映画ランキングベスト10

2015年01月02日

2015年、新年のご挨拶と、2014年映画、ベストランキング10

ひつじ、1

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は、このブログをご覧になっている方々に厚く御礼申し上げます。


2014年、映画ランキング・ベスト10


第1位「エクスペンダブルズ
3 ワールドミッション」

第2位「るろうに剣心 京都大火編」

第3位「STAND BY ME ドラえもん」

第4位「ダラス・バイヤーズクラブ」

第5位「それでも夜は明ける」

第6位「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

第7位「プリズナーズ」

第8位「永遠の0

第9位「ラッシュ/プライドと友情」

第10位「ファイ 悪魔に育てられた少年」


次点として、「グランド・ブダペスト・ホテル」、「グレース・オブ・モナコ
公妃の切り札」、「ドラキュラZERO」等と、他にもあげればきりがありません。

今年もどうか宜しくお願いいたします。


よかったら押して下さいね 〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング


 



papikosachimama at 20:59|Permalink

2013年01月01日

新年のご挨拶と2012年の映画ランキング、ベスト105

新年明けましておめでとうございます。

また新しい年を迎えることができました。これもひとえに応援して頂きました皆々様のおかげと感謝申し上げます。


P1010060
昨年はlivedoorよりgooへ移転しまして、何かと皆様にはご不便をお掛けして申し訳なく思っております。

本年も皆様のたくさんの笑顔が飛び交う楽しいブログ作りに、より一層の努力を日々積み重ねてまいりたいと思っております。

ですが、何分のんびり性分のため、せっかく頂いたコメントの返事もままならず、TBも不完全で送らず本当に申し訳ございません。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


2012年劇場鑑賞した作品の中からベスト10を選出。いつもは映画全般を取り混ぜて選出しておりましたが、今年から自分の好きなアクション作品とミステリー・サスペンス、ドラマ作品に分けて選んでみました。

洋画、アクション部門

第1位:「007 スカイホール」

第2位:「ダークナイトライジング」

第3位:「アベンジャーズ」

第4位:「スノーホワイト」

第5位:「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」

第6位:「バトル・シップ」

第7位:「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス」

第8位:「ロボット」

第9位:「ペントハウス」

第10位「エクスペンダブルズ2」


ドラマ、SF・サスペンス、ミステリー部門

第1位:「ホビット思いがけない冒険」

第2位:「ヒューゴの不思議な発明」

第3位:「戦火の馬」

第4位:「最強のふたり」

第5位:「人生の特等席」

第6位「アルゴ」

第7位「ミッドナイト・イン・パリ」

第8位「プロメテウス」

第9位「サラの鍵」

第10位「レ・ミゼラブル」

上記の映画の中で、一部gooのブログにレビューを書いている作品があります。後程リンクしますのであしからずご了承下さいませ。


邦画アクション部門

第1位:「るろうに剣心」

第2位:「ヱヴァンゲリヲン新劇場Q」

第3位:「BRAVE HEARTS海猿」

第4位:「外時警察 その男に騙されるな」

第5位:「踊る大捜査線THEFINAL新たなる希望」


邦画、ドラマ、サスペンス、ミステリー部門

第1位「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」

第2位「鍵泥棒のメソッド」

第3位「テルマエ・ロマエ

第4位「ヒミズ」

第5位「ALWAYS 三丁目の夕日‘64

第6位「しあわせのパン」

第7位「ロボジー」

第8位「グスコーブドリの伝記」

第9位「僕たち急行 A列車で行こう」

第10位「わが母の記」

上記の邦画の作品の中でも一部gooのブログに記載されている作品があります。後程、リンクをしますのであしからずご了承下さいませ。


昨年は私事でいろいろありまして、ブログも滞りがちになってしまいましたが、後半では映画館へ行くのが楽しみになるくらい、それでも自分の好きなジャンルの作品に絞っての鑑賞となりました。

今年は、本当に好きな映画だけに絞って鑑賞したいと思っております。それとコメントの方もなるべく返事ができるように頑張りたいと思っておりますので、何卒ご理解下さいますよう、宜しくお願いいたします。


よかったら押して下さいね"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング

 

 

 

 

 



papikosachimama at 23:51|Permalink

2012年01月01日

新年のご挨拶と2011年映画ランキング、ベスト105

正月、1新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。



2011年度劇場で鑑賞した作品、174本の中でベスト10!を選考。

一昨年よりも、15本も多く劇場通いして鑑賞した映画の中から本当に素晴らしかったと思える映画を選りすぐりました。

コロン、2、1昨年は、東北地方の大震災という大変な年でもありました。でもみなさんの御力により、きっと被災された方も新しい新年を迎えていることと存じます。

邦画も多く鑑賞しておりますので作品を分けてみました。

 

