日記

2012年03月02日

移転のお知らせ!5

3月でlivedoorのブログも6周年を迎えました。

たくさんのTBとコメントを頂き本当に有難く思っております。

実は前から考えてはいたのですが、6年目ともなると作品投稿の数も多くなり、PCのアップ起動も重く時間がかかり、お客様へのTBの反映しないところもあり不便を感じていました。

最新記事、最近鑑賞した新作映画は、gooのブログへ移転しましたので、ここにお知らせします。

そういうわけで、無くなるわけではなく、ここはDVDとかの記事を載せることで残しておきますので、いつでもご覧できますし、TBを送っても少し遅くなりますが必ずお返しに上がりますのでご安心のほどを。

新作の記事のTB・コメントは、gooのブログからアップレビューしておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

 「パピとママ映画のblog」 




papikosachimama at 18:00|Permalink

2011年04月07日

春がそこまで来ている!

CIMG1711日の経つのは早いもので、家の門のところにある江戸彼岸桜が咲き始めました。それに、庭にはラッパ水仙が花をつけています。
やっとあの忌まわしい大地震と津波の恐怖から、少しづつですが家の中を片付けて、生活もいつものようにとはいきませんが軌道にのせるよう努力しています。
落ち付いてからTVとか、インターネットとかを見ると、こちら東北だけでなく、茨城、千葉、東京、静岡、長野、その他にも被害があるようで本当に日本列島を震え上がらせた大震災でした。
もうすぐ1カ月が経つというのに、まだ余震が3とか4度と、家の土台にヒビが入ってて、お隣との境界線のブロック塀が崩れ、家の2階の部屋の壁にもひび割れが多数、それに屋根の雨どいが外れている。
余震で家が揺れるたびに「今度大きな6とか7の地震が来たらもう家は倒れるね!」と、家族で話し合っています。
CIMG1709家を修理するのに、区役所の固定資産税課へり災証明書を取りに行く。たくさんの人で混雑しており、30分くらい待って家の被災具合を話して用紙に書き、3通取りました。(建設会社、銀行、その他)
でも、まだ建設会社には電話してません。
なんとか、やっと都市ガスが復旧してお風呂に入って、家族で交代に2回づつ入り、2回目は草津の温泉の素を入れて、「やっぱり日本人だわ〜お風呂は湯船でゆっくりとつからなくては」なんて、家族でその夜は温泉宿みたいに座敷で夕食を食べ、そうそうスーパーでお刺身が売っていたんですよ。
生魚なんて3週間なかった。贅沢ですよね、刺身とか、天ぷらとか本当に久しぶりに食べました(笑)それに、パンとか牛乳、ヨーグルト、プリンなどは、まだ入荷してません。コーヒーは、買い置きしておいたのがあり毎日飲めましたね。
被災地でありながら、比較的自宅で待機ということもあり、夜も服を着ても布団で眠れるのは良かった。食事も朝はお粥にたくあん、梅干しと、そうそう納豆が入荷してなかった。
お昼の弁当にも梅干し入りおにぎりと、買い置きしてたペットの水とかお茶を持たせて、お昼を買う店がやってないため。
CIMG1708夕食はカセットコンロで買い置きしていた冷凍庫(電気が止まった)の肉類を焼いたり煮たり、カレーライスとかシチュー、電気が復旧すると電気釜でカレーとシチューに煮物など、電気釜でお湯を沸かして身体を拭いたり足湯したりと、電気釜さまさまですね、ホントですから(^−^)
電気が付くまで6日くらいかかりましたが、真っ暗の部屋でローソクの灯りで電気の入ってない炬燵に潜り込み、4人と一匹は私の腕の中で、足を絡めて眠った日を忘れることはできません。
あっ、それと下水処理センターが震災と津波で全滅、汚水処理ができずマンホールから汚水が溢れるという事態に。洗濯とか、トイレには紙を流さず家庭ごみで捨てる。でもゴミ処理場も地震で崩壊、家庭ごみは回収していますが、いつまでもつやら心配。それに家の中で壊れた震災ゴミも家の一部屋を塞いでいます。
まだまだ、太平洋沿岸地区では避難場所で、水、電気、ガスも復旧せず困難を強いられている皆さんのことを思うと、なんて私たちは幸せ者なんだと、この感謝の気持ちをいつまでも奢ることなくあり続けたいと思っております。
家を津波で失くされ、家族も津波で亡くされている方達にはなんて言葉を言っていいのか、喉から声が、言葉が見つかりません。
「頑張れ〜っ」て、声援はこの方たちにとってはどれだけ辛く聴こえる言葉かと、しばらくは、大変だったね、怖かったね、辛かったね、泣いていいのよ、これからのことは一人で考えないでみんないるんだから。
だって、みんなくじける心に鞭打って「ガンバレ!、ガンバレ!」と自分の心に言い聞かせてるんだもの。他人から言われなくても分っているって、だって生きてるんだもん、これからもずっと生きて行くだもん!・・・頑張るしかない。
この度の東北太平洋沿岸の大地震と、津波にたいする日本全国からの支援物資、救援隊のみなさま、義援金とたくさんのお見舞いの言葉など、被災地である私からも本当にありがとうございましたと御礼申し上げます。
まだまだ、沿岸の被災地では物資も不足しており、これからも暫くの間は皆さまのお力にすがらなければなりません。何とぞ、いつまで続くの〜と思わずこれからもご支援下さいますよう宜しくお願いいたします。

