2010年レンタルビデオ・DVD

2010年11月30日

ミレニアムドラゴン・タトゥーの女(DVD)4

ミレニアムドラゴン・タトゥーの女、タイトル日本でも2009年のミステリー界に一大センセーションを巻き起こすなど全世界で話題騒然となったスティーグ・ラーソンの『ミレニアム』3部作を映画化した北欧発のミステリー巨編。本作はその第1弾。

物語: 社会派月刊誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、大物実業家の不正を告発した記事で逆に名誉毀損の有罪判決を受け窮地に陥っていた。そんな彼のもとに、大財閥ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリックからある調査依頼が舞い込む。

話を聞くため、ストックホルムよりさらに北の町ヘーデスタの沖合に浮かぶ、本土とは橋1本で繋がる孤島ヘーデビーへと向かったミカエル。そこで説明された依頼内容は、40年前、ヘンリックが我が子のようにかわいがっていた16歳の姪ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件を改めて調査してほしいというものだった。依頼を請負うことにしたミカエルだったが、案の定、早々に行き詰まる。

一方、ヘンリックの依頼で秘かにミカエルの身辺調査を行っていた天才女性リサーチャー、リスベット(ノオミ・ラパス)は、その後もミカエルのパソコンをハッキングし続け、偶然にも事件を巡るある重要な切り口に気づきミカエルに助け船を出す。情報提供者の正体を知ったミカエルは、リスベットに協力を要請、2人はコンビを組み真相究明に当たるのだったが…。

主演は「歓びを歌にのせて」のミカエル・ニクヴィスト。かつてない個性的なヒロイン像で熱狂的なファンを生み出したリスベット役には本作が初の大役となるノオミ・ラパス。
(作品資料より)

ドラゴンタトゥー、1<感想>1作目を見逃してしまったのが悔やまれます。DVDで鑑賞してサスペンスたっちのミステリー大作。
しかも、原作は読んでいませんが刊行直前に作者が急死という。出版されたのが2005年、人口900万人のスウェーデンで360万部を売り上げる大ヒットとなり、世界40カ国累計2600万部という驚異のベストセラーとなった。

作者のスティーグ・ラーソンが生前書き上げていた3部作は、いずれも大ヒット。09年には映画化が行われ、ハリウッドのリメイクも決定したそうです。ちなみに監督は「セブン」のデーヴィッド・フィンチャー。ミカエル役にはダニエル・クレーグが決定し、ヒロインのリスベットにはナタリー・ポートマン、キーラ・ナイトリーなど名だたる女優の名が挙げられているそうですが、さて、この難役に決定したのがルーニー・マーラが有力との噂も。

ドラゴンタトゥー、4このシリーズは社会現象化して、スウェーデンでは物語の舞台を巡るツァーも大人気だそうです。
この物語の中で、実在の地名を小説中に使用しているため場所が特定しやすいことが観光客を喜ばせる要因となったのでしょうね。

さて、何故このシリーズはこんなヒットしたのだろうか、最大の原因はヒロインの造形でしょうね。リスベットの身長は150センチくらいで、拒食症かと思うほど痩せていて、鼻ピアスに背中にはドラゴンのタトゥーには驚く。人との関わりを極端に嫌う性格だが、ハッカーとしては天才的。さらには一度見た物を忘れない映像記憶力をもっている。そして何よりも、どんな辛い目にあっても決して弱音を吐かず、自ら事の解決にあたっていく強さの持ち主なのだ。

ドラゴンタトゥー、3この強烈なキャラクターはなんとも魅力的で、演じたノオミ・ラパスもイメージにぴったりの熱演で、その男っぽい仕草とかたたずまいがカッコいいこと!

さて、内容は少女の失踪事件を捜査するうちに、富豪一家に隠された秘密が明らかになる、というストーリーで、これは孤島を舞台にした正統派ミステリーですね。

物語の持つ社会性、犯罪の背景にあるネオナチや、女性に対する虐待などの社会の闇の部分が描かれていて、失踪した大富豪の娘、ハリエットと主人公ミカエルとの幼いころの記憶。
それに、ハリエットやヒロイン・リスベットの男性から受けた残酷な仕打ちが描かれ、それは生々しくも過激で痛々しいシーンを見せるなど、ダークでヘビィでショッキングなインパクトがあります。

ドラゴンタトゥー、2これは作者ラーソンが描きたかった部分であり、もともと作者はジャーナリストで、雑誌「EXPO」(映画の中でも小道具としてちらりと登場)の創設者で、人種差別主義者や極右と戦い続けてきた人物だから、ミステリーの形をとりながらも、こうした問題を取り上げたかったのでしょう。

