2011年劇場公開作品、鑑賞

2011年12月31日

ニューイヤーズ・イブ4

ニューイヤーズ、タイトル「プリティ・ウーマン」「バレンタインデー」のゲイリー・マーシャル監督の最新作は、NYを舞台にした8組の男女の“ニューイヤーズ・イブ(大晦日)”。2011年のうちに整理したかったこと。言いたかったこと。叶えたかったこと。今年も残されたのはたった1日。奇跡よ、起きて!! 

ロバート・デニーロ、アシュトン・カッチャー、サラ・ジェシカ・パーカー、ヒラリー・スワンク、キャサリン・ヘイグル、リー・ミシェル、ジェシカ・ビール、そしてジョン・ボン・ジョヴィなど、映画やドラマでおなじみの超豪華キャストが贈る感動ムービー。100万人が集まるタイムズスクエアでの年越しのキスはあなたとしたい・・・。素敵な奇跡が起こるニューヨーク、8組の男女の大晦日。

あらすじ:2011年のニューイヤーズ・イブ。NYのタイムズスクエアでは、カウントダウンを彩るイベント“ポール・ドロップ”が行われる。責任者のクレアは、なんとかイベントを成功させようと奮闘していた。死ぬ前にポール・ドロップを見たいと願う老人、カウントダウンと共にファーストキスをしたいと願う高校生、カウントダウンコンサートに出演するロック歌手にバックコーラスの女性…。多くのニューヨーカーが、この時を大切に待っているのだ。(作品資料より)

ニューイヤーズ・イブ、1<感想>2011年も今日で最後の1日となりました。今年は3月11日の大震災があり、どんなにたくさんの人達に元気ずけられたことか、本当にお礼の言葉も有りません。
みなさんの温かい励ましの言葉と、慰めで、胸がいっぱいになり、元気と勇気をもらいました。

さてこの作品が今年の劇場での見納になるとは、この作品は、超豪華なスターたちが彩るきらびやかな群像劇になっています。人々の再生と希望を描く心温まるエピソードばかり。なにかステキなことが起こりそうな、そんなトキメキをもたらしてくれる。「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督が最強のオールキャストと組んで贈る、大晦日のニューヨークを舞台にした感動のドラマです。

ニューイヤーズ・イブ、2「偶然再会した元恋人同士の運命」ケータリング会社を経営するローラ(キャサリン・ハイグル)、元恋人でロックスターのジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ)と再会。やり直したいと謝るのだが。ローラは1年前に捨てられたことで、怒りは収まっていなかったが、心は揺れていた。

ニューイヤーズ・イブ、6「娘が心配なシングルマザーの思い」思春期の娘ヘイリー(アビゲイル・ブレスリン)の望みは、お目当ての男の子との、ファースト・キスで新年を迎えること。だが、子離れできないシングルマザーのキム(サラ・ジェシカ・パーカー)が、深夜の外出を許してくれず大喧嘩に。

「自分の殻を破りたい女性の選択」家と職場を行き来する地味な日々を送るイングリット(ミシェル・ファイファー)。思い切って会社を辞めた彼女は、バイク・メッセンジャーの青年(ザック・エフロン)と出会い、バリへ行くなど無謀な今年の抱負を叶えようと紛争する。

ニューイヤーズ・イブ、3「エレベーターで生まれる新たな恋」ジェンセンのコーラスを務める予定のエリース(リー・ミッシェル)と、大晦日のお祭り騒ぎが嫌いなランディ(アシュトン・カッチャー)が乗り合わせたエレベーターが停止。二人は数時間を密室で過ごすことに。バックコーラスの歌手として歌うリー・ミッシェルだが、ソロでも歌ってくれる嬉しいサプライズが。

ニューイヤーズ・イブ、5「イベント成功を目指す女性の奮闘」イベント数時間前にポール・ドロップの装置が故障し、責任者のクレア(ヒラリー・スワンク)は対応に大忙し。見守る観衆に、待つ間に今年を振り返ろうと呼びかけた彼女は、自身も大切なことに気が付く。

ニューイヤーズ・イブ、8「死期の迫った老人と看護師の願い」治療を拒否し、病院のベットで死を待つ孤独な老人スタン(ロバート・デ・ニーロー)は、ある人との再会を夢見ながらポール・ドロップの瞬間を待つ。そんな彼に看護師のエイミー(ハル・ベリー)が付きそう。エイミーの恋人は戦地に任務しており、エイミーがピンクのドレスに着替えて、PC画面で会話する姿が印象的でした。老人のスタンが待っていたのは、クレアだったのです。屋上へ車椅子であがり、花火を見ながら新年を迎える親子の姿に感動。

ニューイヤーズ・イブ、9「運命の女性と再会、男の願いは叶うのか」1年前の大晦日に運命の女性と出会ったサム(ジョシュ・デュアメル)。遠方の親友の結婚式からNYへの帰途についた実業家のサム。彼女と再会するため急いでNYを目指すが、さまざまなトラブルに見舞われる。その相手というのが、まさか一番最後まで引っ張ってきて、馬車から下りて来た女性がサラ・ジェシカ・パーカーなんです。履いている靴とドレスを見れば直ぐに誰だか分かるってこと。ヘイリーのママなのよ、ママだってお洒落して新年を祝いキスをする人がいるってことなの。

ニューイヤーズ・イブ、7「新年に一番乗りに挑む妊娠カップルの奔走」新年初の出産に病院から与えられる賞金を巡り、出産間近の夫婦2組がライバル関係に。夫同士が火花を散らす中、テス(ジェシカ・ビール)ら、それぞれの妻が同じ頃に破水し、分娩が始まる。さてどちらの夫婦に軍配が上がるでしょうか。

ニューイヤーズ・イブ、4本作では様々な思いを抱える8組の人々が、1年の最後の日に不器用ながらも懸命に想いを伝えようとする姿が描かれ、どのエピソードも心温まるものばかり。さらにそこから伝わる人と人との絆の大切さを通して、ほんの少しの勇気を出せば人生は輝かせることが出来ると、生きる希望も与えてくれるはず。

とりわけ、毎年数十万人が訪れるという、タイムズスクエアでのカウントダウン・イベントで迎えるクライマックスシーンは、煌びやかに飾られた美しいNYの夜景と人々の幸せそうな表情が、観る者を笑顔をにしてくれる。

それに役にハマった各キャストの熱演に引き込まれ、必ず誰かに共感できるはずなので、デートムービーとしてもお薦めです。


くる天人気ブログランキングに挑戦しています。
よかったら押して下さいな



"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング"



papikosachimama at 00:21|Permalink

2011年12月29日

リミットレス3

リミットレス、タイトルアラン・グリン原作の小説『ブレイン・ドラッグ』を映画化。人間の脳の限界を超えることができる新薬を巡る陰謀を描くサスペンス・スリラー。出演は、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のブラッドリー・クーパー、「ストーン」のロバート・デ・ニーロ。監督は、「幻影師アイゼンハイム」のニール・バーカー。

あらすじ:作家志望のエディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)は出版契約を交わしたにもかかわらず、原稿を一行も書けていない。ホームレスのような風貌で酒に溺れ、恋人のリンディ(アビー・コーニッシュ)も彼の元を去っていく。エディは街で、元妻メリッサの弟ヴァーノン(ジョニー・ホイットワース)と偶然再会する。