papikosachimama at 16:40|Permalink

2011年03月25日

気が付いたら5周年でした5

0123b124.jpg

全国のみなさん、今回の東北地方太平洋沖地震の被災地である宮城県に住んでいる私から、本当に救援、義援金などたくさんの応援をありがとうございます!!

1日、1日と地震災害から月日が過ぎ、でもまだ毎日1時間ごと、いや時には30分間隔で余震が来て、またかと震えあがり何も手に付かない日々が過ぎ去る。追い打ちをかけるようにお隣の原子力発電所の爆発!・・・水道水、野菜など放射能汚染がTVで放映される。私の家も太平洋に近く、雨、風で放射能汚染の影響が有るやもしれず、気が気ではない。

これではいけないと、自分に言い聞かせてまたPCの前に座りブログを書くことにした。これを書いている時も余震が!・・・(-_-;)

おや、と気付いたのだが、私がブログを最初に投稿した日が2006年の3月11日「ナルニア物語/第1章ライオンと魔女」である。

それで満5周年記念なんですね。地震災害の日3月11日が記念日だなんて、よくよく縁のある日だと(苦笑)、5年前の記事を読みながら、何てこと書いているんだと自問自答しながらも、よく続いたと感心しきり。

まだこちらでは、映画館は閉鎖していますが、早いところでは4月1日ころ再開する劇場もあるとのこと。そのころはガソリンスタンドも営業して車で出かけることも出来るでしょう。

トゥルー・グリット観たい作品洋画「トゥルー・グリット」、「ザ・ライト〜エクソシストの真実〜」、「エンジェルウォーズ」、「ザ・ファイター」、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」、「サンクタム」「塔の上のラプンツェル」「わたしを離さないで」とかもっとあるけどね。


邦画「SP革命篇」、「GANTZ:PERFECT ANSWER」「漫才ギャング」「わさお」など、他にもたくさんある。

現状は厳しいですが、いつまでも怖がっていては前に進めない。映画が大好きな私、映画館が営業再開する日を待ち望んで、家に買い置きしてあるDVDでも鑑賞して、まだ部屋は片付いてませんが息抜きも必要でしょう。

 



papikosachimama at 13:59|Permalink

2011年03月17日

11日、午後に発生した東北地方太平洋沖地震

11日午後2時46分東北地方、大地震が発生!!!
私はその時、確定申告のため近くの区役所にいた。
エレベーターで1階へ降りて、ATMでお金をおろそうと思って中へ入り、お金を引き出し帰ろうと思った瞬間に、大きなズシーンという音とともに体が揺れ、直ぐに横揺れが来た。それも大きな横揺れで思わず床に這いつくばった。
外へ出られないと、閉じ込められる恐れがあると気が付き、ドアにカバンを挟んで、並んでいた人達もカバンを挟んでくれた。
お陰で揺れが少しおさまったころ合いを見計らって、ドアの隙間から外へ出ることが出来た。
みんなパニック状態で、職員の人が大きな声で津波が来るぞ、上へ避難しろと、口々に叫んでいる。

でも、私は家に留守番させているワンコ、コロンのことが気がかりで、外へ飛び出した。
CIMG1691外へ出ると雪が降っている、それも吹雪き!・・・余震と思われる揺れがまた激しく、歩いていても、歩けない状態で、でも気をしっかりと自分に言い聞かせ、「絶対、お母さんコロン助けに行くから待ってて!」と、何度も転びながらも、家へ辿り着いた。
家のドアを半分開けて、ワンコが飛びださないようにと、そうだコロンは2階のゲージの中だ!・・・急いで2階へ駆けあがりたい気持ちなのに、凄い余震が揺れて、階段を上がれない!
コロンが悲痛な鳴き声で、私も大きな声で呼び、2階へ駆けあがった。
暫く2階で、コロンを抱きしめていた間も余震が、強い余震が揺れて、そうだこの家は確か耐震家屋で新築したはず。外へは出ないでこの部屋、一番広い2階部分の17畳の部屋で、暫く揺れが治まるのを待とうと決めました。