自分ではこれが一番とは決めかねてはいるのですが、それでも鑑賞した時に★★★★★5つを付けた中から順位を付けて観ました。

順位はさして意味がないとは言え、間違いなく10位なんだけど観たときはそれなりに面白くても、あとで見なおして見ると心に残らないものもあり、その中でも、自分の中でインパクトを感じた作品を並べてみました。

それともう一度鑑賞したいと感動させられた映画にも出会いました。

アクション、ミュージカル、コメディと、アメリカ映画が誇る三大ジャンルの醍醐味をこってりと味わえたベスト10!

洋画部門

第1位:英国王のスピーチ

第2位:ハリーポッターと死の秘宝PART2

第3位:ブラック・スワン

第4位:リアル・スティール

第5位:未来へ生きる君たちへ

第6位:ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

第7位:新少林寺

第8位:アジョシ

第9位:カンフーパンダ2

第10位:X−MEN:ファースト・ジェネレーション

特別賞:ゲキXシネ「薔薇とサムライ」

その他にも惜しいで賞に=「リメンバー・ミー」、「マネー・ボール」、「猿の惑星」、「ミケランジェロの暗号」、「コンテイジョン」

邦画部門

第1位:ステキナ金縛り

第2位:アントキノイノチ

第3位:八日目の蝉

第4位:白夜行

第5位:奇跡

第6位:あしたのジョー

第7位:1枚のハガキ

第8位:アンダルシア女神の報復

第9位:大鹿村騒動記

第10位:阪急電車

昨年中は、TB・コメントをたくさん頂戴し本当にありがとうございました。

私の方が、TB・コメントのお返しが遅くなり大変申し訳なく思っております。
よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング"

今年も皆様のところへ伺わせていただきますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

 



papikosachimama at 10:50|Permalink

2011年01月04日

2010年映画ランキング・ベスト10!5

正月、1新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり有難うございました。


皆様お元気で新年をお迎えのことと存じます。朝起きるのがつらい季節ですね。

もうお正月気分は抜けましたでしょうか?・・・寒中には珍しく、うららかな日が続いております。寄る歳並みには勝てず、例年より寒さが身にこたえておりますです。

今年も幸多い年でありますようお祈り申し上げます。

2010年度劇場で鑑賞した作品、158本の中で洋画部門、邦画部門ベスト10!を選考

2009年よりも3本少なかったけれど、好きな映画を劇場に馳せ参じて鑑賞できる喜びと健康に感謝しつつ、2010年の映画の中でも素晴らしく自分の記憶に残っている作品を選りすぐりました。


洋画部門


第一位:
ハート・ロッカー(女性監督による戦争ものでアカデミー監督賞受賞作品)

第二位: インセプション(SF的仕掛けとヴィジュアルセンス、人間の心の奥に踏み込まれたような、一番のドキドキの映画体感でした。ジョセフ・ゴードン=レヴィットが良かった)

第三位: シャーロック・ホームズ(探偵ものとしての王道をいっている)

第四位:第9地区(まさかエビにこんなに心揺さぶられようとは、SFならではのブッ飛び感でした)

第五位:トイ・ストーリー3(期待を裏切らない物語に久々に泣いた)

第六位:瞳の奥の秘密


第七位:
オーケストラ! (笑いと涙、感動と驚き、映画に求めるものが全部詰まっている)


第八位:
Dr.パルナサスの鏡(本当にヒースの最後の映画となった)


第九位:
月に囚われた男


第十位:
小さな村の小さなダンサー


特別賞:
アイルトン・セナ〜音速の彼方へ〜、(韓国版)クロッシング(これは号泣もの)、ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女、ミレニアム2、3(スウェーデン映画の番外編:ミステリー・サスペンスで驚き!)

未鑑賞の作品で悔やまれる韓国版、「息もできない」を劇場で観ることができなかった。とても良い作品なので早速レンタルして観ることにします。

 

邦画部門


第一位:
十三人の刺客(ゴローちゃんの狂った殿様ぶり、映画の醍醐味を存分に味わわせてくれたさすがの三池監督。いくぶん歳のせいか、時代劇にハマってしまった年である)

第二位:ゴールデン・スランバー(原作者伊坂幸太郎とロケ地が地元仙台なので贔屓目線で称賛)

第三位:武士の家計簿(現代でも通じる内容と、堺雅人さんの演技に惚れた)

第四位告白


第五位:
最後の忠臣蔵


第六位:
ちょんまげぷりん


第七位:
SP野望篇


第八位:
借りぐらしのアリエッティ


第九位:
SPACE BATTLESHIP ヤマト


第十位:
踊る大捜査線THEMOVIE


特別賞:
ゲキ×シネ 蛮幽鬼(これは映画ではなく、本当に劇場で観ている感じがした。ここでも堺雅人さんの演技に惚れ惚れ!)

 

今年は兎年で飛躍の年のはずですが、ブログの方はマイペースの亀さんにて、のんびりとマイペースで行きたいと思っております。

本年も変わらぬお付き合いのほどをお願い申し上げます。

 



papikosachimama at 14:17|Permalink

2010年01月04日

映画ベストランキング10〜2009年5

 

お正月の生け花新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。

2009年度劇場で鑑賞した作品、159本の中でベスト10!を選考。

2008年よりも、48本少なかったけれど、実は暮れにかかって「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」と「フォーカス・カインド」、「ティンカー・ベルと月の石」、「よなよなペンギン」も鑑賞しております。

 

しかしながら、なにしろ暮れにかかって映画を鑑賞したおかげで、すっかり家のことがおろそかになり、お正月の支度やらで投稿せずじまいとなりました。

まぁ、言い訳がましくなりましたが、2009年一年間で劇場通いして鑑賞した映画の中から、本当に素晴らしく自分の記憶にも残っている映画を選りすぐりました。

洋画部門

第一位:「グラン・トリノ

第二位:「レッドクリフ・part?」

第三位:「アバター

第四位:「ターミネーター4

第五位:「私の中のあなた

第六位:「カールじいさんの空飛ぶ家

第七位:「スラムドック$ミリオネア」

第八位:「永遠のこどもたち」

第九位:「ベンジャミン・バトン数奇な人生」

第十位:「チェ 28歳の革命」

特別賞:2009625日に急遽したマイケル・ジャクソンが、ロンドンで実施予定だったコンサート“THIS IS IT”。その何百時間にも及ぶリハーサル映像と舞台裏を収録したドキュメンタリー。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

邦画部門  

第一位:「サマーウォーズ

第二位:「エヴァンゲリヲン新劇場版:破

第三位:「重力ピエロ

第四位:「沈まぬ太陽

第五位:「ジェネラル・ルージュの凱旋」

2009年の邦画は鑑賞数が少なかったので五位までとしました。

昨年中は、TB・コメントをたくさん頂戴し本当にありがとうございました。

私の方が、TB・コメントのお返しが遅くなり大変申し訳なく思っております。

今年も皆様のところへ伺わせていただきますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。



papikosachimama at 14:24|Permalink

2009年01月02日

映画ベストランキング10〜2008年5

32cc46cd.jpg

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。

2008年度劇場で鑑賞した作品、207本の中でベスト10!を選考。

一昨年よりも、54本も多く劇場通いして鑑賞した映画の中からホントにおもしろかった映画を選りすぐりました。

昨年は、邦画も多く鑑賞しておりますので作品を分けてみました。

 

 “おお!”と心の中で歓声をあげるほどに、自分の中でインパクトを感じた作品を並べてみました。

順位はさして意味がないとは言え、間違いなく10位なんだけど観たときはそれなりに面白くても、あまり心に残らないものもあり、その中でも、もう一度鑑賞したいと感動させられた映画にも出会いました。

アクション、ミュージカル、コメディと、アメリカ映画が誇る三大ジャンルの醍醐味をこってりと味わえたベスト10!

特に一位は、ダントツで2回鑑賞したほど人間の奥底にある負の部分を浮き彫りにし、深い余韻を残した作品でした。

〜洋画の部ベスト10〜

1位:ダークナイト(あらゆる意味で、今年最も忘れられない作品になりました。亡きヒースに捧げて、オスカー受賞に期待しつつ)

2回目鑑賞のレビュー「ダークナイト

2位:レッドクリフ Part1

3位:幻影師アイゼンハイム(ドンデン返しに、実話の事件の真相に、ヒロインの嘘に、映像だけの大作に。良くも悪くも”もてあそばれた快感”ね)

4位:再会の街で

5位:エリザベス・ゴールデンエイジ

6位:つぐない  悪気のない嘘から狂っていく人生に胸痛)