薬品会社のコンサルタントを自称するヴァーノンはエディの窮状を知ると、開発されたばかりの新薬NZT48を差し出す。通常20%しか使われていない脳を100%活性化する薬だという。
リミットレス、8エディがその薬を飲むと、脳に埋もれていた過去の全ての記憶から情報を集める能力が覚醒し、一晩で傑作小説を書き上げる。

翌朝目覚めると元の自分に戻っていたエディは、ヴァーノンを訪ねる。ヴァーノンは顔に殴られた跡があり、外出できないと言う彼の代わりにエディが用事を済ませに行く。エディが戻ると、部屋は荒らされ、ヴァーノンは死んでいた。エディは通報した後、新薬が狙われていることに気づき、薬を見つけて持ち出す。(作品資料より)

リミットレス、1<感想>原題は「無限の」人間の脳の力を100%活性化させるという新薬。それは人生を薔薇色にする夢の薬なのか、それとも悪魔の劇薬か?・・・ブラッドリー・クーパーがほとんどの場面で出ずっぱりの主役を演じている。小さい頃からピアノを習い、家では未だにピアノを弾き、ドラムをたたいたりして、フランス語がペラペラと、ハンサムな上に頭がいいという凄いヤツだからこそ、共演女優がバタバタと彼に惚れてしまうですね。

リミットレス、2この作品では、禁断の薬の効果でどん底から成りあがった男が、薬を狙う勢力や副作用の恐怖に脅かされるサスペンス・スリラーというよりコメディに仕上がっている。ブラッドリー扮する主人公が見る世界とシンクロするように、彼の感覚が薬で研ぎ澄まされている時は、輝くように明るく、薬が切れた時は、暗く褪せた色の映像に切り替わるなど、ビジュアル面の仕掛けも効いてとてもいいです。

万能薬を飲んだらあらゆる外国語をマスターし、全ての楽器をプロのように弾けるようになるという。それに車の運転技術もレーサー並みにアップし、チンピラに絡まれても、頭脳でブルース・リーの格闘技を思い浮かべて見事に対応する。しかし薬の効果が切れると副作用というか、脳の冴えわたる部分が減退するのが危険なり。

リミットレス、3それに、別れた恋人のリンディと出会うと、彼女も薬を飲んでいたらしく、薬が切れて副作用が出始め老婆のような姿になり変ったのには驚く。薬の効果が大きいことに気づき、運よく手に入れた彼はそれからの人生がばら色に一変するのだ。

薬の効き目が続く間は膨大な知識が湧きでて、カジノでは連戦連勝、外国語も聞くだけで習得できるしで、証券取引に挑戦したエディは元手を百倍以上に膨らます。

リミットレス、4その成功に目を付けた大物投資家ルーンは、エディに協力を要請する。ルーンには、ロバート・デ・ニーロが演じているが貫録十分です。エディは富も権力も同時に手に入れるのですが、その時エディの身体に突然異変が起きるんです。記憶が欠落し、一夜を共にした女が死体で発見されるという。とんでもないことが起きる。

それが、エディが飲んでいた同じ薬を服用していた人間が、死亡していた事実も判明し、謎の男からの追跡も受ける。それに、エディが元手を金貸しから借りた男にもその薬を盗まれ、その悪人も薬漬けになってしまい。その奴らは薬が切れると普通の人間になるのだが、薬物中毒のようにエディに貸した金と薬を取りたてる。

リミットレス、7とんでもない薬に手を染めたエディ、最初はよかったのだが、その薬を巡っての衝撃の真実と恐るべき陰謀を知ることになる。ルーンは薬には手を出していないが、仕事の取引の相手の社長が薬の中毒者であり、今にも死にそうな状態。彼は金があるので用心棒を雇うも、いつの間にか二人とも殺されてエディのもとへ小包で二人のごっつい手が送り届けられる。

それに金貸しも薬を狙っていて、彼が早々に金を返しておけばいいものを、結局部屋まで押し掛けられて暴行を受け、危く殺されそうになるところを自分も薬が切れ始め、最後の一粒の薬も溝に落としてしまい、危機一髪のところで悪人を刺し殺しその血を舐めて覚睡する。
リミットレス、11なんて悪運の強いエディなんだろう。ここで、冒頭でビルのテラスから飛び降り自殺をしようとしたエディが、このシーンでも同じ自殺願望男として映し出されるのだ。

それからは、その薬を製薬会社で製造させるようにしたのか、それとも彼は薬を飲まなくても自分の脳に蓄えられた知識を存分に発揮して、議員になり出世街道まっしぐらってことになったのだろうか?・・・それにしてもエディのラストは吹っ切れたように爽やかだった。クーパーのイケメン爽やかさも手伝ってか、存在感のある役柄にぴったりでした。

久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"



papikosachimama at 10:26|Permalink

2011年12月28日

ワイルド73

ワイルド7、タイトル1969年から79年にかけて『週刊少年キング』に連載された望月三起也原作の漫画を「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が映画化。犯罪者からスカウトされた白バイ警察官7人が、凶悪犯を追い詰めていく様を描く。出演は「一命」の瑛太、「恋愛戯曲 私と恋におちてください。」の椎名桔平、「スマグラー おまえの未来を選べ」の阿部力。

あらすじ:法律で裁けない犯罪者はいっそその場で消去してしまうべき―。そんな過激な発想から生まれた超法規的警察組織、通称“ワイルド7”。凶悪犯を裁く彼らもまた、選りすぐられた犯罪者たちだった。

飛葉大陸(瑛太)、セカイ(椎名桔平)、パイロウ(丸山隆平)、ソックス(阿部力)、オヤブン(宇梶剛士)、ヘボピー(平山祐介)BBQ(松本実)。いずれ劣らぬ犯罪歴と、犯行のために身につけた特殊技能をあわせ持ったプロフェッショナルな7人。

そんなある日、指揮官・草波勝(中井貴一)のもと、“ワイルド7”の出動が要請され、メンバーたちは事件の犯人を追い詰める。だがその瞬間、謎のスナイパーが現れ、犯人を射殺して逃走する……。(作品資料より)

ワイルド7、5<感想>70年代少年たちの心を熱くした人気漫画を、21世紀に舞台を移して実写化した作品。漫画の「ワイルド7」は未読ですが、作品としては中々いい出来具合じゃないでしょうかね。「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が、ド派手な銃撃戦と胸をすくうようなバイクアクションを活写する。

“ワイルド7”は、凶悪犯を極秘裏に抹殺するために組織された、元犯罪者7人による超法規的武装集団である。彼らは製薬会社からウィルスを盗み出し、東京でのバイオ・テロを画策する犯人グループを追うことに。

ワイルド7、3だが犯人を追いつめるも、そこへ謎のスナイパーが現れ目の前で犯人を射殺して逃げて行くではないか。このスナイパーは誰なのか?・・・何の目的で狙ったのか?調べて行く内に、チームの核である飛葉がある女性ユキと親しくなる。瑛太と恋仲になるもある秘密を抱えていたのだ。