そんな作者の分身ともいえるミカエルは、逆境にも負けず、さまざまな不正や権力の腐敗と戦ってきた人物として描かれている。彼が信じるのはジャーナリズムの正義。物語は陰惨な犯罪を描きながらも、最終的にはその正義が守られる結末を迎える。
ラストのリスベットがいいですよね、今までの姿とは思えないくらい見違えて、金髪のカツラにピンヒールを履き、ワンピース姿の天才ハッカー、やるじゃないって(笑)。



papikosachimama at 14:26|Permalink

2010年06月05日

処刑人(DVD)4

357ba61f.jpg

神の啓示を受けて悪人を処刑する兄弟を描いたバイオレンス・ムーヴィー。監督・脚本はこれがデビューとなるトロイ・ダフィー。撮影はアダム・ケイン。音楽はジェフ・ダンナ。出演は「ボディ・ショット」のショーン・パトリック・フラナリー、「ミミック」のノーマン・リーダス、「イグジステンズ」のウィレム・デフォー、「スティル・クレイジー」のビリー・コノリーほか。

物語:聖パトリックの祭日にわくサウスボストン。精肉工場に勤める兄弟、コナー・マクナマス(ショーン・パトリック・フラナリー)とマーフィー・マクナマス(ノーマン・リーダス)は、ロシアン・マフィアのイワン・チェコフに殺されそうになる。

それを危機一髪で逆襲に転じ、チェコフとその手下一人を殺害。そして、その正当防衛が認められ無罪放免となったマクナマス兄弟は、留置場で「悪なる者を滅ぼし、善なる者を栄えさせよ」という神の啓示を受ける。

それから彼らは、親友であるイタリアン・マフィアの使い走りロッコ(デイヴィッド・デラ・ロッコ)を加え、マフィアの幹部や殺し屋などを次々と処刑していく。

身の危険を感じたイタリアン・マフィアのボス、ヤカヴェッタ(カルロ・ロタ)は、犯罪史上最強最悪の殺し屋で終身刑となっていたエル・ドゥーチェ(ビリー・コノリー)を仮出獄させたが、なんとその男は、マクナマス兄弟の父親だった。

事件を追っていたFBI捜査官のポール・スメッカー(ウィレム・デフォー)も、徐々に兄弟の行為に共感を覚えるようになり、もう怖いものなし。数か月後、裁判で無罪が確定しそうなヤカヴェッタのもとに、完全武装したマクナマス兄弟とエル・ドゥーチェが飛び込んできて、ヤカヴェッタに神の裁きを下すのであった。(作品資料より)

処刑人、兄<感想>この作品は10年前にDVDレンタルで見ました。その時も思ったのだけれどB級映画ではなく、最高に面白いアクション映画でA級作品だと思いましたね。

コナーとマーフィーのマクナマス兄弟が、神の啓示を受け悪を処刑していくってカッコいい。

それに、こう言ってはなんだけど、そんなに武術とか頭が良いとか、確かに拳銃の使い手ではあるけれど、やっぱ神がかりなのかな〜ぁ、二人の行動を見ていると結構無鉄砲で、計算されて動いているわけではなくて、その時の運かな〜ぁ、守られているんだね。

やっぱ、殺人を犯したわけで二人は次の朝、自首をするのですが、情状酌量で、罪は許されたんだけれど、その夜は留置所へ一泊することに。

そして神の啓示を受ける!

処刑人、弟光る剣を振り下ろすとき我が手は審判を得る

我が敵に復讐を誓いこれを倒すであろう

主よ 我を聖人の一人にお加え下さい。

人の血を流した者は男により報いを受ける

その男とは神に許された者なり

悪なる者を滅ぼし、善なる者を栄えさせよ-

なんか稲妻が光って本当に神様が兄弟に啓示しているようでした。

それに面白くしているのが、FBI捜査官のポール・スメッカーのウィレム・デフォーさん。もう当たり役としか言えません。

ウィリアム・デフォー二人の活躍した現場の再現推理というんですかね、ビシッとスーツを着こなして、殺害現場の警察官をしり目にまるでオペラの演奏の指揮者みたいに優雅に、的確に推理していく。

時には女装して、悪人の巣屈へと自分から出向いていくって、こんなFBI捜査官っていませんから(笑)それが似合っているから面白いんですね。

確かに、その後に兄弟の犯行を見せてくれるんですが、まったく同じなんですから。兄ちゃんのショーン・パトリックの火事場の馬鹿力とでもいうのでしょうか、備え付けてある便器を満身の力で持ち上げて、屋上から下にいる大男のデブの頭に落とす。

その次の現場では、何故か弟がロープにこだわって(映画のチャールズ・ブロンソン気取り)持って行って、ダクトの中を二人で進んで行くと丁度ロシアマフィアの部屋の真下に出て、二人で喧嘩をしながらロープが足に絡んでそのまま落下。そして銃を乱射して皆殺しって、あまりにも出来すぎですよこれは(笑)

syokeininnこの殺しの処刑をすることになった友人のロッコは、もうほんと足手まといでしかない。自分勝手に、恨みを晴らすと二人子分を殺すで、挙句に店の主人まで殺して、これじゃ最後は殺されると思ってましたね。

それに、自分の身の危険を感じたイタリアン・マフィアのボスが犯罪史上最悪で最強の殺し屋エル・ドゥーチェ(後で分るのですが、兄弟の父親なんです)を仮釈放させ、その迫力って爺さんなんですがね、ベストに6丁の拳銃をつけて、片っぱしから撃ち続けるハヤワザ!

