December 09, 2007

もう一つの空@フィラデルフィア美術館

お天気の日曜日、久しぶりにY嬢…いやマダムYというべきか…と再会を果たした。行く先は東京都美術館フィラデルフィア美術館展「印象派と20世紀の美術」。本当は平日に来たかったのだが、なかなかうまい具合に休みが取れず、日曜日になってしまった。
日本人が大好きな印象派だからさぞかし混んでいるだろうと思ったが、意外や意外、空いてはいないが混雑は思ったほどではなく、絵はちゃんと見られる程度。

19世紀のコロー、クールベにはじまり、印象派を代表するモネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌから、キュビズム〜エコール・ド・パリのピカソ、カンディンスキー、マティスにいたるまで、幅広く色んな絵が来ていた。

やっぱり印象派はほっとするねぇ。

写真の絵は今回の目玉の一つのルノワール作「ルグラン嬢の肖像」大変愛くるしく、周りに人だかりが出来ていたが、私はやっぱり印象派って言うと、空や緑を描いた風景画が好き。
印象派の絵はタッチが繊細で、空が少し紫だったり、秋らしい澄んだ色だったり、微妙に違ってそれぞれ美しい。小窓から、色んな空を眺めているみたいな贅沢な気持ちになる。飛行機に乗る時、トイレの近い私はつい通路側を選んでしまうのだが、本当は窓際の狭い席から、小さい窓をのぞきこんでいつまでもぼけっと雲の形を眺めていたい。その時にちょっと似ている、気が抜けたちょっと間抜けな幸せ。

う〜ん、堪能、堪能。

美術館が終わった後はいつものレストランでランチを食べ、おしゃべり。
新妻の二人称が「彼」から「旦那」にごくごく自然に変わっていたのが印象的な週末の昼下がりだった。また遊んで下さ〜い♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