ユキを演じる女性スナイパー、深田恭子ちゃんなんですがね、文句を付けるわけじゃないけれど役不足ですよね。やっぱし体を張るアクション女優で、男勝りなバイク乗りって設定には、なんて言っても黒木メイサがお似合いではないかしら。

ワイルド7、4目には目を、悪には悪を!・・・元犯罪者7人が巨悪を退治する様は、観ていて痛快極まりない。やがて7人の前には、立場を悪用して私腹を肥やす“真の敵”が国家の中にいることを知る。検事総長すら手をだせぬ黒幕とは、その敵役がPSU、公安調査庁情報機関の統括長の桐生。

その桐生を倒すべく乗り込むのですが、ワイルド7の司令塔となっているコンボイ(大型トレーラー)から出てくる7台のオートバイは、まるで弾丸のように飛び出してくる様には、本当に唖然となりました。これはもうバイクアクションの域を超える難しい演技でしょう。それを見事にこなしているキャスティングが素晴らしい。

ワイルド7、2警視正の草波・中井貴一さんの指揮のもとに、7人の極悪軍団がオートバイを蹴散らして敵の本居地へと向かう姿は、実にかっこいいの一言につきます。封鎖した市街地や建設中の高速道路でアクション撮影を敢行。

エスカレーターや階段をバイクで上る危険なスタントも、実際の建物内でロケしてリアリティを出したというから凄い。また銃撃シーンでは1500発の弾が使われたと言うからこれも見物です。

ワイルド7、1まぁ現実には有り得ない出来事でも、作品としては見応えありですからね。無謀とも思える戦いに挑む“ワイルド7“。スワットが彼らを拳銃で撃ち、それに対してバズーカー砲なんていうのもありで(笑)。

しかし、人質に取られたセカイの娘と要潤の新聞記者を助けようと頑張る椎名桔平が殉職死という残念な結果になる。他にも確か、拳銃の弾を体に受けて死にそうな人いたのに。最終的には、6人になったワイルド7も、ユキが仲間に加わり次の指令を受けるという終わり方は良かったです。
久しぶりにくる天ランキングをやっています。
よかったら押して下さいね〜"http://ranking.kuruten.jp/rankin.php" くる天 人気ブログランキング"



papikosachimama at 17:56|Permalink

2011年12月26日

宇宙人ポール4

宇宙人ポール、タイトル「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のコンビ、サイモン・ペッグ、ニック・フロストが脚本、主演を兼任したSFコメディ。地球にやって来てから60年間、アメリカ政府に拘束されていた宇宙人が脱走、イギリス人のオタクコンビと出会ったことで、騒動が巻き起こる。数々のSF映画に対するオマージュ、パロディが満載。

あらすじ:1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。この不可解な出来事から60年。イギリス人のSF作家クライヴ(ニック・フロスト)とイラストレーターのグレアム(サイモン・ペッグ)は、世界中のマニアが集うイベント“コミコン”に参加した翌日、レンタカーでアメリカ西部のUFOスポット巡りに出発。

宇宙人ポール、8その途中、ネバダ州のエリア51付近で1台の暴走車の事故現場に遭遇する。恐る恐る車内の様子を窺うと、姿を現したのは、“ポール”と名乗る宇宙人(声:セス・ローゲン)。地球を訪れた60年前、政府の秘密施設に拘束された彼は、解剖されそうになったところを逃げ出してきたのだ。

故郷に帰るのを手伝ってほしいと頼み込むポール。宇宙人にもかかわらず、長年の地球暮らしですっかりアメリカナイズされた毒舌とフランクな性格のポールに驚きつつも、不思議な能力を持ち、人知れず世界中の大衆文化に影響を与えてきた意外な一面を垣間見たことで、2人は徐々に打ち解けてゆく。(作品資料より)

宇宙人ポール、1<感想>宇宙人映画へのオタク愛が詰まった痛快作。知っても得しないおバカムービー、でもユニークな宇宙人のすることなすことに爆笑、映画の常識を覆すシナリオが今っぽくて面白かった。

エリア51をはじめ、アメリカ中西部のUFOスポットを観光中のSFオタク2人組が、そのエリア51から逃げて来た本物の宇宙人と接近遭遇。
捕まったら命がないのにも関わらず、能天気でしょーもない言動を連発するポール。英語はペラペラ、ジョーク好きでやけに馴れ馴れしい。アメリカナイズされたヘンテコな宇宙人“ポール”と珍道中を繰り広げる。

宇宙人ポール、2そんな愉快なキャラと、実在するようなリアルなCGに、目がクギ付けになること請け合い。
なお、実写に合成のCGキャラとしては、過去作品の中でトップレベルの馴染み具合ではないかしら。ポールの声が、セス・ローゲンぴったりハマっていて良かった。

外見以外は宇宙人のイメージとはほど遠い、口は悪いけど憎めないポールのキャラがとにかく傑作。
時には驚異の超能力も発揮するが、鳥が死んでいるのを念力みたいなので甦生させるも、すぐ食べてしまう。
その予想外の言動から目が離せません。
それに息を止めて透明宇宙人になるのも、煙草をバンバン吸っているので、息が続かないらしく、直ぐに戻る。

宇宙人ポール、4そうそう忘れてならないのが、宇宙人ポールを捕えるために派遣された捜査官ゾイルにジェイソン・ベイトマンが、部下の新米コンビには、ポールのことをひた隠しにしてもバレてしまう。
ひょんなことから、宿泊先のモーテルで働く敬虔なクリスチャンのルース(クリステン・ウィグ)を誘拐する羽目に。

宇宙人ポール、9しかも、グレアムが彼女といい雰囲気になってしまうし、彼女は左目が見えないのをポールが超能力を発揮して見えるようにしてしまう。
これは良かった。だが、過激なキリスト教原理主義者のルースの父、モーゼス(ジョン・キャロル・リンチ)は娘を誘拐したことに怒り心頭。彼はライフルを手にその後を追います。

宇宙人ポール、7ゾイルやモーゼスの激しい追撃を危機一髪のところでかわし、次第に固い絆で結ばれてゆく一行は、いよいよ目的地に到着。
そこに待っていたのは、宇宙人とくればあの「エイリアン」で勇敢な女戦士を演じたシガーニー・ウィーバーが出演。
エイリアンの宿敵で「ギャラクシー★クエスト」でも宇宙人と共演した彼女、悪役を憎々しげに演じてクライマックスを盛り上げてくれる。
なんと、あのスピルバーグも「E.T.」の企画をポールに相談する本人の役で声だけの出演を果たしているのも聞き逃せませんね。

宇宙人ポール、6それに、過去のスピルバーグ映画「未知との遭遇」と「E.
T.」それから「スター・ウォーズ」と「プレデター」などへの映画から「スター・トレック」「X―ファイル」といったTVドラマまで、宇宙人が登場したお馴染みの作品。
そのパロディ、オマージュを捧げた大ネタ、小ネタの数々が満載にも注目ですよ。
特にクライマックスの舞台は、想像を絶する驚きの光景が、誰もが爆笑すると同時に膝を打って納得しちゃうはずだもん。

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の脚本、主演コンビのサイモン・ペッグ(金髪のズラ付けて)とニック・フロストが、またしても贈る、オタク愛あふれたハートフルおバカコメディの痛快作です。

久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"



papikosachimama at 22:32|Permalink

2011年12月22日

ハウスメイド2

ハウスメイド、5故キム・ギヨン監督の『下女』を「ユゴ 大統領有故」のイム・サンスがリメイクしたサスペンス。豪華な邸宅に雇われた従順なメイドをめぐる狂気と欲望を描く。出演は「素晴らしい一日」のチョン・ドヨン、「タイフーン TYPHOON」のイ・ジョンジェ、「ファン・ジニ 映画版」のユン・ヨジュン、「坡州 パジュ」のソウ。

あらすじ上流階級の邸宅でメイドとして働くことになったウニ(チョン・ドヨン)の仕事は、家事全般、そして双子を妊娠中の妻ヘラ(ソウ)6歳になる娘ナミの世話だ。子供好きのウニは、利発で愛らしいナミとすぐに仲良くなる。長年勤めているビョンシク(ユン・ヨジュン)は、メイド業にウンザリしていていつも不機嫌だが、その仕事ぶりは一分の隙もないほど完璧だった。無口で従順なウニは厳しい指導のもと、懸命に働き始める。最初は横柄な態度だったヘラもウニがお腹の中の双子を心から大事に思っていることを感じ取り、彼女を信頼するようになる。

ある日、一家のお供で出かけた別荘で、主人のフン(イ・ジョンジェ)が妻に隠れてウニの部屋へと忍び込む。浴室の掃除をしている時、背後からフンの熱い視線を感じていたウニは驚かなかった。ウニはわき上がる欲望に素直に身を任せ、フンと関係を持つ。だが、ビョンシクの眼と耳はどんな小さな異変も逃さず、邸宅の中でも密かに関係を持った二人の様子をドアの前で盗み聞きしていた。

翌朝、朝食を持っていったウニは、フンから小切手を渡される。何ごともなかったかのようなフンの態度に傷つきながらもウニは受け入れるしかなかった。数週間後、ウニの身体の変化に気付いたビョンシクは、彼女の妊娠を確信。何気ない会話でウニに恋人がいないことをチェックし、お腹の子の父親を特定したビョンシクは、ヘラの母親のもとへ向かい、全てを報告する。(作品資料より)

ハウスメイド、4<感想>韓流版、「家政婦は見た」のような内容。冒頭からビルの屋上から飛び降り自殺する女が映し出され、不穏な感じがする。
これは伏線なのかは分らないが、金持ちの家にお手伝いとして雇われる女ウニを、チョン・ドヨンが演じているが、伊藤あさこにちょい似の女。美人と言うわけではなくスタイルは良い方だ。

その家の仕事を斡旋してくれたのが女中頭のユン・ヨジュンなのだ。彼女の役目はこの家で起きたことを一部始終奥さんのヘラの母親に伝えること。謝礼を貰い、なおこの家に居付く手段としてはいいかもしれませんね。

ハウスメイド、3奥さんが双子の出産でお腹が大きいので、一人娘のナミの世話係もウにの役目である。仕事といっても掃除ですか、お屋敷の中は奇麗でゴミ一つ落ちてないし、脱ぎ捨てたものとか、子供のおもちゃなんかも奇麗に片付けられている。食事もビョンシクが作り、殆どお取り寄せのような豪華版で、残りは二人で食べてしまうという贅沢さ。

お客さんといえば、奥さんの義母が頻繁に訪ねてくる。娘への心配もあるのだろうが、娘の夫フンが若い使用人と寝て妊娠でもしたら一大事と思っている。ご主人は女にだらしないようである。義母にしてみれば、自分の娘の子供だけがこの家の跡継ぎと考えているわけで、そのことが現実のこととなり、この義母はどうにかウニに中絶をしてもらおうと思っていたのだが。

ハウスメイド、2チョン・ドヨンとイ・ジョンジェのベットシーンは裸体の絡みをあまり見せないが、台詞がエロイので子供には見せられない。
それにメイドの制服が白いブラウスに黒の超ミニタイトスカートで、ひざまずいたり角度によっては下着が見えるエロさ。
もちろん女中頭のビョンシクも、主人の父親のお手付きとなり子供を産んだのだろう。息子が検事になったと喜んでいたので、その祝い金を主人のフンから受け取るのだから。

ハウスメイド、6ちょうど、階段のところでウニがシャンデリアを掃除しているのを見て、後ろからウニを突き落としてしまう義母。
その一部始終を見ていた幼い娘ミナ。それで救急車で病院へと、検査の結果は軽い脳震盪というのだ。まだ妊娠の兆候がなかったのだが、すでにウニのお腹にには子供が宿っていた。
女中頭のビョンシクは、義母の味方でウニが子供を産みたいと願っていることも知っていたのに、奥さんがウニが漢方薬を飲んでいる事を知り、その中に流産するように漢方薬に混ぜて飲ませる。

それが次第にウニのお腹の子供を蝕み、お風呂へ入っていたウニが風呂の中で出血をしてしまう。急いで病院へ運ばれるも、義母の計らいで医師が中絶の処置をする。お金は1億ウオンもらっても、お腹に宿った掛け替えのない命は消えた。その時奥さんに新たな双子の命が誕生する。これでご主人との関係も終わり、屋敷を去ることになるウニ。

ハウスメイド、1ウニの復讐とは、その行動が気でも狂ったかのような、シャンデリアにロープを繋いで首を吊って自殺、挙句に暖炉の火が体に燃え移ってブラブラと揺れるウニが憐れだ。何が復讐、死んでなんになるのだ。もっと早くにこの屋敷から出ていれば、我が子を抱くことができたものを。理解できない結末。

お金持ちとは、その後はいつもと同じように、新しくお手伝い二人と女中頭が一人を雇い、普段どおりの生活を送っている。最後にミナの誕生日パーティが映し出されるが、一部始終を見ていた娘のミナに、何らかの影響が無ければいいがなんて思った。
だが、この作品の展開では、そのような心配は無用で、浅はかな女の成り行きで見せびらかし自殺をしたという。そういう点では、冒頭の投身自殺が伏線ともとれますね。
久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"




papikosachimama at 10:53|Permalink

2011年12月21日

あしたのパスタはアルデンテ3

あしたのパスタは、タイトルカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭グランプリ「向かいの窓」のフェルザン・オズペテク監督による人情コメディ。老舗パスタ会社の後継者がゲイを告白したことで、騒動が起こる。出演は「輝ける青春」のリッカルド・スカマルチョ、「シチリア!シチリア!」のニコール・グリマウド、「副王家の一族」のアレッサンドロ・プレツィオージ。

あらすじトンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)はローマに住む作家志望の青年。実家は南イタリアのレッツェにある老舗のパスタ会社だが、兄アントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)の新社長就任が決まり、共同経営者一族の晩餐会が開かれることになった。

帰郷したトンマーゾは、その席上で家族に言えなかった3つの秘密を告白しようと、兄のアントニオに予告する。1つ目は経営学部と偽って文学部を卒業したこと。2つ目は家業を継がずに小説家になること。そして最大の秘密はゲイであること。

あしたのパスタはアルデンテ、1だが、ディナーの席でトンマーゾが告白しようとした矢先、アントニオが先にカミングアウトしてしまう。実は彼もゲイだったのだ。一同は驚愕、父ヴィンチェンツォ(エンニオ・ファンタスティキーニ)は憤怒のあまり、アントニオに勘当を言い渡してそのまま卒倒。家族は大騒ぎになる。

トンマーゾは告白どころか、ローマに戻ることもできず、共同経営者の美しい娘アルバ(ニコール・グリマウド)とパスタ工場を任される羽目に。果たして、トンマーゾの未来は……?老舗パスタ会社の将来は……?そして、一家に再び平和な日々は訪れるのか……?(作品資料より)

あしたのパスタは、6<感想>先々週観にいったのに、何だか遅くなってしまった。イタリア映画は明るくてコメディたっちで好きです。この前に見た「人生、ここにあり!」も良かった。
でもパスタ好きの私は、このタイトルにも惹かれた。
だが、原題は「
MINE VAGANTI」=浮遊機雷。なんじゃこれは、意味不明のタイトルを邦題を付けた人の勝ち〜。確かにパスタ会社の跡取り騒動の物語だが、パスタ料理がふんだんに出てくるのでこれでもいいかもです。

あしたのパスタは、3でもこの作品の内容は辛辣ですよ。父親に言えなかった自分がゲイだということを。昔の人は、やはりゲイだと言うことが恥ずかしいとか、世間体が悪いとか。家族の中でゲイの男が出ることが恥だと思っている人が多いんですね。

ですから、この作品の展開も、兄弟そろってゲイだとは、父親にとってがっかりするやら、これから家の家業を誰に継がそう。息子がゲイだと結婚して子供も出来ないしましてや、孫の顔も見ることが出来ない。

あしたのパスタは、4二男がゲイ仲間を連れて来たのだが、兄がカミングアウト宣言して自分は言い出せなくなる。父親は、兄はダメなら弟に会社を任せようとし、共同経営者の美しい娘アルバと結婚するように仕向けるしで、でも自分のゲイの恋人も来ているしでテンヤワンヤの大騒ぎ。
トンマーゾの恋人マルコが素敵でしたね、せっかく会いに来たのに抱いてキスしてくれない。そのいじらしさが女性にはない切なさを感じました。

あしたのパスタは、2しかし、海水浴に皆で行くと、彼女アルバの水着姿も素敵だが、ゲイの男達も筋肉付けてましたよ。だからアルバが肉体美を見せても知らん顔のゲイたち、彼らには男の恋人しか目に付かないのよね。ゲイの友達が、トンマーゾの両親にゲイだとバレないように苦労するシーンは傑作です。

あしたのパスタは、7そんな中でも、身内のお婆ちゃんが味方になります。自分が本当は兄弟の弟を愛していたのに、親が決めて結婚したのは兄の方だったこと。劇中でその結婚式に教会へいく若き日のお婆ちゃんが、白いウェディングドレスで何度も映し出されます。最後は、医者には食べてはダメだといわれていた大好きなケーキを、たくさん食べての大往生でしたね。

人生は思い通りにならないことを、陽気なイタリア人らしさでコメディチックで表現しているので、ともすれば暗くなる展開を陰湿にならなくていいですね。
久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"



papikosachimama at 17:21|Permalink

2011年12月20日

クリスマスのその夜に3

クリスマスのその夜にクリスマス・イヴの一日を舞台に、様々な事情を抱えつつ、愛する人のもとへ帰ろうとする人々の姿を人情味あふれるタッチで描いた群像劇。出演は「ジャンク・メール」のトロン・ファウサ・アウルヴォーグ。監督は「ホルテンさんのはじめての冒険」のベント・ハーメル。原作はノルウェーの人気作家レヴィ・ヘンリクセンの短編集。

あらすじ:クリスマス・イヴを迎えたノルウェーの小さな町。結婚生活が破綻し、妻のトネ(クリスティーネ・ルイ・シュレッテバッケン)に追い出されたパウル(トロン・ファウサ・アウルヴォーグ)。サンタクロースに変装した彼は、かつての我が家に潜り込む。子供たちにプレゼントを手渡したい一心で……。

パウルの友人の医師クヌート(フリチョフ・ソーハイム)は、二度と故郷に戻れないと言うコソボ出身のカップルの赤ちゃんを取り上げる。彼らの、切迫した事情に胸を痛めたクヌートは、自分でも思いがけない行動に出る……。

一年に一度、とびきり大切なこの日に、それぞれが愛する人を求めて、それぞれの夜を迎える。だが、どこで人生のボタンをかけ違えたのか、彼らは躓いたり、立ち止まったり……。それでも少しずつ、小さな喜びを拾い上げては、再び歩き始める。今、イヴの夜が明け、それぞれがそれぞれの形で、“うち”に辿り着く。愛する人に“メリークリスマス”を言うために……。(作品資料より)  注意:ネタバレです!

クリスマスのその夜に、7<感想>ノルウェーの小さな町で暮らす人々に起きるクリスマス・イブの出来事。ワケありな老若男女が迎えるかけがえのない1夜、それは世界中で祝うクリスマスの夜のこと。
ホルテンさんのはじめての冒険」も以前鑑賞したが、ほのぼのとしたお話には、離婚してから離れ離れになっている子供に、父親としてプレゼントを届けたいという願いが、妻に追い出された家にサンタクロースに変身して戻る。
クリスマスのその夜に、1子供に贈り物を届け、久しぶりに子供と抱き合い幸せをかみしめるのだが、元妻は、彼を変装した現在の恋人と信じて股間に手を伸ばすのです。これは元奥さん分かるでしょうに、気が付かないのが変ですから。
慌ててそこから脱出する元亭主。納屋には現在の恋人をシャベルで叩クリスマスのその夜に、8いて気絶させており、その恋人をどうしたかって、町の教会に飾ってあるイエスキリストの誕生の飾りの所へ酒を飲ませて置いていくんですから。

それに、少年トマスはイスラム教の女の子に、家でもクリスマスの祝いをしないと嘘をつき、彼女と屋根に登って奇麗な聖夜の星を眺める幸せを感じる。
でもその望遠鏡で秘かに他人の家のクリスマスのお祝いを覗く少女の顔も映る。
クリスマスのその夜に、3子供だもんね、家の宗教状の都合でクリスマスを祝わないなんて寂しいよ。日本だって宗教に関係なく、12月の24日はプレゼントに、必ずといって家では鳥のモモ焼きにシャンパンとケーキだよね。

それから中年の不倫カップルのお話、これは分かりきったことで、男がクリスマスには離婚を妻に申し出て、彼女と結婚すると約束してたらしいのだが。・・・その男が言うには、「僕は同時に、二人の女性を愛することが出来る」なんて言いながら、妻とは離婚しないというのだ。せっかくルンルンして料理もテーブルもプレゼントも仕度していたのに、お熱いベッドシーンの後には冷え切った二人が映し出される。それでも女は割り切れないのか、プレゼントにもらった真っ赤なマフラーをして教会へ行き、その男の妻の横に座ると、なんとしたことか妻も自分と同じ真っ赤なスカーフをしているではないか。なんとも喜劇としかいいようがない。

クリスマスのその夜に、5この寒い夜空にホームレスの老人、故郷へ帰る電車賃もなく無銭乗車をして電車からつまみだされるヨルダン。クリスマスだというのにうろうろ。灯りが見えるトレーラーに近づくと、中から出て来た女性はかつて恋に落ちたことがある女性だった。シャワーを浴び、古着を着て彼女の料理を食べホット息を突くヨルダン。じつは昔は有名なサッカー選手だったらしいのだ。つかの間の再会も、ヨルダンにとっては故郷へ早く帰りたいのだ。彼女から電車賃を借りて、座席の後ろにはモミの木が、故郷へ向かうが終点の駅で息絶えてしまう。

ヨルダンの故郷では、年老いた両親が待っていたのに。その父親が病気の妻のためにドレスに丁寧にアイロンをかけて、2階にいる妻を降ろすため準備が揃うと、友人に頼み妻を抱きかかえて1階へと。壁には息子と思われるサッカー選手の写真が。彼がどうしてもクリスマスには帰りたいと願った故郷、後少しで両親の顔が見れたのに。どうして彼がルンペンになったかは描かれていないので、理解できないが、親孝行くらいしてあげれば、自分が先に死んでしまったのでは、親不孝者である。

クリスマスのその夜に、4もう一つ、最後にしたのは一番お話として良かったから。冒頭でスナイパーが狙っているのは?・・・コソボから逃げて来た妊婦と男、異国の地でお産をしなければならないカップル。その彼らと出会う医師。ナイフを突き刺されて連れて行かれた所は、山小屋でのお産だ。奇麗な水でお湯を沸かしてくれというのに、あるのはたき火と雪だけ。それでも赤子は生まれる。

新しい命の誕生というのは、もの凄く感動的である。無事男の子が生まれ、これからコソボに帰れば殺されるというのだ。
二人で親戚のスェーデンまで行くのだが、車が故障したというので、この親切な医者が自分の車を貸してくれる。

オーロラ先生には子供がいなく夫婦仲も悪かった。この赤ちゃんを取り上げて、自分の生活をやり直そうと決意する先生。奥さんに電話をする「急に君が恋しくなって、愛しているよ。僕の子供を産んでくれ」夜の山林をトボトボと歩く先生、見上げると星がキラキラと輝いて、家では実家へ帰ると言っていた奥さんが帰らないで待っていた。

そして、またライフルのスコープが映し出され、その女はあの聖夜に赤ん坊を産んだ女性が狙撃手になっていたことが分かる。
同じ街で起こるそれぞれのエピソードは、少しづつ繋がっていて、なんとショッキングな始まりと終わりには府に落ちない結末だと思いながらも、心静かに聖夜を過ごすことが出来ない人たちばかり。

しかし、彼らにはささやかだけれど、心温まる夜明けが待っているのだから。最後で、グリーンのカーテンのようなオーロラが美しくて、いかにもノルウェーらしい作品ですね。
久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"



papikosachimama at 14:56|Permalink

私だけのハッピー・エンディング3

私だけのハッピー・エンディング突然“がん”を宣告されたキャリアウーマンと、彼女を不器用ながら温かく見守る主治医の姿を描くラブストーリー。出演は「キラー・インサイド・ミー」のケイト・ハドソン、「ジュリエットからの手紙」のガエル・ガルシア・ベルナル、「ティーンエイジ・パパラッチ」のウーピー・ゴールドバーグ、「私の可愛い人 シェリ」のキャシー・ベイツ。

あらすじ:広告代理店に勤務する30歳のマーリー・コベット(ケイト・ハドソン)は、大好きな仲間たちに囲まれ、仕事も順調、恋も気ままに楽しんでいる。ただし、真剣な恋はお断り。物事が深刻になってもユーモアで交わし、独身生活を満喫するキャリアウーマンだ。

ところがある日の検診で、医師ジュリアン・ゴールドスタイン(ガエル・ガルシア・ベルナル)から、突然の“がん”の宣告を受ける。何も起こっていないかのようにいつもの笑顔で元気に過ごそうとするマーリーだったが、友達はハレモノに触るようにマーリーに接し、母・ヴェバリー(キャシー・ベイツ)はただ悲しみオドオドするばかり。

父は離れて暮らしていたために、どう接していいかも分からない。ジュリアンとの出会いも、患者と医師という立場が二人を遠ざけていく。周りの気遣いにマーリーはイライラしてしまい、八つ当たりする日々。友達とも険悪になり、両親との溝も深まっていく……。

だがそんなマーリーを静かに受け止めてくれるジュリアンの存在がいつしか彼女の心を溶かし始めていた。明るく振舞い、自分の気持ちを隠していたが、本当は本気になって向き合って、傷つくのが怖かったのだ。ジュリアンが側にいてくれるおかげで友人や両親、愛する人に心を開き、素直になる大切さを知っていくマーリー。しかしその喜びに気付いた時、彼女に残された時間はあとわずかだった。

私だけのハッピー、2<感想>余命わずかな女性の願いは“幸せな最期”・・・がん宣告されたキャリアウーマンが、残された日々に人生の喜びを見出す人間ドラマです。この作品も難病ものとか、余命幾ばくも無いとか、そんなお涙ちょうだいの内容かなと敬遠しがちだが、主演がケイト・ハドソンとガエル・ガルシア・ベルナルだったので鑑賞。しかし、いくら年末といっても観客が2人とはね。人気ないんだ。

一番女としての美貌も仕事も張り切ってノリノリだったのに、それが大腸ガンだったとは、それも末期症状で手術が出来なくて手遅れと告知された。本人はいたってどこも痛くないのだから、元気そのもので、抗がん剤治療も苦しそうだったようだが、なんなくクリア。それにしても、さすがに本人は死にたいして恐怖感があり、始終「私もうすぐ死ぬんだから」と言い続けている。

私だけのハッピー、4回りはマーリーに気遣っているが、当の本人はあっけらかん。でもさすがに心の不安は隠せない。大腸ガン検診の時、全身麻酔で夢の中。その時に現れたのがウーピー・ゴールドバーグの天使(神様)。何故か死ぬ前に3つの願いを叶えてもらえることになるが、どうしても3つ目の願いが思い浮かばなかったのだ。

1つ目は、フライ、空を飛んでみたい。これは医者のガエルくんと恋人関係になり、二人でハングライダーで空を飛ぶんです。

2つ目は、100万ドルのお金が欲しい、でも税金で50万ドル持っていかれるから残りの半分50万ドル。このお金も宝くじに当たるとか思っていたら、会社の保険が100万ドル降りて、税金で50万ドル持って行かれちょうど半分の50万ドルが手に入るのです。お金の使い道は、女性なら買い物でしょう。プラダ、グッチのバックや洋服など、自分の物だけじゃなく、母親や友達にも買ってあげる優しさがいいですね。

私だけのハッピー、13つ目は、分からなくて答えなかった。ウーピーは真剣に考えれば分かるはずよ。これが、問題だったのですね、本当に好きになる恋愛。近くにいたんですよ、医者のジュリアンが、でも性格が内向的な彼、マーリーの面白おかしく話す小話を自分も考えてきて話すやりとりは微笑ましいです。

それにしても、ガエルくん背が低いからケイトと釣り合わないような、役柄の医者もなんだか生真面目な存在になっているし、ケイトは、こういうラブコメはお手のもんだから最期まで安心して観ていられた。

私だけのハッピー、3それにしても、友達のサラは独身だからいいとして、もう一人の親友は娘がいてマーリーに懐いているし、もう一人子供がお腹に入っているので、マーリーとしてもまさか癌になるとは思っていなかったので、女として結婚して子供を産みたかったに違いない。それがラストで、マーリーが天国に召されると同時に、赤ちゃんが生まれるという奇跡があるんですね。

私だけのハッピー、5母親のキャシー・ベイツは、貫録十分のお母さん役で娘を最期まで看取り上手いですよね。父親は小さい時に離婚したらしく、娘のマーリーは父親を何故か怨んでいるのだ。それも父親から優しく近づいてきて、仲直りできこれもよかった。マーリーが母親に遺言のような、葬式は派手にしてみんなで楽しんでくれと頼む最期は、もうこの世に未練はないような、心残りがないと言うと嘘でしょうが、それでもその人の運命なんでしょう。

人には必ず死が訪れるもの、それが何時、何処で、突発的な事故で亡くなる人もいるかもしれない。それも神様しか知らないはず。今生きている実感を大事にして、心残りの無いように悔いのないようにと、でもその時がきたらジタバタしてもう少し生きたいと思うんでしょうね(苦笑)

私だけのハッピー、6原題がA little Bit of HEAVEN』=小さな幸せなんです。邦題もいいですが、天国だけでなくこの地上にも小さな幸せがあるという、原題の方が良かったのかもしません。

私も大腸がんの疑いがあるというので、あの忌まわしい大腸の内視鏡検査を受けたことがある。全身麻酔じゃなくて局部麻酔だったので、先生と話ながらポリーブを切除して検査。結果は良性だったので、その後ポリーブを切除で今は薬を飲んでいます。やはり、その時は癌だったら死ぬのかなぁ、なんて頭によぎり不安になってきて、これから死ぬまでの時間がすごく気になった。身内にあたり散らしてもしょうがないし、これは自分でそのことを受け止めるしかない。全身麻酔じゃなかったせいかウーピーは出てきませんでしたがね(苦笑)
久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"



papikosachimama at 10:58|Permalink

2011年12月18日

friends もののけ島のナキ3

もののけ島のナキ、タイトル「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の山崎貴監督が、浜田廣介の傑作童話『泣いた赤おに』を大胆にアレンジした3DCGアニメーション。もののけたちの住む島に迷い込んだ人間の赤ん坊ともののけたちの交流を描く。声の出演は「座頭市 THE LAST」の香取慎吾、「マジック・ツリーハウス」の山寺宏一。

あらすじ:霧に隠された海の先には、“もののけ”が住むと恐れられ、近づくことさえ禁じられた不気味な島があった。ある日、そこに迷い込んだ人間の赤ん坊コタケ(声:新堂結菜)は、不思議なもののけたちに出会う。

突然現れたコタケを目にして、大パニックを起こすもののけたち。実はもののけたちも人間に怯えて暮らしていたのだ。そこで暴れん坊の赤鬼ナキ(声:香取慎吾)と青鬼グンジョー(声:山寺宏一)がコタケの面倒を見ることになった。初めはケンカばかりのナキとコタケ。だが、一緒に暮らしているうちに、ナキの心の中には優しい気持ちが芽生え、2人はかけがえのない“ともだち”になっていく。

だが、どんなに仲良くなっても、もののけと人間はずっと一緒にいることはできない。やがて悲しい別れの日が訪れるが。(作品資料より)

もののけ島、5<感想>3Dだと、どんな飛び出し映像になっているのかなぁ、なんて想像しながらも時間の都合上2Dで鑑賞。なんか、これで正解だったような、今はどんな映画でも3Dばやりで、見ていてあまり変わり映えしないのにと、制作側の都合なんでしょうかね。吹替え版なので、香取慎吾ちゃんに山寺宏一さんの掛け合い漫才のような、話し方が役にあっています。それに赤ん坊のコタケの声優さん、新堂結菜さんの絶妙な台詞回しが良かったです。

もののけ島、3赤鬼と青鬼の住んでいる「もののけ島」、人間を食べるという噂が流れており、人間達は恐れて近づかない。でも鬼といっても、良く見るとワニに近い皮膚とか顔なんですね。それに「もののけ島」の住人達は、野菜のゴーヤとか、海の蛸やカメ、猫なんかが住人たちなんです。キモカワ系のもののけ姿は、カラフルで可愛いらしいし、夕焼けの美しい映像美などは、さすがに製作プロダクション:白組 ROBOTです。

もののけ島、4ちなみに青鬼のグンジョーが海の上を走るんですよ。それと、「もののけ島」には、病気を治すキノコが豊富に栽培されて、中でも青鬼が食べるキノコは変身して怪物になるキノコもあるんですね。

人間達が恐れて近づかない「もののけ島」へ、母親の病気を治そうとキノコを採りにいった少年。小さな船で難所を乗り切りやっと「もののけ島」へ辿り着いたと思ったら、なんと船には、赤ん坊の弟コタケが忍び込んでいたのです。それでも、兄は母親の病気を治すキノコ(水色の朝顔のような天女ダケ)を採りたくて、それに村には存在しないキノコが豊富にあるので夢中採っていると、そこへ赤鬼のナキと青鬼のグンジョーが現れてキノコ泥棒ということで、脅して島から帰れと追い払います。

もののけ島、1その時、赤ん坊のコタケを置き去りにしてしまうんですね。赤鬼のナキがぶっきらぼうながらもコタケが懐いて、魚釣りをしたりしてまるでお父さんのように親う姿をみて可愛いくなってしまうんです。暫く「もののけ島」でコタケを育てているも、熱を出したり、母親を慕って泣きだしたりと手こずるのですが、次第に愛情が湧いてきて、しかし、いつまでも島に置いておくわけにもいかない。

ナキが人間の住んでいる島へコタケを返しにいくと、人間達は、勝手にコタケが鬼に喰われてしまったと誤解をして、もし襲ってくるとしたら大変とばかりに防護柵で囲い、用心棒まで雇うんです。

もののけ島、7その用心棒たちが放った矢が、人間のコタケを返しに来た赤鬼のナキに命中して、ナキは腕と足に傷を負ってしまう。助けにきた青鬼のグンジョーは、人間たちに自分の両親を殺された苦い思い出があり、人間を許すことはできないのです。

ラストで分かることなのですが、真実は違うんです。青鬼のグンジョーが「もののけ島」の変身キノコで怪物になったグンジョーが、人間達を襲い、当てにしていた用心棒たちはその怪物を見て逃げ出してしまいます。人間達も崖に追いやられて危機一髪のところで、赤鬼のナキが助けに来てくれた。

それに赤ん坊のコタケがナキを慕っていて、人間達も「もののけ島」の赤鬼や島の住民たちと仲良くなることを誓うわけ。青鬼のグンジョーはというと、キノコの効力が無くなり元の姿に戻ってしまう。ナキの足にしがみついて離れないコタケ。「男なら泣いちゃダメだ」なんて強がりのナキ。

もののけ島、2ラストは、赤鬼のナキが「もののけ島」へ帰ると、グンジョーがいないんです。置き手紙を残し、旅に出るといい島から去ってしまったのです。手紙には、自分の母親を捜しに行くと書いてありましたが、あの怪物に変身して暴れたのは、人間たちと仲直りできるように計画していたんですね。

姿・形は違えど、同じ生き物として共存して仲良く暮らそうというメッセージが込められているようですね。それにしても、赤ん坊のコタケのやんちゃぶりと、びいびい泣くし、笑い顔も可愛いし声優さん上手過ぎ、物語にとても味のある存在感として活きています。

ラストの赤鬼のナキの涙には意外な結末だったので、いつも口癖だった「男なら泣くな」って、でも泣きたい時だってあるんだ。親友を失くした悲しみ、でも人間のコタケが応援してくれる。「男は泣いちゃダメだって」思わずホロリとさせられました。原作の「泣いた赤おに」も読んでみたいと思いましたね。それにエンドロールに流れる歌「Smile」のなんて奇麗な美しい曲なんでしょう。それが、MISIAがチャーリー・チャップリンの名曲「Smile」をカヴァーして歌っていたのですね。
久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"



papikosachimama at 19:28|Permalink

2011年12月17日

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル5

ミッション:イン、1タイトル監督に「レミーのおいしいレストラン」のブラッド・バードを迎えたシリーズ第4弾。スパイの称号を奪われ孤立無援の中、究極のミッションに挑むスパイ、イーサン・ハントの活躍を描く。出演は「ナイト&デイ」のトム・クルーズ、「ザ・タウン」のジェレミー・レナー、「スター・トレック」のサイモン・ペッグ、「プレシャス」のポーラ・パットン。

あらすじ:ロシアのクレムリンで爆破事件が発生。その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハント(トム・クルーズ)とそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令。イーサンチームはIMFから登録を抹消されてしまう。

ミッション:イン、7国や組織という後ろ盾を失ったまま、クレムリン爆破の黒幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐというミッションの遂行を余儀なくされるイーサンたち。失敗すれば彼らは、凶悪テロリストとして全世界に指名手配されてしまうのだ。

黒幕たちの取引の現場は、世界一の高さと最新のセキュリティを誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファ。難攻不落の天空城に、特殊粘着グローブと命綱一本で外部からの侵入を試みるイーサンだが。幾重にも張り巡らされた罠と、よぎる裏切りの影。そして次第に明らかになるミッションの〈真の目的〉とは。(作品資料より)

ミッション:イン、3<感想>96年の第1作以来、毎回監督が代わり、その個性が際立つ本シリーズ。今回は、アニメの天才ブラッド・バードが担当し、人間模様からアクションまで、初の実写とは思えない手腕を発揮する。

不可能を可能にする、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントの活躍が、世界中を熱狂させてきたこのシリーズ。5年半ぶりとなる第4作が復活、今度はどんな困難に立ち向かうのかを楽しみにしつつ、限界に挑戦する彼らの生きざまを見れば、いつものテーマソングを聞くだけでワクワクするので、不況だからといって諦めるのはまだ早いと思えるはず。

ミッション:イン、2オープニングでの、ロシアの刑務所に入っているイーサンを、ベンジーやジェーンが脱獄の手助けをする。刑務所での派手なアクションなんかはお手の物で、ディーマーチンの曲に合わせて脱獄するのが面白かった。それからが本番。

モスクワにあるクレムリンの爆発事件に始まり、アラブ首長国連邦のドバイへと続く今回のミッション。さらにインドのムンバイ、ハンガリーのブタペスト、そしてカナダのバンクーバーに広がり、イーサンらの活躍は文字通り世界を股に掛ける。各地でのロケーションは、本シリーズならではの魅力だが、今回はシリーズ最高のスケール感だと思った。

ミッション:イン、4見せ場は、ドバイにある世界一の超高層タワー。その高さ、なんと828メートル。世界で最も高いビルである、ドバイのブルジュ・ハリファでのミッションだろう。

ガラスに接着するグローブをはめたイーサンが、外壁をつたって別の階に潜入するも、右手の手袋が機能不能で使えなくなり、素手で押さえて、もう一方の左手だけ登る。まるでスパイダーマンばりの危機一髪のアクションに、トムちんが自らチャレンジしたという前代未聞のスタント。

ミッション:イン、タイトル高所恐怖症の人にはこの映像を見ただけで、クラクラしてしまうはず。それに巨大な砂嵐に巻き込まれるなど。その他でも、インドのホテルの立体駐車場で、ヘンドリックスと核ミサイルの発射を阻止すべく闘うシーンも、息つく暇もないくらいもの凄い格闘シーンとBMWの新車でダイブするシーンなど、とにかくやるときゃやるのがトムちんの凄いところ。待望の変装は、いきなり冒頭から出てくるが、あまりフルマスクはしてないのでそんなに違和感なし。頑張ってますから。

ミッション:イン、6その他にも注目の共演者、核テロを企てるテロリスト集団の首謀者と思われる謎の男。核兵器を手に入れようと必死な、敵役のヘンドリックスを演じた「ミレニアム」シリーズのミカエル・ニクヴィスト。お金のためなら殺人もいとわない、冷酷な暗殺者セイバイン・モローに、レア・セドゥー。

ミッション:イン、5コンピューターやハッキングの天才で、チームの技術担当だが、今回は現場で銃撃戦にも参加するベンジー・ダンに、サイモン・ペッグ。それに知性と美貌を兼ね備え、戦闘にも強い女性エージェント。男勝りな性格で何事にも立ち向かっていくジェーン・カーターには、ポーラ・パットンが熱演しています。

忘れてならないのは、切れ者の分析官としてチームに参加。身体能力にも優れ、ことあるごとにイーサンと対立。ブラント捜査官を演じたジェレミー・レナー。
ミッション:イン、8「ハート・ロッカー」でオスカー候補となり、話題作が続く彼は、シリーズでお馴染みのイーサンの“うつぶせ落下アクション”に挑んで、トムに劣らぬ過激なスタントに挑戦している。マット・デイモンの当たり役「ジェイソン・ボーン」を引き継ぐ予定もあるそうで、これからのレナーは引っ張りだこですね。

世界全体が危機にさらされる衝撃のラストまで、手に汗握りっぱなし。もちろん強烈なアクションシーンの連続で、爆発シーンもガンガンあり、カーチェイスもありで満足を味わえるはず。
ミッション:イン、10そうそう、3作目でイーサンの奥さん(ミシェル・モナハン)が死んだことになってますが、生きていて姿を見せてくれます。 
トムちんのイーサン役もこれで最後かもしれないので、その究極の姿を目に焼き付けておこう。

M:I:=2006年7月1日に鑑賞したミッション:インポッシブル

久しぶりにくる天人気ブログランキングに挑戦しています。
  良かったら押してね!    http://ranking.kuruten.jp/rankin.php"
 



papikosachimama at 08:32|Permalink