そうそう、神の啓示だからか、処刑する前に必ず祈るんです!

主のために守らん

主の御力を得て

主の命を実行せん

川は主の下へ流れ

魂はひとつにならん

父と子と精霊の御名において-

そして、必ず処刑した後に、ペニー硬貨を目に置く優しさも忘れてはいけませんね。日本でも、棺桶の中に必ず小銭を入れてあげますから、三途の川の渡し賃ということですかね。そんなに宗教臭いとは感じませんでしたよ。

でも、ラストのテレビインタビューはいらなかったように思いました。

追記:実は6月1日映画の日に、隣街のシネコンまで行って「処刑人供廚魎嫋泙靴討ました。後ほど記事を投稿したいと思ってます。



papikosachimama at 23:52|Permalink

のだめカンタービレ最終楽章前編(DVD)3

のだめカンタービレ最終楽章前編 06年のスタートしたこの作品で描かれたのは、まずのだめと千秋先輩の出会いだった。

音大ピアノ科に在籍しつつ指揮者をめざしていた千秋は、将来に行き詰まりを感じ思い悩む日々を送っていた。

ある日、担任の教授と喧嘩をし、恋人とも別れてしまったことで、自暴自棄でヤケ酒を煽り酩酊状態になる。彼を助けてくれたのが、マンションの隣に住んでいた同じ音大のピアノ科在籍の“のだめ”こと野田恵だった。

彼女の生活は風呂は2日おき、シャンプーは5日おき、ごみ溜めのような部屋に暮らすのだめに、最初は驚いた千秋だったが・・・。

しかし、彼女のハンパないピアニストとしての才能を感じた千秋は、いつしか自然と彼女に関わるようになっていく。

一方、のだめものだめで、千秋のルックスと音楽の才能に憧れてまとわりつくようになる。

やがてのだめによって千秋は、音楽への純粋な愛情を取り戻し、のだめも音楽への向上心を抱き始めるのだった。

大人気の「のだめカンタービレ」だけど、実は未見、前から観たいと思ってはいたのだが、それでシリーズのあらましをおさらいしました。

スペシャルドラマ「のだめカンタービレinヨーロッパ」2008年。

のだめ、オクレール先生パリのコンセルヴァトワールに留学し、授業が始まったのだめ。しかし彼女は曲の精神性や和音の構造などを理論的に分析する授業についていけず、落ち込んでしまう。

一方、コンクールを終えたばかりの千秋は、シュトレーゼマンの秘書兼マネージャーのエリーゼに強引に契約を結ばれてしまい、3か月にも及ぶシュトレーゼマンの世界ツアーに付き合わされるハメになる。

そんなある日、のだめは、千秋が急病で倒れたシュトレーゼマンの代役として、日本公演で指揮者デビューを果たしたことを知る。

そのステージで千秋と共演したのは、中国が生んだ天才ピアニスト・孫RUIだった。

嫉妬心からRUIが得意とする「超絶技功練習曲」に取り組み始めるのだめ。

しかし、それを教師のオクレールに弾いて聴かせたところ「君はここに何をしにきたの?」と言われてしまう。大きなショックを受けるのだめだったが・・・。

物語は08年のお正月に2夜連続放送されたスペシャルドラマの続きからスタート。指揮コンクールで優勝した千秋は、エリーゼの差し金で、若き日のシュトレーゼマンが指揮を務めた“ルー・マルレー・オーケストラ”の常任指揮者に。

ところが財政難などもあって、今や“ルー・マルレー・オーケストラ”の演奏クオリティは低くなっており、楽団員たちにもまるでヤル気が見られない。

当惑してしまう千秋・・・。

一方、のだめも千秋の成長についていけずに戸惑うことになえるという展開。音楽に青春をかけた者たちならではの、愛と感動と笑いが折り重なる超話題作です。

(作品資料より)注意:ネタバレです!

のだめカンタービレ前編、6<感想>千秋を演じている玉木宏さん、クールさの中にほとばしるカッコよさといったら、こんなに細身の玉木さんドラマは漫画チックではありますが、クラシック音楽が好きな方には堪能できると思います。

映画版では連続ドラマから引き続き登場するおなじみのメンバー不動の主役、“のだめ”こと野田恵役の上野樹里。それに、千秋先輩こと、千秋真一役の玉木宏。
それから、谷原章介が演じる、千秋が留学した後にR☆Sオケの指揮を引き受けた松田。

なだぎ武(ザ・プラン9)演じる、“ルー・マルレ・オーケストラ”のライブラリアン兼事務員のテオ。チャド・マレーン(ジパング上陸作戦)が演じる、バソンという高難度な楽器を弾くポールなど新キャラも登場する。

続いて、お馴染みのキャスト勢ぞろい!瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、伊武雅刀、竹中直人等、のだめオールスター総出演!

のだめ前編、1今回の映画版では、パリにきて1年が過ぎたあたりの千秋の姿が描かれています。由緒ある指揮者コンクールで見事に優勝を果たした千秋は、かつてシュトレーゼマンが音楽監督をつとめた歴史ある“ルー・マルレ・オーケストラ”の常任指揮者になるのです。

ところがこのオーケストラは、今はとてもダメな楽団になってしまっているんです。

やる気もないし、演奏レベルも低い。しかも、コンサートマスター(ヴァイオリン奏者)は、千秋に協力的ではなく何かイケズな男。

のだめそれを千秋がどう立て直していくのかも見どころの一つだと思う。今回はいつも以上に指揮を振る曲の数が多かった。

しかも、その大切な指揮シーン、言ってしまえばそれはクライマックスのシーンなんですが、数段巧くなっているしもうキマッテるんですよね。

特にその時の曲が、ドラマのときにも指揮をした“ベートーヴェンの交響曲第七番”という思い入れの曲だったので、より楽しむことができました。

さて、のだめの方はと言えば千秋が指揮者就任を誇らしげに喜び、それに自分が定期公演でラヴェルの『ボレロ』のチェレスタの演奏してほしいと頼まれ、と一人妄想して浮かれほくそ笑むルンルンののだめ!(天使も飛んだりして漫画ですからね、うん、分る分るその気持ちって、千秋との夢の初共演ですもの)

だが、甘いね〜その大役はひょんなことから、コンセルヴァトワールに転入予定することになった孫Rui(山田優)が演奏することに決まったのである(ガ〜ン)
のだめ2が落ち込んではいられないのだめ。千秋のために明るく振る舞い、孫Ruiのご機嫌取りにお買いものに付き合ったりと、Ruiはお金持ちだからパリでの買い物はブランド品ばかり、羨ましいですよ、本当に。

心配していたとおり、付け焼刃のオーケストラ!フルート、クラリネットと繰り返し聴かせるところが、実力がすっかり分ってしまい団員の練習不足でまるでダメ!

あきれ返る客たち、笑い交じりの拍手、大失敗でした。

「のだめはピアノが弾きたいんです、遊んでいる場合じゃないんですよ。待ってて下さい先輩!すぐに追いつきますからね!」・・・のだめの気持ちが痛いほどに伝わる。

それから千秋は、マルオケの新しい団員をオーディションで集めることに。

のだめ、黒木とターニャ出たーーのだめカレー!キモイし、部屋中臭っているし、CGでばい菌とか下痢とか字がたくさん、ハエが飛ぶ〜ぅ!
カレー事件が勃発!、でも当人のだめは食べても平気なんだね(笑)どんなお腹してるんじゃい、まったく。
で、オーデションに応募した黒木にラブラブのピアノ伴奏のターニャ、ベッキーとフランクのウエンツが被害者にと大変なことに。

それにのだめは千秋の“ルー・マルレ・オーケストラ”の宣伝のために日本式の宣伝?までして・・・ポケットテッシュ配りをして道行く人にマルレ・オケのPRを展開するのだめだったのである。

それにそれに、なんと当日の千秋は本当にかっこいい!って、指揮者としても、「バッハのピアノ協奏曲」の弾き振りまでするんですからね。自分が弾きたかったのに、先輩なんでのだめと共演してくれないの?・・・情けなくて、なんだか遠い存在の千秋、涙にくれる。

そして、あろうことか千秋が言った言葉は「今のままじゃダメだ、俺たち離れて暮らそう」って引っ越して行くんですものね。よけい落ち込むのだめですから、可哀そうですよ。

エンドロールのパリのセーヌ川の景色とか、エフェル塔、凱旋門シャンゼリゼ通りなどが映像で奇麗でしたが、のだめと千秋の後編が気になってそれどころではありませんから。

それからエンディングの曲、「ガーシュイン・ラプソディー」もよかった。

もちろん後編予告もありますよ、後編は劇場で観てきました。



papikosachimama at 23:26|Permalink