CIMG14321時間くらいして、コロンはゲージの中へ入れ(ここが一番安全だから)外へ出て見ました。救急車のサイレンと消防車のサイレンがけたたましく鳴り響き、遠くからまた地鳴りのような音が、地震が来る、どうやら私の家までは津波は押し寄せて来ないようなので、また2階へ上がり、コロンを抱きしめ、頭から布団を被り揺れが治まるのを待ちました。
次々と、家族からメールが入り「皆、無事!」必ず家へ帰るからと、家の状況をメールで返信、4時半ころから暗くなりはじめ6時ころ末娘が帰宅、その後主人が帰って来て一安心!
ライフラインが寸断され、でも私が買い置きの癖があるので、家には米、パン、仏壇に甘いお菓子に果物とあり、水もミネラル2ケースと野菜ジュースが1ケース、いつものことなのですが常備しておいたので助かりました。
日頃〜娘も主人も、私がたくさん常備して置くのに、不満が有ったみたいでしたが、まさかの時、本当にこんな事が起きるとは思ってなかったのですが、本当に感謝されました。
お陰で、暫くは救援物資に頼ることなく生活できそうです。
ニュースで、私が最後にいた区役所まで津波が来たとのこと、あの時あそこに留まっていたら、と考えると、必死の思いでコロンを助ける力が、神様に届いたのかもしれませんね。
その夜は、電気もガスも水道も止まり、みんなで夜の星がこんなに奇麗だったと、でも涙がこぼれてきて、生きていることに感謝して、家族で抱き合いながら泣きました。
災害地へ、早く救援隊の方達、まだ助かる命があると望みをもって、助けに来て下さい。
被災地のみなさん、避難所生活をしている方々、心細い、体があちこち痛い、お腹が空いた、水が飲みたい、でも女性はトイレが心配等々、でも生きていることに感謝!。
安否確認のためにケータイ電話番号をお知らせしていますが、何とぞ個人情報を悪用しませんようにお願いします。

CIMG1688昨日から雪が降り始め、気温が−2度。寒いですがやっと昨夜から電気が付きました。部屋の中が明るく、暗くなる気持ちも何か生きる希望が湧いてくる。1週間ぶりに炊飯器で米を炊き、電気ポットでお湯を沸かして暖かいコーヒーとお茶、味噌汁など、やっぱり日本人ですね、ご飯に納豆に漬物で暫くぶりの夕食を頂き、神様に感謝しました。お炬燵に入って、家族揃って無事だったことに感謝の気持ちでいっぱいです。
家の中はめちゃくちゃでまだかたずけてはいませんが、パソコンが壊れていなかったのも幸い、でも節電のために暫くの間、更新しません。ですのでTB・コメントも閉じておきます。



papikosachimama at 10:53|Permalink

2007年03月26日

横浜へ行ってきました

23日〜25日まで長女の嫁ぎ先へ行ってきました。

久しぶりの新幹線に乗って、東京駅で乗り換え横浜までなんとか辿り着きました。

娘に迎えに来てもらい孫達とも2年ぶりのご対面、背が伸びて大きくなって見違えてしまいました( ´∀`)

水族館翌日は、横浜八景島シーパラダイスへ・・・・まるで海の中でお魚になったみたいです。゚(゚`∀´゚)゚

 

 

 

 

 

シロイルカショーアクアミュージアム内の「アクアシアター」にてアデリーペンギンのとっても可愛い映像を満喫、白イルカちゃん達のショーも見事に決まって拍手喝采!!

 

 

 

「アクアシアター」最先端のデジタルハイビジョンシアター
アデリーペンギン「アクアシアター」は、半球型ドームスクリーンに720インチの大迫力で映し出される、デジタルハイビジョンによるクリアな高精細映像と、サラウンドによる立体音響とリアルな音に包まれる臨場感を楽しめます。
The Penguin 〜なかま・子育て・くらし〜」は、地球上に生息する18種類すべてのペンギンたちの紹介や、水族館の展示では見ることのできない繁殖地での産卵や子育ての様子をデジタルハイビジョンの美しい映像で見ることができました。
可愛くないペンギン雄大な自然の中で小さなペンギンたちが繰り広げる日常生活は楽しくもあり、また自然界で生きるがゆえの厳しさもある本当のペンギンたちの世界「ペンギン・リアルワールド」がそこにあります。さらに、日本ではあまり知られていない木に登る珍しいペンギンの生態など魅力ある様々な映像を見ることができました。
水族館ならではの目の前で見る水槽の中の本物のペンギンたちと、映像で見る本物のペンギンたちの世界を連動させて見ることで、ペンギンについてより詳しく、より深く親しんでもらえることでしょう。(資料説明より)

ペンギンのパレード

 

この間、映画「ハッピーフィート」でペンギンさんたちの生態を鑑賞したのですが、それとはまた違った、リアルなペンギンの生態と実物のアデリーペンギンのパレード!!、ヨチヨチ歩きがまたかわゆいで〜ぇす゚(゚`∀´゚)゚

 

 

たて中華街その後は、中華街でのお食事です。人、人、人と凄い賑わいで少々お疲れ、バテバテでしたが、楽しく遊んで来ました。

横浜ベイブリッチ



papikosachimama at 13:40|Permalink