いい蝶旅立ち:香港

November 04, 2005

香港其の二・空中庭園

お茶さんその一初日朝。香港の観光・ショッピングスポットは海を挟んで、北側の九龍地区と南側の香港島に主に散在しているのだが、一日目はまずは夫につきあい金融機関の集中している香港島側、中環(セントラル)地区に向かう。夫が口座開設している間、私は巨大ショッピングセンターであるランドマークへ。

…広いよー(涙)

ランドマークに限らず、銅鑼湾(コーズウェイベイ)のタイムズスクエアと言い、翌日出かけた九龍側のハーバーシティーと言い、香港のショッピングセンターはとにかく巨大である。しかもグッチやヴィトンから庶民的なお店までこれでもか!と並んでいるのだ。私が大好きなイオンショッピングモールの比ではない。
ハワイのアラモアナセンターと船橋のららぽーとと横浜のランドマークタワーを一日で回ったような感じ。(←どんな感じだよ)
お金がある人、お買い物が大好きな人には魅力的な場所なのだろう。逆にお金と体力がないと楽しめないかも。私も元気な時だったら「たまにはゆっくり買い物でもするか」と思えたのかもしれない。しかし残業と花粉症に蝕まれて弱っていた私にこれは堪えた。…め、眩暈がするよー。

結局最初のランドマークで買えたのは愛するロクシタンのローズのスティック型お香とグリーンティーのコーン型お香。(日本の60〜70%くらいの値段なのでこれは嬉しい)夫の顔に心配げな表情がよぎる。

夫「…もっと服とか靴とか買えば?」
最近過労のせいか、アロマだ、ヨガだ、お茶だと、興味がどうも内に内にこもりがちな私。
夫「こう言う時人間は宗教にはまりやすいんだよ。気をつけてね」
…悲しいけれど否定できない。

以降夫と二人でランドマーク、タイムズスクエアと巨大センターを渡り歩き、洋服や靴を見て歩く。結局通勤用のセーターと靴を購入。どちらも日本の半額くらい。本当は革製品が割安なのでバッグが欲しかったのだけれど、帯に短したすきに長しでなかなか納得できるものに出会えず残念。

ところで夫は山登りを趣味とする家庭に育った大変健脚な人である。そこに道があったら歩く人である。彼と出かけた二年前のヨーロッパで私は足に血豆を三つ作り、筒つぶした。しかもショッピングセンターは延々と店が続いているので、何となく端から端まで延々と歩いてしまう事。いや、何だか全部まわらなきゃいけないような気がしてくるのだ。疲れてくると段々口数も減ってきて、ショッピングのはずが苦行の様相を呈してくる。
お昼の軽い食事を挟んで延々三時まで。ほぼ休むことなくショッピングセンターを二つ踏破した私の足はまるで棒…もとい丸太のように強張っていた。
「もう駄目だ…これ以上歩けない。これ以上歩いたら死ぬ」
お茶で一時。そこでタイムズスクエアにほど近い新星茶荘さんの空中茶室でお茶をすることに。


続きを読む

November 03, 2005

香港其の一・逃避行。

ホテルからの眺め…と書いている今日は実は11月6日なのだが、突然だか11月3日から6日まで夫婦で香港へ行って先ほど帰ってきたところである。

祝・ノーテロ帰国
7月にロンドン出発前々日にバス・地下鉄テロ、10月にバリ滞在最終日にイスラムテロと今年は「行くところテロあり」状態だったワタクシ。
同僚にも「次にどこに行くか教えてください。そこだけは避けます」とか義母に「ぱぴさんのせいではないと分かっていてもやっぱり海外って心配よねえ」と言われながら三度目の正直の香港。よかったよ…何も起こらなくて、マジで。

三泊四日と言っても、一日目は深夜に香港に着き、四日目は早朝帰ってきたので実質自由時間は二日間だったが、個人的に最も幸せだったのが

香港には花粉がない!!

三年前から秋花粉を患い、花粉が増えてるのか、私が弱ってるのか、年々症状は悪化するばかり。しかも春花粉ほどメジャーでないため、単なる風邪引きと間違われ、同僚に「うつすなよ」と冷たい扱いを受けている。
私はアレルギーの特効薬である抗ヒスタミン剤の副作用である眠気に非常に弱いため、薬は出来るだけ避けていたのだが、出発前日の水曜日、症状は最高潮に。

何でもいいから薬を!ヤクをくれっっっっ!

先生にヤクを…いえお薬を山ほど処方してもらい、その薬の山を見た同僚に「ヤク中」と後ろ指を指されながら、何とか症状は治まった。深夜までに仕事のノルマをこなし(とかこんなアコギな生活ばっかり綴っているからこうさぎまで変なことを書かれちゃうんだよな)
かくして木曜の夜私は香港に降り立った訳である。ちなみにこの写真は今回宿泊したホテル、InterContinental GRAND STANFORD HONG KONGの部屋からの眺め。(ちなみに香港にはインターコンチは二つあり、勿論これは安い方である)
繁華街の中心である尖沙咀 (チャムサアチョイ) からは少々歩くのが難点だが、その分落ち着いてて海が近い。向いの香港島の金融街の夜景もとても綺麗に見えた。続きを読む