7位:潜水服は蝶の夢を見る(人間の叡智の美しさに感動しないではいられない作品。半身不随の男の目線で写し出される映像が、彼の意識の目覚めと共に外の世界に広がっていく画面展開が素晴らしい)

8位:トロピック・サンダー史上最低の作戦(おバカコメディと心温まる

9位:ヒトラーの贋札

10位:告発のとき

特別賞として、セックス・アンド・ザ・シティ(個人的な思い入れの強さから)それに、イースタン・プロミスとノーカントリー(ヴィゴの凄まじい全裸格闘と、ハビエルのとことんヘンテコリンな暗殺者に心奪われましたわ)

アニメ大賞としてWALL・E/ウォーリー

 

〜邦画の部ベスト10〜

1位:おくりびと

 

2位:崖の上のポニョ

 

3位:容疑者Xの献身

 

4位:休暇

 

5位:私は貝になりたい

 

6位:ザ・マジックアワー

 

7位:歩いても歩いても

 

8位:クライマーズ・ハイ

 

9位:百万円と苦虫女

 

10位歓喜の歌

 

昨年中は、TB・コメントをたくさん頂戴し本当にありがとうございました。

私の方が、TB・コメントのお返しが遅くなり大変申し訳なく思っております。

今年も皆様のところへ伺わせていただきますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

 

 



papikosachimama at 17:15|Permalink

2008年01月01日

新年のご挨拶と2007年ランキング発表

faa2bc83.jpg

 

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。

2007年度劇場で鑑賞した作品、130本の中でベスト10!を選考。

最初はピンとこなくても気になってDVDが出てから見直すと、監督の企みがわかってどんどん面白さが増してくる映画もある。

 “おお!”と心の中で歓声をあげるほどに、自分の中でインパクトを感じた作品を並べてみました。

順位はさして意味がない、とは言え間違いなく10位なんだけど観たときはそれなりに面白くても、すぐに忘れてしまう作品もあります。

ドキュメンタリーも、ドラマも、社会派娯楽映画も優劣はない。

東西冷戦の終結後に、今ようやく表現できる映画の創造性を歓迎したいですね。

1位:ブラックブック

 

2位:善き人のためのソナタ

 

3位:パヒューム ある人殺しの物語

 

4位:麦の穂をゆらす風

 

5位:300<スリーハンドレッド>

 

6位:パンズ・ラビリンス

 

7位:世界最速のインディアン

 

8位:ダイハード4.0

 

9位:ザ・シューター/極大射程

 

10位:ルワンダの涙 

ちなみに次点に待機していたのは、「ヘアスプレー」と「デス・プルーフinグラインドハウス



papikosachimama at 18:20|Permalink

2007年01月02日

2006年映画ランキング・ベスト105

dbe60b1a.jpg

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。

2006年度劇場で鑑賞した作品、120本の中でベスト10!を選考。

昨年は、リメイク版や戦争もの、テロ攻撃による被害の作品、時代劇、韓流などたくさんの映画を鑑賞に、劇場へ日参しましたが、アクション・アドベンチャー好きの私には、最高の映画に恵まれこの上ない年でもありました。その中から、アクション・アドベンチャータグで選びました。 

第一位 パイレーツ・オブ・カリビアンデッドマンズ・チェスト

 

第二位 スーパーマン・リターンズ

 

第三位 007/カジノ・ロワイヤル

 

第四位 X-MENファイナルディシジョン

 

第五位 16ブロック

 

第六位 ナイロビの蜂

 

第七位 トリスタンとイゾルデ

 

第八位 ピンクパンサー

 

第九位 インサイド・マン

 

第十位 トランスポーター2

 

アクション・アドベンチャー以外のタグでは、やはり邦画からは、1位が昭和天皇の物語「太陽」、2位に「手紙」、3位には「ゆれる」、5位に「硫黄島からの手紙」などたくさんの映画が印象に残った作品と思われます。

 

山猫今年の一番最初の劇場映画鑑賞は、ヴィスコンティ生誕100年祭の中で、昨年「イノセント」を鑑賞しているので今回は、1963年作品の「山猫」です。

 

主演はバート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ他、世代交代と滅びゆく貴族社会の最後の光芒を絢爛たる映像で綴った、生涯の代表作とも言えるヴィスコンティ中期の作品。

 

来年からは、洋画部門と邦画部門に分けて選んでみたいと思っています。

今年も皆様宜しくお願いいたします。

 



papikosachimama at 03:59|Permalink