するはめになるとは思ってもいなかった。
町中が暴動で揺れるのを尻目に、モーテルでパーティを楽しむ黒人の若者たちが無邪気にオモチャのスターターピストルを発砲したために、白人の警官が押し寄せ、その後に暴力的な尋問による悪夢のような一夜が展開する。
デトロイト、6それは、黒人たちを壁に並ばせ後ろ向きに立たせて、拳銃を頭に突き付けての尋問である。発砲した拳銃は何処にあるのか、誰が発砲したのかと。黒人の若者が遊び半分にオモチャのピストルを発砲させたのも悪い。正直にそのことを言っていればいくらかは良かったのに。
しかし、白人警官は、日頃から黒人の若者たちが麻薬や拳銃をどこからか持ってきて、それを売買しているのを知っている。それに、その中に白人の若い売春婦2人が混ざっていたのも、気に入らなかった。執拗に責め立て、ドアを閉めては一人ずつ尋問をしては、最後に銃殺するのだ。
ですが、本作の衝撃は暴力描写にあるのではない。描写に関してなら、もっと目を背けたくなる作品は他にもあるだろう。そうではなく、本作の焦点は事件それ自体の陰惨さ、非人間性にこそあるからだ。
デトロイト、5いったいどんな人間がこれほどの憎悪と差別感情に貫かれたようになるのか。
さらには、それを助長する白人の警官たちの仲間の意識である。その圧倒的な救いのなさを前に、唖然とさせられる。
そして、現代社会のリンクも念頭に、鉄の意志でここまで妥協なしに映画化したキャスリン・ビグロー監督に、ただただ敬服するしかないだろう。

よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング



papikosachimama at 19:58│ 2018年劇場公開作品 | た行・だ行の映画
キングスマン:ゴールデン・サークルハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー