ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

2019年06月25日

X-MEN ダーク・フェニックス4

X−MEN、タイトル「X-MEN:ファイナル ディシジョン」以降、製作や脚本として「X-MEN」シリーズに関わってきたサイモン・キンバーグが、自ら初監督に挑み、シリーズの集大成として撮り上げたSFアクション・アドベンチャー。ある事故が原因で内なる闇の人格“ダーク・フェニックス”を覚醒してしまったジーン・グレイが、人類最大の敵としてX-MENの前に立ちはだかるさまを圧倒的スケールで描き出す。出演は本作で主役を務めるソフィー・ターナーをはじめジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダンのレギュラー組に加え、「ゼロ・ダーク・サーティ」「モリーズ・ゲーム」のジェシカ・チャステインが初参戦。

あらすじ:人類との共存を願い、平和を守るために戦い続けるX-MEN。ところがある日、X-MEN最強メンバーのジーン・グレイが、宇宙ミッション中の事故によって、自らのダークサイドを増幅させてしまい、内に秘めたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を覚醒してしまう。元々持っていたテレパシーとサイコキネシスのパワーが暴走し、ジーン自身にも制御できなくなっていく。親代わりのプロフェッサーXや恋人のサイクロップスが懸命に手を差しのべるが、ついに思いがけない悲劇を引き起こしてしまう。世界を滅ぼしかねない強大なパワーが暴走を続ける中、その力を利用しようと企む謎の女がジーンに近づいてくるのだったが…。

X−MEN、、4<感想>すべてが、終わる。「アベンジャーズ エンドゲーム」公開から約2カ月……ロスから立ち直れず、深刻に悩んでいるマーベルファンは多いハズ。だが、絶望するのはまだ早い。我々には、まだ参加しなければならない「“終わり”」が待っている! アメコミ映画の始祖ともいえる「X-MEN」が、“最終作”「X-MEN:ダーク・フェニックス」(621日公開)をもって20年もの歴史に終止符を打つ。

人類初のミュータント・アポカリプスとの壮絶な戦いを描いた前作「X-MEN:アポカリプス」から10年後が舞台。アポカリプスに壊滅的なダメージを与えたX-MENのメンバー、ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)は、宇宙ミッションでの事故が原因でダークサイドを増殖させ、内なる人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまう。全宇宙の破滅を止めるため、X-MENがジーンの“悪”に立ち向かう。

英雄的存在となったプロフェッサーX(ジェームズ・マカボイ)率いるX-MENは、NASAの宇宙船乗組員を救助する任務に向かう様子が。救助が終わり、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)が退避を指示するが、ジーンだけが宇宙空間に取り残され、大爆発の末、彼女は謎の光線を浴びてしまう。その影響か、内に秘められていたダーク・フェニックスを覚醒させたジーンは、制御不能の巨大なパワーに戸惑いを隠せない。

X−MEN、3そんななか、正体不明の女(ジェシカ・チャステイン)が接触し、「あなたのパワーはすべてを破壊する。X-MENは恐れるあまり、あなたを破壊する」と吹き込む。

暴走を加速させるジーンに、恋人のサイクロップス(タイ・シェリダン)や、マグニートー(マイケル・ファスベンダー)、ビースト(ニコラス・ホルト)らが、さまざまな思いを胸に対峙していく。

スケール感も、シリーズ屈指。潜在能力はマーベルヒーロー中でも有数だったジーンが、宇宙空間での事故によって悪の道に“覚醒”したことで最強無敵のパワーを解放させてしまい……かつてない壮絶バトルに、観客は度肝を抜かれることになるだろう。その果てに到達する、長く語り継がれるであろう万感のラストシーンをご覧ください。

 よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング



papikosachimama at 23:02│ 2019年劇場鑑賞作品 | あ行の映画
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